【遊戯王 最新情報】まいログ:TCGデッキ・予約情報まとめ|遊戯王ブログ

遊戯王やwiki情報フラゲ・最新情報を追う総月間メディア300万PVの遊戯王専門サブカル情報サイト

【恐竜 出張】デッキの使い方・対策・おすすめカードまとめ【出張セット】

【恐竜出張】というマスターデュエルで大きく騒動に上がる《魂喰いオヴィラプター》《 幻創のミセラサウルス》《ジュラック・アウロ 》《究極進化薬 の活躍と特徴を振り返り。そんな有名な【恐竜出張】の展開と回し方・対策について振り返り。

恐竜 出張

恐竜 出張

 

マスターデュエルでも暴れそうな恐竜出張の攻略・倒し方やおすすめの対策カードを紹介&考察!遊戯王やマスターデュエルで遭遇して強力と感じた恐竜の対策や除去手段に関してまとめ。メタ要素として非常に強いギミックなので気になる人はどうぞ。

【恐竜 出張】とは

魂喰いオヴィラプター》《 幻創のミセラサウルス》《ジュラック・アウロ 》《究極進化薬 》を使用した盤面に出すコンボの事。メインデッキから採用することで簡単に盤面に出すことができます。

魂喰いオヴィラプターを起点にするものの、召喚権からアルコンまで出てくる可能性もあるので油断が出来ません。

幻創のミセラサウルスを先に使われてしまう場合「除去しづらい」ので、確実に展開を許してしまう事になります。誘発系でも止めづらい要因の1つですね。

ジュラック・アウロ

カーボネドン

究極進化薬

 

「単純な性能として《魂喰いオヴィラプター》からゴアトルスだったり、《幻創のミセラサウルス》などをサーチして、《ジュラック・アウロ 》《究極進化薬 》を持ってきて展開するデッキの事です。今回は恐竜出張という事なので進化薬じゃない方をメインでメモとして残しておきます」

【恐竜出張】対策理由と強みは?

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「マスターデュエルでも登場恐竜出張。

恐竜と言えばダイノルフィアなどが筆頭で採用したりしますが、当時はラギアの出張要素の一員となるので便利な要因として注目されてました。今では様々なデッキがあるので 重要視されてはいませんが、普通に便利なカード群なのは間違いありません。

一枚出張という点ではパンクラトプスが有名ですね。打点要因としても盤面に出やすく突破しやすい性能でした。

 

魂喰いオヴィラプターの動きは主に既存のものだとハリファイバー出張に活用できるメリットがありましたが禁止になったのでシンクロ召喚の起点やアルコンの素材にするなどが主な要素として活用されることになります。安定性とアドバンテージを取りづらい印象ですね。

一方で、恐竜の出張要素として『恐竜族の耐性』などが付与できるので他に恐竜の大型モンスターを着地とした動きが出る事に期待したいです。

また忘れてはいけないのが究極進化薬。コストとして除外するので恐竜サンドラを主体にするデッキに最適。

 

【恐竜サンダー 優勝】恐竜サンドラデッキが新制限で優勝

 

【恐竜出張】展開方法・回し方

【恐竜出張】展開方法・回し方は《魂喰いオヴィラプター》を召喚して《 幻創のミセラサウルス》をサーチ。その後手札から捨てて《ジュラック・アウロ 》をデッキから特殊召喚する流れを目指します。 

盤面としてはオヴィラプターのサーチが必要なものの、先にミセラサウルスを持っている場合そのメインフェイズの間、自分フィールドの恐竜族モンスターは相手が発動した効果を受けないので安全に効果を発揮する事が出来ます。複数枚採用して事故にならないようにしたいです。

 

また、墓地に違うカードを送れる余裕がある場合、オヴィラプターの効果でアウロを破壊してランク4を狙う動きも出来ます。

【恐竜出張】それ以外のみんなの展開方法まとめ

【恐竜出張】対策方法まとめ

恐竜出張のコンボは『召喚件を使うか何かしら展開して』のコンボなので、召喚権を止めておきたいところ。ミセラサウルスより展開されると効果を使われてしまう流れまで確定になるので、指名者等で止めてみたいです。

ただし状況によってはハリラドンにアクセスできなくなったので、弱体化した分他に何を出すかが重要になります。恐竜要素が多い場合「究極進化薬によるアルコン展開」を目指す事の方が多いので、ランク4を並べた場合のラギアとかを警戒した方がいい時の方があります。

幸いラギア展開する場合でも2枚以上展開するカードなので増殖するGを打って捲り用のカードを使いましょう。ミセラサウルスはチェーン出来るのでその際に増殖するGを打ってしまうと後の展開を止めやすくなります。

 

DDクロウ

墓穴の指名者の上位互換ではなくて、リリース処理を丁寧に行なっていく感じでコストとかで墓地へ送る系統にクロウを挟めることで絶対に無効されないマンみたいな流れは少なくなった感じですね。

今回のメタとしては墓地からの蘇生の場合『対象のモンスターを除外して展開を阻害する』事が出来ます。例えばケルビーニやジェネクス・ウンディーネなどのコスト系にはチェーンだったり墓地へ送ったカードをある程度対策できたりします。

また、スタダバスターのメタとしても有効で『恐竜出張のケア』としても使えたりします。便利な1枚なので覚えておきたいですね