【遊戯王 最新情報】まいログ:TCGデッキ・予約情報まとめ|遊戯王ブログ

遊戯王やwiki情報フラゲ・最新情報を追う総月間メディア300万PVの遊戯王専門サブカル情報サイト

【A宝玉獣】デッキのカード効果や回し方。相性のいいカードなども紹介&考察!

「A宝玉獣デッキ」とは。遊戯王【A宝玉獣デッキ】と「A宝玉獣」デッキに関して最近勢力を伸ばしてる遊戯王のガチ環境テーマと感想や考察,環境デッキ&解説。優勝デッキレシピや回し方,主要カード、必須コンボ等をまとめています。

A宝玉獣

A宝玉獣





 

 デッキ A宝玉獣デッキ
アーキタイプ コントロール 
特徴1 サポートカード

特徴2

出張展開テーマデッキ 
特徴3 召喚してアドを稼ぐ奇襲性が売り

 

 

 

【A宝玉獣デッキ】大会優勝デッキレシピ

「【A宝玉獣デッキ】大会優勝デッキ欄です。大会で優勝した際にはここで紹介していきます。最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。優勝デッキへ飛べる検索を付けておきましたのでぜひご利用ください。

 

【A宝玉獣】デッキとは

【A宝玉獣】デッキはアドバンスド・ダークを使いつつ盤面に並べる効果が強力になったテーマです。

f:id:hukusyunyu:20200302025831p:plain【A宝玉獣】デッキで宝玉獣が間接的に強化されまくってるんですが、それは。

宝玉獣を主体として、闇落ちした宝玉をモチーフにしたテーマ性はアニメそのまま。

 

フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られるというデメリットを持ちつつ、もともとのカード効果を強化した内容になっています。

自壊する方法はあると言いつつ永続魔法に置く場合は破壊するのが前提なので、この場合は宝玉獣がそのまま墓地に送られてしまう都合上、《アドバンスド・ダーク》と一緒に使う事が前提。それ故に強いカードパワーでありながらも『除去されれば負け』という事態になりかねないピーキーなデッキでした。

f:id:hukusyunyu:20200302025117p:plain「【A宝玉獣】デッキの優秀なカードはそのまま宝玉獣デッキで採用が出来るメリットが強力になっているわね。状況によっては『宝玉獣を使いつつ【A宝玉獣】デッキの動きを使うから、どっちにしても必須パーツは多くなりそうよね』」

A宝玉獣デッキ「レインボードラゴンも含めて予算がかなり必要なテーマになってきましたわよ(๑╹◡╹)」

【A宝玉獣】デッキの回し方や相性のいいカードを紹介&考察!【A宝玉獣,はるけしょう】

【A宝玉獣】デッキの回し方や相性のいいカードを紹介&考察!【A宝玉獣,はるけしょう】

全体的に地属性またはサイバース族に関連する効果や制約を持つのが特徴。
また、リンクモンスターは《A宝玉獣・クリスタルハート》のみサイバース族の縛りで、他は全て地属性が指定されている。
アニメでアースが「重力グラヴィティ」と名の付くカードを複数使用しているため、カテゴリ名のGは「グラビティ(gravity)」からだろうか。
「ゴーレム」に関しては《破壊のゴーレム》参照。
原作・アニメにおいて―
アニメVRAINSでアースが使用するカテゴリ。
未OCGの関連カードとして、A宝玉獣トークンに関係する通常罠《重力幻影グラヴィティ・ヴィジョン》が登場している。

https://yugioh-wiki.net/index.php?%BD%D5%B2%BD%C0%BA

「A宝玉獣」デッキ概要・評価・対策

「A宝玉獣デッキ」のコンセプトはサファイアペガサスから動く宝玉獣の回し方と一緒でサーチや除去を重ねていくような形になっています。宝玉獣を永続魔法に置きつつどう展開するかを先に考えておきたいです。

【A宝玉獣デッキ(あどばんすどほうぎょくじゅうデッキ)】

評価 ★★★☆☆
作成コストの目安 1~2万『相場は普通』
扱いやすさ ★★★★☆

【A宝玉獣】デッキの弱点・対策としてはアドバンスド・ダークをチェーンで除去して維持させない事です。

先行では難しいですが、特殊召喚や宝玉獣の効果を使いつつ展開する際に「【A宝玉獣】の維持が出来なくなる」ので回す以前に壊滅的な状態になってしまいます。サーチ役のテラフォーミング、イーグルなどを優先的に誘発で止めておきたい所。

ただしレインボードラゴンを出すまでの流れは簡単すぎるようになったのでそっちの対処ともなるとニビルや増殖するGでの対応も。ホープを出したりする動きなどの出張要素を作るのかレインボードラゴンかどちらかを見極める方が良さげです。

 

【A宝玉獣】デッキの回し方・動かし方展開など

  • A宝玉獣デッキのコンセプトはアドバンスド・ダークを使用して永続魔法に置きつつ展開するのが基本になってます。

【A宝玉獣】デッキの回し方・動かし方展開など

【A宝玉獣】デッキの回し方・動かし方展開など

A宝玉獣モンスターの効果は主に破壊時に永続魔法になる効果はそのままですが、フィールド魔法が無いと墓地送りというデメリットを抱えてしまってます。

専用のサーチカードも増えたので『盤面を維持したままどう回す』かが課題になりそうです。うまくいけば初動からサファイアペガサスを展開することもできます。また、単独ではA宝玉獣ペガサスで究極宝玉獣を置けない問題や虹竜サーチなどの課題は残ったままでしんどい所。

 

元々、宝玉獣デッキというのは打点も低く、展開するには結構な手間がかかるデッキでした。しかし、実は水面下でかなり回し方が難しくなったトリッキーなデッキの1つになっています。

 

 

最初期の頃の宝玉獣と比較すると、《宝玉獣 サファイア・ペガサス》《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》を起点とした宝玉カテゴリーのサーチ・配置は変わっていません。ただし大きく違うのは、これらを出した後の展開パターンです。

 

現在では、シンクロ召喚に加えて、エクシーズ召喚。更にはリンク召喚と非常に数多くの召喚方法があり、展開パターンに事欠きません。勿論レベル4のモンスターを大量点界出来る点は、かのペンデュラム召喚を彷彿とさせますが、実際後述するペンデュラムモンスターの新規もある通り『特殊条件化での特殊召喚』も、この宝玉獣デッキとは相性が良い気がします。

 

【A宝玉獣デッキ】回し方その1:《A宝玉獣 サファイア・ペガサス》で宝玉獣を置きつつ動こう!

《A宝玉獣 サファイア・ペガサス》効果モンスター

星4/風属性/獣族/攻1800/守1200
(1):フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
(2):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から「A宝玉獣」モンスター1体を選んで永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(3):表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

「A宝玉獣共通の《アドバンスド・ダーク》が存在しない場合に自壊する効果はやっぱりある宝玉関連のアドバンスド新規ですね。

特殊召喚等で、除外されてるA宝玉獣の永続魔法化が強いのも事実。召喚・反転召喚などA宝玉獣の帰還が出来る訳ですね。デッキからも置けるし便利な一方で1の効果が非常に厄介。ペガサスの効果でもアドを稼ぎきることが出来ません。

実際に使いまわそうとするとフィールド魔法は必要そう。他にイーグル関連のサーチが前提になっているような動きになってそうですね。

召喚や特殊召喚での初動に使えるカードな分、高額になりそう・・・」「宝玉獣 サファイア・ペガサス」から見ればデメリットが増えたけど、除外ゾーンからも選択できるようになったのは大きいわね。コンボパーツとして組み合わせたい1枚になってるわ。

その代わりa宝玉だけのサーチだけだから、構築も色々と練る必要があるわよ」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plainA宝玉獣 サファイア・ペガサス】デッキのポイントは宝玉関連とサーチ・展開要素です。

召喚・特殊召喚時にアドバンテージを稼げる《A宝玉獣 サファイア・ペガサス》はそういった意味でコンボの起点となります。この場合、ルピーを置いてしまえば宝玉の絆より展開しやすいし、アドバンスドダークを添えるだけでいいです。

問題はこれらのカードが安定するかにかかってますが、どちらにせよフリーチェーンでの除去に注意。アドバンスドの共通した宿命なので対策はかんがえないとしんどいですね(´・ω・`)

【A宝玉獣デッキ】《A宝玉獣 コバルト・イーグル》:アドバンスドダークをサーチできる切り札!

A宝玉獣 コバルト・イーグル 星4 風属性
鳥獣族 ATK/1400 DEF/800
1:フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
2:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。デッキから「アドバンスド・ダーク」1枚を手札に加える。
3:1ターンに1度、自分フィールドの「A宝玉獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻すかデッキの一番上に戻す。
3:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

「A宝玉獣共通の《アドバンスド・ダーク》が存在しない場合に自壊する効果は共通・・・。

コッチは宝玉関連のアドバンスド新規で、手札・フィールドからアドバンスドダークをサーチ出来る超便利なカードです。盤面にカードを持ってきやすいサーチも出来るカードもあるし、アドバンスド宝玉獣で盤面を制圧できるメリットも。

ある意味初動で絶対に必須なカードで、【A宝玉獣】デッキは基本的にこのカードからサーチして動く事になりそうです。

 

「宝玉獣 サファイア・ペガサス」からの動きを考えると便利なカードよね。ある意味、このカードを前提にした強力な効果に見えるわよ。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plainA宝玉獣 コバルト・イーグル】のポイントは宝玉関連とサーチ・展開要素ですね。

どっちにしてもサーチ要因として便利で採用する事は確定ですが、単純に「レインボードラゴンの墓地肥やし」と相性がいいのもポイント。バウンスする場所もデッキトップまで自由という大盤振る舞いで、もともと《宝玉獣 コバルト・イーグル》に比べると、バウンス先に手札も選べるようになったのでディスアドの回収を狙いやすくなりました

一方で、バウンス効果で《A宝玉獣 サファイア・ペガサス》を回収出来れば嬉しい所。そのままイーグルと合わせて持久力が増えましたが「先にイーグルを捨てる事になりやすい」のでサポートカードは必須そう。

【A宝玉獣デッキ】回し方その2:《A宝玉獣 ルビー・カーバンクル》で永続魔法の宝玉獣を展開!

《A宝玉獣 ルビー・カーバンクル》効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻 300/守 300
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。

(2):表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。
(3):このカードが永続魔法カード扱いの場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。その後、自分の魔法&罠ゾーンの「A宝玉獣」モンスターカードを可能な限り特殊召喚できる。

「A宝玉獣共通の《アドバンスド・ダーク》が存在しない場合に自壊する効果は共通(´・ω・`)なのですが、ルビーカーバンクルの強化版のような効果を持っているのが特徴。

表側で破壊された場合に永続魔法で置けるのは前提として「永続魔法の場合に展開出来て魔法罠のA宝玉獣を可能な限り盤面に出せる」という効果を持っています。特殊召喚の効果が永続魔法になった場合のみになっていて、ペンデュラム系の特殊召喚からのギミックを行えなくなってました。

 

現状はペガサス等を大量に展開する動きを作りたいので、3の効果を使い、魔法&罠ゾーンのA宝玉獣を特殊召喚できる効果を使いたいところ。《宝玉の樹》や《宝玉の恵み》のような宝玉獣を置けるカードの爆発力が異常なので、色々と狙っていきたい所です。

 

大量展開は便利ですが永続魔法として一度置かないといけないので注意です(´・ω・`)
《ユニオン・キャリアー》で装備魔法として存在しているものなども特殊召喚っぽいので悪用できるタイミングがあるかも。

【A宝玉獣デッキ】《宝玉の樹》等の宝玉サポートは必須!

 

【A宝玉獣デッキ】A宝玉獣デッキで相性の良いカード,展開で採用したいカードは?

【A宝玉獣デッキ)】で採用したい相性の良いカードを随時更新しています。

【A宝玉獣デッキ】A宝玉獣で相性がいいテーマ:【宝玉獣】

【A宝玉獣】デッキでは主に宝玉獣を主体にしたカードを採用可能です。盤面に宝玉獣を採用した動きに加えて非常に相性がいいです。というかそういう前提で作ってるので当然ではありますね。サファイアペガサスを採用してしまう流れがあるので、活用していきたいところです。

www.tcg-bloglife.com

【A宝玉獣デッキ】A宝玉獣で相性がいいテーマ:レインボードラゴン

アドバンスドと言いつつも中身は宝玉獣なのでレインボードラゴンを1つの切り札として使う事が可能です。新規ラッシュもあって気になってる人は多そうですね。【A宝玉獣】デッキも宝玉獣として扱うので7種類を狙えるようになりました。

また、アドバンスドダークを使用する事が前提なので「究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン」を出す事も可能な分、レインボードラゴン関連の注目度は上がっていきそうですね。

⇒「究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン」を探す

 

 

【A宝玉獣デッキ】カード効果まとめ

【A宝玉獣デッキ】(はるけしょうデッキ)カード効果まとめ

【A宝玉獣デッキ】(はるけしょうデッキ)カード効果まとめ

【A宝玉獣デッキ】において採用したいカードや【A宝玉獣デッキ】関連カードをまとめました。 

《A宝玉獣 サファイア・ペガサス》

A宝玉獣 サファイア・ペガサス 星4 風属性
獣族 ATK/1800 DEF/1200
①:フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
②:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から「A宝玉獣」モンスター1体を選んで永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
③:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

 

このカードの検索はこちら!

 

 

《A宝玉獣 ルビー・カーバンクル》

A宝玉獣 ルビー・カーバンクル 星3 光属性
天使族 ATK/300 DEF/300
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
②:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。
③:このカードが永続魔法カード扱いの場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。その後、自分の魔法&罠ゾーンの「A宝玉獣」モンスターカードを可能な限り特殊召喚できる。

 

このカードの検索はこちら!

 

 

《A宝玉獣 アメジスト・キャット》

A宝玉獣 アメジスト・キャット 星3 地属性
獣族 ATK/1200 DEF/400
①:フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
②:自分の「A宝玉獣」モンスターは直接攻撃できる。その直接攻撃で相手に与える戦闘ダメージは半分になる。
③:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

 

このカードの検索はこちら!

 

 

《A宝玉獣 エメラルド・タートル》

A宝玉獣 エメラルド・タートル 星3 水属性
水族 ATK/600 DEF/2000
①:フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
②:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの表示形式を変更する。この効果は相手ターンでも発動できる。
③:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

 

このカードの検索はこちら!

 

 

《A宝玉獣 トパーズ・タイガー》

A宝玉獣 トパーズ・タイガー 星4 地属性
獣族 ATK/1600 DEF/1000
①:フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの「A宝玉獣」モンスターの攻撃力・守備力は400アップし、相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
③:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

 

このカードの検索はこちら!

 

《A宝玉獣 アンバー・マンモス》

A宝玉獣 アンバー・マンモス 星4 地属性
獣族 ATK/1700 DEF/1600
①:フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
②:1ターンに1度、自分の「A宝玉獣」カードまたは自分の「アドバンスド・ダーク」を対象とする効果を相手が発動した時に発動できる。その発動を無効にする。
③:1ターンに1度、自分の「A宝玉獣」モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。その攻撃を無効にする。
④:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

 

このカードの検索はこちら!

 

《A宝玉獣 コバルト・イーグル》

A宝玉獣 コバルト・イーグル 星4 風属性
鳥獣族 ATK/1400 DEF/800
①:フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
②:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。デッキから「アドバンスド・ダーク」1枚を手札に加える。
③:1ターンに1度、自分フィールドの「A宝玉獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻すかデッキの一番上に戻す。
③:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

 

このカードの検索はこちら!

 

【A宝玉獣デッキ】まとめ:A宝玉獣デッキは出張も出来る万能テーマ!

【A宝玉獣デッキ】まとめ


「A宝玉獣デッキはやっぱり万能な罠カードビートデッキの側面もありつつコントロールとして面白いデッキかと感じました。まぁコンセプト的に楽しみやすいテーマかなと思います。

【A宝玉獣デッキ】まとめ

【A宝玉獣デッキ】まとめ

 

遊戯王カードを簡単に売る方法を解説【PR・実践記事】

「遊戯王カードや最新パックを多く買ってしまって、最新カードを売るたいと思ったらと最近どこでも見かける通販サイトの買取サイト紹介の裏側を紹介です。

なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。

まいログでは基本通販サイト等と掛け合ってのPR記事を紹介していますので、正直なメリットやデメリットなどを確認しやすいですよ(´・ω・`)現在はトレトクさんとカーナベルさんの2店舗を調査済みです(店舗等掲載募集も行っております。公式まいログツイッターにてご連絡ください)

 

大量のコモンカードなどを売るときなどオススメですよ(´・ω・`また初動相場での20thシークレットレアなどはかなり高額取引されるカードなのでお早目に!

※トレトクさんの買取はこちらから!無料査定で楽々(´・ω・`)ノ

※「カーナベル」の買取の流れを紹介・利点などを解説!【PR記事です】

>>【カーナベル 買取 評判】カーナベルの買取と方法・利点まとめ!まい。の友人