【遊戯王 最新情報】まいログ:TCGデッキ・予約情報まとめ|遊戯王ブログ

遊戯王やwiki情報フラゲ・最新情報を追う300万PVの遊戯王専門ゲームメディアサイト|ゲームやポケモンなどの最新情報やもまとめ

【春化精】デッキの優勝デッキレシピ,回し方や相性のいいカードなども紹介&考察!【春化精,はるけしょう】

 

「春化精デッキ」とは。遊戯王【春化精デッキ】と「春化精」デッキに関して最近勢力を伸ばしてる遊戯王のガチ環境テーマと感想や考察,環境デッキ&解説。優勝デッキレシピや回し方,主要カード、必須コンボ等をまとめています。

【春化精】デッキ

【春化精】デッキ

 

 デッキ 春化精デッキ
アーキタイプ コントロール 
特徴1 地属性を蘇生

特徴2

出張展開テーマデッキ 
特徴3 リンクやランクなど多種多様な立ち回りが可能!

 

 

 

【春化精デッキ】大会優勝デッキレシピ

「【春化精デッキ】大会優勝デッキ欄です。大会で優勝した際にはここで紹介していきます。最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。優勝デッキへ飛べる検索を付けておきましたのでぜひご利用ください。

 

【春化精】デッキとは

【春化精】デッキは地属性を主軸としたメタを駆使してアドバンテージを稼ぐハイブリッドデッキです。

f:id:hukusyunyu:20200302025831p:plain【春化精】デッキは地属性のサポートカードのような感じで手札から捨てて墓地から蘇生するような感じの効果を持っています。

同時に手札から捨ててしまい『墓地肥やししつつ展開する』様な効果な一方で『アドバンテージを取れる』というアドしか生まない感じのテキストが多かったりします。理不尽なサポートと思いきや全ての地属性デッキ主体のデッキに恩恵があるわけではなく、ペンデュラムが多めのアモルファージや、地属性以外も採用しがちな恐竜など『属性縛りが痛い』ものもあってどんなものを採用すれば良いのか分からなくなりますね(´・ω・`)」

f:id:hukusyunyu:20200302025117p:plain「地属性を使うならとりあえず確認しておけって感じのラインナップよね。制限や規制がかからないとは言え『手札2枚を消費して発動が環境にどう影響するか』が課題になっているわ」

春化精デッキ「攻撃力も含めて完全に出張先のカード依存になってますわね」

【春化精】デッキの回し方や相性のいいカードを紹介&考察!【春化精,はるけしょう】

【春化精】デッキの回し方や相性のいいカードを紹介&考察!【春化精,はるけしょう】

POWER OF THE ELEMENTSでカテゴリ化された「春化精」と名のついたカード群。
 属するモンスターは全て地属性・天使族で統一されている。

属するほぼ全てのカードが地属性に関する効果を持つ。
元々の攻撃力が低い割には攻撃性能を強化する効果が複数見られ、《春化精の花冠》の(1)も踏まえると、カテゴリ外の地属性との連携が半ば前提とされてデザインされている。
登場時期を鑑みるにデュエリストパック-輝石のデュエリスト編-との連携を想定されたテーマと考えられる。
同商品でのイシズを意識したカードは地属性・天使族に関連した効果を持ち、モンスターは地属性・天使族で統一されるなど、強いシナジーがある。
カテゴリ外の地属性との連携が半ば前提とされているカテゴリであるが、【アモルファージ】や【化石】等【地属性】系列であっても相性が良くないカテゴリも存在する。

https://yugioh-wiki.net/index.php?%BD%D5%B2%BD%C0%BA

「春化精」デッキ概要・評価・対策

【春化精デッキ(はるけしょうデッキ)】

評価 ★★★☆☆
作成コストの目安 1~2万『相場は普通』
扱いやすさ ★★★★☆

「春化精デッキ」のコンセプトは墓地蘇生+アドバンテージを稼げる点。地属性の不遇さ?を埋め合わせるような征竜の調整版と言えるような効果でもありますが、問題点として【春化精】デッキの効果のトリガーが2枚の手札消費を前提としているので誘発に弱いです。

なので指名者や誘発をケア出来るカードを採用出来る枠が採用出来るのが望ましかったり。

 

このせいで手札誘発に脆く、更に効果妨害を喰らってしまうと初手の手札から立て直しが効かないという問題を抱えてしまっています。この点だけが足を引っ張ってる印象もありますし一方通行に近い素材要求なので、墓地から拾うカードを破壊されたりするとじり貧になったりします。

デメリットも大きく、トリシューラのような手札・フィールド・墓地除去のようなカードであったり、マクロコスモスのようなカードにも無力でした。

遊戯王/ノーマル/CYBERDARK IMPACT(CDIP)CDIP-JP022[N]:干ばつの結界像

ただ、『干ばつの結界像』のような特殊召喚メタを使うという点で見ればシムルグからの結界像と一緒な感じで何かしら妨害を仕掛けられる事も。

 

マドルチェのような攻め手を色々と増やせるメリットがあるのも事実。

 

各種コンセプトに採用しておきたいものの『【春化精】デッキ自身のパーツが多いので他の出張を入れれない』デメリットがあります。

 

マシンナーズであれば列車やガジェットを同時に入れると余裕が若干なかったりしますし、《花と野原の春化精》など一部のカードのみを入れておいて『サーチやサルベージの初動』として構えておくくらいで考えると良いでしょう。

特に【春化精】デッキの準パーツだけでは勝ち筋がほぼないので、他のカテゴリー依存になってしまいますので、他のデッキが地属性メインだったら【春化精】デッキを採用してみる感じで見ておくと良いのかなと思いました。

 

このカードの検索はこちら!

 

 

 

【春化精】デッキの回し方・動かし方展開など

  • 春化精デッキのコンセプトは【春化精】と地属性を蘇生・展開して戦う事です。

【春化精】デッキの回し方・動かし方展開など

【春化精】デッキの回し方・動かし方展開など

春化精モンスターの効果は手札から地属性とかを同時に捨ててドローやサーチを行っていく効果を持っています。更に蘇生効果もあるので『サーチ+蘇生』とほぼディスアドが存在しません。

更にサポートカード《春化精の花冠》を使う事で手札消費を抑えたり、【春化精】の名称を付与して攻撃させるようなギミックで勝ち筋を作っていきます。また優勢時に【春化精】の名称を付与して二回攻撃や対象耐性を付与しつつ立ちまわれたりすることを維持していきます。

 

他には下記のような感じでコンセプトが【春化精】デッキのキーカードで存在するので紹介します。

  • 《森と目覚の春化精》:通常召喚可能な地属性を墓地送り&蘇生効果と打点を倍に!
  • 《花と野原の春化精》:墓地からサルベージしつつ墓地蘇生と効果対象耐性!
  • 《山と雪解の春化精》:デッキから1ドロー+墓地蘇生とバトルフェイズに2回攻撃!
  • 《春化精の花冠》:地属性モンスターを春化精モンスターとして扱う効果!?
  • 《春化精の暦替》:専用サポート&墓地から蘇生しまくれるカード!
  • 《春化精と花蕾》:墓地蘇生されたカードの数まで相手のカードをバウンス!

【春化精デッキ】回し方その1:《丘と芽吹の春化精》で地属性カードをサーチしよう!

《丘と芽吹の春化精》効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻 200/守2000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと、モンスター1体または「春化精」カード1枚を手札から捨てて発動できる。デッキから「丘と芽吹の春化精」以外の「春化精」カード1枚を手札に加える。その後、自分の墓地から地属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。このターン、自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの「春化精」モンスターは効果では破壊されない。

【春化精】デッキ【春化精】デッキでの出張でまず驚異的な1枚。デッキから【春化精】カードをサーチしつつ地属性のモンスターを蘇生する効果を持っています。

更にモンスターゾーンにいれば破壊耐性持ちです。手札消費が多いのが【春化精】デッキの弱点とは言え、一度通ってしまうと手札コストは蘇生で解決してサーチもするのでほぼ手札消費がない状態にする事が可能です。

特に『地属性をサーチ出来る』点は【春化精】の中でも一番広い範囲であり、他の地属性のカードで難しかった専用カードのサーチが出来るメリットがあります。これがあればグランエルでもなんでも『地属性をサーチ出来てしまう』のは驚異的ですね

 

ディスアドを最小限に抑えてしまえる【春化精】デッキの1枚であり、チューナーも採用すれば《ナチュル・ビースト》の様な効果無効を構えられる1枚になっています。他にはマシンナーズや墓地へ送ると便利やガジェットシリーズや《古代の機械飛竜》・《無限起動ハーヴェスター》《ブンボーグ002》を蘇生すると良さげ。

特殊召喚時にカードをサーチして、更に【春化精】もサーチするので手札消費がない状態で盤面にカードを並べられるチートのような回し方が可能になっています。

 

少数での出張で考える時にまず採用しておけば問題はありませんし、1つのギミックとして考えましょう。

このカードの検索はこちら!

 

 

【春化精デッキ】《森と目覚の春化精》:通常召喚可能な地属性を墓地送り&蘇生効果と打点を倍に!

《森と目覚の春化精》効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻 900/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと、モンスター1体または「春化精」カード1枚を手札から捨てて発動できる。通常召喚可能な地属性モンスター1体をデッキから墓地へ送る。その後、そのモンスターとはカード名が異なる地属性モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚できる。このターン、自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):自分フィールドの「春化精」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

「【春化精】デッキのもう一つのアドを稼げる存在。コッチは地属性の通常召喚モンスターの墓地送りで、《砂塵の騎士》の亜種のようなカード効果を持っています。レベル4以上のカード効果で《リバイバルゴーレム》でランク4コンボ。リンクコストなどで《ドットスケーパー》。

勇者・閃刀姫メタとして《トークンコレクター》を墓地へ送って置いたり、《ペロペロケルペロス》などなどアドやけん制を行えるカードが多いんですよね」

「《爆走軌道フライング・ペガサス》・《磁石の戦士ε》・《超重武者テンB-N》などを組み合わせるのも注目されてましたわね」

「まぁ地属性で墓地肥やししたいってのが前提なんですよね。マシンナーズとかでも墓地肥やししたいのも事実ですし」

このカードの検索はこちら!

 

【春化精デッキ】《花と野原の春化精》:墓地からサルベージしつつ墓地蘇生と効果対象耐性!

《花と野原の春化精》効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻 600/守1600
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと、モンスター1体または「春化精」カード1枚を手札から捨てて発動できる。自分の墓地から「花と野原の春化精」以外の地属性モンスター1体を選んで手札に加える。その後、自分の墓地から地属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
このターン、自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの「春化精」モンスターは相手の効果の対象にならない。

「【春化精】デッキでサルベージ+蘇生持ち。【春化精】シリーズでは任意のカードを捨ててサルベージする感じになるので《春化精の花冠》を前提としたアドバンテージの回収になります。コッチは召喚権が欲しいカードだったり、増殖するgの回収が可能。

ただ初動で回す際には墓地に地属性が存在しなければダメなので注意。特に墓地サルベージが脅威なので再利用してあげたいですが、2枚捨てて1枚サルベージして蘇生しているので「蘇生したいカードとセットで墓地にないとダメ」な点も。中盤以降で使いたいカードですね。

 

このカードの検索はこちら

 

【春化精デッキ】回し方その2:《春化精の花冠》で地属性モンスターを春化精モンスターとして扱う効果!?

《春化精の花冠》永続魔法
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの地属性モンスターは「春化精」モンスターとしても扱う。
(2):1ターンに1度、自分が手札の「春化精」モンスターの効果を発動するためにそのモンスターとカード1枚を手札から捨てる場合、代わりにそのモンスターのみを捨てる事ができる。

「【春化精】デッキのメリットその2が「名称を加える」効果。

この効果で、効果耐性を付与して《山と雪解の春化精》の2回攻撃付与と《森と目覚の春化精》の攻撃力倍加を使いつつ殴るのが【春化精】デッキの勝ち筋です。一応【春化精】だけで完結はしているものの『高打点の地属性を使う』のが一番メリットがあり使いやすそうではありますね。

2回攻撃が出来て4000打点があるカードを仕込みたいものの、単純にマシンナーズや列車では高打点が当たり前のように出てくるので条件は達成しやすいですが『リミッター解除でワンキルする方が早い』とならないようにする必要があります。

またターンに1回だけしか攻撃できないカードに付与する事でアドを稼げる存在も多いので、色々と切り札の効果を見返してみると面白いかもしれません。効果でターン1制限がないものがあれば一緒に採用を検討しても(´・ω・`)?」

このカードの検索はこちら!

 

 

《山と雪解の春化精》:デッキから1ドロー+墓地蘇生とバトルフェイズに2回攻撃!

《山と雪解の春化精》効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻1100/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと、モンスター1体または「春化精」カード1枚を手札から捨てて発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。その後、自分の墓地から地属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。このターン、自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):自分フィールドの「春化精」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

「実は【春化精】デッキで組む時のメリットである2回攻撃の付与効果を持っています。ドローで実質ディスアドも1枚だけであり、全く無駄がないです。

ただ、【春化精】デッキのパーツを多くしないと2の効果を発揮できないという宿命があったりします。2回攻撃付与は実質便利なのですが、永続魔法サーチが必須で、それをもってくる流れがどうしても重いので、使いどころを考えないといけないんですよね(´・ω・`)」

「よく考えるとサポートカードが必須って感じするけど『出張パーツの動きが重くなるとしんどい』って感じはするわよね」

 

このカードの検索はこちら!

 

 

《春化精の暦替》:専用サポート&墓地から蘇生しまくれるカード!

《春化精の暦替》通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「春化精」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
(2):自分の手札が0枚の場合、相手ターンに、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の墓地から「春化精」モンスターを可能な限り特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターは自分エンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

このカードの検索はこちら!

 

《春化精と花蕾》:墓地蘇生されたカードの数まで相手のカードをバウンス!

《春化精と花蕾》通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):墓地から特殊召喚された自分フィールドの地属性モンスターの種類の数まで
相手フィールドの表側表示のカードを対象として発動できる。
対象のカードの数だけ自分フィールドの地属性モンスターを選んで持ち主の手札に戻し、対象のカードを持ち主の手札に戻す。

 ただし、相手ターンに手札0枚とやや状況を選ぶ発動条件が存在する。
 共通効果で手札消費が荒くなりがちなテーマ故に、自然にプレイしても満たす事はできるが、意図的に狙う意識も多少は持っておきたい。
 手札0枚という状況では蘇生に失敗すると窮地に陥りかねないので、可能ならば相手の妨害を防げる状況で発動したい。

 また、墓地へ送られたターンに発動できない制約により、普通に(1)(2)と使用する場合、最短でもセットしてから次の次の相手ターンでの発動となり、タイムラグが大きい。
 (2)を目当てにする場合は春化精の共通効果の手札コスト等で、自分ターンに墓地へ送ってしまうのが良いだろう。

https://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%BD%D5%B2%BD%C0%BA%A4%CE%B2%D6%B4%A7%A1%D5

 

【春化精デッキ】春化精デッキで相性の良いカード,展開で採用したいカードは?

【春化精デッキ(はるけしょうデッキ)】で採用したい相性の良いカードを随時更新しています。

【春化精デッキ】春化精で相性がいいテーマ:マシンナーズ

【春化精】デッキで地属性の機械族でかつ大型と言えばシリーズ。墓地へあると効果を発揮しやすいのですが、カーネルの蘇生トリガーが機械族なのでシナジーで合いづらい点だけ注意したい所。

他には下記のガジェットやアンティークギアなどは、《古代の機械飛竜》・《無限起動ハーヴェスター》《ブンボーグ002》等のサーチャーとの相性との兼ね合い全てで相性が良かったりするので面白いんですよねー(´・ω・`)

www.tcg-bloglife.com

【春化精デッキ】春化精で相性がいいテーマ:アンティークギア

《古代の機械飛竜》や《古代の機械熱核竜》等の特殊召喚時にアドを稼ぐギミックや大型をそのまま組みやすいのが特徴のテーマ。二回連続攻撃で除去も出来るのが特徴で、他のテーマもついでに入れやすいのがメリットになっています。

【春化精】デッキでは、そのまま属性が地属性で統一されているのが幸い。

www.tcg-bloglife.com

【春化精デッキ】春化精で相性がいいテーマ:ガジェット

【春化精】デッキと共存する場合、ゴールド・シルバーガジェットの共存が出来ませんがレッド・グリーン・イエローからの特殊召喚からギアギガントにつなげていけます。特殊召喚ギミックを採用出来てかつ『モンスター枠を9枚消費するだけで作れる』ので便利。安価なコンボパーツとして見るのであれば一番相性に合ってる気がします。

www.tcg-bloglife.com

【春化精デッキ】春化精で相性がいいテーマ:マドルチェ

【春化精】デッキで地属性と言えばという点で考えてたテーマの1つ。墓地肥やしから蘇生・展開など初動の安定性が上がるので注目されていたりしました。今から作ろうと思うと高額カードが多いのですが、【春化精】デッキだけ揃えれる人は1度試してみると良いかと思います。

www.tcg-bloglife.com

【春化精デッキ】(はるけしょうデッキ)カード効果まとめ

【春化精デッキ】(はるけしょうデッキ)カード効果まとめ

【春化精デッキ】(はるけしょうデッキ)カード効果まとめ

【春化精デッキ】において採用したいカードや【春化精デッキ】(せりおんずデッキ)の関連カードをまとめました。 

 

《丘と芽吹の春化精》

《丘と芽吹の春化精》効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻 200/守2000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと、モンスター1体または「春化精」カード1枚を手札から捨てて発動できる。デッキから「丘と芽吹の春化精」以外の「春化精」カード1枚を手札に加える。その後、自分の墓地から地属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。このターン、自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの「春化精」モンスターは効果では破壊されない。

 

このカードの検索はこちら!

 

《森と目覚の春化精》

《森と目覚の春化精》効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻 900/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと、モンスター1体または「春化精」カード1枚を手札から捨てて発動できる。通常召喚可能な地属性モンスター1体をデッキから墓地へ送る。その後、そのモンスターとはカード名が異なる地属性モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚できる。このターン、自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):自分フィールドの「春化精」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

このカードの検索はこちら!

 

《花と野原の春化精》

《花と野原の春化精》効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻 600/守1600
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと、モンスター1体または「春化精」カード1枚を手札から捨てて発動できる。自分の墓地から「花と野原の春化精」以外の地属性モンスター1体を選んで手札に加える。その後、自分の墓地から地属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
このターン、自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの「春化精」モンスターは相手の効果の対象にならない。

 

このカードの検索はこちら

 

《山と雪解の春化精》

《山と雪解の春化精》効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻1100/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと、モンスター1体または「春化精」カード1枚を手札から捨てて発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。その後、自分の墓地から地属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。このターン、自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):自分フィールドの「春化精」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

このカードの検索はこちら!

 

《春化精の花冠》

《春化精の花冠》永続魔法
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの地属性モンスターは「春化精」モンスターとしても扱う。
(2):1ターンに1度、自分が手札の「春化精」モンスターの効果を発動するためにそのモンスターとカード1枚を手札から捨てる場合、代わりにそのモンスターのみを捨てる事ができる。

このカードの検索はこちら!

 

《春化精の暦替》

《春化精の暦替》通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「春化精」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
(2):自分の手札が0枚の場合、相手ターンに、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の墓地から「春化精」モンスターを可能な限り特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターは自分エンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

このカードの検索はこちら!

 

《春化精と花蕾》

《春化精と花蕾》通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):墓地から特殊召喚された自分フィールドの地属性モンスターの種類の数まで
相手フィールドの表側表示のカードを対象として発動できる。
対象のカードの数だけ自分フィールドの地属性モンスターを選んで持ち主の手札に戻し、対象のカードを持ち主の手札に戻す。

 

 

このカードの検索はこちら!

 

 

【春化精デッキ】まとめ:春化精デッキは出張も出来る万能テーマ!

【春化精デッキ】まとめ


「春化精デッキはやっぱり万能な罠カードビートデッキの側面もありつつコントロールとして面白いデッキかと感じました。まぁコンセプト的に楽しみやすいテーマかなと思います。

【春化精デッキ】まとめ

【春化精デッキ】まとめ

 

遊戯王カードを簡単に売る方法を解説【PR・実践記事】

「遊戯王カードや最新パックを多く買ってしまって、最新カードを売るたいと思ったらと最近どこでも見かける通販サイトの買取サイト紹介の裏側を紹介です。

なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。

まいログでは基本通販サイト等と掛け合ってのPR記事を紹介していますので、正直なメリットやデメリットなどを確認しやすいですよ(´・ω・`)現在はトレトクさんとカーナベルさんの2店舗を調査済みです(店舗等掲載募集も行っております。公式まいログツイッターにてご連絡ください)

 

大量のコモンカードなどを売るときなどオススメですよ(´・ω・`また初動相場での20thシークレットレアなどはかなり高額取引されるカードなのでお早目に!

※トレトクさんの買取はこちらから!無料査定で楽々(´・ω・`)ノ

※「カーナベル」の買取の流れを紹介・利点などを解説!【PR記事です】

>>【カーナベル 買取 評判】カーナベルの買取と方法・利点まとめ!まい。の友人