【遊戯王 最新情報】まいログTCG研究室@デュエマ

遊戯王 最新情報を追う遊戯王ブログ。デュエマやバトスピ,TCG歴20年の管理人が、まとめ,環境や最新情報の独占情報やリーク・フラゲ最新情報を発信しているキャラブログです!

当サイトは遊戯王OCGメインの最新情報を発信するTCGプロ専門研究家の遊戯王ブログです。遊戯王の最新情報や速報などを厳選してお送りします。
遊戯王 最新情報遊戯王 高騰遊戯王 環境デッキ集&解説集

https://photo.ka-nabell.com/images/topic/kaitori/MTG/mi4.jpg 

最新デッキの新規カード・カテゴリー一覧

戦華メガリス@イグニスタークロノダイバー未界域ワルキューレ

ブラック・マジシャンガガガ魔術師EME・HERO

本日の注目デッキ

遊戯王 環境まとめデュエマ 環境まとめ 

全収録カードリスト・当たり・おすすめシングルを紹介!

【《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》 デッキ 効果考察】リンク6+完全耐性は魅力!デッキレシピをどう改造しよう?【日記】

《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》の効果考察とデッキレシピの考察記事です。2020年1月/11日発売『遊戯王OCG エターニティ・コード』に収録される新規カードの実力をいち早く実践!

【《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》デッキと効果考察】回し方・相性の良いカードを紹介&考察!

【《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》デッキと効果考察】回し方・相性の良いカードを紹介&考察!

2019年10月12日発売の「イグニッション・アサルト」で登場した@イグニスターデッキから更にエターニティ・コードにてAIの新規カードが登場。

これから【@イグニスター】デッキを作りたい、また相性の良いカードが欲しいけど分からないという人のための参考になれば幸いです(´・ω・`)

※@イグニスターデッキって?

www.tcg-bloglife.com

 デッキ @イグニスター(あっといぐにすたー)
アーキタイプ ビートダウン
特徴1

サイバース族

特徴2

相手ターンでも効果発揮

様々な複合テーマ

サーチ・サルベージ多め

特徴3 属性多め

 

 

 

 

《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》

《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》

《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》
リンク・効果モンスター
リンク6/闇属性/サイバース族/攻 0
【リンクマーカー:上/左/右/左下/下/右下】
属性が異なるモンスター3体以上
(1):「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードの元々の攻撃力は、このカードのリンク素材としたモンスターの数×1000になる。
(3):このカードは他のカードの効果を受けない。
(4):1ターンに1度、このカード以外のフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、このカードのリンク先となる自分フィールドに「@イグニスタートークン」(サイバース族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 

「@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)の新規として登場した《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》。 

@イグニスターデッキの基本はダークナイト等の展開力からダークフルードに繋いで「妨害を構える」のをメインにして戦っていってたのを覆すかもしれない新規カードの登場ですね。

ある意味ではきちんとした@イグニスターデッキとしての純構築を作れるという感じでしょうか。

 

 

ただ、《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》がいなくても今はファイアフェニックスなどのバーン除去等も多く、デッキ構築としては専用構築を目指す形になりそう・・・と思いきや『《ダークナイト@イグニスター》』からの展開で可能であり、4000打点位のラスボス系大型打点で落ち着くようなコンセプトに仕上がっています。

 

《ダークナイト@イグニスター》から展開すれば属性モンスターの展開は容易でリンク6なのでリンク4などのアポロウーサやヴァレルソード等を精神操作等で奪いつつ属性をハリファイバー等で操作していくのがメジャーになるでしょう。

メタカードとしてはクロシープとか今回新規で登場したリンクロスには劣るものの耐性持ちで返すという意味ではきちんとした役割があるカードだと感じました。

特に対処が出来なければ耐性持ちの6000打点になるという事を考えると終盤辺りで切り札を出し尽くしてたりしてる場合やさくら等で的確にリンク4等を墓地に落としていれば対策出来ないカードとも言えます」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「一応サイバースとかでも出せるけど・・・トランスコード・トーカーとかを含めてエクストラリンクを狙う構築とはかけ離れるから多少の対策は必須よね」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「まぁニビル系統の除去に届く前に出せれば強いって感じのカードですね。ある意味アポロウーサからの初動で動きつつ、モンスター効果を無効にした後に動くのがベターって感じになっています。

とりあえずヴェーラーやスキルドレイン等にも強く、悪手ではあるもののスキドレを採用してのジ・アライバルという動きも可能なのでダークフルード採用デッキとは違った差別化が出来てるのがポイントですね。現在では壊獣での対策はサイドが多いのでカジュアルであっても問題なく強力なリンク6として考えても良いのかなと。

 

《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》デッキレシピ

@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)純構築デッキ

@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)純構築デッキ

@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)の純構築デッキなのです」@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)の構築で主に重要な主要パーツ等を多めに採用して純構築に仕上げました。

 

  • ピカリ@イグニスター3
  • ブルル@イグニスター2
  • アチチ@イグニスター3
  • ドヨン@イグニスター2
  • ドシン@イグニスター2
  • ヒヤリ@イグニスター2
  • ドンヨリボー@イグニスター2
  • ウォーター/リヴァイアサン@イグニスター1
  • 増殖するG3
  • うらら2
  • レディ・デバッガー2
  • テラ・フォーミング1
  • サイバネット・マイニング3
  • イグニスターAiランド3
  • Ai打ち1
  • Aiドリング・ボーン2
  • Aiラブ融合1 
  • Aiの儀式1
  • サンダー・ボルト1
  • ハーピィの羽根帚1
  • Aiシャドー1

《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》効果考察

《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》効果考察

《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》効果考察

「とりあえず@イグニスター新規の《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》のコンセプトは主に(2)の効果でも書いてある通り、リンク素材の数によって攻撃力を決定する効果をどう活かせるかにかかってるのよね。

(。・ω・。)最低でもリンク素材は4体は欲しいからリンク4+モンスター2体を並べるとかの動きが出来るかにかかってるわよ」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「実際に運用するとなるとかなり難しいカテゴリーたちですね・・・特にダークフルードの方が火力は出るのですが耐性等があるので一部リンクモンスターの対策だけしておけばコッチの方が有用な時も。

@イグニスターデッキの回し方。動かし方,展開など

@イグニスターデッキの回し方。動かし方,展開など

@イグニスターデッキの回し方。動かし方,展開など

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「そもそも、@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)は『@イグニスターを展開して盤面を作る』のがセオリーであり、各種効果を活かして展開⇒対応した@イグニスターで除去⇒その後大型でワンキルという感じのデッキなので斬機の様な『後攻ワンキル』に近いものでした。

特にワンキルとか打点要因としての補完はキチンと出来ているので《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》を出す場合は、『ワンキル要因というよりもトドメを安全に差すために必要なカード』という扱いに近い感じです。

 

@イグニスター自体を展開するという部分では、なんというか補完出来てるんですがアストラムやヴァレルソードに関しての対策になっておらず環境的に見ると難しいカードという立ち位置になるかと思います。

@イグニスターデッキの回し方。動かし方,展開などのおさらい

また@イグニスターも数が異様に多いですが自身の効果で特殊召喚が出来る@イグニスターと「イグニスターAi(アイ)ランド 」の特殊召喚効果で手札の@イグニスターを展開しつつ、リンク3以降へつなげるキーパーツさえ把握してれば回せるようになります」

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「うーん、それが中々の鬼門なのよね・・・実際にどんなカードを使うかを復習しないと辛いわよ。これ」

「そうですね・・・色々とおさらいしていきましょうか(´・ω・`)

とりあえず覚えておきたい事は、@イグニスターデッキで最重要なカードはフィールド魔法という事。

このカード、1の特殊召喚効果にはターン制限がありません。

ただし属性制限があるので、各種@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)のパーツを出しつつ動く事が重要になっています。

 

またリンク1等でベイルリンクスの様に確定で持ってくるカードが存在しないので『かなり初動に左右されてしまう』のが@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)の最大のデメリットとも言えます。


イグニスターAi(アイ)ランド [フィールド魔法]
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

  • :自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。手札からレベル4以下の「@イグニスター」モンスター1体を特殊召喚する。このターン自分は、元々の属性が同じモンスターを「イグニスターAiランド」の効果で特殊召喚できず、サイバース族モンスターしか特殊召喚できない。
  • :このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地から「@イグニスター」モンスター1体を除外して発動できる。このカードを自分フィールドにセットする。

このカードは「手札から@イグニスターを特殊召喚できるカード」で、@イグニスターデッキの潤滑油はもちろん、メインモンスターゾーンにいない場合に発動するので『ダークナイトやリングリボーから展開すれば即座にリンク2~5』へ繋ぐことが可能になっています。各種@イグニスターデッキのパーツを採用してアイランドの恩恵を得れるかが@イグニスターデッキのポイントになってる訳ですね(´・ω・`)」

【@イグニスターデッキ】大会優勝デッキレシピ|2019年10月新制限

@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)の優勝デッキまとめ

@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)の優勝デッキまとめ

@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)デッキの現在の優勝・上位入賞デッキレシピ等を紹介しています。大会情報等は、IZAZIN様より引用許可を頂きました。ツイッター等の優勝情報は規約に基づいて引用しております。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「2019年10月の新制限にて優勝した@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)デッキがこちら!

@イグニスターの動きはもちろん各種動く際に『後攻故にライトニング・ストームをメインで採用』していても問題ない点やマイニングの不採用であっても回る地盤の強さがあると証明されたデッキレシピですね!

【@イグニスターデッキ】大会優勝レシピや回し方・相性の良いカードを紹介&考察!|イグニスター・サイバース

【@イグニスターデッキ】大会優勝レシピや回し方・相性の良いカードを紹介&考察!|イグニスター・サイバース

@イグニスターの動きに加えて、他には各種誘発枠を採用している純構築ですが、各種高額なカードが誘発のみという財布にもやさしいのがメリットです。

@イグニスターデッキ:優勝デッキレシピ第24回大阪プリンセス杯優勝

f:id:hukusyunyu:20191028194608p:plain

【遊戯王 最新情報】第24回大阪プリンセス杯優勝大会結果が判明!優勝は『@イグニスター』!2位は『転生炎獣』!@イグニスターには『斬機』をタッチ採用!

画像

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「という訳で今回の大阪プリンセス杯では@イグニスターが優勝しました!サイバネット・マイニングを採用しつつ、斬機をタッチ採用している様子。純構築に加えてサイバースを全面に押し出したデッキになっていますね!大阪大会の1・2位は共にサイバース族のデッキですが、誘発枠は主にうらら+増殖するGの使用率トップは変わらないようです!(´・ω・`)」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「@イグニスターも斬機も共に純構築だからデッキ制作の参考にしたいわね(。・ω・。)」

 

@イグニスターデッキまとめ

@イグニスターデッキ まとめ

@イグニスターデッキ(あっといぐにすたーデッキ)まとめ

実際に@イグニスターデッキは「エクストラモンスターの大型で戦うテーマ」な分、EXデッキのメタ、展開用の増殖するG、サーチのうらら等全ての誘発枠に刺さってしまうのを何とかしたいですね(´・ω・`)」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「@イグニスターデッキを回した際に感じたのはフィールド魔法の圧倒的な依存でした。ベイルリンクスの様に「とりあえずサーチが出来る」という状況が作りづらい問題はあって、『今後リンク2の@イグニスターが出るか』でかなりこのデッキの強さが変化する可能性がありそうです。

実際に環境デッキになるにはこのサーチ先がかなり大事になるので『テラフォの規制が痛い』と感じやすいデッキかもしれませんね(´・ω・`)」

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「まぁ@イグニスターに限った話では無いけど、『各種依存してるカードがわかりやすい分メタが貼られるのはしょうがない』って感じよね。やっぱりキーカードの依存はかなり見え隠れしてるから・・・後は新規に期待って感じかな」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「正直な所「展開するのが結構好き」な人はかなり面白いと感じるのではないかって思うので「軽く全召喚方法をいじりたい」って人には最適かなぁと思います。コードトーカーデッキとはまた違った楽しさがありますし、アニメとかで感動した!って人にはお勧めしたいと思います!また、遊戯王公式動画にて解説もあるのでそっちを見るのもいいかもしれませんね」

www.youtube.com

 

《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード/Firewall Dragon Darkfluid》 
リンク・効果モンスター リンク5/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】
効果モンスター3体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけこのカードにカウンターを置く。
(2):このカードの攻撃力はバトルフェイズの間、このカードのカウンターの数×2500アップする。
(3):相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。
この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、このカードはもう1度続けて攻撃できる。

遊戯王/シークレットレア/カオス・インパクトCHIM-JP037 [シク] : ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード

 

遊戯王カードを簡単に売る方法を解説【PR・実践記事】

「遊戯王カードや最新パックを多く買ってしまって、最新カードを売るたいと思ったらと最近どこでも見かける通販サイトの買取サイト紹介の裏側を紹介です。

なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。

まいログでは基本通販サイト等と掛け合ってのPR記事を紹介していますので、正直なメリットやデメリットなどを確認しやすいですよ(´・ω・`)現在はトレトクさんとカーナベルさんの2店舗を調査済みです(店舗等掲載募集も行っております。公式まいログツイッターにてご連絡ください)

 

大量のコモンカードなどを売るときなどオススメですよ(´・ω・`また初動相場での20thシークレットレアなどはかなり高額取引されるカードなのでお早目に!

※トレトクさんの買取はこちらから!無料査定で楽々(´・ω・`)ノ

※「カーナベル」の買取の流れを紹介・利点などを解説!【PR記事です】

>>【カーナベル 買取 評判】カーナベルの買取と方法・利点まとめ!まい。の友人のカードを色々と売った結果は?【PR】 - 遊戯王環境@まいログTCG最新情報室

遊戯王 最新情報遊戯王 高騰| 遊戯王 環境|デッキ集&解説集|