まいログ 遊戯王最新情報@遊戯王デッキ集製作中

遊戯王やデュエマなどの数々の情報を専門的に取り扱うTCGブログです。遊戯王OCGの最新情報・環境デッキを優勝者さんに取材し様々な情報を発信する遊戯王 まい。のブログです。 値上がりや高騰カード等にも注目し、専門的な部分を様々な点で追いかけ、遊戯王最新パック以上に様々なTCGの視点からお送りする『高騰予想』や『環境デッキジンクス』等もきちんと紹介。遊戯王の最新パックを始め、最新情報から最新デッキの回し方・相性の良いカード・デッキ等の考察も。インタビューを通した徹底的な考察と環境等の紹介で貴方のTCG生活を

デッキ検索・アイデアベース等の検索はこちらから行えます

遊戯王 最新情報遊戯王 高騰| 遊戯王 環境|デッキ集&解説集| 

その他今月の注目記事

遊戯王の最新情報と最新環境情報をお届け!最近人気な情報はコレ!
新制限の反応と感想まだ在庫あり!ANNIVERSARY_DUELIST_BOX予約開始【サベージ・ストライク】判明カード一覧|【募集】優勝デッキ募集のお知らせ|【遊戯王チップス】爆発的人気!収録カードは全20種類!付属系お菓子のジンクスに迫る!

【デュエリストパック レジェンドデュエリスト編4】強化カテゴリーの考察を今すぐチェック!

f:id:hukusyunyu:20181109082949p:plainハーピィf:id:hukusyunyu:20181109090613p:plain「サイバー・エンジェル」f:id:hukusyunyu:20181109091524p:plain「ローズ・ドラゴン」

f:id:hukusyunyu:20181109095108p:plain「列車」f:id:hukusyunyu:20181109110019p:plain「月光」

【TGデッキ 優勝】新規採用TGデッキが優勝!回し方や相性の良いカード・強みを色々と考える【考察追記】

f:id:hukusyunyu:20181118014539j:plain

スポンサーリンク

駿河屋☆仮面ライダーストア駿河屋プリパラ特集ページ駿河屋☆アイカツ!ストア特撮ヒロイン特集

【TGデッキ 優勝】新規採用TGデッキが優勝!回し方や相性の良いカード・強みを色々と考える【日記】TGデッキ(テックジーナスデッキ)が優勝!TGデッキの紹介・TGデッキの回し方。TGデッキの相性の良いカード・TGデッキとTGデッキに関しての記事等はまいログでチェック!

TGデッキ(テックジーナスデッキ)が2018年10月の新制限下で優勝!

 

TG 優勝デッキの遊戯王最新情報です。TG(テックジーナス)を採用したデッキが今回2018年10月の新制限の大会で優勝しました。 

ココではテックジーナスを採用したTGデッキの回し方・相性が良いカード。そして採用されたカードとの相性の良さは何処かを紹介しています。

これから【TG】デッキを作りたいけどどうすれば良いのか分からない、また相性の良いカードが欲しいけど分からないという人のための参考になれば幸いです(´・ω・`)

※現在編集中です。

 

 

TGデッキの最新優勝デッキの考察・紹介!新制限下で実際どうなった?

【TG(テックジーナス)】デッキの概要

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「と言う訳でTGデッキが優勝という事で今回はのんびりと優勝デッキを色々と紹介&考察していこうと思います。TGデッキはブルーノが使用するデッキですが、まさかのブルーノ本人が参加して戦う?というテーマになっており、5dsの配信も合わせて非常にテンションが上がったという人も多いのではないでしょうか?

 : TG スター・ガーディアン

「アクセルシンクロの起点は・・・僕だ!!」

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain「と言わんばかりの有用テーマですが、実はTGデッキの根本は連続召喚というよりも最初は『メタビート』が中心のテーマでした。

罠を思いっきり伏せて《TGX1-HL》や《TG1-EM1》で相手の動きを阻害し戦うテーマだったのですが、現在はそういったカードは使用をあまりせずとも良くなっています。特にサイクロンに関しても現在は『制限が解除』されていますし、除去カードも豊富にあるのでそこまで専用パーツをそろえなくても良いのが良いですね」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「その代わりモンスターをほぼTGに固定させつつ、モンスターを展開できるデッキにしなければなりませんの」

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「ううっ・・・その通りでございます。なんで再録しないかなぁ」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「ですが基本パーツは再録されてますし、TG関連カード以外に何が採用されているのかは気になりますわね」

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「そうですね。今回はその辺りを確認しつつ探してみましょう!」

TGデッキ(テックジーナス)の優勝デッキレシピを紹介

f:id:hukusyunyu:20181017095117p:plain

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain「と言う訳で優勝したTGデッキはこちら!キャラデッキ大会という事で、TGを大量に投入+盤面にモンスターを簡易的に並べるモンスターを色々と投入した形になっています。

TGデッキでは主に盤面にトライデントランチャーを立てるのが一番なので『リンク3モンスターを出せる布陣』を早く作れるかが大事。特に特殊召喚しつつ盤面に様々なTGを含むモンスターを並べればTGモンスターを一気に3体も出せますからね」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「でもTGデッキで3体の素材に手札から更にTGを出すのってかなり苦労するわよね」

中古遊戯王/スーパーレア/SPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY EDITION Vol.318SP-JP302 [SR] : グローアップ・バルブ 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「意外と絶望的では無いんですよ。特にTGでは『盤面にモンスターを並べる事が前提』となっているのですがTGモンスターを含むなので、

グローアップ・バルブ》1枚で出せたりもします。

バルブから、リンクリボー。そして、ハリファイバー・・・。

グローアップ・バルブ からハリファイバーまで繋いでしまい、チューナーのTGを出せばそれだけで《TG トライデント・ランチャー》がリンク召喚できるのでそこまで難しい話では無かったりするんですよね。実際に使ってみるとフィールドにモンスターがドンドンと展開されていくので『気が抜けない』デッキの1つでもあります」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「まぁその代わり種族がバラバラだからトリックスター等ではサイドに群雄割拠が仕込まれたりするからメタやサイドの選別は必須なのかもね」

f:id:hukusyunyu:20180321021209p:plain「そこはワンダー・マジシャンで除去ですよ(無茶ぶり)

【TG(テックジーナス)】の回し方について

【TG(テックジーナス)】デッキの概要

遊戯王 TG とはTGデッキ(テックジーナスデッキ)の回し方はアクセスシンクロを主軸とし、先行や後攻で如何にして大型を立てる事が出来るかが勝負のデッキです。

特にTGデッキ自体のパワーはそこまで高くは無いのですが自己SSが可能な《TG ストライカー》の『召喚権を使わなくても展開できるカテゴリー』であることを活かした展開力が魅力。

中古遊戯王/ウルトラレア/サベージ・ストライクSAST-JP050 [UR] : TG トライデント・ランチャー

キーカードの《TG トライデント・ランチャー》のリンク召喚条件は『TGを含むモンスター』であるので道中でカードを破壊されたとしても問題ありません。例えばハリファイバーの道中にさくら等で盤面にTG1体しか残って無くても、先述したストライカー等の召喚権を使わないコンボから流れるようにケアする事が出来るようになっています」

 

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「そもそも、TGデッキでの展開力は魅力だったのですけど、罠ビート主軸の動きになるかなと思いきや。

特殊召喚できるタイプの新規TGモンスターが数多く出てきたのでトライデントランチャーからの展開で十分な打点と盤面を作る事が出来るという訳ですわね

遊戯王/ノーマル/サベージ・ストライクSAST-JP010 [N] : TG ブースター・ラプトル

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「そうですねー。基本的に《TG ブースター・ラプトル》等のカードが出てきたのはかなり凄い事で、とりあえず盤面にTGを残しておけば継続的に展開が出来る『ブラックフェザーに近いデッキ』にまで成長しました。

主な動きは前回も紹介した通りですが、TGモンスターを3体出す流れまでいけるとそのままアクセルシンクロを繰り返すことで『盤面にTGを大量に並べる事も容易』になっていますし、《TG ハイパー・ライブラリアン》のシンクロ召喚さえ通ってしまえば『TGのシンクロ召喚に成功するたびに1ドロー』も出来るので無駄もありません。

 TG ハイパー・ライブラリアンを盤面に出した状態でTGモンスターを使うだけで簡単に手札を補充する事が出来るようになります。

ある意味ではTGデッキの強味の1つと言えるでしょう。

また相手ターンに対してもシンクロ召喚をさせない動きを強要する事が出来るようになります。

遊戯王/ノーマルパラレル/20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE20AP-JP083 [Nパラ] : TG ハイパー・ライブラリアン

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「あれ?凄く懐かしいメタ要素ような・・・」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「昔のTGです。本当にありがとうございました。というわけで現在ではエクシーズやリンクなどカウンター手段は豊富にあるので『TG ハイパー・ライブラリアンの効果も活用されづらい』ですが、相手がシンクロメインであったりする場合や先行で配置しておくと何かしらドローされる事もあるかもしれません」

TGデッキの回し方は盤面にモンスターを並べる事。

TGデッキの回し方「TGデッキの醍醐味はシンクロ召喚ではありますが、基本的にリンク召喚でハリファイバー等を経由できる強味が増えたので『チューナーとチューナーではないTG』を盤面に出す事を前提として考えなくてよくなりました。

ある程度展開されていると自身の効果で展開が出来るテックジーナスと盤面に特殊召喚がしやすいテックジーナスも存在してるのでかなり出しやすくなってますよ(´・ω・`)

: TG スクリュー・サーペント

召喚・特殊召喚に成功した場合、このカード名以外のレベル4以下の「TG(テックジーナス)」モンスターを蘇生。効果は無効化されているのでレベル1モンスターやトークンと合わせてシンクロ召喚を狙う

>>TG スクリュー・サーペント

: TG ストライカー

相手フィールドにモンスターがいない場合に特殊召喚が可能なチューナー。盤面を意識せずにフィールドに特殊召喚出来るので非常に強力。増援や戦士の生還で何度もサルベージか回収が出来る優秀なカード。

: TG ワーウルフ

特殊召喚は俺に任せろー(バリバリ)

特殊召喚に合わせて盤面から出せる事が出来るモンスター。主にTGデッキで盤面に出せるほかに他の特殊召喚に合わせてモンスターを出す事が出来るので『盤面的に優位な状況を作り出せる』のもポイントです。

: TG タンク・ラーヴァ

新手のゾイド、メカラーバモス。

トークンを出したりチューナー以外で扱うことも出来るという超優秀な効果持ち。TGデッキでの潤滑油として使用出来ます。ただし、このカードを「TG」SモンスターのS素材とする場合なのでチューナー等を思いっきり採用するTGデッキではレベルの調整に手間取る可能性あり。

そんな問題を克服するために《TG サイバー・マジシャン》+《TG ラッシュ・ライノ》等を採用しておいて事故率を下げるというのも考慮したいですね(´・ω・`)」

 

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「まぁ当時からだけど、更に特殊召喚が容易になった上に『シンクロモンスターが出しやすくなった』となればかなり嬉しい事よね。

後はTGデッキの回し方で最大の弱点だった『レベル等が合わずシンクロ召喚が出来ない』のが解消されてるのは良いことかなぁって。リンクモンスターで盤面に出してさえすれば後は自由にTGを調整出来るのか」

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「そうそう。なので思ったよりもチューナーの組み合わせに困る事は無いんです。また、《 TG タンク・ラーヴァ》を間に挟むと『チューナーかチューナーで無い場合かを選びつつ後続にシンクロをする為のトークンをおける』のでおすすめです。

TG(テックジーナス)デッキの回し方のポイント その1 TG以外でも展開できる数々の出張カードの採用

遊戯王/ノーマル/ブースターSP トライブ・フォースSPTR-JP047 [N] : 終末の騎士

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「TGデッキは基本的にTGトライデントランチャー等からの盤面展開が肝ですが、TGの回し方の他に『出張カードでリンク3までのサポート』をするのが基本となっています。

例えば、《終末の騎士》と《亡龍の戦慄-デストルドー》でハリファイバーの構えまで行ってしまえば、『TGのチューナーを出してTGトライデントランチャー』を出すところまでを1セットで行えてしまえます」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「ライフは減ってしまいますが、《増援》等のカードをストライカーと共有できる上に墓地にキーパーツも送れる便利コンボですの」

 

 

 

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「後はさっきも言ってた《グローアップ・バルブ》か。これもリンクリボーと一緒に展開が出来るのよね」

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10001397:detail

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「その通りですね。これらのカードを活用する事で、盤面にはハリファイバーが立っているかなと思います。チューナーのTGを特殊召喚しつつ《TG トライデント・ランチャー》の流れを行えるカードを多く採用する事で『TGデッキのチューナーと非チューナーのバランスを解決』出来るのです」

TG トライデント・ランチャー

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/機械族/攻2200【リンクマーカー:左下/下/右下】
「TG」チューナーを含む効果モンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

  1. :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「TG」モンスターをそれぞれ1体ずつ選んで、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「TG」モンスターしか特殊召喚できない
  2. :相手はこのカードのリンク先の「TG」モンスターを効果の対象にできない。

 

TG(テックジーナス)デッキの回し方と相性の良さに『種族サポート』が使える!

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain「TGデッキの大きなポイントとして種族がバラバラというのが挙げられますが、逆に逆手を取れば『サーチカードが大量にある』といえます。

TGデッキでの事故率を軽減するにはこれらのサーチや汎用カードは欠かせません。《化石調査》《増援》《ワン・フォー・ワン》の3枚で各種モンスターをリクルートしつつ盤面を整えられるという寸法です(´・ω・`)また、《ワン・フォー・ワン》はTGでは際立っていてバルブ等の出す手段として活用出来るんですよねー」

ソウル・チャージ》もTGでは蘇生手段として活用出来る他にエクストラを沢山使ってしまうケアとしても活用が出来ます。

>>《化石調査

>>《増援

>>《ワン・フォー・ワン

>>《ソウル・チャージ

 

 

TG(テックジーナス)のデッキカテゴリー集

TG(テックジーナス)のデッキカテゴリー集

TGデッキは今でも使われる出張が強み! ▼

遊戯王 TG とは「TGデッキに関しては元々出張が多かったカテゴリーでもあるので、基本的にどのデッキに採用しても問題はありません。

中古遊戯王/ウルトラレア/DUEL TERMINAL - クロニクル1 覚醒の章 -DTC1-JP082 : ナチュル・ビースト

現在ですと、地属性モンスターと《TG ストライカー》を合わせる事で《ナチュル・ビースト》をシンクロ召喚。

また、そもそもチューナー故にハリファイバーをリンク召喚できるばかりか、そのチューナーを特殊召喚の際に《TG ワーウルフ》を特殊召喚できる等非常に自由に動くことが出来ます」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「そもそもTGに関してですけど、2018年の強化まで何も採用がされなかったのかと言うとそうではありませんの。

例えば、代行天使とガジェットを採用したデッキは上位入賞を果たしてもいますし決して弱い訳でもありませんわよ(๑╹◡╹)ただし、TG自身のエンドフェイズ時のサーチと良い手札枯渇が問題なのは今後の課題ですの」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「破壊されてエンドサーチで後続確保も、高打点に加えて尚且つ最初からサーチとか墓地に送られた場合にサーチが出来るカードの方が展開しつつ盤面も揃えられるもんね。そういう意味では純構築の手札枯渇をガジェット等で補ったり、ハリファイバーでチューナーが出せる効果を一緒に採用するのは利に叶ってるのね」

中古遊戯王/ノーマル/ストラクチャーデッキR 闇黒の呪縛SR06-JP023 [N] : 悪夢再び

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「まぁ当時私もワーウルフを回収する為に《悪夢再び》とか採用してたりしてましたからねぇ。一応TGのサーチ効果や種族に合わせての採用をする事が出来るデッキもあります。

遊戯王/ノーマル/ブースターSP トライブ・フォースSPTR-JP036 [N] : BF-極北のブリザード

例えば《BF-極北のブリザード》からBFモンスターを特殊召喚させて、そのままワーウルフへ繋げるとトリシューラから悪夢再びでもう一度次のターンには『トリシューラかミストウォームの布陣が可能』でした。こういった部分や闇属性で特殊召喚する事の多いデッキでは出張する価値がありそうです」

【遊戯王 TG】・参考記事

【TG(テックジーナス) 】の新規カード達

【TG(テックジーナス) 新規】の新規カード達

新規TGの解説です。「TGの新規は体験会の前に判明した感じですね。

今回の収録カードの多くはチューナーとシンクロモンスターが中心となっており、シンクロ召喚を助ける構成に加えてトークンを生成した上でアクセルシンクロを狙う構成なのがポイントです。

 

あくまでもシンクロに拘ってしまうと今度は『リンクモンスターがEXデッキに採用できず枯渇してしまう』面に注意ではあるのですが元々ジャンドの布陣等でもあるように『ハリファイバー+αでクェーサー』までは行ける分、リンク2+3モンスターを採用したエクストラデッキで戦うのが無難そう(´・ω・`)リンクモンスターも登場し、リンクマーカーと3体の仲間を呼び出す効果でS(シンクロ)召喚への道をって公式も紹介していますし、効果を色々とおさらいしていきましょう!」

TG トライデント・ランチャー

TG トライデント・ランチャー

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/機械族/攻2200【リンクマーカー:左下/下/右下】
「TG」チューナーを含む効果モンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

  1. :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「TG」モンスターをそれぞれ1体ずつ選んで、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「TG」モンスターしか特殊召喚できない
  2. :相手はこのカードのリンク先の「TG」モンスターを効果の対象にできない。

関連記事 TG ( テックジーナス )編

www.tcg-bloglife.com 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「まずは期待の新星『TG トライデント・ランチャー』についてです。

TG トライデント・ランチャー》は、リンク3モンスターで効果の発動後にTGモンスターしか特殊召喚出来ない変わりにデッキ・手札・墓地からTGモンスターを特殊召喚する事が出来るようになりました。

この効果はリンク3モンスターなので盤面に出した際にはディスアドを解消出来るばかりか、相手ターンにアクセルシンクロを行うことで『TG トライデント・ランチャー自身のデメリットを解消』する事も出来ます。

遊戯王/ノーマルパラレル/20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE20AP-JP077 [Nパラ] : エフェクト・ヴェーラー

ワンダーマジシャン等を始めそこまで弱い効果では全くありませんが、自身のターンに汎用性高いシンクロ・リンク等に繋げられないのが問題で、TG自身の手札枯渇も相まってこのTG トライデント・ランチャーの効果を止められてしまうと辛いのは言うまでもない事実。

 

ある意味では簡易的なデルタアクセルシンクロとしての立ち位置のカードなので『効果を確実に通して堅実に攻めたい切り札』と言えるでしょうデメリット回収と言えば《星遺物からの目醒め》等で相手ターンでのリンク召喚を狙うのが良さげでもありますが、既に《TG スクリュー・サーペント》・《TG ブースター・ラプトル》・TGレベル4の3枚があればそのまま展開が可能でもあったりするので案外普通に狙うだけでも十分に強そうです(´・ω・`)」

 

TG トライデント・ランチャーの概要

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plainテックジーナスデッキに関しての考察と一覧&おさらいが出来たので一枚ずつ新規カードを見ていきましょう。今回はリンク3のテックジーナスモンスター《TG トライデント・ランチャー》!

効果としては非常に有用な効果なのですがTGのみの特殊召喚と一癖あるのが特徴で、このお陰で様々なTGカードが高騰する事となってしまいました。TGデッキでは最初モンスターを3体並べるのは、簡単になりましたがそもそも『TGデッキにおいて3枚を並べての布陣が何処まで強いのか』も考えていきましょう。

TG トライデント・ランチャー

TGのみでの構築ではほぼ必須枠となるTG トライデント・ランチャーですが、実はリンク3でありつつもこのカードのリンク条件がTGを含むカードなので『ハリファイバーから出せる』という点に注目。

本当に《水晶機巧-ハリファイバー》ありきの効果テキストではありますが、このカードのお陰で少なくともリンク2の素材だけで出せるという強みがありますので、双方必須のカードと言えます(´・ω・`)

その肝心のハリファイバーが高額すぎるのですがあるのと無いのとでは話が違い過ぎるのが現状で遊戯王wikiでもコンボに入れている辺りもっておくのが無難かなぁとは感じました。

勿論他にも出す手段があり、カード効果等に関しても有用なものは多いのでコンボカードを確認しつつTGデッキのキーパーツを見ていきましょう。

TG トライデント・ランチャーの考察その1 召喚条件と展開例

TG トライデント・ランチャー

TG トライデント・ランチャーの考察「《TG トライデント・ランチャー》のリンク召喚の条件はリンクモンスターを含むモンスターでのリンク召喚ですので最終的にリンク2の展開役と『TGモンスターを出す』事で簡単に盤面に出す事が出来ます。

実際の所ハリファイバー等が注目されてはいるものの、戦士族の特殊召喚形カードを利用しての《聖騎士の追想 イゾルデ》等も一応特殊召喚出来ますし様々な手段で出すほかにリンクモンスターを多数経由しつつ出すのがポイントとなります。

《TGワーウルフ》の様なチューナーではないモンスターでは今回の《TG トライデント・ランチャー》は条件を満たせないので、後攻など先に《TGストライカー》を出してしまいその後展開して《TG トライデント・ランチャー》をリンク召喚する方法などを利用した方が良かったりもしますね(´・ω・`)」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「現実的な回し方では適当なカードを2枚活用してハリファイバーをリンク召喚さえしてしまえば『TGストライカー』を特殊召喚してそのまま《TG トライデント・ランチャー》へ繋げられるんですわよね(๑╹◡╹)」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「チューナーってのが幸いして盤面に出す事が出来る用になっているのが幸いでしたね。因みに他に出せないのか?というお話もあると思いますが、これも《TGストライカー》を使用しなくても、問題なく出せる他《TG カタパルト・ドラゴン》+《TG ジェット・ファルコン》+αだったりと手札消費を気にしないのであれば問題ないのも確認出来ています。

また、きっちりこの辺りも種族間サルベージが出来る限り行われにくくなっており《サルベージ》を採用してディスアドを回避しつつ動ける《海竜海皇》とかが作りにくくなっております。基本的に種族を被らせないので『種族間シナジーも得られない』のは若干のマイナスかもしれませんね(´・ω・`)」

TG スクリュー・サーペントTG スクリュー・サーペント

「俺の蘇生効果からTGに繋げても大丈夫だぜ!」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「確かに《TG スクリュー・サーペント》さんの効果から、チューナーを更に引っ張ってきて適当なモンスターを特殊召喚しつつ『ハリファイバーから並べる』というのも手ですわね」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「方法は沢山あると思いますよ。今回のサベージ・ストライク (SAVAGE STRIKE)に収録されているTGは基本的に展開メインで動けるカードばかりなので《TG カタパルト・ドラゴン》をメインとして採用しなくても良いような形になりました。

例えば・・・《TG ブースター・ラプトル》を採用して「TG」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる効果を狙い盤面に出す方法もありますよ」

TG ブースター・ラプトル

効果モンスター
星1/風属性/恐竜族/攻 400/守 300
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。

  1. :自分フィールドに「TG」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
  2. :フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「TG ブースター・ラプトル」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。

>>《TG ブースター・ラプトル

TG トライデント・ランチャーの考察その2 TGのみでハルバードキャノンをシンクロ召喚!

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10007389:detail

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「という訳で《TG トライデント・ランチャー》の効果は様々ありますが、遊戯王wikiにしっかりと展開例が詳細に書かれておりました。《TG トライデント・ランチャー》の効果はいわば『3枚のモンスターを展開出来る』ので言い変えると『好きなTGを呼べる』とも言えます。ただし、手札からTGを出すコストも見越して出さないといけないのでその点は注意。

 《TG スクリュー・サーペント》・《TG ブースター・ラプトル》・TGのレベル4

  1. TG スクリュー・サーペント》を召喚。(効果は使用しない)
  2. TG ブースター・ラプトル》を自身の効果で特殊召喚し、《TG スクリュー・サーペント》と共に《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚。
  3. 水晶機巧-ハリファイバー》の効果で《TG タンク・ラーヴァ》をリクルートし、このカードをリンク召喚。

f:id:hukusyunyu:20181005174905p:plainTG ブースター・ラプトル

TG トライデント・ランチャーTG トライデント・ランチャーのリンク召喚条件は『TGを含む』なのでそのままリンク3へ繋げる事が出来ます。
  1. このカードで墓地から《TG スクリュー・サーペント》、手札からレベル4のTG《TG ラッシュ・ライノ》、デッキから《TG サイバー・マジシャン》を特殊召喚。
  2. 《TG スクリュー・サーペント》で《TG タンク・ラーヴァ》を蘇生。
  3. TG ラッシュ・ライノ》と《TG タンク・ラーヴァ》で《TG ハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚。

 

TG トライデント・ランチャー召喚へのヒント ▼《TG タンク・ラーヴァ》の効果は、『テックジーナストークン』を生成するので『レベル5モンスターを出しやすく』しています。チューナーのレベル次第ではレベル2の《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》やレベル5の《TG ワンダー・マジシャン》等を選択しつつシンクロ召喚しましょう。
  1. 《TG タンク・ラーヴァ》の効果でTGトークンを生成。
  2. 《TG スクリュー・サーペント》とTGトークンで《TG スター・ガーディアン》をシンクロ召喚。
  3. 《TG スター・ガーディアン》の効果で《TG ブースター・ラプトル》をサルベージ。
  4. 《TG サイバー・マジシャン》と手札の《TG ブースター・ラプトル》で《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》をシンクロ召喚。
  5. 《TG スター・ガーディアン》・《TG ハイパー・ライブラリアン》・《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》で《TG ハルバード・キャノン》をシンクロ召喚する。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「という感じでシンクロ召喚等の展開を行うことが出来ます。主にTGの動きとしては優秀ですがいかんせんTGのみの特殊召喚しか盤面に出せないので理想的な布陣を敷くのはちょっと難しいです。

特に最近ではトロイメア等の盤面を作るのとはちょっと違い『耐性付与等は出来ても返されやすい』点に注意。

ハルバード・キャノンまで確実に繋げておける手段を見極めつつ動くことを考えたい所でしょう(´・ω・`)」

 

 

TG トライデント・ランチャーの考察その3 アクセルシンクロの布陣まで整えば他のシンクロモンスターも採用可能!

遊戯王/英語版/UR/Legendary Collection 5D’sLC05-EN005 [UR] : Shooting Quasar Dragon/シューティング・クェーサー・ドラゴン

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「因みに『TGの召喚制限』はあれど相手ターンになれば問題なくシンクロ召喚が出来ます。またTGデッキでは『リンクモンスター等の制限が無い』ので相手ターン等に対してアクセルシンクロを決める事は可能です。

ですが、レベル12まで繋げるとしてもエクストラデッキに数枚レベル12以上のモンスターを採用するのはかなり辛いので『ハルバード+何か別のレベル12モンスター』を採用するのが良いでしょう。

現状では、《 シューティング・クェーサー・ドラゴン》や《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》。そしてアニメ繋がりばかりですが《聖珖神竜 スターダスト・シフル》も存在するので好きなカードを1枚採用しておくと良いかもしれませんね!

 

 

【TG テックジーナス】TG スター・ガーディアン

TG スター・ガーディアン

TG スター・ガーディアン [チューナー ATK 100/DEF 2200]
チューナー+チューナー以外の「TG」モンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

  1. :このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
  2. :自分メインフェイズに発動できる。手札から「TG」モンスター1体を特殊召喚する。
  3. :相手メインフェイズに発動できる。このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plainTGテックジーナスの優秀な新規にして本人参戦という凄い奴。それがこの《TG スター・ガーディアン》です。

 

特殊召喚に成功した瞬間に墓地のTGをサルベージするというディスアドを回収する効果に加えて、メインフェイズ時にTGモンスターを特殊召喚するという《TG ワーウルフ》のトリガーとして活用出来たり、アクセルシンクロの布陣すらも作れる強力なキーパーツとなります。

今回のTGはチューナーシンクロモンスターが中心なのですが、このカードの縛りに合わせても墓地からTGを蘇生可能なのでシンクロが出来ないという状態にはなりません。

ワーウルフを墓地からサルベージ+得す召喚するだけでもレベル8シンクロが可能だったりと優秀なのは言わずもがな、このカードが特殊召喚に成功した場合という誓約なのでTG(テックジーナス)以外の蘇生カード等でもきっちりと回収効果を発揮出来るのはポイントですね(´・ω・`)」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「その代わり、墓地からの回収なのでシンクロモンスターの蘇生が出来ないのはデメリットですわね。それを差し引いても強力なカードなので、TG(テックジーナス)デッキでは採用したいカードですの

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「ストーリー的にも採用してあげてください・・・」

【TG テックジーナス】TG ブースター・ラプトル

TG ブースター・ラプトル

効果モンスター
星1/風属性/恐竜族/攻 400/守 300
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。

  1. :自分フィールドに「TG」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
  2. :フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「TG ブースター・ラプトル」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「レベル1で恐竜族のモンスターが登場ですわね。登場した時には《ジュラック・アウロ》以来2体目となるトークン以外のレベル1の恐竜族という話が出ていましたが、もしこのカードがチューナーだった場合出張も可能で良かったのになぁと思いましたの(๑╹◡╹)

TG ブースター・ラプトルの効果は自分の効果で特殊召喚が可能な効果。一応レベルが1と低いので簡易的に《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》等をシンクロ召喚する際には有効な手段ですわね。

当時のTGではレベル・スティーラー等の存在がいたために簡単に盤面に出す事が可能でしたが、現在ではトークン等に頼ってしまう面も多いので非常にありがたい存在ですの」

遊戯王/スーパーレア/EXTREME VICTORYEXVC-JP039 [SR] : TG レシプロ・ドラゴン・フライ

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「あっ。でもリンクモンスターの効果ではレベル1を出せる選択肢として有用なのね。その代わり、チューナーでレベル4なのが《TG スクリュー・サーペント》しかいないからレベル5のシンクロ召喚を狙うときには有用かもね。サベージ・ストライク (SAVAGE STRIKE)の新規カードで出す為に必須なカードって感じなのか」

 

【TG テックジーナス】TG スクリュー・サーペント

TG スクリュー・サーペント

チューナー・効果モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1300/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「TG スクリュー・サーペント」以外の自分の墓地のレベル4以下の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「TG」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「やったね!ブルーノちゃん!サルベージ対応のTGが増えるよ!

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「《TG スクリュー・サーペント》の効果は墓地のTGモンスターを対象として蘇生させる効果が強力なのですが、TGの下級モンスターでは珍しい墓地除外効果であるレベルを上げ下げする効果が魅力ですの。『シンクロ召喚のレベルをサポートする』効果なのですけど、元々TG(テックジーナス)デッキではレベルが2・5のシンクロ召喚をメインとしている分使う際には『レベルが合わない場合の保険』として活用されそうですわね」

f:id:hukusyunyu:20170309225012p:plain「ちなみにこのカードの存在があるお陰でTG(テックジーナス)デッキでは、《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し《TG トライデント・ランチャー》をリンク召喚までの流れまで作れてしまいますのでオススメですわよ」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「ハリファイバーありきって感じですね(´・ω・`)」

 

【TG (テックジーナス) 】のモンスターカード達

【TG (テックジーナス) 】のモンスターカード達

【TG (テックジーナス) 】のモンスターカード達TG(テックジーナス)のモンスターは基本的に効果モンスターが多く、自身が破壊されたターンのエンドフェイズに同名カード以外のTGをサーチする効果でディスアドを回避しやすい効果を活用しつつ戦っていくのがポイントでした。

そもそもコントロール色の強いデッキで、サーチ効果を多用するのがポイントだったデッキというのもありますがキチンとシンクロ召喚をする為のカードの組み合わせは存在します。その代わり、チューナーとチューナーじゃないTG(テックジーナス)が存在し、レベルが噛み合わないという問題も起きますのでその点は注意。

 TG ストライカー》+《TG ワーウルフ

 

TG カタパルト・ドラゴン》+《TG ジェット・ファルコン

 

TG サイバー・マジシャン》+《TG ラッシュ・ライノ

【TG (テックジーナス) 】のモンスターカード達「この組み合わせを意識してカードを採用しTGデッキは闘っていきます。最終的にはストライカー等を合わせてレベル3~9までのシンクロモンスターを出せますので気楽にモンスターを展開しつつ攻めていきましょう!」

TG カタパルト・ドラゴン/T.G. Catapult Dragon

遊戯王/ノーマル/EXTREME VICTORYEXVC-JP019 [N] : TG カタパルト・ドラゴン

効果モンスター
星2/地属性/ドラゴン族/攻 900/守1300
1ターンに1度、手札からレベル3以下の
「TG」と名のついたチューナー1体を特殊召喚する事ができる。

【TG (テックジーナス) 】のモンスターカード達「TGでは展開が中心となるので新規カードの登場までを考えた後でも採用を考える事になるカードの1枚だと思います。

この《TG カタパルト・ドラゴン》の効果は破壊時にサーチ等はないもののTG(テックジーナス)と名前の付いたカードを特殊召喚する事が出来ます。

で、この効果の何が良いのかと言いますと『チューナー等のレベルを問わずハリファイバー等を出せるので展開役として非常に重要』なんですよね。今までのTGデッキではモンスターを出した後にシンクロ召喚するというのが基本形でしたが、リンク召喚環境からは『モンスターをただ出すだけでも強い』ので、今回TGデッキでは重要な存在となります」

f:id:hukusyunyu:20170309225012p:plain「あとTG カタパルト・ドラゴンの効果は制限回数がないので《TG スター・ガーディアン》の効果で回収⇒そのまま展開という流れも可能になっていますの。TGデッキの製作の際には注目されているカードですので、採用を検討したいモンスターですわね」

 

 

TG ワーウルフ/T.G. Warwolf

 

遊戯王/ノーマル/EXTREME VICTORYEXVC-JP020 [N] : TG ワーウルフ

効果モンスター
星3/闇属性/獣戦士族/攻1200/守 0
(1):レベル4以下のモンスターが特殊召喚された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「TG ワーウルフ」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plainTG界隈を越えて活躍した展開役その1!闇属性でサーチ・回収も容易な上に新規TGでも高相性!モンスターを特殊召喚しつつ盤面に揃えるのが中心なTG(テックジーナス)デッキにおいては採用したいカードの1枚とも言えます。最近再録もされたので安価に入手できるのもポイントですね!」

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「と言うより褒めるところしかない位このカードって優秀なのよねぇ。そもそもカード効果も強かったし、最終的に再録されてる間に買っておきたいカードかなぁ」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「なんか特殊召喚のタイミングを逃さない効果でちゃんとTG新規カードが登場しているのでシナジーもバッチリあるんですよね。意図的というか10期のインフレを感じる瞬間です」

 

 

TG ラッシュ・ライノ/T.G. Rush Rhino

遊戯王/ノーマル/遊戯王DUEL TERMINAL-エクシーズ始動!!-DT12-JP004 [N] : TG ラッシュ・ライノ

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1600/守 800
このカードが攻撃する場合、
ダメージステップの間このカードの攻撃力は400ポイントアップする。
フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、
自分のデッキから「TG ラッシュ・ライノ」以外の
「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「当時は2000打点という数値も強かったんですよね。というのを感じるカードの1枚です。

ダメージステップ時に打点を上げる効果と破壊されて墓地に送られるとデッキから別名のカードをサーチ出来ます。TGの中では唯一のレベル4非チューナーというのもあって打点が高かったのですが、現在新規が来てもレベル4の非チューナーが来なかったのでレベル8以上の高レベルモンスターをシンクロ召喚する際には有用なカードですね」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「この当時と言えば、【TG】以外のデッキ等でも採用して獣族ビートダウンという側面があったりしたのよね。後は召喚権だけでシンクロ召喚が可能な《TG サイバー・マジシャン》の素材として採用したって事もあったよね」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「まぁそうなんですよね。ただしこちらはレベル4として活用が出来る他に打点アップを活用して『大型モンスターのカウンター』として採用出来ました。特に特殊召喚メタのライオウ等をすり抜けて打点で勝てるというメリットは強力。

現在は《インスペクト・ボーダー》等の天敵はいるものの、メタビート等を踏み越えれる強みを活かしたいです」

 

TG サイバー・マジシャン/T.G. Cyber Magician

遊戯王/スーパーレア/EXTREME VICTORYEXVC-JP016 [SR] : 【ランクB】TG サイバー・マジシャン

チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを
「TG」と名のついたシンクロモンスターのシンクロ素材とする場合、
手札の「TG」と名のついたモンスターを
他のチューナー以外のシンクロ素材とする事ができる。
フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、
自分のデッキから「TG サイバー・マジシャン」以外の
「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain「遊戯王の初代を思われるマジシャン風のチューナーモンスターで値段がじわりと上がっている注目カードの1枚です。手札のTGを活用しつつ盤面に揃える事が出来る画期的なモンスターでした。

 

あの当時手札からシンクロ召喚できる存在といえばデメリット付きの《エキセントリック・ボーイ》のみだったので、デメリットがある意味なしでの手札消費のみのシンクロ召喚は非常に強かった覚えがあります。

ただし、TGのシンクロモンスターのみという誓約が強く新規カードを合わせてもレベル2・5のどちらかしか出せないという部分が引っかかるかもしれません。

TG ブースター・ラプトルTG ブースター・ラプトル等の新規カードを活用し、《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》をシンクロ召喚するというのがメインで、レベル12等のデルタアクセルシンクロ等を純構築で狙う場合は採用したいカードでもあります(´・ω・`)」

 

 

 

 

TG ストライカー/T.G. Striker

チューナー・効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 800/守 0
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「TG ストライカー」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。

 

TG ジェット・ファルコン/T.G. Jet Falcon

遊戯王/ノーマル/EXTREME VICTORYEXVC-JP018 [N] : TG ジェット・ファルコン

チューナー(効果モンスター)
星3/風属性/鳥獣族/攻1400/守1200
このカードがシンクロ召喚の素材として墓地へ送られた場合、
相手ライフに500ポイントダメージを与える。

 

【TG (テックジーナス) 】のシンクロモンスターカード達

【TG (テックジーナス) 】のシンクロモンスターカード達

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain「TGのシンクロモンスターは基本的にはチューナー+チューナー以外の「TG」と名のついたモンスター1体以上等の制限があるカードとないカードの二種類があり、TG ブレード・ガンナー等のカード効果には当時待望の『アクセルシンクロ』のバリエーションを増やす部分としてのカードが数多く登場しました。

: TG ブレード・ガンナー

ブレードガンナー等を始めアクセルシンクロ等を行うTG(テックジーナス)モンスターにはシンクロ等の条件はありません。シンクロモンスターを多数素材とし大型を出すので『神の宣告等のマストカウンターに弱い』という問題を抱えています。

これはリンクモンスター等にも言えるので、『ある程度動ける事を予測してから出す』というのを前提に慎重にシンクロ召喚をしていきたいですね。

 

因みにかの有名なシンクロするだけで1ドロー効果をもつ《TG ハイパー・ライブラリアン》やハリファイバーから出せる人気者《 TG ワンダー・マジシャン》など遊戯王環境において知らないって人はいないかと思います。純構築でのTGが活躍していたのは罠ガン伏せ時代の時でしたが、そういった出張部分の強さからTGデッキは日々様々なデッキ出張していったのです(´・ω・`)制限でもライブラリアンは強い(確信)」

TG レシプロ・ドラゴン・フライ/T.G. Recipro Dragonfly

遊戯王/スーパーレア/EXTREME VICTORYEXVC-JP039 [SR] : TG レシプロ・ドラゴン・フライ

シンクロ・効果モンスター
星2/風属性/昆虫族/攻 300/守 300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する
「TG」と名のついたシンクロモンスター1体を選択して発動する事ができる。選択したモンスターを墓地へ送る。さらに、墓地へ送ったモンスターのシンクロ召喚に使用したシンクロモンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、この一組を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plainTGデッキ以外でも非チューナーのレベル2として活用される事の多い汎用シンクロモンスターです。TGのシンクロモンスターを解除し墓地から蘇生させてくれる存在として非常に重要な存在でした。今回の新規カードでもレベル2モンスターを簡易的にシンクロ召喚可能となったので必須枠となってします(´・ω・`)再録はよ」

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「まぁTGデッキ自体にもブレードガンナーで戦いつつ、レシプロで解除って流れが鉄板だったしね。ただ最大の問題があって TG ブレード・ガンナーが除外されてしまった後に効果で解除しようにも素材は特殊召喚出来ない裁定が出ていて困った事があったのよね。

だから、そういった意味では最大限生かした戦い方が出来ないって難点があったのを思い出したわ」

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「ありましたねぇ。そういったのも(´・ω・`)なのである意味では連続シンクロ等を行うときにケアとして活用されていた印象もあります。TGデッキでデルタアクセルシンクロを狙う際にはこのカードは結構重要なので覚えておくと良いかも?なんて」

 

TG ワンダー・マジシャン/T.G. Wonder Magician

遊戯王/スーパーレア/EXTREME VICTORYEXVC-JP040 [SR] : TG ワンダー・マジシャン

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻1900/守 0
チューナー+チューナー以外の「TG」モンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した場合、
フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動する。
そのカードを破壊する。
(2):相手メインフェイズに発動できる。このカードを含む自分フィールドのモンスターを素材としてS召喚する。
(3):フィールドのこのカードが破壊された場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「あっ。ハリファイバーで出てくる奴だ」

f:id:hukusyunyu:20180321021209p:plain「サイクロン内臓は強いんですよ!そして破壊されても1ドローですよ!最強に決まってるじゃないですか()

TG スター・ガーディアン

と言いつつもTGの素材が必須であり長い間注目されなかったアドの塊ワンダー・マジシャン。

TGデッキでもチューナーとして活躍しますが、展開役の《TG スター・ガーディアン》と使い分ける事が今回非常に重要となりました。手札と相談しつつ除去を取るかで考えると良さそうです。またTGが流行った際にさくら等で除去される事態は無いと思いますが、こちらは魔法罠を除去できるのでマクロコスモス等を破壊出来るチャンスも作れたりします。先述した通りハリファイバーからも呼べるカードなので、買っておくと良いカードでしょう(´・ω・`)動いてる姿が結構可愛いです」

ー(´・ω・`)ー ワンダー・マジシャン!

 

TG ハイパー・ライブラリアン/T.G. Hyper Librarian

遊戯王/ノーマルパラレル/20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE20AP-JP083 [Nパラ] : TG ハイパー・ライブラリアン

シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星5/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがフィールドに存在し、自分または相手が、
このカード以外のSモンスターのS召喚に成功した場合に発動する。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、
自分はデッキから1枚ドローする。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「シンクロモンスターの最大の頂点にして原点となった大量ドローを生み出したカードの1枚です。

当時このカードは付録だったのですが、その強さから初動は1000円程度と高騰しまくったカードの1枚。特に様々な動画でシンクロからの大量ドローを狙うデッキはこのカードが採用されていたりしました。

 

現状シンクロモンスターを出す際にリンクモンスターが必須となってしまいましたが、現在でもハリファイバー等を経由しての展開が可能となっており未だに制限カードという檻を抜け出せずにいます」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「まぁこのカードは値上がりするのかなと思ったら実質再録も多くて安価なのね」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「実は水面下で再録されまくってるせいで価格があまり上がらないという珍しいタイプのカードですね。ウルトラレア等であっても価格はまだまだ安価なので購入もしやすいのが幸いでした」

 

 

TG パワー・グラディエイター/T.G. Power Gladiator

遊戯王/スーパーレア/EXTREME VICTORYEXVC-JP041 [SR] : 【ランクB】TG パワー・グラディエイター

シンクロ・効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻2300/守1000
チューナー+チューナー以外の「TG」と名のついたモンスター1体以上
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「実はこのグラディエーターって非常に難しい立ち位置なんですよねー」

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「あっ。そうか。このカードしかレベル5の非シンクロがいないのか・・・」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「そうなんですよ。なので後に高騰とかもしそうな雰囲気があるので注目したいカードですねー。効果としては10期になるとあまり強力では無いんですが・・・一応簡易的に揃え易いカードとして紹介はしたいかなーと考えてます(´・ω・`)」

 

TG ブレード・ガンナー/T.G. Blade Blaster

遊戯王/ウルトラレア/EXTREME VICTORYEXVC-JP042 [UR] : TG ブレード・ガンナー

シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3300/守2200
シンクロモンスターのチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター1体以上
このカードを対象とする相手の魔法・罠カードが発動した時、
手札を1枚墓地へ送る事で、その効果を無効にする。また、相手ターンに1度、自分の墓地に存在する
「TG」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、フィールド上に表側表示で存在するこのカードをゲームから除外する。
次のスタンバイフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「TGの醍醐味アクセルシンクロ!コレがその正体だ!

当時はシンクロモンスターのチューナー等を用意するのに非常に時間がかかり難しかったのですが、現在では簡単に出せる事で少しずつ需要を取り戻しつつあると信じたいカードです。因みにこのカードが出る前に《スターダスト・ウォリアー》というカードが登場しまして、こちらは『魔法罠を無効にする』のがお仕事といえます。

中古遊戯王/ウルトラレア/ストラクチャーデッキ シンクロン・エクストリームSD28-JP040 [UR] : スターダスト・ウォリアー

効果を見てもブレードガンナーは少し使いづらいのですがTG(テックジーナス)のデッキとして活用させる場合ではこちらの方が有用。

また、当時登場した《フォーミュラ・シンクロン》を合わせる事や変り種では《ライフ・ストリーム・ドラゴン》を活用してレシプロと合わせるという芸当もありました。《シューティング・スター・ドラゴン》と違って誓約が緩い分非常に様々なカードから出せる面白さを感じるカードだったんですよね(´・ω・`)TGの純構築では重要な打点となるので1枚はあると良い・・・かもしれない」

 

TG ハルバード・キャノン/T.G. Halberd Cannon

遊戯王/ウルトラレア/EXTREME VICTORYEXVC-JP043 [UR] : TG ハルバード・キャノン

シンクロ・効果モンスター
星12/地属性/機械族/攻4000/守4000
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター2体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた時、自分の墓地の「TG」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plain「デルタアクセルうぇーい!ロマンの塊でもありましたが、シンクロのクェーサーの存在が出てしまい存在が霞んでしまったカードの1枚でしたがTGデッキの構築で非常に強力なカードとなりました。

誓約があるから仕方なくという訳ではなくて、TG トライデント・ランチャーの効果で対象に取られない除去カードとして活躍が出来るように。また攻撃力も4000と高いので高打点としても活躍が出来ます。状況次第では相手の動きを止めつつ殴れるカードなので、是非買っておきましょう(´・ω・`)ノオススメというか必要です!」

TG トライデント・ランチャー

 

TGの関連記事とサベージ・ストライク (SAVAGE STRIKE)の詳細はこちら!

TGの関連記事とサベージ・ストライク (SAVAGE STRIKE)の詳細はこちら!

  1. TGの収録カードと共にカードリストを確認!>>【サベージ・ストライク】収録カード一覧
  2. TGも載ってる公式サイトは?>>遊戯王OCG デュエルモンスターズ SAVAGE STRIKE
  3. 今回のおすすめカードは?>>【サベージ・ストライク】収録カード一覧

 

TGデッキの最新優勝デッキ一覧 

 

 

TG テックジーナスデッキの関連記事はこちら!

www.tcg-bloglife.com

www.tcg-bloglife.com

www.tcg-bloglife.com

www.tcg-bloglife.com

www.tcg-bloglife.com

www.tcg-bloglife.com