【遊戯王 最新情報】まいログ:TCGデッキ・予約情報まとめ|遊戯王ブログ

遊戯王やwiki情報フラゲ・最新情報を追う300万PVの遊戯王専門ゲームメディアサイト|ゲームやポケモンなどの最新情報やもまとめ

【ビートルーパーデッキ】2022年優勝デッキレシピ,回し方や相性のいいカードなども紹介&考察!【ビートルーパー,びーとるーぱー】

「ビートルーパーデッキ」とは。遊戯王【ビートルーパーデッキ】と「ビートルーパー」デッキに関して最近勢力を伸ばしてる遊戯王のガチ環境テーマと感想や考察,環境デッキ&解説。優勝デッキレシピや回し方,主要カード、必須コンボ等をまとめています。

 

【ビートルーパーデッキ】2022年優勝デッキレシピ,回し方や相性のいいカードなども紹介&考察!【リブロマンサー,りぶろまんさー】

【ビートルーパーデッキ】2022年優勝デッキレシピ,回し方や相性のいいカードなども紹介&考察!【リブロマンサー,りぶろまんさー】
 デッキ 【ビートルーパーデッキ(びーとるーぱーデッキ)】
アーキタイプ コントロール 
特徴1

昆虫族テーマを駆使

特徴2

可愛いテーマデッキ 
特徴3 サポート召喚デッキ

 

 

 

【ビートルーパーデッキ】大会優勝デッキレシピ

「【ビートルーパーデッキ】大会優勝デッキ欄です。大会で優勝した際にはここで紹介していきます。最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。優勝デッキへ飛べる検索を付けておきましたのでぜひご利用ください。

 

【ビートルーパー】デッキとは

【ビートルーパーデッキ(びーとるーぱーデッキ)】は昆虫族を召喚・特殊召喚して大型打点で攻めるごり押し・展開デッキです。

f:id:hukusyunyu:20200302025831p:plainビートルーパーデッキは海外より来訪した新規カテゴリーで、昆虫族を主体にしたデッキです。ビートルーパーは基本的にビーフォースなども使えるというか『昆虫族』を全般採用出来るのがメリットになっています。

デッキレシピとしても『ビートルーパー』を起点に出して昆虫などを合わせるような動きが目立ちますね(´・ω・`)昆虫テーマデッキだったら色々と採用できそうですが・・・昆虫族しか展開出来ないデメリットがキツイ。

f:id:hukusyunyu:20200302025117p:plain

「ビートルーパーの動きは出張を見越した動きを見せようとすると昆虫族か、召喚だけのコンセプトだけになりそうね。ただ盤面に大量の昆虫族を展開出来るメリットがあるから汎用性が高い昆虫族が出てきたら一気に環境に出てきそうな気がするわ(。・ω・。)

☆最近出たおすすめデッキを紹介

www.tcg-bloglife.com

www.tcg-bloglife.com

【ビートルーパーデッキ】回し方や相性のいいカードなども紹介&考察!【ビートルーパー,びーとるーぱー】

【ビートルーパーデッキ】回し方や相性のいいカードなども紹介&考察!【ビートルーパー,びーとるーぱー】

「ビートルーパーデッキ」デッキ概要・評価・対策

【ビートルーパーデッキ(びーとるーぱーデッキ)】

評価 ★★★☆☆
作成コストの目安 1~2万『相場は普通』
扱いやすさ ★★★★☆

「ビートルーパーデッキ」のコンセプトは《ビートルーパー》から大型のビートルーパーカードまで繋げていけるかが課題です。

『純構築でないとしんどい』テーマで、それ以外を入れると昆虫族を主体にしたものに近くなります。一応枚数を消費しない出張を混ぜてビートルーパーを育てていきたいのですが、速攻魔法やフィールド魔法の消費を考えるとあまり余裕がなく大変なテーマなので、手札枯渇があまりないカードと混ぜると良いでしょう。

www.tcg-bloglife.com

ただし【スプライト】デッキやアーゼウスなどコンセプトとして出張出来る汎用カードとの相性が悪いというが出せないので、何かしら使いづらく、相性が悪いです。

「けもなー歓喜!と言えるテーマですが天使なので獣族を合わせて使うという法則性にも合わず・・・実際に使おうとなると難しそうです」

www.tcg-bloglife.com

www.tcg-bloglife.com

【ビートルーパーデッキ】回し方・動かし方展開など

  • ビートルーパーデッキのコンセプトは【ビートルーパー】とリンク・融合を駆使して大型打点で攻めるデッキです。

www.youtube.com

ビートルーパーモンスターの効果と種類を駆使して戦っていくのがポイントになっています。初動は何かしらビートルーパーで対応したカードを使いこなす事が大事です。

フィールド魔法とビートルーパーモンスターを盤面に出しておいてエクシーズ素材を貯めていきましょう。使い勝手と感想はこちら。

《騎甲虫スカウト・バギー》召喚や特殊召喚時に同名カードを展開!
《騎甲虫スケイル・ボム》昆虫が出たらついでに出せる展開系カード!
《騎甲虫アサルト・ローラー》墓地除外で展開&戦闘破壊でデッキからサーチ!
《騎甲虫ライト・フラッパー》除外されてたりするビートルーパーを手札に!
《騎甲虫スティンギー・ランス》墓地メタ&魔法罠をサーチできる便利屋!
《重騎甲虫マイティ・ネプチューン》大型打点+エンドフェイズに打点を1000アップ!
《超騎甲虫アブソリュート・ヘラクレス》次ターンまで耐性&昆虫を蘇生できる切り札!
《大騎甲虫インヴィンシブル・アトラス》効果耐性と5000打点のごり押しモンスター!?
《騎甲虫アームド・ホーン》簡易的に召喚件を増やせるアクセル役!
《騎甲虫隊戦術機動》墓地のビートルーパーを蘇生&トークン生成できるフィールド魔法!
《騎甲虫隊降下作戦》トークンを特殊召喚&大型がいればサイクロン追加!
《騎甲虫隊上陸態勢》融合専用カード!墓地の昆虫を除外して回収も

【ビートルーパーデッキ】回し方その1: 《騎甲虫スカウト・バギー》召喚や特殊召喚時に同名カードを展開!

《騎甲虫スカウト・バギー》 効果モンスター
星3/風属性/昆虫族/攻1000/守 300
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「騎甲虫スカウト・バギー」1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。

「召喚・特殊召喚に成功するとデッキや墓地からスカウトバギーを展開する事が出来るカードです。いわばランク3を作れたりする便利なカードですが「昆虫族しか出せない」デメリットがあるので出張が難しい1枚。

現状だと、《No.3 地獄蝉王ローカスト・キング》や《グレートフライ》のリンク召喚も可能なので、各種パンプアップやサポートで運用出来れば安心かなと。

「スカウトバギーを選んで展開出来る効果はやっぱり便利よね。特殊召喚にも対応してるから展開や蘇生時にもキチンと効果を発揮してくれるのは美味しいわよ。

「デッキのバランス上ではどうしても展開するカードも一緒に入れたいですわね」

 《騎甲虫スケイル・ボム》昆虫が出たらついでに出せる展開系カード!

 《騎甲虫スケイル・ボム》 効果モンスター
星3/炎属性/昆虫族/攻1200/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに昆虫族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手フィールドのモンスターの効果が発動した時、自分フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターを破壊する。

「昆虫族が展開されたら自身で特殊召喚が可能な1枚。更に相手フィールドのモンスター効果が発揮された際にはリリースして効果を破壊する事が出来ます。

誘発のような効果を持っているので、単純に出せればおkという性能なのが良さげですね(´・ω・`)」

「デッキ構築という点で見ても

《騎甲虫アサルト・ローラー》墓地除外で展開&戦闘破壊でデッキからサーチ!

《騎甲虫アサルト・ローラー》 効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1600/守1400
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分の墓地の昆虫族モンスター1体を除外し、手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの攻撃力は、自分フィールドの他の昆虫族モンスターの数×200アップする。
(3):このカードが戦闘で破壊された時に発動できる。デッキから「騎甲虫アサルト・ローラー」以外の「ビートルーパー」モンスター1体を手札に加える。

昆虫族を除外して手札から展開できるカード。戦闘で破壊されるとビートルーパーカードを持ってこれます。戦闘破壊なので壁として置いておくのが良さげ。慣れてきたら、《騎甲虫ライト・フラッパー》除外されてたりするビートルーパーで回収する所まで意識して構築してみましょう。

《騎甲虫ライト・フラッパー》 効果モンスター
星6/水属性/昆虫族/攻2000/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のカード及び除外されている自分のモンスターの中から、
カード名が異なる「ビートルーパー」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果を発動できない。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、その攻撃を無効にする。

墓地や除外されてるビートルーパーを回収。更に攻撃宣言されたら手札に戻して再利用みたいな動きができるカードです。その代わり自身で出す効果を持っていません。

 《騎甲虫スティンギー・ランス》墓地メタ&魔法罠をサーチできる便利屋!

 《騎甲虫スティンギー・ランス》 効果モンスター
星7/風属性/昆虫族/攻2400/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分の墓地の昆虫族モンスター1体と相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを持ち主のデッキの一番下に戻す。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ビートルーパー」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

墓地をお互いにデッキに戻して特殊召喚が可能なカードです。墓地メタとしても有用で、召喚・特殊召喚時にはビートルーパーの魔法罠を回収する効果を持っています。

【ビートルーパーデッキ】回し方その2: 《重騎甲虫マイティ・ネプチューン》は大型打点+エンドフェイズに打点を1000アップ!

 《重騎甲虫マイティ・ネプチューン》 特殊召喚・効果モンスター
星8/地属性/昆虫族/攻3000/守3000
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の昆虫族モンスター3体をデッキに戻した場合に特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):エンドフェイズに、このカード以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は1000アップする。
(2):自分・相手のメインフェイズに、フィールドのこのカードが相手の効果で、
破壊された場合または除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

「除外されてる昆虫を戻して展開。更にエンドフェイズ時にだえ天アップ。メインフェイズ時に破壊や除外されると帰還する効果を持っているわね。こういう所を見るとごり押し打点って感じがするわ。

「昆虫族で除外ゾーンを肥やさないと出せないのもデメリットですよね。《デビルドーザー》や《ジャイアントワーム》により墓地から除外して展開できる様にするというのがベターな印象です。

 《超騎甲虫アブソリュート・ヘラクレス》次ターンまで耐性&昆虫を蘇生できる切り札!

 《超騎甲虫アブソリュート・ヘラクレス》 融合・効果モンスター
星11/地属性/昆虫族/攻4000/守4000
昆虫族モンスター×4
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合、このカードは次の自分ターンの終了時まで他のカードの効果を受けない。
(2):自分・相手のバトルフェイズ終了時に、自分の墓地の攻撃力3000以下の昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

融合召喚に成功したら次の自分ターンまでカード効果を受けない他に墓地の昆虫を蘇生して展開する効果を持っています。

元々の打点という意味で見れば《騎甲虫歩兵分隊》をよりよく活用できそうな感じですね。トークンを一気に4体も展開が可能です。

《騎甲虫歩兵分隊》 通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):トークン以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力1000につき1体まで、
自分フィールドに「騎甲虫トークン」(昆虫族・地・星3・攻/守1000)を特殊召喚する。

 《大騎甲虫インヴィンシブル・アトラス》効果耐性と5000打点のごり押しモンスター!?

 《大騎甲虫インヴィンシブル・アトラス》 リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/昆虫族/攻3000
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
昆虫族モンスター2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク召喚されたこのカードの攻撃力が3000以下の場合、このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。
(3):自分フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースし、以下の効果から1つを選んで発動できる。
●デッキから「ビートルーパー」モンスター1体を特殊召喚する。
●このカードの攻撃力はターン終了時まで2000アップする。

こっちはリンクモンスターで攻撃力が3000以下の場合耐性を持っててリリースしてデッキからビートルーパーや打点アップを狙う事が出来ます。

《騎甲虫アームド・ホーン》簡易的に召喚件を増やせるアクセル役!

《騎甲虫アームド・ホーン》 リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻1000
【リンクマーカー:上/下】
昆虫族モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
昆虫族モンスター1体を召喚する。
(3):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地からこのカード以外の昆虫族モンスター3体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

《騎甲虫隊戦術機動》墓地のビートルーパーを蘇生&トークン生成できるフィールド魔法!

《騎甲虫隊戦術機動》 フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「ビートルーパー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、自分はその元々の攻撃力分のLPを失う。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
(2):自分フィールドの表側表示の昆虫族モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分フィールドに「騎甲虫トークン」(昆虫族・地・星3・攻/守1000)1体を特殊召喚する。

ビートルーパーを蘇生したり、トークンを出して戦線を維持するのが役割のカード。Gパークみたいな面白いテーマカードです。

 

《騎甲虫隊降下作戦》トークンを特殊召喚&大型がいればサイクロン追加!

《騎甲虫隊降下作戦》 通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「騎甲虫トークン」(昆虫族・地・星3・攻/守1000)1体を特殊召喚する。
その後、自分フィールドに攻撃力3000以上の昆虫族モンスターが存在する場合、
フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

フィールドにトークンを出して、攻撃力3000以上の昆虫族がいれば魔法罠を破壊してくれます。

《騎甲虫隊上陸態勢》融合専用カード!墓地の昆虫を除外して回収も

《騎甲虫隊上陸態勢》 通常魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
昆虫族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):自分の墓地から昆虫族モンスター2体を除外して発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

融合カードですね。墓地から除外すると手札に回収できる効果も持っている便利カードです。融合するのであれば必須なカードです。超融合で出すというのも手ですが相手が4体以上の昆虫を出してる状況も稀ですしね・・・。

 《騎甲虫空殺舞隊》

 《騎甲虫空殺舞隊》 カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「ビートルーパー」モンスターが存在し、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに攻撃力3000以上の昆虫族モンスターが存在する場合、
自分エンドフェイズに自分の墓地から昆虫族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。

ビートルーパーが存在してると効果モンスターを無効化できるカード。エンドフェイズ時に再セットが可能で毎ターン1妨害を作れそうな1枚です。

 

【ビートルーパーデッキ】ビートルーパーデッキで相性の良いカード,展開で採用したいカードは?

【ビートルーパーデッキ(びーとるーぱーデッキ)】で採用したい相性の良いカードを随時更新しています。

【ビートルーパーデッキ】ビートルーパーで相性がいいテーマ:共振虫 

ビートルーパーデッキはレベル5以上のカードを持ってこれるのが中盤では欲しい。甲虫装機 ピコファレーナをスカウトバギーから展開してデッキから装備してしまいサーチまで持っていけるようになるメリットがあります。

 (1)の効果で《共振虫》・《応戦するG》・《ゴキポール》を装備カードにし、装備モンスターとこのカードでリンク召喚を行えば、これらの持つサーチ効果を発動可能。
 《共振虫》はレベル5以上、《応戦するG》が攻撃力1500以下の地属性、《ゴキポール》がレベル4の昆虫族をサーチできるので、昆虫族の大半をサーチできる。

遊戯王wikiにもあるように便利な1枚ですね。

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1000/守 700
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからレベル5以上の昆虫族モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
デッキから「共振虫」以外の昆虫族モンスター1体を墓地へ送る。

【ビートルーパーデッキ】ビートルーパーで相性がいいテーマ:B・F

ビーフォースが昆虫族で固まっているテーマなのでそのままビートルーパーデッキと組み合わせる事が出来ます。構築ではそのまま混合デッキと混ぜれるだけでいいのもポイント。戦闘補助やシンクロ召喚とかで色々と攻めれるのもアリですね。

B・F,ビー・フォース カテゴリーの記事一覧 - 【遊戯王 最新情報】まいログ:TCGデッキ・予約情報まとめ|遊戯王ブログ

www.tcg-bloglife.com

【ビートルーパーデッキ】ビートルーパーで相性がいいテーマ:No.3 地獄蝉王ローカスト・キング

ビートルーパーデッキではスカウトバギーから出せる上、表示形式を変更する動きから特殊召喚する流れまで持っていけるカードです。効果が発動した際に『表示形式を変更できる』ので、他の昆虫族の効果を使いつつ墓地から蘇生してリンクや融合につなげていきましょう。

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/風属性/昆虫族/攻1200/守2500
レベル3モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの表示形式が変更された場合に発動できる。
自分の手札・墓地から昆虫族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
(2):フィールドのモンスターの効果が発動した時、
このカードのX素材を1つ取り除き、そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果を無効にする。
その後、フィールドの昆虫族モンスター1体を選び、
守備力を500アップするか、表示形式を変更する。

 

【ビートルーパーデッキ】(びーとるーぱーデッキ)カード効果まとめ

【ビートルーパーデッキ】(ビートルーパーデッキデッキ)カード効果まとめ

【ビートルーパーデッキ】(びーとるーぱーデッキ)カード効果まとめ

【ビートルーパーデッキ】において採用したいカードや【ビートルーパーデッキ】(びーとるーぱーデッキ)の関連カードをまとめました。

 

《騎甲虫スカウト・バギー》

《騎甲虫スカウト・バギー》 効果モンスター
星3/風属性/昆虫族/攻1000/守 300
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「騎甲虫スカウト・バギー」1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。

 

 《騎甲虫スケイル・ボム》

 《騎甲虫スケイル・ボム》 効果モンスター
星3/炎属性/昆虫族/攻1200/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに昆虫族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手フィールドのモンスターの効果が発動した時、自分フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 

《騎甲虫アサルト・ローラー》

《騎甲虫アサルト・ローラー》 効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1600/守1400
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分の墓地の昆虫族モンスター1体を除外し、手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの攻撃力は、自分フィールドの他の昆虫族モンスターの数×200アップする。
(3):このカードが戦闘で破壊された時に発動できる。デッキから「騎甲虫アサルト・ローラー」以外の「ビートルーパー」モンスター1体を手札に加える。

 

《騎甲虫ライト・フラッパー》

《騎甲虫ライト・フラッパー》 効果モンスター
星6/水属性/昆虫族/攻2000/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のカード及び除外されている自分のモンスターの中から、
カード名が異なる「ビートルーパー」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果を発動できない。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、その攻撃を無効にする。

 

 《騎甲虫スティンギー・ランス》

 《騎甲虫スティンギー・ランス》 効果モンスター
星7/風属性/昆虫族/攻2400/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分の墓地の昆虫族モンスター1体と相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを持ち主のデッキの一番下に戻す。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ビートルーパー」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

 《重騎甲虫マイティ・ネプチューン》

 《重騎甲虫マイティ・ネプチューン》 特殊召喚・効果モンスター
星8/地属性/昆虫族/攻3000/守3000
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の昆虫族モンスター3体をデッキに戻した場合に特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):エンドフェイズに、このカード以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は1000アップする。
(2):自分・相手のメインフェイズに、フィールドのこのカードが相手の効果で、
破壊された場合または除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 

 《超騎甲虫アブソリュート・ヘラクレス》

 《超騎甲虫アブソリュート・ヘラクレス》 融合・効果モンスター
星11/地属性/昆虫族/攻4000/守4000
昆虫族モンスター×4
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合、このカードは次の自分ターンの終了時まで他のカードの効果を受けない。
(2):自分・相手のバトルフェイズ終了時に、自分の墓地の攻撃力3000以下の昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 《大騎甲虫インヴィンシブル・アトラス》

 《大騎甲虫インヴィンシブル・アトラス》 リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/昆虫族/攻3000
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
昆虫族モンスター2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク召喚されたこのカードの攻撃力が3000以下の場合、このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。
(3):自分フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースし、以下の効果から1つを選んで発動できる。
●デッキから「ビートルーパー」モンスター1体を特殊召喚する。
●このカードの攻撃力はターン終了時まで2000アップする。

 

《騎甲虫アームド・ホーン》

《騎甲虫アームド・ホーン》 リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻1000
【リンクマーカー:上/下】
昆虫族モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
昆虫族モンスター1体を召喚する。
(3):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地からこのカード以外の昆虫族モンスター3体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

《騎甲虫隊戦術機動》

《騎甲虫隊戦術機動》 フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「ビートルーパー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、自分はその元々の攻撃力分のLPを失う。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
(2):自分フィールドの表側表示の昆虫族モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分フィールドに「騎甲虫トークン」(昆虫族・地・星3・攻/守1000)1体を特殊召喚する。

 

《騎甲虫隊降下作戦》

《騎甲虫隊降下作戦》 通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「騎甲虫トークン」(昆虫族・地・星3・攻/守1000)1体を特殊召喚する。
その後、自分フィールドに攻撃力3000以上の昆虫族モンスターが存在する場合、
フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

 

《騎甲虫隊上陸態勢》

《騎甲虫隊上陸態勢》 通常魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
昆虫族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):自分の墓地から昆虫族モンスター2体を除外して発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 《騎甲虫空殺舞隊》

 《騎甲虫空殺舞隊》 カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「ビートルーパー」モンスターが存在し、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに攻撃力3000以上の昆虫族モンスターが存在する場合、
自分エンドフェイズに自分の墓地から昆虫族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。

 

《騎甲虫歩兵分隊》

《騎甲虫歩兵分隊》 通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):トークン以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力1000につき1体まで、
自分フィールドに「騎甲虫トークン」(昆虫族・地・星3・攻/守1000)を特殊召喚する。

【ビートルーパーデッキ】まとめ:ビートルーパーデッキは出張も出来る万能テーマ!

【ビートルーパーデッキ】まとめ
「ビートルーパーデッキはやっぱり昆虫族を主体にしてるデッキであればなんだかんだで採用が出来そうなテーマです。レベル3や4などのエクシーズも可能なので、種族を固めたデッキでは相性が全て良さげなのも大きいです。

コンセプトはしっかりしてる展開系デッキな上、試したい人はマスターデュエルで遊べるのも利点。色々と試してみるのもアリかもしれませんねー。

 

【ビートルーパーデッキ】まとめ

【ビートルーパーデッキ】まとめ

ビートルーパーの新規カード等はかなり重要ですが、その一方で装備魔法や儀式っぽい感じの側面だけ持ってるのはドライトロンに似たものを感じますが打点が0なのでスキドレや効果無効に弱いのは残念な所。コントロールは実際に優秀なのでカジュアルに楽しみたい人には嬉しいデッキになりそうですね。

遊戯王カードを簡単に売る方法を解説【PR・実践記事】

「遊戯王カードや最新パックを多く買ってしまって、最新カードを売るたいと思ったらと最近どこでも見かける通販サイトの買取サイト紹介の裏側を紹介です。

なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。

まいログでは基本通販サイト等と掛け合ってのPR記事を紹介していますので、正直なメリットやデメリットなどを確認しやすいですよ(´・ω・`)現在はトレトクさんとカーナベルさんの2店舗を調査済みです(店舗等掲載募集も行っております。公式まいログツイッターにてご連絡ください)

 

大量のコモンカードなどを売るときなどオススメですよ(´・ω・`また初動相場での20thシークレットレアなどはかなり高額取引されるカードなのでお早目に!

※トレトクさんの買取はこちらから!無料査定で楽々(´・ω・`)ノ

※「カーナベル」の買取の流れを紹介・利点などを解説!【PR記事です】

>>【カーナベル 買取 評判】カーナベルの買取と方法・利点まとめ!まい。の友人