読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯王 デッキ集〜おすすめデッキ&TCG考察劇場〜@まい。

遊戯王の安くて強いデッキやおすすめデッキを紹介する&ぐだぐだな考察をまい。と共にお送りするブログです。他にカードに関係ないけど気になった話をのんびり書いています。他のサイトとはちょっと違う世界観をあなたに。ぶらりネットの姉妹サイトです。

デコード・トーカー 効果考察 藤木遊作 最初のエースにして原点!リンク3のエースとなれるか!?

f:id:hukusyunyu:20170222010908p:plain

リンク・効果モンスター

闇属性/サイバース族/攻2300

【リンク3:上/左下/右下】効果モンスター2体以上

(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。

(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。

収録パック スターターデッキ2017(ST17) 

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「こんにちは!まいです。今回はスターターデッキ2017(ST17) の1つの目玉《デコード・トーカー》のお話をしようかなと思います。

と言いつつもこのカードには様々な責任と言うか、色んな期待がもたれてるんですよねー。

元々スターターデッキ2017(ST17) に収録されている彼なのですが、その正体は早々に判明している為様々なプレイヤーからは注目されている時代がありました。

 

ですが実際今の環境で使われるの?という皮肉な話が非常に舞いこんでるんですよね」。

 

f:id:hukusyunyu:20170225143406p:plain「いやまぁ・・・確かに《デコード・トーカー》の効果は結構微妙と言うかなんというか。サポートカードが全く無いホープやジャンクウォリアーを見ているようで非常になんとも言えません。実際考えてみても彼らの方が優秀なように見えます(後述)」」

《デコード・トーカー》の効果をおさらい。


遊戯王OCGデュエルモンスターズ STARTER DECK 2017

《デコード・トーカー》

《デコード・トーカー》はリンク召喚(L召喚)を行う上で重要なカードが豊富に入っているカードの中に入っているので比較的出しやすい部類の切り札になっています。

勿論素材に関しては3体以上(一応効果モンスターは2体でも良いのでサポートカード検討と合わせると吉)と結構大変なので、専用構築が中心になりそうですね。

《デコード・トーカー》の基本ステータス・・・闇属性/サイバース族/攻2300

《デコード・トーカー》「新種族のサイバース族です!

一応サイバース族の中では現在最高攻撃力を持っています!まぁ・・・現在ではこのモンスターしかいないからですが、自分の効果でパンプアップを狙えるのでその点では自力で打点を上げるという特性を活かしてみると良いかもしれません。」

【リンク3:上/左下/右下】効果モンスター2体以上

《デコード・トーカー》

「リンク3のモンスターなので最終的には効果モンスターを3体以上消費しなければいけません。ですが、シンクロモンスター等のりチューナーやレベル制限等が無い分今後モンスターを大量展開出来るカードが登場した瞬間に化けるカードとも言えるでしょう。」

《デコード・トーカー》「私の場合では機械族を中心としているデッキに《機械複製術》等のサポートカードや【ヴァイロン】等を中心に出していこうと思います。

 

 

スターターデッキ2017(ST17)の場合では《サイバー・ドラゴン》等のカードを中心にモンスターを出していけば出せますが、《ドラコネット》の場合では一度《リンク・スパイダー》を経由しておかなければならないのは注意ですね。

 

ですが、EXモンスターゾーンを圧迫せずに《デコード・トーカー》を出す事が出来ますよ!」

 

(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。

《デコード・トーカー》さて、一番効果が非常に難しいものと言えばこのリンク先のモンスターという部分が上げられます。

 

《デコード・トーカー》では主に打点が2300と貧弱ではあるものの、打点はマーカーで上げれる仕様になっているのでその点は結構重要な点でしょう。

 

この点は打点を強化できる《ジャンク・ウォリアー》の効果に近い物があり、《デコード・トーカー》もワンキルに近いコンボが出てくれば非常に強いとも言えます。

《デコード・トーカー》

まず自分のモンスターリンクを合わせるだけで攻撃力は3300となりアニメでの展開も期待が持てますね!!

ただし、この《ジャンク・ウォリアー》と大きく違うのは打点を大きく上げる手段が少ないと言うこと。

 

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plain

例えば、昔《ジャンク・ウォリアー》等が活躍したのは《ザ・カリキュレーター》等の引き上げるタイプのカードがいたわけで・・・。そういったカードの登場が期待されますね。

 

(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。

《デコード・トーカー》

《デコード・トーカー》を出す為に重要なカードはまず効果モンスターを3体並べる事。

 

なのですが、更にモンスターを並べる事が出来れば打点を引き上げつつも相手の対象に取る効果を無効化出来ます。

後はリリースした時に効果を発揮する【聖刻】等とコンボが組めるようになっており、今後リリースや墓地に送られてしまった時・・・というカードと合わせると面白いかもしれませんね。

対象に取るという意味では《十二獣ドランシア》等の牽制にはなるでしょう。

 

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plainただ、《十二獣ドランシア》が立ってる状態で《デコード・トーカー》が出せる事は結構珍しいですし、そもそもコッチが《デコード・トーカー》を出している事が前提な動きかもしれません。

 

初手で出そうとするからで元々

 

効果モンスターなんて3体並べなれないじゃん!というのが本音です。

 

でも《デコード・トーカー》ってそんなに出せないのでしょうか?

《デコード・トーカー》「しかし《デコード・トーカー》と言えども、今のデッキではコレくらいであれば簡単に出せてしまうのですよね。 

 

特にスターターデッキ2017の収録されているカードを中心に出すにはという回答も少ないですが・・・。今後《デコード・トーカー》が非常に役に立つモンスターになっているのは約束されているでしょう。

 

《デコード・トーカー》だってスターターデッキに入っている主人公のカードは絶対に活躍していますから!!

 

 

 ???「え?オレは?」

 

《デコード・トーカー》

という声が来るかもしれませんが、実は《オッドアイズ・ドラゴン》に関してはスターターデッキの表紙を飾っていないのでノーカンです!!

 一応表紙を飾っている《星読みの魔術師》は、ストラクチャーとして帰還しましたからね!

 

《デコード・トーカー》「という訳で今回は《デコード・トーカー》の考察でした!

今後はこの《デコード・トーカー》を活躍させるデッキ等を紹介していこうと思います!

それでは、またのご訪問をお待ちしています!」

 

《デコード・トーカー》今回の関連商品♪

スターターデッキ2017(ST17) の詳細はこちら

スターターデッキ2017

amazonでスターターデッキ2017を検索してみる。

駿河屋でスターターデッキ2017を検索してみる。

楽天市場でスターターデッキ2017を検索してみる。

スターターデッキ2017(ST17) の収録カードはこんな感じになっています。

  • 《デコード・トーカー》
  • 《リンク・スパイダー》
  • 《ハニーボット》
  • 《リンクスレイヤー》
  • 《ドラコネット》
  • 《ビットロン》
  • 《RAMクラウダー》

www.tcg-bloglife.com