【遊戯王 最新情報】まいログ:TCGデッキ・予約情報まとめ|遊戯王ブログ

遊戯王やwiki情報フラゲ・最新情報を追う300万PVの遊戯王専門ゲームメディアサイト|ゲームやポケモンなどの最新情報やもまとめ

【クロスデュエル】環境最強デッキランキング!上位や中堅・ダークホースを紹介&解説

遊戯王専門サイトがクロスデュエルにおける、『遊戯王クロスデュエル』の【クロスデュエル】環境最強デッキランキング!上位や中堅・ダークホースを紹介&解説。当たりランキング・最強カードも同時に紹介。目安などをCROSSDUEL以外に遊戯王OCGでの【クロスデュエル リセマラ】当たりランキングのやり方や必要性についてのまとめ!

 

クロスデュエル攻略 カテゴリーの記事一覧▽

【クロスデュエル リセマラ 当たり】最強ランキング!やり方や必要性は?

【クロスデュエル リセマラ 当たり】

ここではクロスデュエルに関しての評価とレビューを掲載。実際にプレイした感想などの最新情報を随時紹介。遊戯王 クロスデュエルが面白いのか気になる人は、ぜひ参考にしてください。

その中で炎上や小ネタなどの情報。ネットユーザーの評価などをまとめました。

 

クロスデュエル攻略メモ カテゴリーの記事一覧

 

最強デッキランキング!

Tier1:環境上位・トップデッキ

デッキ名 コンセプトと強み
青眼の白龍 作成コストが低く、攻守が高い初心者向けデッキ

  • 召喚時のモンスター破壊+高打点
  • 召喚条件も含めてバランスが多いのが特徴
  • 単体で活躍できる性能が売り

単純に破壊効果&打点が強力

E-HEROネオス 戦闘で破壊された時にコストダウン・加速デッキ
  • 戦闘で破壊された時にコストダウン・加速
  • 手札に戻りコストダウンで再展開しやすい2500打点
  • 加速で移動速度上げてぶん殴れるのがメリット

プライズ系の取得も含めて加速がイベントで役立ちそうなメリットも。

凸がめんどくさく、作成コストが高い。作れれば最強の1枚。

www.tcg-bloglife.com

www.tcg-bloglife.com

Tier2:環境中堅・おすすめデッキ

カード名 カード効果とメリット一覧

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン

ペンデュラム召喚をしている場合、全ての自分モンスターはATK/DEFが800アップ&破壊耐性

ペンデュラム召喚デッキが必須

高打点で今後も使えそうな攻撃力が高い1枚

追加か―ド次第では全体パンプが売りになります。作成コストがめんどくさいのが難点。全体パンプと耐性は今後のインフレに効きそう。

レッド・デーモンズ・ドラゴン 通称レモン。攻撃終了に全ての守備表示モンスターを破壊する

ほぼ原作通りの効果。

高打点含めてロック系デッキのメタに最適。ティア1に近いくらい盤面の除去に長けてるのはメリット。初心者におすすめ。

時読みの魔術師ワンキル

なぜかクロスデュエルで登場したコンボデッキ。

魔法カードを多めに採用して速攻決着を目指せるカテゴリー。ブラマジと組ませてくれ()

希望皇ホープ

相手モンスターを破壊した時に攻撃弱体を3つ獲得。

今後の新規カードでライトニングが出ればヤバイ1枚。

ランク4での緩い召喚基準はゲーム最初期では優秀

ファイアウォール・ドラゴン 召喚した時に場と墓地のリンクモンスターとリンクマーカーを持つモンスターの数で効果を得れる
・1体:表示耐性を得る
・2体:加速1つ
・3体:加速1つ
・4体:相手モンスターを1体手札に戻す』
バウンスが強力だけど『相手依存』位の召喚の難しさ・効果の使いづらい。出れば神速で一気に詰めれる。

 

www.tcg-bloglife.com

 

www.tcg-bloglife.com

 

Tier3:ダークホース・強力・デッキ

ブラック・マジシャン

自分が魔法カードを発動した場合、全ての相手プレイヤーに200ダメージ。

専用デッキが必要なものの『今後のコンボデッキ』では重要視されそう。ダメージレースが大事なゲームなので注目したい。

単純に盤面に影響を与えないので、インフレに対応できない?

無限ループで勝ち確定()

スターダスト・ドラゴン フィールドに存在する間のレベル3以下のモンスターは転生を得る。

レベル3以下の転生効果で再利用。

エクシーズやシンクロの起点で便利な1枚。

このカードが出る前に転生が欲しい。

セブンスロード・マジシャン 召喚した時にATK/DEFが「このデュエル中に発動した自分モンスターの【発明】の数」×400アップする。
デュエル中に発動した自分モンスターの発明の回数が4回以上の場合、さらに【耐性スキル】をランダムに2つ得る。

ロマン砲な1枚。個人的に狙いたいカード。発明カード分だけ打点が上がるが『発明デッキ』に縛られてしまう。

単純に初動での火力の低さがネックでした。

遊戯王クロスデュエルの環境デッキ紹介

ブルーアイズデッキ

デッキ名 コンセプトと強み
青眼の白龍 作成コストが低く、攻守が高い初心者向けデッキ

  • 召喚時のモンスター破壊+高打点
  • 召喚条件も含めてバランスが多いのが特徴
  • 単体で活躍できる性能が売り

単純に破壊効果&打点が強力

「ブルーアイズは今作リリース時より強力なデッキです。盤面の制圧と同時にモンスターを破壊できるので、便利な1枚。特に召喚に関しては単体での活用もできるのでラッシュデュエル初期のような立ち位置のモンスターになっています。

また、無課金でも戦えるデッキなのでまずはこの青眼をどう対処するかで考えていきたいですね(´・ω・`)うーん。

ネオスデッキ

E-HEROネオス 戦闘で破壊された時にコストダウン・加速デッキ
  • 戦闘で破壊された時にコストダウン・加速
  • 手札に戻りコストダウンで再展開しやすい2500打点
  • 加速で移動速度上げてぶん殴れるのがメリット

プライズ系の取得も含めて加速がイベントで役立ちそうなメリットも。

凸がめんどくさく、作成コストが高い。作れれば最強の1枚。

ネオスは、回収効果から再攻撃が速いのと、神速での組み合わせ。あとはコンセプトが青眼と合わせやすいのもあるから、グッドスタッフで青眼を採用したタイプとかも強力よ。

速攻の攻撃も相まって今後のイベントで何かしらメリットがありそうですわね。クロスデュエルのインフレになる起点になると思いますの。

 

 

 

 

 

リセマラの終了・終わる理想

クロスデュエルのリセマラは最終的に交換等もあるのでそこまで気にしないでいいかもしれませんが、初めのうちに高打点や勝ち筋になるカードを持っていきたい所です。青眼等も含めて盤面にカードを維持しないといけないメリットがどうしてもあるので、好きなカードと一緒に上記のカードを持っていきたい所です。

リセマラの当たり確率・時間

リセマラにかかった時間 20分位
リセマラで出来る回せる回数 30回程度
封入率 UR:3.5%
SR:6.5%
R:90%

問題はクロスデュエルのリセマラの効率が異様に悪い事です。非常にめんどくさいので、クリアプレイする際にはある程度妥協が必要になりそうですね。

 

遊戯王 クロスデュエルの評価

総合評価

評価中
グラフィック ★★★☆☆
個人的期待 ★★★★★
ネットの評価 ★★★★☆
ゲーム発売日 2022年秋
価格

0円課金制

注目点 遊戯王 クロスデュエルという新ジャンル

www.youtube.com

www.youtube.com

ポケモンシリーズを全て購入して遊んでる中の人2人目です(@netrain999)

ポケットモンスター 「スカーレット・バイオレット」の評価「遊戯王 クロスデュエルがリリース決定!という事で4人同時の対戦が主流で登場しました。中々ゲーム性として破綻してるように見えるものの、遊んでみると結構ゲームバランスが整っているというタイプ。

 

1度は触ってみて楽しめるようなゲームになっています。

 

実際にこのゲームシステムは特殊なルールなので、セブンスのキャラと遊戯王シリーズのキャラが対戦出来たりするという点が魅力。更にレイドなど今までになかったタイプのものなので、カジュアル寄りなリアルタイムバトルという側面として注目されるかもしれません。

昨今ではどうしてもマスターデュエル等でガチよりなゲームになる一方で、こちらはどうなるか……市場的にゲーム+TCGという側面を狙っているゲームであり『今の遊戯王についていけない』人向けのジャンルなので、気になる人は多そうです。

遊戯王 クロスデュエルは面白い?つまらない?

遊戯王クロスデュエルは面白いと思いますが、人を選ぶタイプのゲームです。タッグフォースのキャラクター参戦が目立ちましたが、遊戯王のゲームというよりかはテーブルゲームの側面が強いので0円で遊べて試せるのは魅力ですね。

また、配信者が配信すると4人対戦とは言え『ゴースティング』行為が目立つかもしれないという点だったりの懸念点も。ゲームにおいて4人の駆け引きと言いつつも本当に統率が取れるのかはリリースしてからの期待待ち。

 

他には歩くテンポが悪いのに思考時間が短い問題だったりと、改善されるべき点がβテストでは多く散見されました。

BOTが多すぎ問題が起きる可能性がデュエルリンクスやマスターデュエルでもありそうなのに4人対戦が当たり前だと普通になりそうで怖いです。

【遊戯王 クロスデュエル 感想】ネットの声まとめ 

 

 

【遊戯王 クロスデュエル 感想】まとめ

遊戯王 クロスデュエルの感想としては面白そうな意見が多いですね。