遊戯王 デッキ集〜おすすめデッキ&TCG考察劇場〜@まい。

遊戯王デッキや遊戯王の安くて強いデッキ。そしておすすめデッキを紹介するぐだぐだな考察ブログです。他にカードに関係ないけど気になった話をのんびり書いています。他のサイトとはちょっと違う世界観をあなたに。ぶらりネットの姉妹サイトです。気になるときは「TCG考察」と検索!

【 《ルドラの魔導書》効果考察&評価 @まい。】魔道デッキ強化!ガルドラボークが由来。『コストで墓地』の強みを活かすには?

今回の効果考察は、コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD)より登場した《ルドラの魔道書》です。

 

このカードは【魔道】のカードではありますが、実は魔法使いをコストとして墓地に送っても2ドロー出来るという強みがあるカード。故に様々なデッキで注目がされているカードでもありました。

 

1ターンに1度と言う誓約は重いですが、可能性を秘めているカードでもあるでしょう。

元ネタはガルドラボークが由来。アイスランドの呪術書である本書の『北欧の神々への祈願』は【極神】の強化のフラグとなるのか。

 

そんな《ルドラの魔導書》を効果考察していこうと思います。

1《ルドラの魔導書》の概要

《ルドラの魔導書》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚
または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、
自分はデッキから2枚ドローする。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「2ドロー系の魔法って最近多くない?というか遂に出たドローソースという事で見ていきたいまい。です。

《ルドラの魔導書》はいわば新しい手札交換のようなカードとして登場していますが、一方でフィールドの魔法使いを墓地に送っても大丈夫という結構面白いカードが出て来ましたね」

まい。「現状では主に魔導デッキに採用となりますが、一方で盤面の形成には時間がかかるフィールドに出すという効果。そして皮肉にもワンダーワンドと同じで「墓地に送る」というテキストのせいで身動きが取れないカードでもあります」

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「という訳で実はこのカードだけでは救われなかったカードも数知れず。実際は面白いデッキも作れるなーと思いきやっていう感じではいるのですが一方で非常に歯がゆい&手が届かないカードとも言えるカードでした。」

 

2《ルドラの魔導書》の効果考察

《ルドラの魔導書》の考察で重要な点。 

  • 1 1ターンに1回しか使えないこと。
  • 2 魔法使い族モンスターの場合コストではなく効果として墓地に送り2ドローするという事。

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚。または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送って2枚ドローするという効果は書き換える事が無いというシンプルな効果になっています」

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「実際これは魔道デッキでは大きな進歩でした。

というのも発動した《セフェルの魔道書》をリリースしてしまったり、《魔導書士 バテル》からの2ドローなど手札交換すらも自分のものに変えてしまったという強みは結構利点」

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain

「なので各種魔道カードの価格が上がったという事例がありました。まぁ・・・これに関しては仕方が無いですね(涙)」

駿河屋で各種魔道カードのカードを見てみる。

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「ただしやっぱり重要なのが魔法使い族でのリリースでも十分OKという事。この墓地に送るという利点を活かすために様々なデッキがシナジーを得る事になりました。

【ww】のような出張パーツを始め、ただ墓地に送るという事ではなく手札交換に合わせてこちらのディスアドが無いように動くというカードも存在する事になっているのがポイント。

実は魔道以外にも使えそうなので魔法使い族デッキでは誰もが使い道を考えた事でしょう。

3《ルドラの魔導書》の活用方法

 

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain主に現状では、【魔導】デッキのカードではありますが実は一番使い道として面白いのが【フォーチュンレディ】ではないかなと思いました。

フォーチュンデッキってまず何?っていう話ですが、このデッキは《フォーチュンレディ・ライティー》の効果で各種カードを出して戦うというデッキでした。ワンダーワンドでは、コストでの発動だったので活用出来なかったのですがこれであれば問題なく発動しそうです。

効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 ?/守 ?
このカードの攻撃力・守備力は、このカードのレベル×200ポイントになる。
また、自分のスタンバイフェイズ時、このカードのレベルを1つ上げる(最大レベル12まで)。
このカードがカードの効果によってフィールド上から離れた時、
デッキから「フォーチュンレディ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。
 

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain

「後は面白い点で後で裁定を聞きたいのが【シャドール】等のカードたち。これらは墓地に送られたら効果を発揮するので面白そう・・・しかし現状では遅いよね(´・ω・`)」

(リバースと墓地送りが一気に使えればね・・・)

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain

まい。「また、実は裁定問題として、【ペンデュラム】ではこの効果を活かせませんでした。というのもこのペンデュラムデッキでは表側表示にして加える事が出来てもドローは出来ないっぽいので相性がかなーり悪いのです」

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain

「という事で色々と調べてみたのですが実はここで《EMスカイマジシャン》が何故かヒットしました(笑)
このデッキの場合では主に何につかうのかなーと思ってたのですが、《ルドラの魔導書》のコストでリリースすれば即座に2ドロー+1枚破壊のおまけ付きというコンボが可能です。一方で《EMスカイ・ピューピル》を使いつつもバウンスして自身をリリースする事も可能。出来ればこういった何かコンボに繋げられるデッキが増えていけばなーなんて思いました。」
 

mai´sポイント・・・80点!

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「という訳で今回は期待をこめて80点です。どっちにしても 手札交換系カードは優秀。いつか手札交換バリエーションとして注目されるというより『効果で墓地に送られた』を有効活用できるデッキが登場すれば輝くかもしれませんね」

 

 

コード・オブ・ザ・デュエリストの収録カードはこちらから確認出来ます

【遊戯王 感想】コード・オブ・ザ・デュエリスト(COTD) 全収録カード・レアリティ判明まとめ 

コード・オブ・ザ・デュエリストで作れるデッキはこちらがおすすめです

【剛鬼】

【剛鬼デッキ 考察集@まい。】回し方・相性の良いカード解説集ですよ! - 遊戯王 デッキ集〜おすすめデッキ&TCG考察劇場〜@まい。

【トリックスター】

【トリックスター デッキ 考察集@まい。】回し方・相性の良いカード解説集ですよ! - 遊戯王 デッキ集〜おすすめデッキ&TCG考察劇場〜@まい。

【星杯】ゆう

【【星杯】公式動画解説 考察】【星杯】の動きを公式が説明!【星杯 解説集その1】 - 遊戯王 デッキ集〜おすすめデッキ&TCG考察劇場〜@まい。

【トワイライトロード】

【トワイライトロード @まい。】トワイライトロードデッキ製作のポイントを紹介!特徴と魅力を考察するぞ!【【トワイライトロード】考察解説集その1】

そもそも買うべきか悩んでいる人へ。

「コード・オブ・ザ・デュエリスト」って買うべき?様々な角度で評価&考察してみた! - 遊戯王 デッキ集〜おすすめデッキ&TCG考察劇場〜@まい。