【遊戯王 最新情報】まいログ:TCGデッキ・予約情報まとめ|遊戯王ブログ

遊戯王やwiki情報フラゲ・最新情報を追う300万PVの遊戯王専門ゲームメディアサイト|ゲームやポケモンなどの最新情報やもまとめ

【ゲートルーラー】生きていたのかというキャッチコピーに思う事。

画像トレカ【BOX】ゲートルーラー第5弾ブースター 叫べ、誓いを胸に [GB05]

ゲートルーラーの生きていたのかというキャッチコピーが非常に注目されてたみたいですが、意外と『生きていた』事を予感させるような自虐さが注目されていて話題になっていました。

 

実際にアンチユーザーも反応してしまった事で『池っち店長のプロモーションに引っかかった』訳ですが、この生きていたのかというキャッチコピーは謎だらけ。

 

例えば、『実際に倒された敵』が復活した際のテキストであったりとかあるわけですけど、「キャッチコピーとパック名の関係性」は分かりません。

今作はレーサーなど新しい要素があると聞いてますが、生きていたのかというのが『世界が4弾で消滅したけど生きていた!!』みたいな流れなのか公式で1つの振り返りストーリーを作ってほしい所。

 

ストーリーを意識してるはずなので『ゲッシュと生きていた』事が何か意味があるのであればそのストーリーはもっと前面に出してもいいのではないかなと思いました。個人的に私は一貫してますが「1人でも楽しんでるTCGは継続する意味がある」と思っています。なので、個人的には反〇とかそういう次元の話以外は応援スルスタンスです。

問題が起きて解決してない事は本来はカードゲームに関係ない所で終わらせるべき事も多いからねと。


 

>>トレカ【BOX】ゲートルーラー第5弾ブースター 叫べ、誓いを胸に [GB05]


画像