【遊戯王 最新情報】まいログTCG研究室

遊戯王ocg情報を扱う遊戯王ブログ!まとめ,環境や最新情報の独占情報やリーク・フラゲ最新情報を発信しているキャラブログです!デュエマやバトスピ。色々サブカル配信も(´・ω・`)

遊戯王 最新情報遊戯王 高騰遊戯王 環境デッキ集&解説集
当サイトは遊戯王OCGメインの最新情報を発信するTCGプロ専門研究家の遊戯王ブログです。遊戯王の最新情報や速報などを厳選してお送りします。

最新デッキの新規カード・カテゴリー一覧

戦華メガリス@イグニスタークロノダイバー未界域ワルキューレ

ブラック・マジシャンガガガ魔術師EME・HERO

https://photo.ka-nabell.com/images/topic/kaitori/MTG/mi4.jpg 

 遊戯王最新情報

【 “魔神轟怒”ブランドデッキ】マジゴッドブランドデッキの優勝レシピ,回し方,相性の良いカード・対策を紹介&考察|赤単 マジゴッドブランドデッキ

レジェンド・デュエリスト編6の相場検索&当たりカードはこちら!

www.tcg-bloglife.com

  “魔神轟怒”ブランド マジゴッドブランド デッキとは ▼

【 “魔神轟怒”ブランドデッキ】マジゴッドブランドデッキの優勝レシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察|赤単 マジゴッドブランドデッキ

【 “魔神轟怒”ブランドデッキ】マジゴッドブランドデッキの優勝レシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察|赤単 マジゴッドブランドデッキ

デュエルマスターズより  “魔神轟怒”ブランドの優勝デッキレシピや回し方・相性の良いカードを紹介

 

  “魔神轟怒”ブランドや  “魔神轟怒”ブランドデッキなど等様々なカードが判明しているので、そろそろ《  “魔神轟怒”ブランド》デッキの回し方・動かし方や相性の良いカード等について考える事にしたまい。の解説コーナーです。

20年間TCGに触れたユーザーが紹介する今回の環境デッキカテゴリーは  “魔神轟怒”ブランド。豪快な動きに加えてデュエルマスターズの  “魔神轟怒”ブランド デッキの回し方・動かし方の解説をしていこうと思います。

 

今回の主役はこちら!!  “魔神轟怒”ブランド

 

 

【 “魔神轟怒”ブランドデッキ】マジゴッドブランドデッキ 大会優勝・上位入賞デッキレシピ

【 “魔神轟怒”ブランド デッキ】マジゴッドブランドデッキの優勝デッキレシピを紹介しています。大会デッキレシピや公式CS等のデッキに関してはizazin様より掲載許可を頂いています。

また、ツイッターにて優勝デッキレシピはこちらより検索が行えます。規約に基づいて掲載させていただいていますが、もし掲載を取り消したい場合等あればコメントよりよろしくお願いいたします。

【“魔神轟怒”ブランドデッキ】マジゴッドブランドデッキの強みを確認!

  “魔神轟怒”ブランド

f:id:hukusyunyu:20171112233554p:plainデュエルマスターズより今回の紹介は赤単ビートジョッキーこと、《  “魔神轟怒”ブランド》 デッキよ。 

効果に新しい頂天フィーバーを内蔵したカードでクリーチャーが多くいた場合は『全てのクリーチャーをアンタップする』効果を持っているのよね。

   “魔神轟怒”ブランド自体はジョリー・ザ・ジョルネードの様なメインデッキに採用できるカードじゃない分火文明のGRクリーチャーだからガチャレンジを活用して一気にオーバーキルまで攻め切るのが特徴のデッキになっているわよ(。・ω・。)」

デュエルマスターズ/MAS/火/[DMRP-11]超天篇 拡張パック第3弾 零誕!魔神おこせジョルネード1059!!M3/M3 [MAS] : “魔神轟怒”ブランド

 

そして・・・今回の必須カードは下記の3枚ね!

 “罰怒”ブランド 

種類 クリーチャー
文明 火
種族 ビートジョッキー 
パワー 9000 
コスト 7
■マスターB・A・D(このクリーチャーを、コストを2少なくし、さらに、このターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)

購入はこちら>>デュエルマスターズ/MAS/火/[DMRP-02]拡張パック新2弾 マジでB・A・Dなラビリンス!!M2秘2/M2 [MAS] : “罰怒”ブランド

 “轟轟轟”ブランド

種類 クリーチャー
文明 火
種族 ビートジョッキー 
パワー 9000 
コスト 7
■マスターG・G・G:自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
■スピードアタッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば、カードを1枚引く。その後、自分の手札を好きな枚数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。

購入はこちら>>デュエルマスターズ/MAS/火/[DMRP-06]双極篇 拡張パック第2弾 逆襲のギャラクシー 卍・獄・殺!!M1秘1/M1 [MAS] : “轟轟轟”ブランド 

BAKUOOON・ミッツァイル

BAKUOOON・ミッツァイル 9 クリ 火 メインカード 

種類 クリーチャー
文明 火
種族 ビートジョッキー/ワンダフォース 
パワー 9000 
コスト 9
■このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。
■自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。

購入はこちら>>デュエルマスターズ/SR/火/[DMRP-09]超天篇 拡張パック第1弾 新世界ガチ誕!超GRとオレガ・オーラ!!S9/S12 [SR] : BAKUOOON・ミッツァイル

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「まぁ、確かに赤単ブランドという扱いに近いもので展開はされるのですが、  “魔神轟怒”ブランドってオーバーキル効果なんですよね(´・ω・`)

豪快さはやっぱり売りなのかなぁとは思いますし今後も注目されては行くのでしょうけど、勝てる相手には勝てるし勝てない相手には勝てない分相性がいい相手には勝率が上がる感じになるものとして捉えるのが良さそうです。 もちろんGRの強さはあるものの運要素が強く確実にマジゴッドブランドが出せるわけでもないし「アタック時にトリガーで片っ端から飛ぶ事もしばしば」。

ただし、『過剰な打点を形成できるのでブロッカーを突破しやすい部分』は注目したい所。5体のクリーチャーがいる場合って言ってしまえばシールドを全部破壊できる状態であり、そこまでするの?って感じ位クリーチャーが並ぶのが特徴。

クリーチャーを多く出すので天門のようなブロッカーを出すデッキであっても全て対処できないってレベルの猛攻を仕掛ける事が出来る訳ですね。

 

(´・ω・`)  “魔神轟怒”ブランドのみならず展開するデッキであれば連ドラやモルネクのようなコンセプトがあるんですけど、ガチャレンジクリーチャーなのて赤速攻のようなアーキタイプとか構築は考えたいところでしょうか。マイナーどころでは《深海の伝道師 アトランティス》のようなカードだったりが出て来たりする事などには対応が出来ないもののミッツァイルと合わせての打点も高く、単純にブロッカーを増やすだけでは勝てないという状況まで追い込めるのが強み。

 デュエルマスターズ/R/水/[DMX-15]エピソード3 フルホイルVSパック「仁義無きロワイヤル」4/30 : 深海の伝道師 アトランティス

また一部ではテック団を打たれたとしてもドキンダムを採用するアーキタイプもあって「抜け目がない」のがポイントであったりGRに身代わり効果持ちが出てきたら『化ける高額カード』として注目されることでしょう。

そういった意味ではかなり有用なキーカードでもあるのです。

【“魔神轟怒”ブランドデッキ】マジゴッドブランドデッキの強み 

デュエルマスターズ/MAS/火/[DMRP-11]超天篇 拡張パック第3弾 零誕!魔神おこせジョルネード1059!!M3/M3 [MAS] : “魔神轟怒”ブランド

  “魔神轟怒”ブランドデッキの特徴はとにかく速い事です。

赤速攻デッキって今まででは手札枯渇を行いつつも2ターン目から殴りに行けるという強みがこのデッキの強みの1つです。

チュリスタイプは2ターン目から安定したクリーチャー展開。赤速攻では1マナから展開と本当に序盤から殴りかかれます。

ただしシールドトリガーには無力で、数回は殴りにかかる事は上記のように対策されがち。他のアーキタイプはどうしても数ターンの猶予があり、マッハファイター等の除去カードを採用していなかったりするので先行からの『盤面制圧』という中速ビートダウンから攻めるというデッキのプランを崩すのにもっとも適しています。

 

 

いきなり2ターン目から天門が出てきたり運要素が絡むもの。ロマノフワンショットのような「墓地肥やしコンボ」であったり、5000GTなどの盤面出せない事故を先に出されるデッキには辛いです。

デスザークのようなタップイン効果、デジルムカデのような簡易クリーチャーには脆く、速攻で攻めきれないと詰む場合も。罰怒ブランドのような速攻で畳み掛ける方法でゴリ押すのがベター。シールドトリガーに何かあるかもしれないな…と思わずに突っ込めー!くらいの意気込みで攻めていくスタイルですね(´・ω・`)

 準備が必要なデッキは全く何も出来ずに終わるのがオチという相手にすれば悪夢しょうし『環境やアーキタイプによっては全勝できる』のも事実。

赤速攻だけに対策を取っていれば「他のデッキに勝てないというジレンマ」がこのデッキを後押ししている様に感じました。

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「まぁあとは先行ゲーを助長させてるようなものだから何かしら規制がないとって毎回言われてるカテゴリーだったりするわね。今回の  “魔神轟怒”ブランドの登場はアーキタイプを一気に変更するほどの実力を持っているから、【“魔神轟怒”ブランドデッキ】マジゴッドブランドデッキの強みとして考えたい所よ。

現状2019年の段階ではデットダムドに対して有利に出れるビードダウンなのは確定で、それを踏まえてシールドの枚数等を確認しつつバラチュリスなどでシールドを破壊していけるかにかかってるわね。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「実際にアーキタイプであるデッドダムドの1つの回答でもあったように速攻は1つの勝利につながるものです。リスクは高くなりますが昨今の優勝デッキを見て分かる様にケアが出来る速攻という面でも『考えなくてはならないカード』でしょう。

【“魔神轟怒”ブランドデッキ】マジゴッドブランドデッキ 回し方解説

  “魔神轟怒”ブランドデッキ(マジゴッドブランド)デッキのメジャーなアーキタイプとしては赤単ミッツァイルの様に『速攻で仕掛けるオーバーキル』になっています。ゴゴゴブランドのような速攻に『スパーク系じゃないと止めれなくなったよ』という部分が昨今の環境デッキにおいても刺さってる現状が背景にはあるので強いデッキとして認識されているのです。

(。・ω・。)中々これが止められないのよねぇ。

クリーチャーをニマナ辺りで破壊するものとかを採用したりしてメタ封じをするなどでケアしたいところなんだけど、アーキタイプとか流行とかで見ると対策をそこまで詰め込まないというか。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「元々ミッツァイルのようなカードは速攻で殿堂入りすべきカードではあるのですが現状デッドダムドに対抗できる速攻のアーキタイプとしては欲しい1枚でもあったり、テック団のカウンターに関してもドキンダムでケア出来たりと『今話題のデッキ』ではあるんですよ(´・ω・`)」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「(。・ω・。)値段は高いけど、ミッツァイル採用しないタイプもあるから安価に組めるのもあるしね。値段を見て決めるのが良いんじゃないかしら」

>>デュエルマスターズ/SR/火/[DMEX-05]100%新世界!超GRパック100S8/S10 [SR] : BAKUOOON・ミッツァイル

www.tcg-bloglife.com

【“魔神轟怒”ブランドデッキ】マジゴッドブランドデッキの回し方 その1:マナを貯めて召喚準備を整えよう!

マジゴッドブランドデッキの回し方は単純な赤単速攻に似た回し方なので非常に簡単よね。クリーチャーを出しつつ展開して相手のシールドを破壊していき、ミッツァイルでの盤面破壊からGR(ガチャレンジ召喚)していくだけだから初心者の場合はコストが低いカードをとりあえず出して殴るだけでもいいかなぁと思うわ。

デュエルマスターズはシールドを破壊してダイレクトアタックすれば勝ちだからある程度手札を使い切ってからの総攻撃で勝ちっていう単純明快な「速攻」が楽しめるわよ」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「マジゴッドブランドは火文明かつ大量にクリーチャーを出すことを前提としてるデッキなのでドンドンクリーチャーを出していきましょうという部分はありますが、手札が少ないと効果が増えるものや『相手のシールドが4枚以下なら動ける』カードなどがあるので2ターン目付近には既に殴っておきたいものもあるのを意識しておくと良いと思います。

マジゴッドブランドの特徴はクリーチャーを3体・5体出すという効果ですが・・・GRも含めると普通にwブレイカーでも強力で、ドンドンと盤面を攻めたいと感じる事が多いんですよね。

手札はゴゴゴブランドなどの手札一枚で出せるカードなどを使い切る感じでマナ加速を行なっていき打点を整えていくという感じです(´・ω・`)」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「(。・ω・。)難しい点としてはマジゴッドブランド自身がGRクリーチャーだから完全に出せるカードでは無いのよね。だから、クリーチャーとして出すというよりかはミッツァイルのオーバーキル要員として使ったりブランドの補助として使うことも多かったりしてるわよね。

 

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「あくまでも出せれば勝ちという訳ではない戦い方を目指したいですね!優勝報告の中でも高額カードを採用しない型も多く現在メジャーなデットダムドに対しても強く出れるというのが背景にもあるようです。

ミッツァイル以外にも採用されてたりするドキンダムはメジャー除去であるテック団対策。コスト0が全て戻るという面で、ドキンダムをそのまま立てることが出来るんですよね(´・ω・`)ですがまずは主要のキーパーツをザっと紹介。

まずは、デッキのアーキタイプにもよりますがミッツァイル関連では凶戦士ブレイズ・クローなどの1コストクリーチャーを採用したい所。


種類 クリーチャー
文明 火
種族 ドラゴノイド 
パワー 1000 
コスト 1
■このクリーチャーは、可能なら毎ターン攻撃する。 


種類 クリーチャー
文明 火
種族 ファイアー・バード 
パワー 1000 
コスト 1
■このクリーチャーは、自分のターンのはじめにアンタップされない。
■カンフー・ソウル 
■評価指数:6.9/10

ブルースガーは使い捨てクリーチャーではあるものの「ミッツァイルのコストとして代用する」事で問題なく動く事が出来ます。他にはこんなクリーチャーも。

デュエルマスターズ/R/火/[DMEX-06]絶対王者!!デュエキングパック68/98 [R] : グレイト“S-駆” 

種類 クリーチャー
文明 火
種族 ビートジョッキー 
パワー 1000 
コスト 1
■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、このクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)
■自分のターンの終わりに、このクリーチャーがアンタップしていたら、自分の手札に戻す。 

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「と、マジゴッドブランドデッキでコスト1のクリーチャーを採用する部分でも40枚中12枚を埋める事が出来ます。

(´・ω・`)また、チュリスデッキやビートジョツキーデッキでない場合はこういったコストの低いクリーチャーを展開し続けて盤面を増やしていきます」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「ミッツァイルデッキの場合は盤面にクリーチャーがあることが前提なので相性的に弱い相手もいますが、準備がかかるデッキでは驚異的な存在になるんだけど、この辺りはアーキタイプとかデッキのタイプで大きく変わるわね(。・ω・。)」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「そうですね・・・例えば速攻デッキでは、斬斬人形コダマンマなどのシールドを削っても手札を増強するようなカードも採用される場合があります。

この場合だと『ミラーでGIRIGIRI・チクタックなどに弱くなる』問題も多々含まれてはいるのでデッキ構築を考えていきたい所ではありますね。

種類 クリーチャー
文明 火
種族 デスパペット/エイリアン 
パワー 2000 
コスト 2
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドをひとつ手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

 

 

GIRIGIRI・チクタックやパラソル・チュリスで速攻に磨きをかける。

デュエルマスターズ/C/火/[DMEX-07]必殺!!マキシマム・ザ・マスターパック42/48 [C] : パラソル・チュリス

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「  “魔神轟怒”ブランドデッキとして一番注目したいのは今回【パラソル・チュリス】という2コストのスピードアタッカーが遂に登場したという点でしょう。特に、パラソル・チュリスはチュリス・ビートジョッキーというのも拍車をかけており、元々種族的にシナジーがある《一番隊 チュチュリス》から1コストで出せるというメリットも。

デュエルマスターズ/C/火/[DMSP-01]ステキ!カンペキ!! ジョーデッキーBOXSP01 45/48 [C] : 一番隊 チュチュリス

一番隊 チュチュリスを筆頭にビートジョッキーで統一するデッキでは、2コストまでのクリーチャーまでで埋める昨今の主流の他に公式で紹介されたように『 DROROOON・バックラスター』から順当にクリーチャーを除去するタイプも。

DROROOON・バックラスターは、ビートジョッキー故に『一番体から3ターン目で出せる』というコンボをはじめ、GRのたびに除去が出来るというもの。

 

価格が非常に高いですがミラーや一部の除去デッキにおいては真価を発揮するので一度ミラーや対面相手の流行次第で構築を考えたいですね。チュリスの場合では採用しなくても良いですがミッツァイルデッキの場合は採用したいカードという感じで完結しそうです。

購入はこちら>>デュエルマスターズ/SR/火/[DMRP-11]超天篇 拡張パック第3弾 零誕!魔神おこせジョルネード1059!!S9/S12 [SR] : DROROOON・バックラスター

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「最近の  “魔神轟怒”ブランドデッキだったら【GIRIGIRI・チクタック】の方が注目されてたりするわね。これもシールドを破壊する事が前提だけどシールドが破壊されていればドンドンとクリーチャーを呼んでいけるわよ。

種類 クリーチャー
文明 火
種族 ビートジョッキー/ワンダフォース 
パワー 2000 
コスト 2
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のシールドが4つ以下なら、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する) 

 『』

 

購入はこちら>>

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「実際はそういったカードのお陰でだいぶ安定度が増しているのが強いんですよね・・・そんなこんなでバッドブランドやミッツァイルなどにつなげて簡単にシールドを破壊する打点まで持っていけるというのが  “魔神轟怒”ブランドデッキの1つの強みになっています。クリーチャーが増えれば増えるほど『ミッツァイルでの出す数が増え頂天フィーバーが可能に。またそうでなくても盤面にクリーチャーが増えるのでそのままごり押せる』という部分まで出来てしまうのが強いんですよね・・・。

 “罰怒”ブランド 

種類 クリーチャー
文明 火
種族 ビートジョッキー 
パワー 9000 
コスト 7
■マスターB・A・D(このクリーチャーを、コストを2少なくし、さらに、このターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)

購入はこちら>>デュエルマスターズ/MAS/火/[DMRP-02]拡張パック新2弾 マジでB・A・Dなラビリンス!!M2秘2/M2 [MAS] : “罰怒”ブランド

 “轟轟轟”ブランド

種類 クリーチャー
文明 火
種族 ビートジョッキー 
パワー 9000 
コスト 7
■マスターG・G・G:自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
■スピードアタッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば、カードを1枚引く。その後、自分の手札を好きな枚数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。

購入はこちら>>デュエルマスターズ/MAS/火/[DMRP-06]双極篇 拡張パック第2弾 逆襲のギャラクシー 卍・獄・殺!!M1秘1/M1 [MAS] : “轟轟轟”ブランド 

BAKUOOON・ミッツァイル

BAKUOOON・ミッツァイル 9 クリ 火 メインカード 

種類 クリーチャー
文明 火
種族 ビートジョッキー/ワンダフォース 
パワー 9000 
コスト 9
■このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。
■自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。

購入はこちら>>デュエルマスターズ/SR/火/[DMRP-09]超天篇 拡張パック第1弾 新世界ガチ誕!超GRとオレガ・オーラ!!S9/S12 [SR] : BAKUOOON・ミッツァイル

 

【“魔神轟怒”ブランドデッキ】やマジゴッドブランドデッキはオーバーキルが出来る面白いデッキになりそうです。

  “魔神轟怒”ブランドデッキの特徴は大きく分けてミッツァイル型とかビートジョッキー型などがありますが、全て高いという訳ではありません。

チュリスデッキに関しては意外と安価で購入できるという面もあり安価にマジゴッドブランドを出る事を祈るタイプなどもあったりと『構築に結構自由が利く』のが特徴です。

また勘違いはされやすいですが、ミッツァイルは必須ではありません。もちろんある方が有益ですが『構築では無くても回る』のが事実。何かしら高いカードは使ってしまうものの・・・ 出す手段では3体クリーチャーを出すだけで完結してたりもするので『なんか普通に盤面揃えてたらクリーチャー揃ったわー』なんてこともあるわけですよ。

 

公式ではバクチックからのGRで完結するように、チックタックとかで『  “魔神轟怒”ブランド』が出たー!!ってだけで普通にクリーチャーを並べ切れてしまっています。

頂天フィーバーはなくても十分にキル圏内なのです。

www.youtube.com

そういった意味ではマジで可能性がある切り札。またこのカード自体は安価なので『火文明を出すデッキ』に入れたりしても面白そうです。

一度  “魔神轟怒”ブランドデッキで決めれば癖になること間違いなし。速攻デッキのオーバーキルを狙いたい人にはおすすめですね。

遊戯王 最新情報遊戯王 高騰| 遊戯王 環境|デッキ集&解説集|