遊戯王デッキ集&TCG考察室@まい

遊戯王デッキや遊戯王の安くて強いデッキ。そしておすすめデッキを紹介するぐだぐだな考察ブログです。他にカードに関係ないけど気になった話をのんびり書いています。他のサイトとはちょっと違う世界観をあなたに。ぶらりネットの姉妹サイトです。気になるときは「TCG考察」と検索!

現在編集中です。  

【遊戯王 考察】《EMキングベアー》と《十二獣ブルホーン》の相性について考える。【日記】

最近では【魔術師十二獣】の影響によって《EMキングベアー》と《十二獣ブルホーン》が高騰しているようです。その理由は既に分かる通りなのですが、ペンデュラムスケールの確保にはかなり重要な存在になっています。

 

勿論《十二獣ブルホーン》からサーチが出来るという面で高騰しているというのは言うまでもありませんが、このカードと《EMキングベアー》自体はかなり便利で他のデッキにも出張していたカードでもあるみたいんですね。

 

という訳で今回は《EMキングベアー》をサーチするまでの《十二獣ブルホーン》の出しかたまでの相性の良さを考えてみる事にしました。 

■ 《EMキングベアー》の効果をおさらい。

今回の《EMキングベアー》の効果は非常に難しい効果で、破壊時に自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスター及び自分の墓地のモンスターの中からレベル7以上のモンスター1体を選んで手札に加える効果があるようですね。

 

特に面白い効果・・・という訳ではないのですが、【アモルファージ】では《アモルファージ・イリテゥム》等をエクストラデッキから回収するなんていう荒業があったりしましたが今では【覇王門】の存在もあるのでそこまで気にしなくても良いようになりました。

ペンデュラム・効果モンスター
星6/地属性/獣戦士族/攻2200/守1000
【Pスケール:青7/赤7】
(1):このカードを発動したターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスター及び
自分の墓地のモンスターの中からレベル7以上のモンスター1体を選んで手札に加える。
【モンスター効果】
(1):攻撃表示のこのカードは魔法・罠カードの効果では破壊されない。
(2):このカードの攻撃力は自分バトルフェイズの間、
自分フィールドの「EM」カードの数×100アップする。

 

このカードは今までEMデッキでは採用されない感じで、スターターデッキ2016自体が結構弱いという話が出てたんですよね・・・ですがコレで《補給部隊》と同じでスターターデッキでは1枚は高くなるカードが存在すると言う事に。

これはスターターデッキに注目しなければならなくなったぞ・・・!

 

■ 《十二獣ブルホーン》までの繋げる流れには何があるのか。

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?
レベル4モンスター×2
「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、
同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。

 

 

十二獣ブルホーンは、獣戦士族をサーチする上で重要なカードなのですが、コイツのヤバイ点はエクシーズ召喚する際に素材を2つしか使わないという有用さという部分。

なので魔術師十二獣ではモンスターを展開するだけで最悪ブルホーンをいつの間にか立てる事が出来るようになっているようです。

 

例えば、《十二獣モルモラット》から《十二獣の会局》は簡単なパターンですが、この場合、間に他のカードを挟む事で様々なカードを展開出来るようになりましたし、逆にレベル4を2体並べれば良いという点ではモルモラットを展開した後に【魔術師】デッキのレベル4モンスターを立てるだけで十分な戦力に。

 

また逆にブルホーンまで繋げる事が出来ればそのまま《十二獣ドランシア》等に繋げられることも意味しています。まぁ、その時には《星刻の魔術師》を出す方が良いですが、この《EMキングベアー》を出せばそのままスケールを揃える事も可能なので、手札にいる十二獣もそのまま手札から特殊召喚が出来たりと実はかなり便利だったんですよね。

まとめ 相性が良くて高騰しているけど複数枚積まなくても良いので安心!

どっちにしてもこの2枚は結構価格が高くなっているのが特徴で今から揃えるとなると・・・という問題も抱えています。

しかし、十二獣の採用は殆どが1枚採用であり純構築で無いとあまりお呼ばれが無いのも事実。また《EMキングベアー》に関しても1枚採用するだけで大丈夫という点が救いな感じがしました。

 

出来ればデッキの採用枚数を1枚ずつにしても大丈夫そうですし、資産的に余裕がある人だけ買ってみても良いかもしれませんね。