まいログ ~遊戯王デッキ集&TCG考察室@まい~

遊戯王デッキや遊戯王の安くて強いデッキ。そしておすすめデッキを紹介するぐだぐだな考察ブログです。他にカードに関係ないけど気になった話をのんびり書いています。他のサイトとはちょっと違う世界観をあなたに。ぶらりネットの姉妹サイトです。気になるときは「TCG考察」と検索!

 

魔弾デッキの回し方を初手5枚から考える。【遊戯王 考察シリーズ】

魔弾デッキの回し方

魔弾デッキ。カード効果・相性の良いカード・デッキレシピを紹介って事で、2017年8月11日より新しく発売されるパックより製作出来るようになります。

 

今回は、魔弾の回し方とか、魔弾デッキってなんなのかを考察していこうと思いまーす。

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「最近引き金を1回しか引かなかったり、7回も引いたりと、今年はリボルバーの年なんですかね。まい。です」

今回の魔弾デッキのモチーフは、魔弾の射手の曲っぽくて、7回目は自爆しますが、6発の魔弾が相手を襲う!

そして、『なんか手札から魔法罠が打てる!』っていう、意味不明な手札誘発デッキのようでした」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plainシフォン

「7発の弾丸に含まれる1発の悪魔の弾丸・・・それが遊戯王ではメリットとなるか、デメリットとなるか・・・登場人物の「カスパール」の運命は如何に!?って感じのデッキですわね」

 

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「そうなんですよ!コイツ、実際は曲の最後で・・・っていう事で元ネタを知っていると面白い。そして、ストーリーで出てくる最後の魔弾の行方が気になるんですよね。

魔弾らしく、弾装は6発・・・といかないのが常ですが、せっかくなので魔弾デッキがどんなものなのか確認していきましょう」

 

続きを読む

【No.89 電脳獣ディアブロシス 効果考察&評価 @まい。】うわっ!露骨なゴードンメタだ!除外して更に除外する強さとは!

 No.89 電脳獣ディアブロシスがコレクターズパック2017に登場!!活用できるデッキについて考えてみる。

No.89 電脳獣ディアブロシス

 

今回の効果考察はコレクターズパック2017(CP17)により登場した《No.89 電脳獣ディアブロシス》です。

 

元々ランク7って優秀なカードが多いのですが、今回は除外する事を中心としているデッキに関しては非常に強力な除外というキーワード効果を持っているカードになっています。

 

特に面白いのが裏側で除外。コレは以前《滅びの呪文-デス・アルテマ》で紹介していましたが、今後登場する新しい”除去魔法”のキーカードと言う枠組みでのカードがドンドン登場しつつあります。

 

希望を持てる強さと言うかなんというか・・・非常に名に恥じない悪魔のような存在ですが、実際どういった活用方法があるのでしょうか。

 

今回はそんな《No.89 電脳獣ディアブロシス》について見ていこうと思います。

※全体図が確認できたんで更新です。

 

続きを読む

マスタールールの改正で弱体化されたペンデュラムの生きる道は。【雑記】

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain

「うわああああああ・・・ペンデュラムがマスタールールで終わっちゃったよ・・・と嘆きのあなた。実は案外ペンデュラムテーマに関してはまだまだ改善の余地はあるとは言え非常に大きな打撃を受ける事になったのは言うまでも無いと思います。

一方で、そういえばペンデュラムの弱体化はどこでも悲観的に受け取られる事になっていますが、実はそこまでこのルール改正に関してマイナスな意見が非常に多かっただけで真剣に考察している人は少ない印象

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain

「いや、まぁ・・・確かにペンデュラムが終了したとも言えますが、完全に終了したというのは若干違うのではないか?という事で。

公式のお問い合わせに問い合わせした所

 

ペンデュラムモンスターがエクストラデッキにある場合ペンデュラムモンスターはEXモンスターゾーンに出るよーと公式裁定を頂いたので確定してしまいましたね」

f:id:hukusyunyu:20170313174429p:plain

「私の【イグナイト】デッキがですの・・・」

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain

「あぁ確かにあのデッキは救いようが無くなってしまった・・・本当裁定をリロードしたい。」

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain

「と悲しんでいる場合ではありません。

現状のペンデュラムデッキを中心に今後マスタールールで輝くにはどうすれば良いのかという課題点を少しずつ見返してみようと思います」

続きを読む