【遊戯王 最新情報】まいログ:TCGデッキ・予約情報まとめ|遊戯王ブログ

遊戯王やwiki情報フラゲ・最新情報を追う300万PVの遊戯王専門ゲームメディアサイト|ゲームやポケモンなどの最新情報やもまとめ

【スプラトゥーン3】負ける時の共通点は?連敗を防ぐ為にやりたい事【スプラ3攻略メモ】

スプラトゥーン3における、【負け試合】や連敗時の共通点や立ち回りまとめ【スプラ3攻略】強化・弱体化情報と立ち回りネットでの評価まとめ。攻略する際の参考にしてください。 

駿河屋フィギュア

【スプラトゥーン3】負け試合の共通点は?

スプラ3の負ける時の共通点は『味方が弱い』事とよく言われますが、重要なのは味方を連携出来てなかったのかという問題が多い気が思います。

例えばスプラトゥーン3は連携を前提としたゲームなので、相手との対面がいたりした場合に2・1で相手を見る事や後衛が潜伏パブロに狙われている場合、ケアに入るなどをして出来るかぎり戦線を維持するだけでもB帯は突破できます。

 

スプラ3のバンカラマッチでは敵にやられた際にやられた!と押したり、上手くいった際にナイス!を押してゲームメイクを有利に進める事が出来ます。例えば3人が気づかずに敵に攻め込まれている時に『カモン!』を押す事で相手の位置を知らせる事が出来れば、味方が気づくかもしれません。

1vs1で常に勝てるのであればそもそも後衛で陣取れば勝てるはずですが、押すタイミングや攻めるタイミングはほぼ全員が野良なので統率は取れないのです。なのでアクションなりで『ゲームメイクをどう1人の行動で変えれるか』は考えるべき点でしょう。

 

ランク帯ではほぼ同じ実力が揃っているはずですし、カバーでのキルでAランク帯位までは気楽に構えても良いかと思います。Sランク等になると味方が強い=キャリーであれば行けるという感じの流れになると『マッチングで負ける盤面が多い』と感じる事も多いかもしれません。

【スプラトゥーン3】負け試合が続く時に見たい動画


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com 


www.youtube.com


www.youtube.com

スプラトゥーン3の評価

総合評価

★★★★★
グラフィック ★★★★☆
個人的期待 ★★★★☆
ネットの評価 ★★★★★
ゲーム発売日 2022年秋
価格

パッケージ版が

注目点 スプラトゥーン3

ゲームは1日5時間以上、色々と購入して遊んでる中の人2人目です(@netrain999)

ポケットモンスター 「スカーレット・バイオレット」の評価「今作はスプラトゥーン3の体験版。前夜祭フェスの開催でしたね!マッチメイクの使用やトリカラバトルの内容や称号などの存在もあって非常にプレイヤーが楽しめるような結果に(´・ω・`)なったと思います。

「内容としてはどうしても古参プレイヤーの上手さも相まって『人を選ぶゲーム』だけど、APEXのようなカジュアルであれば楽しめるような仕様も多く見受けられるような仕様だったのは嬉しいわね(。・ω・。)」

「2までの要素を良い様に変えていったようなものですけどEスポーツに寄せた競技性を目指すという点で『ゲームプレイヤーの上手さ』が楽しさに直結しすぎてた気がしますの。それをどう変えていけたが今回の課題ですわね」

「スプラトゥーン2の大きな課題が残されるかどうかですね。後はバトルが始まらない現象もあるようです。こういった事情が起きてしまったのでクソゲー判定をする人も増えてますが『再起動』はある意味めんどくさいなーと思ってしまったり。あとは神ゲーかクソゲーかもゲームを遊ぶ結果による所もあって。

スプラトゥーン3は面白い?つまらない?

スプラトゥーン3は今まで通りの内容で見ると前夜祭から大盛り上がりしているような内容が目立つ結果になりました。実際に、前作を楽しんでる人には朗報でしたが、スプラ3で回線切断されると無効になるケースがあったり通信のエラーが起きてしまうという際の対応が非常に遅く…さらに新規勢と古参との実力差もマッチでは出てしまい勝てる試合じゃないと嘆くユーザーも。

 

問題はこのゲームのやりこんでるプレイヤーに対しては新規勢が勝てない。という点をどう改善するのか。はたまた改善しないのかで大きく変わる印象を受けました。それ故のトリカラバトルのようなマッチ方式なのでしょうけど、新規武器や武器構成が近い所でマッチする?のもメリット・デメリットが分かれてる感じもしますし、今後のキルウェイトや、マッチングが悪くなれば過疎になる問題はどうなるのかが注目ですね。

【スプラトゥーン3 感想】ネットの声まとめ

 

 

【スプラトゥーン3 感想】まとめ

スプラトゥーン3の感想としては面白そうな神ゲー。ただし新規勢は上位マッチングに足取りが重いと感じる作品でした。

*1:ここに脚注を書きます