【遊戯王 最新情報】まいログ:遊戯王,TCGやトレンド情報まとめ

遊戯王TCGと、「遊戯王 最新情報」(速報,フラゲ,リーク)の最新情報を扱う遊戯王ブログ&ゲームやトレンドを追うTCG歴22年の個人ブログ初の大型キャラサイトです

【ふわんだりぃずデッキ】2021年7月新制限にて優勝!デッキレシピ、カード効果,回し方,相性の良いカードを紹介&考察!|ふわんだりぃずデッキ

【ふわんだりぃずデッキ】2021年7月新制限にて早速優勝!

 

t.co

 

 

 

カードボックスアリオン塩冶店 on Twitter: "#遊戯王
大会結果

優勝は
#教導ふわんだりぃず
を使用された
アラクネさんでした。
おめでとうございます!

参加された皆様、
ありがとうございました。

またのご参加お待ちしております。… "

「ふわんだりぃずデッキ」は2021年7月17日に登場する鳥獣族とアドバンス召喚、すのーるやえんぺんなどの可愛い見た目のモンスターが戦うメタビ要素が強いデッキです。ここでは現在までの【ふわんだりぃず】デッキのカード効果・優勝デッキレシピ・回し方・相性の良いカードなどをまとめていきます。 

【ふわんだりぃず デッキ 2021年】ふわんだりぃずデッキのカード効果,優勝デッキ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察!|ふわんだりぃずデッキ

【ふわんだりぃず デッキ 2021年】ふわんだりぃずデッキのカード効果,優勝デッキ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察!|ふわんだりぃずデッキ

【ふわんだりぃずデッキ】のカード効果,優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察!瑠璃デッキこと【ふわんだりぃずデッキ】は、2021年7月17日(土)発売の「バースト・オブ・デスティニー」で強化されたアドバンス召喚のテーマです。ここでは、遊戯王OCGに収録されている「ふわんだりぃずデッキ」内容を2021年7月の《新マスタールール新制限》に更新しました。

今回はふわんだりぃずデッキの回し方・動かし方・相性の良いカードを紹介していきます。

www.youtube.com

ここでは「【LLデッキ】LLデッキ」のカード効果、デッキレシピを紹介し、LLデッキの回し方や展開・必須カードなどを紹介してます。これからデッキを作りたい、また相性の良いカードが欲しいけど分からないという人のための参考になれば幸いです(´・ω・`

 デッキ 【ふわんだりぃずデッキ(ふわんだりぃずデッキ)】
アーキタイプ コントロール 
特徴1

鳥獣族

特徴2

可愛いテーマデッキ 
特徴3 サポート召喚デッキ

 

 

 

 

【ふわんだりぃずデッキ】とは

【ふわんだりぃずデッキ】とは

【ふわんだりぃずデッキ】とは

【ふわんだりぃずデッキ(ふわんだりぃずデッキ)】は、鳥獣族でアドバンス召喚と召喚回数を増やせる面白いテーマです。

f:id:hukusyunyu:20200302025831p:plain「すげぇアドバンス召喚のテーマ来た!ってことで今回はバーストオブデスティニーの環境候補とか言われているふわんだりぃずデッキについてのお話です。真竜のような「増殖するGが効かないメタテーマ」であり、非常に面白いテーマっぽい感じにしあがっています。

f:id:hukusyunyu:20200302025117p:plain「鳥獣族でレベル1だけどLLとは違って、デッキ構築はアドバンス召喚がメインのテーマデッキって感じになっているっぽいわね。

デッキ構築も既存のテーマから振り返ると、アドバンス召喚がテーマのデッキとか鳥獣族とかを活かせるかが課題になるけど・・・」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「実際に召喚権を増やせる効果を内蔵してるのでメルフィーよろしく「侮るとやばいテーマ」な感じです。特殊召喚のメタは鳥獣族故に烈風の結界像は採用できますし、環境では増殖するGが効かないので『ドロール&ロックバード』で対策されない限りは展開して「特殊召喚モンスターにメタを貼り続ける」事が可能なテーマでした

遊戯王/シークレットレア/プリズマティック・アート・コレクションPAC1-JP026[シク]:ドロール&ロックバード

【ふわんだりぃず デッキ 2021年】ふわんだりぃずデッキのカード効果,回し方,相性の良いカードを紹介&考察!|ふわんだりぃずデッキ

【ふわんだりぃず デッキ 2021年】ふわんだりぃずデッキのカード効果,回し方,相性の良いカードを紹介&考察!|ふわんだりぃずデッキ

このカテゴリーの登場でうららGという気楽な誘発選抜が出来なくなった・・・のも大きいですが、召喚だけでメタを貼れるようなデッキでない限り、大量の除去が無いと辛いデッキになっています。特にウィッチクラフトデッキのように上級が入るデッキは事故率がヤバイのもありますが、ふわんだりぃずは手札交換を持っているのでその点もケアされてるのがふわんだりぃずデッキのメリットと言えそうです。

「ふわんだりぃずデッキ(ふわんだりぃずデッキ)」ふわんだりぃずデッキ概要・評価

【ふわんだりぃずデッキ(ふわんだりぃずデッキ)】

評価 ★★★☆☆
作成コストの目安 1~2万『相場は普通』
扱いやすさ ★★★★☆

【ふわんだりぃずデッキ(ふわんだりぃずデッキ)】はアドバンス召喚をメインに添えているテーマですが、サポートカードとしての役割が強いデッキテーマとも言えます。召喚だけのテーマなのでドロー増強の強欲シリーズの採用に加えて止めないといけない部分が多々あるのが非常に厄介なテーマですね。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「ふわんだりぃずデッキの特徴は相手のモンスターの展開を完全に防ぐという訳ではないので『特殊召喚をメインに添えておく』デッキには強いのですが、その前に除去が飛んでくるデッキとか、召喚から除去が飛んでくるデッキに対しては脆い時があります。

除外されることでアドが取れるテーマ故にマクロコスモスなどを常時採用が出来るメリットがあり、メタビデッキの既存テーマと違い様々なメタ要素を共有できるのが強み。環境で登場した際には増殖するGなどの誘発が効かないので大会での優先順位が高い誘発が変化する可能性も若干あるわけですね。

ふわんだりぃずデッキの対策・メタは?

ただ、ふわんだりぃずデッキの場合《ふわんだりぃず×えんぺん》《ふわんだりぃず×すのーる》のアドバンス召喚がある事前提なのでモンスターでなく魔法罠で除去されてしまう場合はかなり注意が必要です。

例えば閃刀姫が対面でいると《閃刀術式-アフターバーナー》やウィドウアンナ―などを喰らってしまうとそのまま除去+罠が使えないという場面にまで陥ってしまったりとかも。ゴッドバードアタックなどを採用している場合でもモンスターがいなくなってしまったりしてってならないようにしたい所です。

遊戯王/スーパーレア/デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズDBDS-JP031[SR]:閃刀術式-アフターバーナー

ふわんだりぃずデッキ罠カードはアドバンス召喚してるカードがいる事が前提なので、ゴッドバードアタックと罠両方使えなくなることも。なので持っているデッキ次第で「強い・弱い」が結構分かれるデッキでもあります(´・ω・`)

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「デッキ構築で見ると永続魔法やモンスターを除去せずに動くようなデッキには妨害布陣で止められる可能性があるという感じですわね。

その代わり後攻から巻き返しを図る場合は「ふわんだりぃずモンスターの召喚を数回してから最上級を出す」のが前提ですので、ふわんだりぃずと未知の風で相手の神の宣告などを墓地へ送れるかがカギになりそうですの(๑╹◡╹)」

永続魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分がモンスター2体のリリースを必要とするアドバンス召喚をする場合、モンスター2体をリリースせずに自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を墓地へ送ってアドバンス召喚できる。
②:自分メインフェイズに発動できる。手札の鳥獣族モンスターを2体まで相手に見せ、好きな順番でデッキの一番下に戻す。その後、自分は戻した数だけデッキからドローする。

【ふわんだりぃずデッキ】ふわんだりぃずデッキ:大会優勝デッキレシピ

 「【ふわんだりぃずデッキ】大会優勝デッキ欄です。大会で優勝した際にはここで紹介していきますまた最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。優勝デッキへ飛べる検索を付けておきましたのでぜひご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

【ふわんだりぃずデッキ】オリジナルサンプルデッキレシピ

【機巧デッキ】オリジナルサンプルデッキレシピ

【ふわんだりぃずデッキ(ふわんだりぃずデッキ)】オリジナルサンプルデッキレシピ

【ふわんだりぃずデッキ】回し方・動かし方展開など

  • ふわんだりぃずデッキのコンセプトは【ふわんだりぃずデッキ(ふわんだりぃずデッキ)】以外のキーカードを出せるかどうか、リクルート効果をメリットとして活用できるかが焦点になっています。

デッキコンセプト的には「水属性を展開する」事で回したり出来る有用テーマ

  • 《ふわんだりぃず×すのーる》:通常召喚権を3回に!?特殊召喚モンスターに月の書!
  • 《ふわんだりぃず×ろびーな》:鳥獣族サーチ+召喚追加!
  • 《ふわんだりぃず×いぐるん》:最上級モンスターのふわんだりぃずをサーチ!
  • 《ふわんだりぃず×すとりー》:墓地のカードを除外できるふわんだりぃず!
  • 《ふわんだりぃず×とっかん》:除外カードのふわんだりぃずを再び手札に!
  • 《ふわんだりぃずと謎の地図》:メインフェイズに召喚効果&相手の召喚に対して召喚可能なフィールド魔法!
  • 《ふわんだりぃずと未知の風》:リリースで相手のカードを利用できる永続魔法!
  • 《ふわんだりぃずと夢の町》:ふわんだりぃずの展開と裏側妨害可能なメタ罠カード!
  • 《ふわんだりぃずと怖い海》:特殊召喚無効バウンス+召喚権3回&特殊召喚封じ!?

の4種類を駆使して戦っていくのがポイントになっています。

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「とりあえず【ふわんだりぃずデッキ(ふわんだりぃずデッキ)】は数々の召喚権を増やして戦うテーマって感じで覚えておくだけで十分だったりします。構築としてもそこまで難しい感じはなくて「下級でサーチして召喚して動く」だけってシンプルさがあります。

【ふわんだりぃずデッキ】回し方その1:《ふわんだりぃず×えんぺん》:魔法罠サーチ+特殊召喚モンスター効果を封じる切り札カードで攻める!

ふわんだりぃず×えんぺん 星10 風属性
鳥獣族 ATK/2700 DEF/1000
①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。その後、モンスター1体を召喚できる。
②:アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
③:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札1枚を除外して発動できる。その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

《ふわんだりぃず×えんぺん》:魔法罠サーチ+特殊召喚モンスター効果を封じる切り札カード!

《ふわんだりぃず×えんぺん》:魔法罠サーチ+特殊召喚モンスター効果を封じる切り札カード!

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「【ふわんだりぃずデッキ】での大型カードその1。

ふわんだりぃずの魔法罠を回収しつつ「モンスターを召喚できる」という効果付き。更にアドバンス召喚に成功していると「相手の特殊召喚モンスター」の効果を発揮させない効果を持っています。ふわんだりぃずデッキの場合での重要な制圧カードなので非常に優秀ですね。

ふわんだりぃずデッキのふわんだりぃずは自身から召喚する効果を連続して持っているので、アドバンス召喚はしやすく、先行で『妨害布陣を立てたい時に使えるカード』みたいな感じで使用できます。

《ふわんだりぃずと怖い海》をサーチしておけば特殊召喚モンスターの効果無効、バウンスという所まで持っていけるので実質「メタ布陣を単体で何とかできる」ようになります。召喚時モンスターの効果は辛いものの、ある程度のメタカードとしての機能はしそうです(´・ω・`)

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「守備表示で特殊召喚されるカードは制約がないから注意ね。ただリンクモンスターは守備表示がないから実質無効効果みたいな感じよ。

他にはこのカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札1枚を除外して発動できる。その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる収縮効果もあるわ。最大で5400まで対応できる打点要因って考えると美味しいかもね

即後続でってなると、《ふわんだりぃず×とっかん》で除外ゾーンのカードを回収できるから、ふわんだりぃずの純構築で考えた場合には「手札枚数の維持」は注意したいわよ。

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「レベル1のふわんだりぃずカードは除外ゾーンから召喚された場合に回収されるので、次のターンで動く時にはあまり気になりませんわよ(๑╹◡╹)」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「現状だと、《冥帝エレボス》《天帝アイテール》でのサーチやリクルートを使用したりできるので上手く活用できるかは考えたいですね。

初動の場合はアドバンス召喚するのが大前提なので「ふわんだりぃず」などのキーカードを使う事は前提になりそうです。このカードを召喚した際に魔法罠を誘発で止められるとピンチですが、効果無効系カードも次のターンまで続く事は結構ないのでスキルドレイン効果は継続ってのは大きいです。

【ふわんだりぃずデッキ】《ふわんだりぃず×すのーる》:通常召喚権を3回に!?特殊召喚モンスターに月の書!

ふわんだりぃず×すのーる 星10 風属性
鳥獣族 ATK/2900 DEF/800
①:アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、発動できる。このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
②:アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
③:相手ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て裏側守備表示にする。

《ふわんだりぃず×すのーる》

《ふわんだりぃず×すのーる》:通常召喚権を3回に!?特殊召喚モンスターに月の書!

f:id:hukusyunyu:20180321021345p:plainΣ(´・ω・`)え!?何この効果!?ってなる効果が詰まってます。よく考えるとアルコンにサモンチェーンが加わった感じの効果っぽい感じですね。

召喚時に通常召喚権を増やせるので出張要素が強く、アドバンス召喚が出来るテーマであれば「なんでも合う」のが特徴。その代わり召喚権を使ってアドを少しずつ取るテーマでないと「ディスアドを取り続けるような仕組み」になっています。ふわんだりぃず以外では黒い旋風で回収し続けられるBF、リリース時にアドを取れるふわんだりぃずデッキのエンジンになってくれるカードですね。

 

こっちはアドバンス召喚してると「貫通効果」持ちになって、相手ターンに裏側表示にする妨害効果を持っています。

ふわんだりぃずデッキの中で重要な効果ですがコッチでは「リンクモンスターのメタ」にならない点があるので、他で補う必要性がありそうです。特殊召喚メタや妨害という意味では後攻よりな効果とも言えますね。

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「ふわんだりぃずデッキのメインカードは主に通常召喚以外のモンスターをメタ出来るからほぼ環境デッキに刺さるカード効果って感じね。リンク主体だとすのーるより、えんぺんだったりするからサーチをまず考えて『どっちが刺さるのか』を考えるようにした方がいいわ。

 

コードトーカーや転生炎獣とかだったら、リンクが飛んでくるからあまり意味をなさないだろうし、召喚だけして手札からリンク素材になる《コード・ジェネレーター》などから繋げられると意外と逃げられてしまうわ。

特殊召喚する事を『前提』として使う場合だと他に採用すべきカードも色々と欲しい所ね。

遊戯王/ウルトラレア/「Vジャンプ」2018年11月号付録VJMP-JP154[UR]:コード・ジェネレーター

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「ただフリーチェーンなので妨害・制圧の手段として優れており、起動効果の発動や永続効果の適用も防げるって遊戯王wikiにあったので正直有用すぎるかなぁと思いました。アルコンこと《究極伝導恐獣》の効果が強い事で知ってる人には恐怖でしかない効果ですね。また、相手ターンに1度なのでバトルフェイズでもいつでも使えそうな効果であり、除外されたふわんだりぃずは『召喚時に戻る』ので出来る限り展開順番も考えるべきなのかもしれません。

遊戯王/ウルトラレア/ストラクチャーデッキR -恐獣の鼓動-SR04-JP001[UR]:究極伝導恐獣

 

【ふわんだりぃずデッキ】《ふわんだりぃず×ろびーな》:鳥獣族サーチ+召喚追加!

ふわんだりぃず×ろびーな 星1 水属性
鳥獣族 ATK/600 DEF/1200
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

《ふわんだりぃず×ろびーな》:鳥獣族サーチ+召喚追加!

《ふわんだりぃず×ろびーな》:鳥獣族サーチ+召喚追加!

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain《ふわんだりぃず×ろびーな》の効果は鳥獣族のサーチ効果です。鳥獣族をその後に召喚も出来ますし、ふわんだりぃずデッキの重要なサーチ役になりますね。共通効果で除外されたとしても戻ってくるのが嬉しい所ですね。

【ふわんだりぃずデッキ】のキーカードであって初動でとりあえず止めたいカードの1枚でもあったりします(´・ω・`)特殊召喚できない問題はあれど、召喚をメインとしているふわんだりぃずデッキにはあまり意味はなく増殖するGなどの誘発を受けないのも大きな特徴になっていますよ」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「ふわんだりぃずデッキ自体の動きは真竜と同じでメタをかいくぐれるようになっているのも大きいですわね。他にもふわんだりぃずデッキの中心パーツを色々と召喚したり、《ふわんだりぃずと夢の町》での相手ターンにも召喚して1の効果を出来る限り毎ターン使用する事が重要そうですわね。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain《ふわんだりぃずと夢の町》と召喚できる効果を連続して使う事で『ふわんだりぃずデッキ自体の動きが相手ターンでも出来る』のは大きな要素ですね。レベル10ふわんだりぃずのアドバンス召喚まで繋いで『相手ターンで更に妨害をかける』というのがふわんだりぃずデッキのメタと特徴なのでしょう。

ただし、デッキサーチの宿命という訳ではないんですが《ドロール&ロックバード》《灰流うらら》等の妨害がマストカウンターとなってしまいがちになるので相手ターンでの動きは指名者などのカード含めた対策が必須かもしれません。特に相手ターンで攻撃表示が残っている時点で狙われてしまうし、いいことがないかも・・・(´・ω・`)」

遊戯王/シークレットレア/プリズマティック・アート・コレクションPAC1-JP026[シク]:ドロール&ロックバード

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「ただサーチ範囲が広いのは一番の利点だったわね。鳥獣族のサーチも出来るからハーピィやBF。果てはRRまで様々よ。

その代わり特殊召喚が出来なくなる制約もあるから、すのーるまでもっていって召喚権を3回使えたとしても何かしら妨害コンボに繋がるものも欲しいわね」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「現状だとやっぱり電脳堺メタとかにはなり得ませんが、《烈風の結界像》などの単純な特殊召喚メタが刺さりそうではありますね。《ふわんだりぃず×えんぺん》《ふわんだりぃず×すのーる》の2体のアドバンス召喚につなげる際の糧になってくれます。

【ふわんだりぃずデッキ】《ふわんだりぃず×いぐるん》:最上級モンスターのふわんだりぃずをサーチ!

ふわんだりぃず×いぐるん 星1 風属性
鳥獣族 ATK/800 DEF/1200
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain《ふわんだりぃず×いぐるん》は、ふわんだりぃずデッキの上級をサーチしてくれます。さっきの《ふわんだりぃず×ろびーな》と違って切り札を持ってきてくれるのが特徴ですね。《ふわんだりぃず×ろびーな》はその代わり最上級モンスターしかサーチ出来ないのでこのカード1枚だとアドバンス召喚に必須なリリース要因が足りないという結果になってしまうので注意です。

ただ、鳥獣族であればいいという制約なので《霞の谷の巨神鳥》をはじめ、《烈風の覇者シムルグ》は勿論『地縛神 Aslla Piscu』までサーチが可能という幅の広さが今回の売りになっているのかもしれません。

遊戯王/ウルトラレア/RAGING BATTLERGBT-JP019 [UR] : 【ランクB】地縛神 Aslla Piscu

他にもデッキ構築とかで見ればリリースモンスターを他に用意できる場合に限られるのでサーチしておくか、他のふわんだりぃずを2体以上持って置けるかがカギになる以上「純構築で他のふわんだりぃず以外のカードを入れれるか」が焦点となりがちですね。

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「フィールド魔法の《ふわんだりぃずと謎の地図》なども使って『出来るかぎりふわんだりぃずを展開していかない』といけないカードね。

このカード+何か他に出せる手段が欲しいわ(。・ω・。)」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「どちらにせよ初動でかつ「ふわんだりぃず」を持っておかないといけない点。更に誘発を喰らうと止まるという欠点を抱えているので初動の使う順番はかなり慎重になるべきかもしれません。

逆に誘発がない場合は《ふわんだりぃず×ろびーな》《ふわんだりぃず×いぐるん》→他のふわんだりぃずをアドバンス召喚につなげられるので扱いやすいコンボとして積んでおきたいですね。

【ふわんだりぃずデッキ】《ふわんだりぃず×すとりー》:墓地のカードを除外できるふわんだりぃず!

ふわんだりぃず×すとりー 星1 水属性
鳥獣族 ATK/700 DEF/1100
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合、自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「なんか墓地メタまであるんですがってカード。エルドリッチとかのモンスターを除外したりできるので意外とメタとして刺さってくれるカードです。

あまり特筆すべきことはないですが、ふわんだりぃずの除外帰還効果を使えるので神の宣告などの無効系のカウンター罠に対して『墓地から除外』させるといった動きが可能になっています。ふわんだりぃず展開で除外されたカードは戻ってくるので、《ふわんだりぃず×すのーる》などと合わせた中盤までの動きはこのカードで補えるのが一番良さげかと思います(´・ω・`)

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「デッキ構成としても『ふわんだりぃず』+他のカードを活かす感じね。初動だと使い道が無さげだけど相手ターンで召喚可能なふわんだりぃずでは「DDクロウ」のような感じで使えるわ。

ついで除外って感じでアドバンス召喚時に動ける時は召喚して、妨害前だったらコストとして置いておくのが得策なのかもめ(。・ω・。)」 

【ふわんだりぃずデッキ】《ふわんだりぃず×とっかん》:除外カードのふわんだりぃずを再び手札に!

ふわんだりぃず×とっかん 星1 風属性
鳥獣族 ATK/500 DEF/1300
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合、除外されている自分の「ふわんだりぃず」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「突貫工事に適してるのがこのカード。除外カードを戻せるので実質中盤以降の2体以上のリリースを揃える時に重要になりそうです。《ふわんだりぃず×えんぺん》《ふわんだりぃず×すのーる》の2枚は回収が不可能なので必然的にこのとっかんに頼ることに(´・ω・`)

 

 

【ふわんだりぃずデッキ】《ふわんだりぃずと謎の地図》:メインフェイズに召喚効果&相手の召喚に対して召喚可能なフィールド魔法!

ふわんだりぃずと謎の地図
フィールド魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル1の「ふわんだりぃず」モンスター1体を相手に見せ、見せたモンスターとはカード名が異なる「ふわんだりぃず」カード1枚をデッキから除外する。その後、見せたモンスターを召喚する。
②:相手がモンスターの召喚に成功した場合に発動できる。自分は「ふわんだりぃず」モンスター1体を召喚する。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「上記のふわんだりぃずのモンスター効果を見た上で色々と考えるのですが、その際に重要なのがフィールド魔法になります。このカードはレベル1のふわんだりぃずの召喚権を増やせる他、他のふわんだりぃずを除外して置けるので「後続のふわんだりぃずの効果もついでに使える」という超有用なカードになっています。

召喚権に費やす所をどう活かすかがカギになるんですが、モンスターの召喚に成功した場合に出せることで除去も狙えたり出来るので、まずは出来るかぎり警戒すべきカードでもありますね」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「ふわんだりぃずの除外と召喚とサーチをワンセットで乗り切れるカードね。しかもこれに妨害すると他のふわんだりぃず通してしまいそうになるから、結構扱いが難しいのよ。あとは《ふわんだりぃず×とっかん》でサーチする事を活かして「ふわんだりぃず」カードを除外する選択肢もあるわよ。

ふわんだりぃずデッキのコンセプトは結構そのまま流用出来たりするから、その点はアリね(。・ω・。)

《ふわんだりぃずと未知の風》:リリースで相手のカードを利用できる永続魔法!

ふわんだりぃずと未知の風
永続魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分がモンスター2体のリリースを必要とするアドバンス召喚をする場合、モンスター2体をリリースせずに自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を墓地へ送ってアドバンス召喚できる。
②:自分メインフェイズに発動できる。手札の鳥獣族モンスターを2体まで相手に見せ、好きな順番でデッキの一番下に戻す。その後、自分は戻した数だけデッキからドローする。

《ふわんだりぃずと未知の風》:リリースで相手のカードを利用できる永続魔法!

《ふわんだりぃずと未知の風》:リリースで相手のカードを利用できる永続魔法!

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「ふわんだりぃずデッキの重要な永続魔法ですね。リリース素材を相手のカードから選べるというふわんだりぃずの最強カードです。

もはや真竜の時と違ったチート性能のようなカードですが、《帝王の烈旋》と違い先に除去されるという問題点などがあります。exデッキ制約はふわんだりぃず含めなさそうなので、ふわんだりぃずの基本的な動きは勿論、ディスアドを減らせるという意味で優秀。また耐性持ちなども除去できるので「ふわんだりぃず」自身の後攻メタカードとも言い切れるのですが『モンスター効果を一度挟む』ので、意外と妨害を突破はしづらいのも焦点になりそうですね(´・ω・`)

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「ふわんだりぃずデッキ」の根底で強いと言われているカードね。アドバンス召喚のディスアドを減らせるしふわんだりぃずで『モンスター展開を最小限にしてくれる』わ。

後攻専用でもあるし「1ターンに1度の制約」がないから複数のふわんだりぃずを展開してると相手のカードまで消えてるというえげつない仕様になっているわよ(。・ω・。)」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「いやまぁ・・・ふわんだりぃずって強いですからね・・・。

他にはこのカード自体がアドバンス召喚を主体にしたデッキ全てで狙える効果でリリースを2体以上するカードであれば非常に有用なカードとして採用されるかもしれません。使いまわしが出来る他に帝などで駆使して楽しむような構築を目指したいです。

 

因みにリリースが2体以上必要なカードなので、普通のデッキでは特殊召喚するカードを加えて「大型モンスター」を採用しているだけで問題なく扱えます。地縛神 Aslla Piscuにも適応され、「相手の魔法罠を除去しつつ地縛神 Aslla Piscuを出せる」とかなどコンボを色々と練りたい所ですね。

また烈風の結界像などリンク3のシムルグの効果で出したかった時とかの事故回避手段として使えます。一度シムルグで採用する時には狙ってもいいのかも?

Question
「ふわんだりぃずと未知の風」の『①』の『このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分がモンスター2体のリリースを必要とするアドバンス召喚をする場合、モンスター2体をリリースせずに自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を墓地へ送ってアドバンス召喚できる』効果を適用する場合、アドバンス召喚に際してどのようなカードを墓地へ送ることができますか?

Answer
「ふわんだりぃずと未知の風」の『①』の効果は、自分がアドバンス召喚を行うに際して、モンスター2体のリリースを行わずに自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚にこの永続魔法カードの効果を適用して墓地へ送り、アドバンス召喚する効果です。

したがって、「ホルスの黒炎竜 LV6」や「禁じられた聖槍」の効果が適用されたモンスターなどの、魔法カードの効果を受けないモンスターにはこの効果を適用できません。(アドバンス召喚に際して、墓地へ送るモンスターとして選ぶことができません。)

ただし、モンスタートークンや、自身の効果で特殊召喚された「ボルト・ヘッジホッグ」のような、フィールドを離れた場合に墓地へ送られないモンスターにこの効果を適用することは可能です。「マクロコスモス」の効果が適用されている状況でも同様です。(モンスタートークンに適用した場合、フィールドを離れたことで消滅します。「ボルト・ヘッジホッグ」「マクロコスモス」の場合、結果的にそのモンスターは除外されることになります。)

また、これはリリースではありませんので、「召喚僧サモンプリースト」や相手の「闇黒の魔王ディアボロス」のような、リリースを行えないモンスターに対しても適用でき、そのモンスターを墓地へ送ってアドバンス召喚できます。

 

 

遊戯王/ウルトラレア/RAGING BATTLERGBT-JP019 [UR] : 【ランクB】地縛神 Aslla Piscu

【ふわんだりぃずデッキ】《ふわんだりぃずと夢の町》:ふわんだりぃずの展開と裏側妨害可能なメタ罠カード!

《ふわんだりぃずと夢の町》:ふわんだりぃずの展開と裏側妨害可能なメタ罠カード!

《ふわんだりぃずと夢の町》:ふわんだりぃずの展開と裏側妨害可能なメタ罠カード!

ふわんだりぃずと夢の町
通常罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。レベル4以下の鳥獣族モンスター1体を召喚する。
②:このカードが墓地に存在する状態で、自分がレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚に成功した場合、このカードを除外して発動できる。相手フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「相手のメインフェイズ時に鳥獣族を召喚できる罠カードね。ふわんだりぃずの動きでアドバンス召喚に成功した時に墓地から除外して相手フィールドのモンスターを裏側に出来るわ。

裏側に出来る効果は《ふわんだりぃず×すのーる》とかで出来るけどコッチは「召喚したモンスターも妨害出来る」効果だから非常にアリな感じね。特に相手の後攻で動く時には「モンスターを召喚した後だからpsyフレーム」を無視できるのも大きな点かもよ(。・ω・。)」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「デッキ構築時に何枚入れるか結構悩むカードですね。罠カードなので後攻を取る時には役に立ちづらくなるのですが、相手ターンに動く時には重要になるので1・2枚採用して相手ターンに攻める事を意識した動きに使えるかになりそうです《ふわんだりぃずと未知の風》で戻せると嬉しかったんですけどね・・・(´・ω・`)

【ふわんだりぃずデッキ】《ふわんだりぃずと怖い海》:特殊召喚無効バウンス+召喚権3回&特殊召喚封じ!?

ふわんだりぃずと怖い海
カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに、アドバンス召喚された表側表示モンスターが存在し、特殊召喚されたモンスターが存在しない場合、相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。このターン、相手はモンスターを特殊召喚できず、通常召喚を3回まで行う事ができる。

《ふわんだりぃずと怖い海》:特殊召喚無効バウンス+召喚権3回&特殊召喚封じ!?

《ふわんだりぃずと怖い海》:特殊召喚無効バウンス+召喚権3回&特殊召喚封じ!?

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「ふわんだりぃずデッキ」の有用カウンター罠で、特殊召喚を無効にしてバウンスをしてくれるカードです。

「自分フィールドにアドバンス召喚されたモンスターが存在し、特殊召喚されたモンスターが存在しない」という難しい条件。壊獣やコントロールカードに弱いのはあれど、相手の特殊召喚を無効にしつつバウンスして召喚権を3回増やすっていう「アドを取ってるのか取ってないのか分からない」効果を内蔵しています。

《ふわんだりぃず×えんぺん》でサーチ+妨害を前提とする事をメインとしているデッキになるので相手のデッキを見極めて使いたいですね(´・ω・`)

「【ふわんだりぃずデッキ】(ふわんだりぃずデッキ)」で相性の良いカード,展開で採用したいカードは?

【ふわんだりぃずデッキ(ふわんだりぃずデッキ)】で採用したい相性の良いカードを随時更新しています。

【ふわんだりぃずデッキ】ふわんだりぃずで相性がいいカード《強欲で金満な壺

遊戯王/スーパーレア/サベージ・ストライクSAST-JP067[SR]:強欲で金満な壺

 

【ふわんだりぃずデッキ】ふわんだりぃずで相性がいいカード《地縛神 Aslla Piscu

遊戯王/ウルトラレア/RAGING BATTLERGBT-JP019 [UR] : 【ランクB】地縛神 Aslla Piscu

 

【ふわんだりぃずデッキ】ふわんだりぃずで相性がいいカード《虚無空間》 

遊戯王/スーパーレア/ザ・レアリティ・コレクションTRC1-JP047[SR]:虚無空間

 

【ふわんだりぃずデッキ】ふわんだりぃずで相性がいいカード《霞の谷の巨神鳥

遊戯王/レア/DUEL TERMINAL魔轟神復活!!DT04-JP029 [R] : 【ランクB】霞の谷の巨神鳥

【ふわんだりぃずデッキ】ふわんだりぃずで相性がいいカード《マクロコスモス

遊戯王/シークレットレア/RARITY COLLECTION -20th ANNIVERSARY EDITION-RC02-JP049[シク]:マクロコスモス

 

【ふわんだりぃずデッキ】ふわんだりぃずで相性がいいテーマ候補:シムルグ

ふわんだりぃずテーマ等で注目されているテーマの1つがシムルグです。風属性のリリースは特殊召喚で補っていたりするので召喚する順番が大事になりますが《神鳥の霊峰エルブルズ》とフィールド魔法の兼ね合いなど何処まで採用するかがカギになります。

www.tcg-bloglife.com

【ふわんだりぃずデッキ】ふわんだりぃずで相性がいいテーマ候補:「ハーピィ」

シムルグデッキと相性の良いデッキその2「ハーピィ」

シムルグデッキと相性の良いデッキその2「ハーピィ」

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain「もう一つカテゴリー的に気になるのはハーピィデッキですね。

こっちも召喚権追加がメジャーになるのですが、魔法罠でハーピィの羽根箒をサーチできるのでシムルグの魔法罠を開ける動きが一応行いやすいというメリットがあります。(´・ω・`)いや羽根箒が噛み合ってるだけって印象は強いですが・・・持久力もあるので普通にダークネス・シムルグを出す前の展開とかで耐え凌ぐなどがポイント。これに関しては当時の遊戯王のシムルグデッキを思い返したい向けって印象は強いです」

www.tcg-bloglife.com

【ふわんだりぃずデッキ】ふわんだりぃずで相性がいいテーマ候補「帝」

「あとは出張という意味ではダークネス・シムルグを出すという面だけで帝デッキに入れるというのも選択肢になりましたわね(๑╹◡╹)」

「あ、そうなんですよ。帝デッキでも一応採用は一部だけ可能って感じになりましたね。風帝ライザーを採用することが中心で、盤面のコントロールは簡単に行えるようになった印象です。デッキコンセプトもエクストラデッキを使用しない分0帝デッキとしてもチョコっと入れるだけでも面白かったり。

シナジーは皆無に近いので帝デッキの打点要因としてダークネス・シムルグだけ採用してみるという感じで組むと良いですね。またトレードインでモンスターを入れ替える際にダークネス・シムルグをコストにすると墓地でも効果を発揮するので全くの無駄なく1・2交換が出来る可能性があるのも帝シムルグの利点です

[rakuten:toretoku:10117828:detail]

【ふわんだりぃずデッキ】(ふわんだりぃずデッキ)カード効果まとめ

【ふわんだりぃずデッキ】(ふわんだりぃずデッキ)カード効果まとめ

【ふわんだりぃずデッキ】(ふわんだりぃずデッキ)カード効果まとめ

【ふわんだりぃずデッキ】において採用したいカードや【ふわんだりぃずデッキ】(ふわんだりぃずデッキ)の関連カードをまとめました。 

《ふわんだりぃず×えんぺん》

ふわんだりぃず×えんぺん 星10 風属性
鳥獣族 ATK/2700 DEF/1000
①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。その後、モンスター1体を召喚できる。
②:アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
③:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札1枚を除外して発動できる。その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

 

 

《ふわんだりぃず×すのーる》

ふわんだりぃず×すのーる 星10 風属性
鳥獣族 ATK/2900 DEF/800
①:アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、発動できる。このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
②:アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
③:相手ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て裏側守備表示にする。

 

 

《ふわんだりぃず×ろびーな》

ふわんだりぃず×ろびーな 星1 水属性
鳥獣族 ATK/600 DEF/1200
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

 

 

《ふわんだりぃず×いぐるん》

ふわんだりぃず×いぐるん 星1 風属性
鳥獣族 ATK/800 DEF/1200
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

 

 

《ふわんだりぃず×すとりー》

ふわんだりぃず×すとりー 星1 水属性
鳥獣族 ATK/700 DEF/1100
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合、自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

 

 

《ふわんだりぃず×とっかん》

ふわんだりぃず×とっかん 星1 風属性
鳥獣族 ATK/500 DEF/1300
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合、除外されている自分の「ふわんだりぃず」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

 

 

《ふわんだりぃずと謎の地図》

ふわんだりぃずと謎の地図
フィールド魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル1の「ふわんだりぃず」モンスター1体を相手に見せ、見せたモンスターとはカード名が異なる「ふわんだりぃず」カード1枚をデッキから除外する。その後、見せたモンスターを召喚する。
②:相手がモンスターの召喚に成功した場合に発動できる。自分は「ふわんだりぃず」モンスター1体を召喚する。

 

《ふわんだりぃずと未知の風》

 

 

 

 

ふわんだりぃずと未知の風
永続魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分がモンスター2体のリリースを必要とするアドバンス召喚をする場合、モンスター2体をリリースせずに自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を墓地へ送ってアドバンス召喚できる。
②:自分メインフェイズに発動できる。手札の鳥獣族モンスターを2体まで相手に見せ、好きな順番でデッキの一番下に戻す。その後、自分は戻した数だけデッキからドローする。

 

 

《ふわんだりぃずと夢の町》

ふわんだりぃずと夢の町
通常罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。レベル4以下の鳥獣族モンスター1体を召喚する。
②:このカードが墓地に存在する状態で、自分がレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚に成功した場合、このカードを除外して発動できる。相手フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。

《ふわんだりぃずと怖い海》

ふわんだりぃずと怖い海
カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに、アドバンス召喚された表側表示モンスターが存在し、特殊召喚されたモンスターが存在しない場合、相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。このターン、相手はモンスターを特殊召喚できず、通常召喚を3回まで行う事ができる。

 

【ふわんだりぃずデッキ】まとめ:ふわんだりぃずデッキは通常召喚のメタビテーマ!?

  • ふわんだりぃずデッキは水属性と展開が得意なコントロールデッキになってほしいアーキタイプでした。

【ふわんだりぃずデッキ】まとめ

【ふわんだりぃずデッキ】まとめ

【ふわんだりぃずデッキ】まとめ



「ふわんだりぃずデッキはやっぱり重要なコンセプトが売りになっていて『全体的に強いカードが採用されている』デッキに滑り込ませたい感じがしました。

 

遊戯王カードを簡単に売る方法を解説【PR・実践記事】

「遊戯王カードや最新パックを多く買ってしまって、最新カードを売るたいと思ったらと最近どこでも見かける通販サイトの買取サイト紹介の裏側を紹介です。

なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。

まいログでは基本通販サイト等と掛け合ってのPR記事を紹介していますので、正直なメリットやデメリットなどを確認しやすいですよ(´・ω・`)現在はトレトクさんとカーナベルさんの2店舗を調査済みです(店舗等掲載募集も行っております。公式まいログツイッターにてご連絡ください)

 

大量のコモンカードなどを売るときなどオススメですよ(´・ω・`また初動相場での20thシークレットレアなどはかなり高額取引されるカードなのでお早目に!

※トレトクさんの買取はこちらから!無料査定で楽々(´・ω・`)ノ

※「カーナベル」の買取の流れを紹介・利点などを解説!【PR記事です】

>>【カーナベル 買取 評判】カーナベルの買取と方法・利点まとめ!まい。の友人