【遊戯王 最新情報】まいログ:TCGデッキ・予約情報まとめ|遊戯王ブログ

遊戯王やポケモンのwiki情報フラゲ・最新情報、300万PVの遊戯王専門ゲームメディアサイト

遊戯王 最新情報高騰情報デッキ集&解説集遊戯王 環デュエマ 環境|ポケカ 環境

MTG 環境

f:id:hukusyunyu:20210905161250j:plain

☆遊戯王くじの購入はこちら▽

ゲートルーラーのダメージ裁定がシンプルにダメージルール変更のお知らせ。

ゲートルーラーのルール担当です。 今回から3回続けて、総合ルールの改修に関してご案内をさせて頂きます。
今回はダメージに関するルール変更のご案内になります。

 

 

このゲームをプレイする上で重要な「ダメージ」に関するルールですが、現在のところ、ダメージを与える際に「ダメージ実行処理」というルールがあり、それをゲートに置いている為にゲームが複雑化し、直感的ではない挙動が可能となっています。

しかし、我々はそのような挙動は想定しておらず、不必要に複雑なゲームも望んでいないので「ダメージ実行処理」に関するルールを削除し、より直感的にゲームをプレイできるように変更いたします。

 

目次
1.ダメージ実行処理に関するルールは削除・変更します。
2.効果ダメージを与える場合、ダメージ実行処理は発生せず、解決中にダメージを与えます。
3.攻撃で戦闘ダメージを与える場合、ゲート処理を発生させずにダメージを与えます。
4.次のダメージを参照する場合、このターンの次に与えられるダメージを参照します。
5.次のダメージを軽減する場合、次のダメージを過剰に軽減する場合でも待機している能力が全て反応します。
6.《方違え》等の「使用タイミング:~にダメージが与えられる時に使える。」は、攻撃された時~戦闘ダメージを与える直前、またはダメージを与えるカードや能力がプレイされた時に使えます。
7.ダメージ実行処理を利用したテクニックは全て使えなくなります。

 

 

1.ダメージ実行処理に関するルールは削除・変更します。
今まで「ダメージ実行処理」がゲートに置かれていたせいでゲームが複雑化していたので削除・変更します。 「ダメージ実行処理って何?」と思ってる人は、ダメージ実行処理について改めて理解する必要はありません。恐らく、ルール変更後の内容はあなたが今までプレイしていた内容と同じです。

2.効果ダメージを与える場合、カードや能力の解決中にダメージを与えます。
今までは効果ダメージを与えるまでに ・ダメージを与えるカードや能力 ↑の解決後 ・ダメージ実行処理 の2つをゲートに置いていたのが ・ダメージを与えるカードや能力 の1つになります。 解決中にダメージを与えるので、例えば HP3のユニットに「3ダメージを与える」効果を解決すると、破壊されるまでにカードや能力をプレイするタイミングはありません。 今後は、ダメージを軽減するカードや能力等は効果ダメージを与えるカードや能力に対してプレイすることになります。

3.攻撃で戦闘ダメージを与える場合、ゲート処理を発生させずにダメージを与えます。
今までは「ダメージ実行処理」がゲートに置かれていたので、攻撃の戦闘ダメージの「ダメージ実行処理」に対してカードや能力をプレイするタイミングがありましたが、今後はそのタイミングが無くなり、事前にカードや能力をプレイすることになります。

4.《方違え》等の「使用タイミング:~にダメージが与えられる時に使える。」は、ダメージを与えるカードや能力がプレイされた時、または攻撃された時~戦闘ダメージを受ける直前に使えます。
ダメージを与えるカードや能力がプレイされた時、または攻撃された時に「ダメージが与えられる時」の誘発条件を満たし、自動能力であるかのようにプレイします。自動能力のタイミングでプレイする事ができるので、優先権が無くてもプレイできます。 攻撃した時~戦闘ダメージを受ける直前は即時のタイミングでもプレイできます。(即時のタイミングでプレイする場合は優先権を持っている必要があります。)

5.次のダメージを参照する場合、このターンの次に与えられるダメージを参照します。
今までは、ダメージが与えられないタイミングで《天魔覆滅》をプレイしても何も起きませんでしたが、今後は次のダメージが発生するまで効果が待機状態になり、次に与えられるダメージを0にできます。(ターンを跨ぐ場合は待機している能力が消滅します) 便宜上「待機」としますが、正確には「このターン中、次のダメージが発生するまでの置換効果」となります。(キーワードスキルの【待機】は無関係です)

6.次のダメージを軽減する場合、次のダメージを過剰に軽減する場合でも待機している効果が全て反応します。
例えば「次のダメージを2減らす」が2つ待機している状態で「1ダメージを与える」が発生すると、「次のダメージを2減らす」が2つとも反応します。(次の次、のダメージは軽減されません。) 7.ダメージ実行処理を利用したテクニックは全て使えなくなります。 例えば、今までは守備ゾーンのユニットが攻撃の戦闘ダメージを受ける時に、守備ゾーンのユニットをコスト等で墓地に置くと、守備ゾーンにいたユニットが攻撃を受けたまま墓地に置かれ、攻撃が終了します。(ルーラーは攻撃を受けません) 変更後に同じ事をしようとすると、攻撃されるカードが、新しく中央列の最前になったカード(守備ゾーンにユニットが無ければルーラー)に変わります。

カードの挙動のQ&A
Q.《方違え》等の「使用タイミング:セットして、君か味方ユニットに、ダメージが与えられる時に使える。」はどのようにプレイしますか?
ルール変更前 A.ダメージ実行処理がゲートに置かれている時にプレイできます。
ルール変更後 A.ダメージを与えるカードや能力がプレイされた時、または相手が攻撃した時に自動能力のタイミングでプレイできます。 相手が攻撃した時~戦闘ダメージを与える直前までは「使用タイミング:即時」のタイミングでもプレイできます。

Q.イベントを自動能力のタイミングでプレイするとはどういう意味ですか?
A.「~した時」等の条件を満たした時にセットゾーン等から公開することでプレイできます。(公開せずにプレイしないこともできます) その際、優先権を持ってなくてもプレイできます。(優先権を持っているプレイヤーの即時タイミングより先にプレイします) お互いに自動能力のタイミングでカードや能力をプレイする場合は、ターンプレイヤーからプレイします。

Q.「次のダメージ」とは何を参照しますか?
ルール変更前 A.ゲートに置かれているダメージ実行処理を参照します。
ルール変更後 A.このターン中、次に与えられるダメージを参照します。 「次に君が受けるダメージ」等は自分のルーラー 「次にユニットが受けるダメージ」等は自分のユニット 「次に受けるダメージ」等は自分のルーラーとユニット に与えられるダメージをそれぞれ参照します。(相手が受けるダメージは参照しません)

Q.ダメージが発生する前に《天魔覆滅》をプレイした場合どうなりますか?
ルール変更前 A.ダメージ実行処理がゲートに置かれていないので、何も起きません。
ルール変更後 A.このターン中、次に与えられるダメージを0にします。

Q.相手が《ブラスターキャノン》をプレイした時に《フライング・シールド》はプレイできますか?
ルール変更前 A.「ダメージが与えられる時」とは「ダメージ実行処理がゲートに置かれている時」を意味するのでプレイできません。 《ブラスターキャノン》を解決した後の「ダメージ実行処理」に対してプレイすることができます。
ルール変更後 A.《ブラスターキャノン》をプレイした時に「ダメージが与えられる時」の誘発条件を満たすのでプレイできます。

Q.《ブラスターキャノン》でルーラーが1ダメージを受ける時に《フライング・シールド》を2枚プレイした場合どうなりますか?
A.《ブラスター・キャノン》に対して2枚分の軽減効果が適用され、ダメージが0になります。

Q.相手が攻撃した時に《フライング・シールド》はプレイできますか?
ルール変更前 A.「ダメージが与えられる時」とは「ダメージ実行処理がゲートに置かれている時」を意味するのでプレイできません。
ルール変更後 A.攻撃した時に「ダメージが与えられる時」の誘発条件を満たすのでプレイできます。

Q.相手の《倶利伽羅龍王》が攻撃した時、《フライング・シールド》で戦闘ダメージを軽減したい場合はどうプレイしますか?
A.「仏罰大魔炎」の解決後に《フライング・シールド》をプレイします。 攻撃した時~戦闘ダメージを与える直前までは即時タイミングでプレイ可能です。 「仏罰大魔炎」の解決前にプレイした場合は「仏罰大魔炎」のダメージを軽減します。

Q.相手が攻撃した時に《フライング・シールド》をプレイし、軽減効果が待機していて、戦闘ダメージが与えられる前に相手が《ブラスターキャノン》をプレイした場合どうなりますか?
A.「次のダメージ」は《ブラスターキャノン》のダメージになるので、そちらが軽減されます。 戦闘ダメージは軽減されません。

Q.上の質問で《フライング・シールド》を2枚プレイしていた場合はどうなりますか?
A.《ブラスターキャノン》のダメージに2枚分反応してダメージが0になります。 戦闘ダメージは軽減されません。

Q.上の質問で《ブラスターキャノン》を軽減した後、更に《フライング・シールド》をプレイすることはできますか?
A.プレイでき、戦闘ダメージを2軽減します。 攻撃した時~戦闘ダメージを与える直前までは即時タイミングでプレイ可能です。

Q.《イーオン・エンブレイス》の効果ダメージは《方違え》で0にできますか?
ルール変更前 A.0にできます。 《イーオン・エンブレイス》は解決後ゲートから取り除くので、「ダメージ実行処理」に対して《方違え》がプレイできます。
ルール変更後 A.0にできません。 《イーオン・エンブレイス》の解決中にダメージを与えるので、《方違え》はプレイできません。

Q.《天魔覆滅》の「次のダメージを0にする」が待機している時に《イーオン・エンブレイス》でダメージが与えられる場合、ダメージは0になりますか?
A.待機している効果でダメージを軽減する場合は能力のプレイではないので0にできます。

Q.《天魔覆滅》の「次のダメージを0にする」が待機している時に《ルシファー・ザ・ライトブリンガー》の「場に出た時」の能力でダメージが与えられる場合、待機している効果はどうなりますか?
A.軽減する置換効果が行えないので《ルシファー・ザ・ライトブリンガー》のダメージは軽減できず、その次のダメージを軽減します。(「場に出た時」の能力に対して《方違え》等をプレイした場合も同様です)

Q.《ヴルンツヴィークの断頭》に対して《フライングシールド》を2枚プレイした場合、その後の2ダメージも軽減できますか?
A.最初の2ダメージに対して2枚分の軽減効果が適用されるので、その後の2ダメージは軽減できません。

Q.《ヴルンツヴィークの断頭》で《巨骸装甲 ガシャドクロ》にダメージを与えて、【ソウルガード】する場合、《巨骸装甲 ガシャドクロ》は何回破壊されますか?
A.最初の2ダメージを受けて破壊され、【ソウルガード】した後、《ヴルンツヴィークの断頭》のその後の2ダメージを受けて破壊され、ソウルがあれば【ソウルガード】できます。(ダメージ関係のルールと同時に、破壊関係のルールも変更されます。案内は次回になります。)

Q.相手の《龍鬼大禍津日》の「マガツアラシ」で、セットゾーンの自分の《方違え》《天魔覆滅》《エーテルフィールド》のいずれかが選ばれた場合、それぞれのプレイや効果の処理はどうなりますか?
ルール変更前 A.《方違え》はプレイできません。 《天魔覆滅》はプレイできますが、戦闘ダメージは0にできません。 《エーテルフィールド》はプレイ可能で、戦闘ダメージを0にできます。
ルール変更後 A.全てプレイできます。 《方違え》と《天魔覆滅》は「次のダメージ」なので、他にダメージが発生しなければ攻撃の戦闘ダメージを0にします。 《エーテルフィールド》は攻撃の戦闘ダメージを0にします。

Q.相手が攻撃した時に《スペース・ケイブ》をプレイして、軽減能力が待機している時に《マジック・ブラスター》でユニットにダメージが与えられる場合、どのダメージを軽減しますか?
A.「次のダメージ」を軽減するので《マジック・ブラスター》のダメージを軽減します。 攻撃の戦闘ダメージは軽減しません。

Q.上の質問で《スペース・ケイブ》ではなく《我欲の盾》をプレイした場合はどうなりますか?
A.「君が次に受けるダメージ」を軽減するので、ユニットのダメージは軽減せず、攻撃の戦闘ダメージを軽減します。

Q.《カーネル ビッグオウル》の「セービング・オーダー」は、いつプレイしますか?
A.ルーラーがダメージを受けた後、デッキのカードを表にする前にプレイされます。 (「ルーラーダメージエフェクト」に関するルールなので、今回の変更とは無関係になります。)

以上になります。
これらの変更により、直感的にテンポ良くゲームをプレイできるようになります。
ゲームに慣れていた方は、初めは戸惑うかもしれませんがご容赦ください。
「ダメージ実行処理」の複数なルールを説明するよりは簡単な筈です。
これらの変更は2023年1月27日(DX対戦スターター発売日)より適用されます。

次回はダメージ関係以外の細かい変更をご案内させて頂きます。