【遊戯王 最新情報】まいログ:遊戯王,TCGやトレンド情報まとめ

「遊戯王 最新情報」(速報,フラゲ,リーク)や遊戯王OCG等の最新情報を扱う遊戯王ブログ。TCG歴22年の個人ブログ初の大型キャラサイトでもあります。最近は各種TCGを調べたりゲームしたりの感想を書いてます。

 【SRデッキ 2021年】カード効果,優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察!|【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)

【SR】デッキのカード効果・優勝デッキレシピ・回し方・相性の良いカードなどをまとめていきます。 「SRデッキ」「スピードロイドデッキ」「クリアウイング」は「遊戯王OCG」で登場する植物族のビートダウンデッキです。

 【SR デッキ 2021】スピードロイドデッキのカード効果,優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察!

 【SR デッキ 2021】スピードロイドデッキのカード効果,優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察!

【SRデッキ】と「SR(スピードロイド)」は遊戯王OCG・2020年12期の『疾風のデュエリスト編』で更に強化する新規デッキテーマです。ここでは【SRデッキ】に関しての回し方や相性のいいカード・優勝情報などをまとめています。

ここでは「【SRデッキ】」のカード効果、デッキレシピを紹介し【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)デッキの回し方や展開・必須カードなどを紹介してます。これからデッキを作りたい、また相性の良いカードが欲しいけど分からないという人のための参考になれば幸いです(´・ω・`

【遊戯王 最新情報】速報,フラゲ,リーク情報まとめ|毎日更新 

www.tcg-bloglife.com

www.tcg-bloglife.com

 デッキ 【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)
アーキタイプ  シンクロテーマデッキ
特徴1

 風属性

特徴2

 カッコイイ
特徴3  出張要素あり

 

 

 「SR」デッキ(スピードロイドデッキ)とは

【SRデッキ】とは

【SRデッキ】とは

SR【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)とは、を主体にした汎用性が高いデッキテーマです。出張も行いやすく非常に便利でした。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plainという訳で新規デッキカテゴリーの【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)の紹介です。

【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)は、機械族・風属性として登場したデッキでシンクロ召喚をメインとしたコンセプトで登場したデッキの1つです。

スピードロイドとその新規カードでもあるクリスタルクリアウイングの登場でアクセルシンクロを起点とした動きが出来るようになりました。

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
Sモンスターのチューナー+チューナー以外の「クリアウィング」モンスター1体

  • (1):1ターンに1度、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。このカードはターン終了時まで、攻撃力がその相手モンスターの元々の攻撃力分アップし、相手が発動したモンスターの効果を受けない。
  • (2):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
  • (3):S召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから風属性モンスター1体を手札に加える。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plainクリスタルクリアウィング・シンクロ・ドラゴン」の登場の他、現在は風属性のコンセプトはそのまま採用可能なのでガスタやウィンなどの汎用カードを採用出来るギミックも持っており、萌えカードも入れれる自由さもポイント。

 

【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)の着地ポイントとしては制圧布陣には風属性のみ使用できる感じの制約があるのでハリファイバー位しか余裕がないものの新規カードの《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》をはじめ、《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》などを狙っていくことになるでしょう。

 

幸いレベル3のアクセルシンクロも増えた事やカジュアルでも遊べる要素も増えて【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)自身のポテンシャルが上昇しています。高いカールターボの再録も相まって「ようやく安価に組めるテーマ」として紹介出来そうですね。

 遊戯王/ノーマル/デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-DP23-JP029[N]:コズミック・ブレイザー・ドラゴン

 

「SRデッキ」評価

SRと「SRデッキ」のデッキ評価はこちら。

評価 ★★★★★
作成コストの目安 1~2万『相場は普通』
扱いやすさ ★★★☆☆

【SRデッキ】はユーゴの使用するカードで『クリスタルクリアウイング・ドラゴン』などを経由したシンクロコンボが売りとなっており、融合召喚などを挟んだりする面白いデッキです

 現状ではSRデッキは「シンクロなどをメインに展開するソリティアタイプ」か特徴。再録カードでほぼ収録されているものが多く新規カードによって安定性と連続シンクロ出来る幅が広がりました。

「SRデッキ」評価

「SRデッキ」評価

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain【SRデッキ】の特徴はクリスタルクリアウイングをはじめ風属性での展開を行うテーマデッキでしたわね。

【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)の特徴は風属性のみ特殊召喚が出来る制約があるので「風属性の出張カードを多く採用出来る」メリットがありますの。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「遊戯王界隈でおなじみの《SRベイゴマックス》などを筆頭に特殊召喚しつつ戦う【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)は「手札誘発に若干脆い」特徴があるので指名者などでケア出来るカードを入れてしまったりすると良さげ。

遊戯王/スーパーレア/ブースターSP ハイスピード・ライダーズSPHR-JP001[SR]:SRベイゴマックス

【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)は今回、アクセルシンクロなどを筆頭に動く時に墓地から蘇生したりする動きが増えましたが、

【SRデッキ】SRデッキ:大会優勝デッキレシピまとめ

【SRデッキ】大会優勝デッキ欄です。大会で優勝した際にはここで紹介していきますまた最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。優勝デッキへ飛べる検索を付けておきましたのでぜひご利用ください。

 

 

 

【SRデッキ】SRデッキ 回し方・動かし方展開など

【SRデッキ】回し方その1:SRベイゴマックス1枚から色々と動こう!

【SRデッキ】の回し方とデッキ構築では主にクリアウイングなどを筆頭に展開する事がポイントになっています。

今回より新規カードでベイゴマックス1枚より初動で動けることが可能になっており、2枚の新規カードを含めて初動よりコズミック・ブレイザー+バロネスのような布陣を作る事が可能になりました。

特に初動が結構難しい展開ルートがあるんですが、盤面を返されたとしてもケアがしやすくなっているのが特徴です。まずはベイゴマックスなどのキーカードを駆使して盤面を整えていきましょう。

『SRデッキ展開の1例』
  1. SRベイゴマックス1枚からHSR/CWライダー+フルール・ド・バロネス
  2. SRベイゴマックスを特殊召喚、効果でSRタケトンボーグをサーチ
  3. タケトンボーグを特殊召喚。
  4. タケトンボーグの効果で、SR赤目のダイスを特殊召喚
  5. 2体でHSRーGOMガンを特殊召喚。


GOMガンの効果で(コスト星7シンクロを除外)して大公と吹持公開してサーチ&墓地送り。その後サーチした方を召喚。

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「現状では特殊召喚するギミックを採用して『GOMガン』などの効果でサーチまで持っていけるのが強みになってるのね」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「その後にオライオンなどを含めたアウローラドンコンボが主流なので、このカードが禁止になると辛そうですね。

このアウローラドンまで持っていける事が出来れば、

  • トークンを1体リリースしてオライオンを特殊召喚。
  • オライオンとトークンで《HSRマッハゴー・イータ》をシンクロ召喚。
  • オライオンの効果でトークン生成
  • 墓地の《SR電々大公》の効果で赤目のダイスを特殊召喚。
  • 赤目のダイスの効果でマッハゴーを星2に変更して赤目とシンクロ召喚でコルク10を展開。効果で赤目のダイスとマッハゴーイータを蘇生
  • 赤目効果、コルクを星6にして 《HSR/CWライダー》をシンクロ召喚
  • マッハ効果で自己蘇生
  • 墓地の吹持の効果でマッハを星3して赤目マッハトークントークンでバロネスをシンクロ召喚。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「まで持っていけます。前提としてクリスタルクリアウイングよりもバロネスを選ばれてしまうのがご愛敬ですが、SRデッキでは「連続召喚を狙う」事に加えて蘇生手段も駆使するのでまずは展開ルートを覚えるのが最適解になっています。

上記カードはほオライオンにつなげるのが前提ですが「EXデッキの消耗も激しい」のが難点なので出来る限りEXデッキを消耗しない動き方が大事になりそうでした。

【SRデッキ】《HSR-GOMガン》で初動をサポート! 

《HSRハイスピードロイド-GOMジーオーエムガン/Hi-Speedroid Rubber Band Shooter》 リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:左下/右下】風属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる風属性モンスター1体を召喚する。
この効果を発動したターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):EXデッキから風属性Sモンスター1体を除外して発動できる。
レベルの合計が除外したモンスターと同じになるように、デッキからカード名が異なる「スピードロイド」モンスター2体を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。その1枚を自分の手札に加え、残りを墓地へ送る。

遊戯王/スーパーレア/リンク・ヴレインズ・パック2LVP2-JP081[SR]:HSR-GOMガン

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain重要なポイントは《HSR-GOMガン》を展開する事です。

HSR-GOMガン》の効果は自分メインフェイズに発動できる風属性モンスター1体を召喚する追加召喚効果と、EXデッキから風属性Sモンスター1体を除外してレベルの合計が除外したモンスターと同じになるように、デッキからカード名が異なる「スピードロイド」モンスター2体を相手に見せて相手はその中からランダムに1枚選び手札に加え、残りを墓地へ送るというランダム要素を持っています。

 

【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)ではアド損?に見えてしまいガチですが、特殊召喚を前提で出せば召喚権が残っている他に実質サーチからアウローラドンにつなげられるので、そのままオライオン⇒シンクロ召喚へと繋げられます。

 

幸い【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)では特殊召喚するカードが多々存在するのですが、1の効果で召喚権を使うとアウローラドンにつなげられないので注意(´・ω・`)

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)って基本的にはこのカードに集約されている印象が強いわね。スピードロイドデッキでまずこのカードを出せばアウローラドンが最低でも保障されているし、墓地蘇生のカードもそのまま使えるのも注目されてる1つだわ(。・ω・。)」

遊戯王/ノーマル/ストラクチャーデッキR -ドラグニティ・ドライブ-SR11-JP018[N]:こけコッコ

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「制約が風属性が前提なので「こけコッコ」などで代用しても良かったりするのがポイントです。【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)ではとりあえず風属性モンスターを2体出せればいいのですが、ベイゴマックスは自身の効果で出せて「タケトンボーグ」とかのサーチ出来る故に注目されてる訳ですね。

【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)で《HSRコルク-10》は重要?

《HSRコルク-10》シンクロ・チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 500/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「スピードロイド」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
●このカードが「スピードロイド」モンスターのみを素材としてS召喚していた場合、
そのS召喚に使用したS素材モンスター一組が全て自分の墓地に揃っていれば、その一組を特殊召喚する。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)で重要なポイントとなるのが《HSRコルク-10》などのシンクロモンスターです。

シンクロ召喚に成功した場合に「【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)」の魔法罠を持ってくるか素材をそのまま墓地から蘇生出来るので「レベル4以上のシンクロ」をそのまま行ってくれます。

遊戯王/ノーマル/リンク・ヴレインズ・パック2LVP2-JP084[N]:SR赤目のダイス

スピードロイドの素材のみという難しい問題がありますが、《SR赤目のダイス》のレベル2にする効果で実質レベル3のチューナーを出せるようなもので、専用構築ではそんなに難しくありません。

 

また、SR赤目のダイスもデッキからサーチしやすいのでこのカードを活用してクリスタル・クリアウイングなどを展開していきましょう。

 

【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)を組む際にペンデュラムモンスターを使用しているとこの効果を使えないので注意です(´・ω・`)《SRマジックハウンド》の墓地効果でエクストラデッキから出せるシンクロチューナーとして活用するのも手ですね。

 

【SRデッキ】展開ルートなど

【SRデッキ】展開ルートなど

【SRデッキ】展開ルートなど

【SRデッキ】では、フルール起点にする場合は上記の《ベイゴマックス》などを起点にしてシンクロ召喚する動きがメジャーとなります。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)の展開は基本的にはベイゴマックスの初動などがありましたが最終的にはGOMガンを特殊召喚する事。

サーチ先に「カールターボを持ってくる」など展開するカードを多々用意する事が重要になります。この動きさえ出来れば下記の様に【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)の初動を支えられるという訳ですね。

『SRデッキ展開の1例』
  1. SRベイゴマックス1枚からHSR/CWライダー+フルール・ド・バロネス
  2. SRベイゴマックスを特殊召喚、効果でSRタケトンボーグをサーチ
  3. タケトンボーグを特殊召喚。
  4. タケトンボーグの効果で、SR赤目のダイスを特殊召喚
  5. 2体でHSRーGOMガンを特殊召喚。
  • トークンを1体リリースしてオライオンを特殊召喚。
  • オライオンとトークンで《HSRマッハゴー・イータ》をシンクロ召喚。
  • オライオンの効果でトークン生成
  • 墓地の《SR電々大公》の効果で赤目のダイスを特殊召喚。
  • 赤目のダイスの効果でマッハゴーを星2に変更して赤目とシンクロ召喚でコルク10を展開。効果で赤目のダイスとマッハゴーイータを蘇生
  • 赤目効果、コルクを星6にして 《HSR/CWライダー》をシンクロ召喚
  • マッハ効果で自己蘇生
  • 墓地の吹持の効果でマッハを星3して赤目マッハトークントークンでバロネスをシンクロ召喚。

最終盤面がクリスタル、ファストの場合。
GOMガンef EX星7除外して吹待と電々、選択して墓地、手札に
GOMガン効果でサーチしたモンスターを召喚。
2体でラドン ss ef トークン3体ss
トークンとラドンリリース ラドンef オライオンss
トークンとオライオンでマッハss オライオンef トークンss
電々除外ef 赤目ss
赤目ef マッハ2に変更
マッハと赤目でコルクss ef
マッハ、赤目ss
マッハ、コルクでクリスタルss
トークン×2、赤目でファスト

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「コンセプト的には道中にアウローラドンを入れる、【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)のゴムガンを出すというルートまでは展開ルートで共通なのね」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「とりあえずこのカードさえ出せればいいって感じですね。その後サーチ先でベイゴマックスや新規カードを持ってくる事が大事になるという感じでした。

状況によってはクリスタル・クリアウイングなどを展開するか、バロネスを出すかも考えつつって感じです。一方で、【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)の運用方法としてはエクストラ消費の数を見る方が良いのかもしれません。リンクはある程度消費しているので先行制圧から後は少しずつ「盤面を返せるようにして置く」のが大事かと。

 

「【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)」で相性の良いカード,展開で採用したいカードは?

【SRデッキ】SRデッキ(スピードロイドデッキ)で相性がいいカード:風霊媒師ウィン

遊戯王/シークレットレア/プレミアムパック202121PP-JP028 [シク] : 風霊媒師ウィン

効果モンスター
星5/風属性/魔法使い族/攻1850/守1500
このカード名はルール上「霊使い」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと風属性モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから「風霊媒師ウィン」以外の守備力1500以下の風属性モンスター1体を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):このカードが手札に存在する場合、自分の風属性モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 

【SRデッキ】SRデッキ(スピードロイドデッキ)で相性がいいカード:こけコッコ

 遊戯王/ノーマル/ストラクチャーデッキR -ドラグニティ・ドライブ-SR11-JP018[N]:こけコッコ

 チューナー・効果モンスター
星5/風属性/鳥獣族/攻1600/守2000
(1):お互いのフィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードはレベル3モンスターとして手札から特殊召喚できる。
(2):相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにカードが存在しない場合、
このカードはレベル4モンスターとして手札から特殊召喚できる。
(3):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

 

【SRデッキ】SRデッキ(スピードロイドデッキ)で相性がいいカード:ウィンドペガサス@イグニスター

 

遊戯王/スーパーレア/イグニッション・アサルトIGAS-JP042[SR]:ウィンドペガサス@イグニスター

シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/サイバース族/攻2300/守1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドの「@イグニスター」モンスターの数まで、
相手フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
(2):このカードがフィールド・墓地に存在する状態で、
このカード以外の自分フィールドのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
このカードを除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。

【SRデッキ】SRデッキ(スピードロイドデッキ)で相性がいいカード:水晶機巧-ハリファイバー

 

遊戯王/スーパーレア/RARITY COLLECTION -PREMIUM GOLD EDITION-RC03-JP027[SR]:水晶機巧-ハリファイバー

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナーを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

 

【SRデッキ】SRデッキ(スピードロイドデッキ)で相性がいいカード:《幻獣機アウローラドン》

遊戯王/スーパーレア/リンク・ヴレインズ・パック3LVP3-JP051[SR]:幻獣機アウローラドン

リンク・効果モンスターリンク3/風属性/機械族/攻2100
【リンクマーカー:左/下/右下】
機械族モンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)3体を特殊召喚する。
このターン、自分はリンク召喚できない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターを3体までリリースして発動できる。
リリースしたモンスターの数によって以下の効果を適用する。
●1体:フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
●2体:デッキから「幻獣機」モンスター1体を特殊召喚する。
●3体:自分の墓地から罠カード1枚を選んで手札に加える。

ハリファイバーから繋げてオライオン⇒ボウテンコウという回し方が出来るようになった便利カードの1枚!ルール改正でシンクロも多数展開可能へ?

f:id:hukusyunyu:20210330071705p:plain「このカード何するのか最初はすごく分かりにくかったんですが、オライオンなどを採用してシンクロ召喚を繋げたり、トークンを3体生成してレベル3モンスターとして活用する事も可能です。

[rakuten:kamehonpo:10037544:detail]

1体であればカード破壊効果としても使えるので実は汎用破壊カードとしても一応役割はあります。2体リリースでオライオン⇒ボウテンコウの流れはセフィラでもおなじみのコンボ。ブンボーグ001を採用しておくと特殊召喚時にそのまま墓地から出てくるのでシンクロ召喚もしやすく、ソリティアデッキのお供として良く採用されます。

 

機械族をメインとしたデッキではオライオンセットとして需要が増加した存在。ハリファイバー含めシンクロ召喚でブンブンしたいデッキにおすすめです。

出張とかで物凄い優秀ですが、《幻獣機コルトウィング》なら実質幻獣機トークンの損失なしで展開も出来るし純構築でもありがたい存在なので覚えておきたい1枚ですね。

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「ハリファイバーから繋げられるという面だけ注目されてるけど、リンク3で素材も機械族が2体という緩さもあるから、実は汎用リンク2が増えるだけでも重宝されるというカードよ。トークンでも良いから今後の新規カテゴリーで出しやすいカードが出てくればチャンスはあるわね。

ハリファイバーが機械族というメリットが強すぎて、ハリラドンという感じで汎用パーツセットとして見られているから、今後もこのセットは注目されるかもね」

 

【SRデッキ】スピードロイドデッキ:カード効果まとめ

【フルールデッキ】SRデッキ:カード効果まとめ

【SRデッキ】SRデッキ:カード効果まとめ

【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)と、「SR」デッキにおいて採用したいカードや「フルール」の関連カードをまとめました【遊戯王】「SR」カード効果のまとめです。

《SR-OMKガム》

《SR-OMKガム》チューナー・効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻 0/守 800
(1):自分・相手のバトルフェイズに自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの効果でこのカードが特殊召喚に成功したバトルフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドの風属性モンスターのみをS素材としてS召喚する。
(3):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、
そのカードが「スピードロイド」モンスターだった場合、
このカードをS素材としたSモンスターの攻撃力は1000アップする。

《SR赤目のダイス》

《SR赤目のダイス》チューナー・効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻 100/守 100
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
「SR赤目のダイス」以外の自分フィールドの「スピードロイド」モンスター1体を対象とし、
1~6までの任意のレベルを宣言して発動できる。
そのモンスターのレベルはターン終了時まで、宣言したレベルになる。

《SRアクマグネ》

《SRアクマグネ》チューナー・効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻 0/守 0
「SRアクマグネ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはこのカードの効果によるS召喚でしかS素材にできない。
(1):このカードが自分メインフェイズに召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードのみを素材として風属性Sモンスター1体をS召喚する。

《SRドミノバタフライ》

《SRドミノバタフライ》ペンデュラム・チューナー・効果モンスター
星2/風属性/機械族/攻 100/守 300
【Pスケール:青8/赤8】
「SRドミノバタフライ」の(2)のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分は風属性モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。
(2):手札から風属性モンスター1体を捨て、除外されている自分の風属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
【モンスター効果】
このカードをS素材とする場合、ドラゴン族・機械族の風属性モンスターのS召喚にしか使用できない。エクストラデッキから特殊召喚したこのカードは、S召喚に使用された場合に除外される。

《SRカールターボ》

《SRカールターボ》チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 800/守1200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):自分の墓地からこのカードと「スピードロイド」モンスター1体を除外して発動できる。自分フィールドの全ての風属性モンスターの攻撃力はターン終了時まで800アップする。

《SR電々大公》

《SR電々大公》チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1000/守1000 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の手札・墓地から「SR電々大公」以外の「スピードロイド」チューナー1体を選んで特殊召喚する。

《SR三つ目のダイス》

《SR三つ目のダイス》チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 300/守1500
(1):相手ターンに墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、相手モンスターの攻撃を1度だけ無効にする。

《SR吹持童子》

《SR吹持童子》チューナー・効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1000/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカード以外の自分フィールドの風属性モンスターの数だけ自分のデッキの上からカードをめくり、その中から1枚を選んで手札に加え、残りのカードを好きな順番でデッキの一番下に戻す。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのレベル3以上の風属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのレベルを2つ下げる。

《SRビーダマシーン》

《SRビーダマシーン》ペンデュラム・効果モンスター
星2/風属性/機械族/攻 200/守 100【Pスケール:青1/赤1】
(1):1ターンに1度、自分の守備表示モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。そのモンスターを表側攻撃表示にする。このターン、そのモンスターは戦闘では破壊されない。
【モンスター効果】
このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

《SRオハジキッド》

《SRオハジキッド/Speedroid Ohajikid》 効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1000/守 200
(1):このカードが召喚に成功した時、自分または相手の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材として風属性のSモンスター1体をS召喚する。

《SRタケトンボーグ》

《SRスピードロイドタケトンボーグ/Speedroid Taketomborg》 効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 600/守1200
自分は「SRタケトンボーグ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):自分フィールドに風属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして発動できる。デッキから「スピードロイド」チューナー1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

《SRベイゴマックス》

《SRスピードロイドベイゴマックス/Speedroid Terrortop》 
効果モンスター(制限カード)
星3/風属性/機械族/攻1200/守 600
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「SRベイゴマックス」以外の「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

《SRマジックハウンド》

《SRスピードロイドマジックハウンド》 効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 800/守 800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「スピードロイド」カード1枚を墓地へ送る。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、そのモンスターとはカード名が異なり、
レベルが同じ「スピードロイド」Sモンスター1体を効果を無効にしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

《SRシェイブー・メラン》

《SRスピードロイドシェイブー・メラン/Speedroid Razorang》 効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻2000/守 0
(1):このカードは召喚したターンには攻撃できない。

(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このカードを守備表示にし、対象のモンスターの攻撃力はターン終了時まで800ダウンする。

《SRダブルヨーヨー》

《SRスピードロイドダブルヨーヨー/Speedroid Double Yoyo》 効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1400/守1400
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル3以下の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

《SRパチンゴーカート》

《SRスピードロイドパチンゴーカート/Speedroid Pachingo-Kart》 効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1800/守1000
(1):1ターンに1度、手札から機械族モンスター1体を捨て、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

《SRバンブー・ホース》

《SRスピードロイドバンブー・ホース/Speedroid Horse Stilts》 効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1100/守1100
「SRバンブー・ホース」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札からレベル4以下の「スピードロイド」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから風属性モンスター1体を墓地へ送る。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

《SRブロックンロール》

《SRブロックンロール》効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1000/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードをS素材としたSモンスターの元々のレベルを持つ
「SRトークン」(機械族・風・攻/守0)1体を自分フィールドに特殊召喚する。

《SRヘキサソーサー》

《SRヘキサソーサー》ペンデュラム・効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻 100/守1600
【Pスケール:青6/赤6】このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
風属性Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをEXデッキに戻す。
【モンスター効果】
(1):このカードの戦闘で発生する戦闘ダメージはお互いのプレイヤーが受ける。
(2):このカードの戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは半分になる。
(3):このカードがPゾーンで破壊された場合に発動できる。
自分のEXデッキから表側表示の「スピードロイド」Pモンスター1体を特殊召喚する。

《SRメンコート》

《SRスピードロイドメンコート/Speedroid Menko》 効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻 100/守2000
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。このカードを手札から攻撃表示で特殊召喚し、相手フィールドの表側表示モンスターを全て守備表示にする。

《SRパッシングライダー》

《SRパッシングライダー》ペンデュラム・効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻2200/守2000
【Pスケール:青3/赤3】
(1):1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「スピードロイド」チューナー1体を墓地へ送って発動できる。ターン終了時まで、墓地へ送ったそのモンスターの元々のレベル分だけこのカードのPスケールを上げる、または下げる(最小1まで)。
【モンスター効果】
「SRパッシングライダー」の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):お互いのフィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードがアドバンス召喚に成功した時、自分の墓地のレベル4以下の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は他の「スピードロイド」モンスターを攻撃対象に選択できない。

《SR56プレーン》

《SR56プレーン》効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻1800/守 0
「SR56プレーン」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで600ダウンする。

《SRビードロ・ドクロ》

《SRビードロ・ドクロ》効果モンスター
星7/風属性/機械族/攻 0/守3000
「SRビードロ・ドクロ」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに、エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードは通常召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。
(3):このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。
(4):自分フィールドに「スピードロイド」モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合にこのカードは破壊される。

《HSRコルク-10》

《HSRコルク-10》シンクロ・チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 500/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「スピードロイド」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
●このカードが「スピードロイド」モンスターのみを素材としてS召喚していた場合、
そのS召喚に使用したS素材モンスター一組が全て自分の墓地に揃っていれば、その一組を特殊召喚する。

《HSR快刀乱破ズール》

《HSR快刀乱破ズール》 シンクロ・効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1300/守1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージステップ終了時まで倍になる。
(2):S召喚したこのカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、「HSR快刀乱破ズール」以外の自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

《HSRチャンバライダー》

《HSRチャンバライダー》シンクロ・効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻2000/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「HSRチャンバライダー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(2):このカードが戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。このカードの攻撃力は200アップする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、除外されている自分の「スピードロイド」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

《HSRマッハゴー・イータ》

《HSRマッハゴー・イータ》シンクロ・効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻2000/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードの(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。
フィールドの全ての表側表示モンスターのレベルはターン終了時まで1つ上がる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「スピードロイド」チューナーが存在する場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

《HSR魔剣ダーマ》

《HSR魔剣ダーマ》シンクロ・効果モンスター
星6/風属性/機械族/攻2200/守1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「HSR魔剣ダーマ」の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(2):自分の墓地の機械族モンスター1体を除外して発動できる。
相手に500ダメージを与える。
(3):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにカードが存在しない場合、
自分メインフェイズに発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は通常召喚できない。

《HSRカイドレイク》

《HSRカイドレイク》シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/機械族/攻3000/守2800
機械族・風属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
●相手フィールドの全ての表側表示のカードの効果を無効にする。
(2):このカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

《HSR-GOMガン》

《HSR-GOMガン》リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:左下/右下】
風属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。風属性モンスター1体を召喚する。
この効果を発動したターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):EXデッキから風属性Sモンスター1体を除外して発動できる。レベルの合計が除外したモンスターと同じになるように、デッキからカード名が異なる「スピードロイド」モンスター2体を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
その1枚を自分の手札に加え、残りを墓地へ送る。

【SR】まとめ:【SRデッキ】はまだまだ研究しがいのあるテーマです。

【SRデッキ】(スピードロイドデッキ)のまとめはシンクロ召喚までを丁寧に行える汎用ギミックを搭載したデッキでした。

 

SRデッキのバロネスの採用は当時から注目されており、特殊召喚ギミックを前提としている分、ほかの制圧カードを使えないデメリットはありましたが…GOMガンなど「リンク2からアウローラドンにつなげられる」メリットはそのままに新規カードを活用できるというメリットまで存在しています。

 

当時は普通にスルーしてましたが、シンクロ召喚で更に展開できるカードが増えたのでレベル合わせが非常に重要になりました。

レベル合わせとしては《HSR魔剣ダーマ》などを筆頭に《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》まで色々とシンクロ召喚の範囲が増えているのが面白さを感じますね。

また、SRも様々なレベルが存在しているのですがシンクロ召喚に活用される以上「EXにはそのレベルに見合ったカードが採用されている」はずなので採用は簡単だと思いますが、EXデッキの圧迫が起きるので注意(´・ω・`)」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「しかし風属性という縛りがあってハリファイバーの時みたいに『どのデッキでも悪用される』というのが無くなった感じがするわ。

カード名が異なるSRのサーチな上に相手に選ばせるから、「ベイゴマックス等の強力なカードは手札に来ない」だろうし。調整されているカードとも言えるわよ」

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain「確かにそんな感じはしますね。そういった意味ではSRやWWの強化に繋がっていると信じたいカードかもしれません。また墓地へ送るという事は、墓地除外効果も活用できるという事でもありますし。

 : SRダブルヨーヨー

またレベル7の《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》を除外する事で、《SRベイゴマックス》と《SRダブルヨーヨー》を選択すればベイゴマックスが盤面か手札に来るというコンボも。純カテゴリー内では狙っておきたいコンボの1つですね