【遊戯王 最新情報】まいログTCG研究室@デュエマ【毎日更新】

遊戯王ocg情報を扱う遊戯王ブログ!まとめ,環境や最新情報の独占情報やリーク・フラゲ最新情報を発信しているキャラブログです!デュエマやバトスピ。色々サブカル配信も(´・ω・`)

遊戯王 最新情報遊戯王 高騰遊戯王 環境デッキ集&解説集
当サイトは遊戯王OCGメインの最新情報を発信するTCGプロ専門研究家の遊戯王ブログです。遊戯王の最新情報や速報などを厳選してお送りします。

最新デッキの新規カード・カテゴリー一覧

戦華メガリス@イグニスタークロノダイバー未界域ワルキューレ

ブラック・マジシャンガガガ魔術師EME・HERO

https://photo.ka-nabell.com/images/topic/kaitori/MTG/mi4.jpg 

遊戯王ブログ

本日の注目デッキ

 「シャドール」大会優勝デッキ

【エヴォルデッキ】優勝デッキや回し方,相性の良いカードを紹介&振り返り!

《焔聖騎士-リナルド》収録のⅤジャンプが予約開始!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

V (ブイ) ジャンプ 2020年 02月号 [雑誌]
価格:579円(税込、送料無料) (2019/12/8時点)

楽天で購入

エヴォルデッキ

エヴォルデッキ

2019年7月13日(土)発売カオス・インパクトで新規カード《エヴォルド・メガキレラ》が登場!という事で今回は、エヴォルデッキに関しての考察や回し方・相性の良いカードを紹介する事にしました。

エヴォルは、進化を繰り替えす――。

 

 

 

エヴォルドは全て炎属性・爬虫類族でエヴォルダーを展開。更に、エヴォルダーも炎属性・恐竜族で統一されているのが特徴で、『エクシーズへつなげる強み』がウリ。そんなエヴォルシリーズを紹介考察し、環境や優勝デッキ等を振り返っていきます。

>>エヴォルのシングルカード購入はこちら

デッキ エヴォル
アーキタイプ

ビートダウン

特徴1 恐竜族・爬虫類族

特徴2

混合種族デッキ
特徴3 環境デッキ【ヴェルズラギア】

 

 

エヴォルデッキってどんなデッキ? 

エヴォルデッキってどんなデッキ? 

エヴォルデッキってどんなデッキ? 


「エヴォルデッキは、先ほども紹介した通り、恐竜族や爬虫類族のカードを活用して戦うデッキの1つ。

 

 

エヴォルデッキは、ゼアルアニメ展開初期に登場してきたテーマデッキで、強力なエクシーズモンスター《エヴォルカイザー・ラギア》の効果を使い戦っていくのが特徴でした。

特に出張要素もエクシーズではあったものの、現在はデュエルリンクスにて登場し話題になっています。昨今どうしてもOCG環境での活躍が難しいものを救済する処置としてリンクスが選ばれる事が多い様子ですが、エヴォルデッキもその例外にはならないのでしょう。

遊戯王/ノーマルパラレル/20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE20AP-JP084 [Nパラ] : エヴォルカイザー・ラギア

環境当時ではゼンマイなどの展開デッキが凶悪であったものの準構築ではなくヴェルズでレスキューラビットを採用しての『通常モンスター展開』にて採用。ラギアとヴェルズの双方を選びつつ盤面を作れる強みが当時にはあったのです。

そんな過去のエヴォル出張等を含めて振り返っていこうと思います。

エヴォルデッキと出張・優勝の歴史

優勝デッキの歴史としては【ヴェルズラギア】というアーキタイプが流行しており《ヴェルズ・オピオン》と《神の宣告》内蔵の《エヴォルカイザー・ラギア》両方を使う点でシナジーがありました。最悪通常モンスターのどちらかがデッキに残っていれば普通に出せたメリットも持っています」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「当時の環境で言えば、墓地除外に有用なマクロコスモスを採用することもあり除外も通用しないということで中堅デッキ以上はかなりの苦戦を強いられることになりましたの」

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「特にヴェルズ・オピオンにはレベル5以上を出せなくなる効果を持っていて、上級の展開ができなくなるコンボもあったんですよね(´・ω・`)もちろん強力なアーキタイプで当時は苦しんだ人も多いのではないでしょうか。

デッキコンセプト的にはエヴォルとか若干違うものの、エヴォルカイザーを使いたいという人にとってはおすすめしたいなと思っていました。ただ準構築とはかけ離れてしまうのでその点は注意です

 

 

 

 

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「準制限で弱体化したヴェルズにはそのまま新規で、《ヴェルズ・ケルキオン》をもらったりしたり、エヴォルはエヴォルで新規カードももらったり・・・結構この2種類ってかなり暴れてたのを思い出したわ(。・ω・。)」

エヴォルデッキの回し方

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plainエヴォルデッキの大きな特徴はエクシーズ召喚を行うことなんだけど、エヴォルだけじゃなくてガネーシャやカウンター罠を採用して戦ったりと器用な動きができる分、昔よりもだいぶ動かしやすい感じになってるのよね。

エヴォル自身の展開も新規カードの影響で、だいぶ変化したって聞いてるけど・・・(。・ω・。)」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「そうですね・・・。特にエヴォルの新規はかなりうれしいカードで「エヴォルカイザーのエクシーズ素材が尽きる」という難点を克服してくれています。

炎属性を生かして「転生炎獣」のリンクモンスターを使うとか、サイバース族を多少採用することで動きやすくはなっていますし、デッキ構築上準構築から離れる印象はちょっとありますけどね(´・ω・`)

《エヴォルド・メガキレラ》概要

《エヴォルド・メガキレラ》 
効果モンスター
星1/炎属性/爬虫類族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの爬虫類族モンスター1体をリリースし、手札を1枚捨てて発動できる。デッキからレベル6以下の恐竜族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのX素材の無いドラゴン族Xモンスター1体を対象して発動できる。
自分の手札・墓地から爬虫類族・恐竜族のモンスターを2体まで選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする(同名カードは1枚まで)

自分フィールドの爬虫類族モンスター1体をリリースし、手札を1枚捨てて発動デッキからレベル6以下の恐竜族・炎属性モンスター1体を特殊召喚することができる効果を使えるのはエヴォルデッキのコンセプトとしては画期的。

エヴォルダー・ウルカノドン》などの蘇生効果とはリンク召喚等と相性ばっちり。そのままエヴォルのエクシーズモンスターへ簡単に繋ぐことができます。

また、戦闘破壊することでエヴォルダーを盤面に並べて「エヴォルカイザーを出し切る」流れもありました。デュエルリンクスでは非常に流行ってるデッキですが現状のOCGではかなり新規カードのテコ入れが欲しいとも感じます。

 

 

 

理由としてエヴォルカイザーを並べるということがマスタールール3以降ではできないことで(´・ω・`) 

ただ、弱体化してしまったものの《進化の特異点》というエヴォル専用のカードが強力でランクの指定なく

エヴォルカイザーをエクストラデッキから出せるのはいまだに強力。

これを活用しつつ戦うのは構築の基本になっています(´・ω・`)新規ではエヴォルを出すだけで素材を確保できるようになっている分キチンとしたシナジーがあるので、エヴォル関連を使用しつつリンク召喚→セットして次のターンにリンク先にエヴォルカイザーを出すのがメジャーになるかもしれません。

遊戯王/ノーマル/プライマル・オリジンPRIO-JP077 [N] : 進化の特異点

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「まぁ確かにこのカードが強力なのよね・・・また時代は流れてエヴォルが恐竜族であることを生かして恐竜族のカードを出すという流れも流行っているわ(。・ω・。)」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「恐竜族と言えばエヴォルのほかには《オーバーテクス・ゴアトルス》がいましたわね。このカードは恐竜族を出せるほかにもアルコンなど恐竜族に寄せることも出来ますわよ。

その代わりアルコン等を立てるのが前提になってしまいがちなのでその点は注意したいですわね(๑╹◡╹)」

: オーバーテクス・ゴアトルス

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「進化薬をサーチしつつ動けるエースカードの1枚。主な動きで闇属性を主軸にしてるデッキを組み込めるのもメリット。終末やシャドール・フュージョンのコストでもOKですわよ」

 : 究極進化薬

f:id:hukusyunyu:20171112233432p:plain「良いからドーピングだ!!召喚条件を無視できるメリットが強すぎて、《究極伝導恐獣》等の大型を出せたり、《炎霊神パイロレクス》等も出せるという『恐竜族新規の進化を止めた』1枚。サーチも出来るので安定性も若干あります。(。・ω・。)手札で腐らさないのがポイントよ!」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「まぁそれ以外にも覚えておきたいカードは多数あるので先にご紹介。まずは爬虫類族のエヴォルドより手札から展開できるカードを振り返り。

エヴォルデッキの回し方その1:エヴォルド・オドケリスなどで盤面展開!

効果モンスター
星2/炎属性/爬虫類族/攻 500/守1200
このカードが召喚に成功した時、
手札から「エヴォルダー」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「 《エヴォルド・オドケリス》の効果は、召喚に成功した時に手札からエヴォルダーを特殊召喚できる効果を持っています。エヴォルの効果は主に展開することが主軸になるので、手札にエヴォルダーを持っている場合は優先的に召喚していきたいカードになっていますね(´・ω・`)

効果としては有用な展開効果。手札に来てしまったエヴォルダーを特殊召喚しつつ盤面を作れるのでおすすめ。その際に出したいのは新規エヴォルドでもあったウルカノドンです。 

エヴォルダー・ウルカノドン/Evolsaur Vulcano

効果モンスター
星4/炎属性/恐竜族/攻1200/守1000
このカードが「エヴォルド」と名のついたモンスターの効果によって特殊召喚された時、自分の墓地に存在する「エヴォルダー」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃宣言をする事ができない。

遊戯王/レア/Photon ShockwavePHSW-JP019 [R] : エヴォルダー・ウルカノドン

エヴォルダー・ウルカノドン》は墓地のエヴォルダーを蘇生する効果を持っていて、エヴォルダーを2体そろえてエクシーズ召喚するのが基本になっているわけですね」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「2の効果も「エヴォルカイザーの効果を活用できる使いやすい効果」だったりしますの(๑╹◡╹)」

戯王/ノーマル/エクストラパック 2012EP12-JP034 : エヴォルド・ナハシュ

また、最近では《エヴォルド・ナハシュ》を活用した動きもあってサイバース・ガジェットを召喚しつつリンク・ディサイブルのリリース効果を使い、ウルカノドンまで流れるように出すという手段もあります。

 

 

エヴォルデッキの回し方その2:エヴォルダー・ケラトやエヴォルド・カシネリアで相手を戦闘破壊!

効果モンスター
星4/炎属性/恐竜族/攻1900/守1400
このカードが「エヴォルド」と名のついたモンスターの効果によって特殊召喚に成功した時、このカードの攻撃力は200ポイントアップする。
その後、このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、自分のデッキから「エヴォルド」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

エヴォルド・カシネリア/Evoltile Casinerio

効果モンスター
星3/炎属性/爬虫類族/攻1600/守 400
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊したバトルフェイズ終了時、
このカードをリリースして発動できる。
デッキから恐竜族・炎属性・レベル6以下の同名モンスター2体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズ時にゲームから除外される。

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「まぁこれらの動きもそうなんですが、《エヴォルダー・ケラト》を出して相手を破壊するという懐かしい動きもあったりしますね。懐かしいエヴォルデッキでは戦闘破壊をすることでサーチ・展開ができるテーマでした。

 

 

故に自分のターンで相手のモンスターを破壊し、エヴォルダーを2体展開→その後エヴォルカイザーにエクシーズなんていう流れがあったわけですね。神の宣告に近い効果をもっている彼らを盤面にどうやって複数ならべれるかがカギという中では、カシネリアの効果は魅力的過ぎたわけです(´・ω・`)

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「現在ではフォースなどを採用したり、スケープゴートなどでモンスターを展開してサポートするなどで補完が可能。もっと言えばもったいないですけど月鏡の盾を装備しても同じようなことが可能になっていますね」

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「でも相手ターンで破壊しても恐竜族を除外するだけになっちゃうんだ・・・」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「あとは打点不足も問題ですね。

ただ・・・既存のエヴォルのデッキでは全体的に「攻撃力が乏しい」ということがネック。普段のエヴォルデッキだけでは打点が結構低くて2600以上の攻撃力が出てきたら中々戦闘では勝てないという流れがお約束でもあったりしました。

故に先行でエヴォルカイザーを出すって流れが強いんですけどね・・・(´・ω・`)特に昔でも『エヴォルだけで固定しても種族が違うので一族の結束を使えない』というデメリットも存在していたのは痛かったです。ケラトとかの効果を振り返ってみると当時からのインフレを感じますね」

エヴォルカイザー・ラギアや各種エクシーズモンスターを展開!

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
恐竜族レベル4モンスター×2
(1):このカードのX素材を2つ取り除き、以下の効果を発動できる。

  • 魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
  • 自分または相手がモンスターを召喚・特殊召喚する際に発動できる。それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

エヴォルカイザー・ソルデ/Evolzar Solda


エヴォルカイザー・ドルカ/Evolzar Dolkka

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/ドラゴン族/攻2300/守1700
恐竜族レベル4モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「まぁあとは各種エヴォルカイザーを出すのが基本的な流れ・・・ですが、このエヴォルカイザーの出し方も実は恐竜族だけの縛りなので様々なデッキから出すことができるんですよね。エヴォルも当時は注目されてはいたんですが、レスキューラビットという通常モンスターを2体出せるということでそちらが注目されていたりしました。

 

現状では恐竜族を出すのは比較的簡単にはなっており、《エヴォルダー・ウルカノドン》を新規から出したりすることで初動でも前よりかは簡単に出せるようになりました。『名称が違うものを2つ利用すること』や『手札・墓地に双方揃える必要がある』という面などはさておいて、サポートカードを使えるメリットを駆使して戦うのがベターなのでしょう(´・ω・`)

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「エヴォルドではレプティレス・ヒュドラを使用しておけば打点を克服できるようになっていますし、過去のエヴォルシリーズとも相性が良くなっていますの。

「あの・・・打点が足りないのですが(´・ω・`)」

「打点を0にするよ!!」

(๑╹◡╹)恐竜族のカードも化石調査を採用すればいいですし、ライジング・ランペイジからきちんと強化されてると実感できるカテゴリーですわね」

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「そうですよねぇぇぇぇ。なんかすごい調整された強化に思えますがエヴォルデッキというよりも全体的にエヴォルが強化されてるからこそ注目されたといっても良いかなと思います。デュエルリンクスみたいにバンバン動画で紹介される事を祈ってます!(´・ω・`)

エヴォルデッキ関連記事まとめ

《エヴォルド・メガキレラ》概要

www.tcg-bloglife.com

遊戯王に付けるサプライ・スリーブ等を安く購入したい人へ。

サプライ[単品] スターダスト・ドラゴン 特製デュエリストフィールド(プレイマット/ラバー製) 「遊戯王OCGデュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY DUELIST BOX」 同梱品

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「遊戯王で付けるサプライやプレイマットに関しては駿河屋の予約がお得です(´・ω・`)2019年や増税後も駿河屋での予約で『2割以上安く購入できる』チャンスが多いオススメのショップになりました。

サプライやプレイマットなど様々な商品が安く予約できる事に加えて、個人的には予約関連は駿河屋でよく行っています。また、遊戯王サークルなどの商品や様々なものも多いので、一度調べてみると良いと思いますよ!(´・ω・`)b」

予約・購入はこちら
遊戯王 最新情報遊戯王 高騰| 遊戯王 環境|デッキ集&解説集|