【遊戯王環境】まいログ:TCGデッキ当たりトップレア最新情報まとめ|遊戯王ブログ

遊戯王|デュエマ|ポケモン|ヴァイス|ユニオンアリーナ|ワンピースカードゲームなどの年間2400時間ゲームをプレイした実績も。wiki情報フラゲ・最新情報を扱う400万PVの遊戯王専門ゲームメディアサイト。当サイトではプロモーション・アフィリエイト広告を利用しています

f:id:hukusyunyu:20210905161249j:plain

遊戯王 最新情報高騰情報デッキ集&解説集遊戯王 環デュエマ 環境|ポケカ 環境MTG 環境

☆遊戯王くじの購入はこちら▽

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

ウォーロン紅晶の姿写しはある?今作はCPUキャラのコピーは可能?

「ウォーロン」における紅晶の姿写しはある?今作はCPUキャラのコピーは可能かを振り返り。形写しなどキャラコピーは簡単に出来るのかなど、現状の様々な所で炎上していたり民度や暴言などを危険視する声もチェックしつつ、ここではウォーロンで起きていた感想や評価。炎上したのかなど、神ゲーかクソゲーの評価問題点を振り返ります。

⇒素材の入手方法は?ウォーロンの素材入手方法は⇒こちら

ウォーロンボリュームと2週目クリア後のやりこみコンテンツは|多い?少ない?



内容等にネタバレが含まれる可能性もありますのでご了承ください。

 

ウォーロン紅晶の姿写しはある?

今作はCPUキャラのコピーは不可能

ウォーロンは武器も防具の形写しは存在している様ですが好感度を上げたとしても今のとこ武将とかになりきれる姿写しが見当たらない用になっています。今後のアップデート次第ではありますがゲームの今後の情報次第では何かしら新規内容を待ちたい所ですね(´・ω・`)

 

 

ストーリーだけで見ると普通位のボリューム

ウォーロンボリューム

ウォーロンボリューム

問題のストーリーだけすっ飛ばす方式の場合は30から40時間くらいなのでコンテンツの多さ的には少し足りないと感じる人も。レベル上げなどが前提なので副戦場は行く必要があり「そんなにうまく行く事はない」ゲーム。

体験版をやってると分かるように『呂布や一部クエストのイライラ』なども多く存在するゲームなので、ある程度進める必要がありますね。

 

クリア後のエンドコンテンツややり込み要素

ウォーロンボリュームと2週目クリア後のやりこみコンテンツは|多い?少ない?

ストーリークリア後には寄り道要素に難易度「昇竜への道」が追加され、星5装備が入手できるようになります。実際にこの装備が優秀というか『最強装備』の入手に繋がるのでここをやり込むのがこのゲームの醍醐味です。

副戦場からレベル上げを含めクリア後のやりこみ要素を楽しめる人であれば80時間以上遊べそうな印象。特に、レア装備があれば全然他のクエスト難度も変わってくるのも魅力。

 

 

 

 

大槌と五徳のおすすめ効果まとめ

五行 おすすめ度 説明
木徳 ★★★★★ 体力アップや攻撃で消える氣勢量が減少?
土徳 ★★★★ 装備重量上限や化勁で得る氣勢量がアップ
火徳 ★★★ 攻撃や武技で消費する量の変化
金徳 ★★ 高まった氣勢を維持できる時間や、仙術消費量
水徳 ★★ 化勁で消費する気勢量やヘイト管理

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「【木徳】は正直全振りは置いておいて多少はあげて損はないステ振り項目です。体力や敵からの攻撃で失う氣勢量に関係する五行です。

初心者向けのビルドでもPVPとかでも実際に重要で装備が重要とは言えども最低限のhpは欲しい所。特にアクションゲームが得意でも被弾して死なないようにしたいので入れておかないといけません。

敵からの攻撃で失う氣勢量が減少するので、攻撃が避けれない、パリィを失敗するリスクがある場合は優先。補正値が高い武器種は大槌(艦首刀)、剣(青銅剣)、棍(白木棒)なのでこれらの装備を付けたい人にはおすすめですね」

「土徳は装備をガッチリ固めたい人向けということで、重い防具を身に着けたい人にはぴったりの五行ね。防御系の仙術も豊富なのが売りだから1つの耐久力が売りになりそう」

5徳の注目ポイント

ウォーロン攻略 ステ振り

ウォーロンのビルドは5種類あるわけですが、実際に火徳は攻撃が得意な人向けということですが最低限は装備重量を上げる必要もありそう。

金徳は状態異常で攻めたい人向けな玄人向けで水徳はハイドなどステルスプレイをしたい人向けで移動などでのワザを覚えやすくなっています。死にゲーという扱いのゲームという意味では体力と防御が正義なのもあって、木と土はあげたいですね」

ウォーロン攻略 ステ振りおすすめ初心者情報まとめ


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

まいログのプロフィール