【遊戯王 最新情報】まいログ:TCGデッキ・予約情報まとめ|遊戯王ブログ

遊戯王やポケモンのwiki情報フラゲ・最新情報を追う300万PVの遊戯王専門ゲームメディアサイト|ゲームやポケモンなどの最新情報やもまとめ

【ポケモンSV ニンフィア】強い?弱い?対策や弱点など育成論を考察【進化条件やおすすめ性格など】

2022年に「ポケモンスカーレットバイオレット(ポケモンSV)」におけるニンフィアの育成論や固有技。種族値や対策など強いか弱いかを振り返ります。

ニンフィアの進化条件や入手方法、のここっちの覚える技や種族値を掲載しつつネットの声なども同時にまとめ。ポケモンSVニンフィアを入手育成する際の参考にどうぞ。ポケモンSVの環境で育成。進化条件などを知りたい人はこちら。

強い?弱い?対策や弱点などを考察【進化条件やおすすめ性格など】

ポケモン歴代グッズ特集

ポケモンSV評価 神ゲー クソゲー つまらない

ポケモンSVにおける、評価とレビューを掲載。実際にプレイした感想などの最新情報を随時紹介。ポケットモンスター 「スカーレット・バイオレット」が面白いのか気になる人は、ぜひ参考にしてください。

 

ポケモン最新作が怒涛のように発売されていきますが、今作も同じようにポケモンシリーズは大注目されています。

その中で炎上や小ネタなどの情報。ネットユーザーの評価などをまとめました。

 

ニンフィアの種族値や基本情報


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

基本情報とおすすめ技

HP 95
こうげき 65
ぼうぎょ 65
とくこう 110
とくぼう 130
すばやさ 60
総合値 525
ニンフィアはブイズの進化系列の一角であり、フェアリー担当。特殊系の受けに強く、耐久値はそれなりにある上しっかりドラゴン無効の効果も持っているメタポケモン。
今作では、フェアリースキンをそのまま保有しておりノーマルタイプがフェアリータイプになるので、ハイパーボイスからみがわり貫通。更にサイコキネシスを覚えるようになったの毒タイプへカウンターが仕掛けられるようになった点がポイント。
 

ニンフィアのおすすめ技構成

ニンフィアのおすすめ技は主にハイパーボイスや1撃が強い破壊光線。テラバーストによるタイプ補完が存在します。
メロメロボディは、フェアリースキンとの差別化にはなってますが接触攻撃を喰らうとほぼ1撃に近いダメージを喰らうので、物理メタとして考えるのは難しい。
現状だとフェアリースキンが優秀で、トレースの対策としても使いやすいのは魅力。
  • 持ち物:こだわりメガネ
  • 性格:ひかえめ
  • 努力値:H252 C252
  • 技:ハイパーボイス/サイコショック/シャドーボール//はかいこうせんなど
 

ニンフィアの対策弱点

ニンフィアは今作身代わりを貫通するハイパーボイスを持っている他、

の相手全体高火力一致技を使用できる。

対策としては鋼で大体のタイプ技が止まるという事。マジカルフレイムのわざマシンがないのでテラバーストのみの依存ゆえに鋼で炎が対策されていると止まってしまいます。テラスタルを意識して使ったとしても鋼に対しての有効打が無いです。

ただしテラスタルを使われると炎タイプに変化してしまうとカウンターされてしまう他、あくびや瞑想などの起点作りに使われたり、毒などは今回サイキネも持っているので、テラスタルを気にしつつ鋼で受けたいですね。


www.youtube.com


www.youtube.com

 

 

 

ポケモンSVとは

総合評価

90点
グラフィック ★★★☆☆
個人的期待 ★★★★★
ネットの評価 ★★★★☆
ゲーム発売日 2022年秋
価格

パッケージ版が6,578円(税込)

ダウンロード版が6,500円(税込)

注目点 ポケモン新規ゲーム!!

www.youtube.com

ポケモンシリーズを全て購入して遊んでる中の人2人目です(@netrain999)

ポケットモンスター 「スカーレット・バイオレット」の評価ポケモンSVの情報が色々と判明してますが、今作のポイントはオープンワールドという点。今までではポケモンレジェンズアルセウスのようなオープンワールドを主体にしたようなものという話の延長線上のものが多かったですが正式にそういったシステムを取ったものとして話題になりました。

元々ポケモンはジムバッジを取って殿堂入りというスタンスは変わらないもののゲーム性のメインがどう変化するのかは見ておきたい所です。

ポケモンSVの世界観も特徴

ポケモンの歴代人気としての注目度は非常に高いです。特に剣盾での売上は非常に多かったので今作も海外含めて100万本以上の売上があるのは間違いなさそう。オンラインバトル含めて楽しめる人は楽しめるかと思います。

ただ、ゲーム性において競技性が重視されてるのでオンライン対戦では勿論既存とおなじく『努力値や個体値の育成論』が重視されてしまうのは言うまでもありません。特にバトルの内容やオープンワールドとしての良さが欲しい所ですね。

 

南国っぽい季節感と共に始まる世界観ですが、実はモデルはスペインのようでスペインとか言えば闘牛のケンタロスが色々と暴れるような世界観を期待したい!

実際に特定してるゲームユーザーも多いようで、その流れも含めて楽しみにしてる方が多い印象でした。

 

ポケットモンスター 「スカーレット・バイオレット」は面白い?つまらない?

ポケモン最新作は面白いに決まってるだろ!ポケモンSVに期待するユーザーが多いのは事実です。

 

ただ、ポケモンSVのクソゲーな話や不評という点ではモデリングの部分がかなり浮彫になっていました。この点はダイパリメイクの際にもありましたが、相当問題視された課題の1つでした。ゲームシステム以前のモデリングやキャラデザはある意味では1つの特徴。

 

また、モデリングの使いまわしもスイッチハードなら可能なので『出来る限り出してほしい』という意見もあったり剣盾のグラフィック自体で既に不満がない印象です。元々ハードのスペックを加味するとそこまで運用出来る訳ではないので「現状リストラされるよりかはマシ」と言った風潮があるのかもしれません。

特にリストラ系列は『ゲーム制作の作業から見て難しい』話なので、switchでかつこれ以上のグラフィックの進化を問えないという問題も背景にあるのは覚えておきたい所。

【ポケモンSV 感想】主人公のモデリングに違和感を感じる理由

ポケモンSVのヒロインも少しモデリングが変更

特にヒロインのモデリングは結構注目されています。クオリティーを優先しないといけないという会社側の意向がありつつも剣盾ではそういった動きからリストラで炎上しましたが、今回はその流用でも十分に問題ないはずでそれ以上に環境バランスなどの修正が急務に近いのかもしれません。

www.tcg-bloglife.com

モデリングの特徴はリアル感に寄せてるので『違和感』を覚えるユーザーも多いはず。例えば、リアル感に寄せてると言えば主人公のデザイン。服はさておき、顔に大きな変化が起こっています。さて何処でしょうか。

 

ポケモンSV キャラ比較

ポケモンSV キャラ比較

 

答えは「目の大きさ」です。

このイラストで分かるように「目の面積が丸目で小さくなってる」ので、ゲーム的に表現する時でも難しいのかも。グラフィックやモデリングは昨今のクオリティで慣れてるユーザーが多く、リアル調で表現するには『PS5』よりなので難航してるような気がするなーと感じてしまう訳ですね。

トゥーンに近い感じでのフィールド感を持つ一方で、界隈ではポリコレに配慮したデザインと言われたりと昨今の情勢に逆らえない感じです。そもそもスロットマシーン排除の段階で世界的なものに寄せてる感じはしますけどね・・・

「実際にポケモンシリーズって感じを受けないのよね。でも歴代のポケモンで見ればドンドンとリアルになるゲーム業界に対しての答えな感じがするけど」

「デザイン自体は悪くないと思います。実際に違和感がないキャラもいますし、可愛いキャラも多いですから。ただ、モデリングとの兼ね合いではトゥーンやアニメチックなデザインにリアルが紛れ込んでるのがだと思います。

実際にポケモンの既存デザインの変更はないので『アニメのような違和感』がちゃんと問題なく混ぜれるかになってきそう。特にサンムーンアニメと合わせられるゲームなので何でもいけそうな気がしますけどね・・・。グラフィック自体は凄い良いのですが、switchなので海外等ではグラフィックの指摘が一部ありそうな予感です。

また、剣盾からグラフィックが変わったのかと言えばそうではなく「共存できそうなレベル」でもあるので、ゲーム性においてはそのまま流用したらいいのにって事もあるわけですね(´・ω・`)

ポケモンSV評価・感想まとめ!神ゲー&面白いorクソゲー?

ポケモンSV評価・感想まとめ!神ゲー&面白いorクソゲー?

例えばリアルよりな丸目になりつつも、ポケモンのデザインは目はそのまま。という点でどう変更していくかが注目されそうです。

ポケモンSVとみんなの家評価感想まとめ

ポケモンSVとみんなの面白い・楽しみな意見まとめ

https://twitter.com/Lets_GO_Flareon/status/1554132514964267011

 

【ポケモンSV 感想】まとめ

ポケモンSV(ヴァイオレット・スカーレッド)の感想としては面白そう。ただリストラが怖い。ついでに言えば対戦環境を楽しむという点での壁がどうなるのかが気になる所でした。やっぱり育成論は続くだろうし、ユーザーもそれを望んでる声が多いのは事実で、ゲームの売上と共に様々な発信者が楽しむだろうと思ってたりします。

 

昨今はポケモンに関しての賛否がつづくゲームが多かったりしました。ダイパリメイクはモデリングで文句を言われ、アルセウスもそうですけどユーザー数が多くなった分楽しめないユーザーも増えていってるのは事実です。

特にポケモンSVは剣盾系列のメインゲームカテゴリーなので、クオリティも上げていきたいはずですが、今後どういった流れになるのか注目していきます。