【遊戯王 最新情報】まいログ:TCGデッキ・予約情報まとめ|遊戯王ブログ

遊戯王やwiki情報フラゲ・最新情報を追う300万PVの遊戯王専門ゲームメディアサイト|ゲームやポケモンなどの最新情報やもまとめ

【ゲートルーラー】ドラゴン強化カード等が続々判明!|ハイレアリティパックも駿河屋等で予約開始!

 

>>トレカ【BOX】ゲートルーラー第5弾ブースター 叫べ、誓いを胸に [GB05]

 

 

トレカ【BOX】ゲートルーラー第5弾ブースター 叫べ、誓いを胸に [GB05]

 

 

トレカゲートルーラー ハイレアリティパック第5弾 叫べ、誓いを胸に [GB05] [1カートン]

 

さあ来ました、ドラゴン強化の目玉です。ドラゴンデッキは、「ドラゴンが特殊召喚された時の効果を使い回す」事もデッキの動きの魅力ですが、それを前提にした、

「手札に来たドラゴンを、特殊召喚させるサポートカード」と言えるでしょう。しかも当然、召喚権を消費しません!

自身がレベル1、と軽コストなのも偉くて、「ゲッシュ・剛勇の誓い」で3エナジーが使えるナイトだと、これとレベル2のドラゴンを通常召喚して、DRでドラゴンをもう一体展開、一気に盤面を埋め尽くすことも出来ます。そしてHP6の壁に!

しかし何より破格の能力は、「竜王崇拝」でしょう。通常のドラゴンならDR6掛かる所を、たったのDR3でレベル3のドラゴンロードを召喚できます。

レジェンドのドロゴンロードは勿論、「アルヴァフォルト」「ゾルター」「デトネイザー」……夢が広がります。渋い所では、「轟翼のベルガスター」なども面白そう!

個人的には「ゲツシュ・剛勇の誓い」で毎ターン3エナジーを使って大型ドラゴンを展開するドラゴンデッキは非常に強いのではないかと思っています。カウンターが少ないという弱点はありますが、そもそもデカいユニットで守れるので、ダメージを受けにくい事で弱点は相殺できます。更に攻撃力も高いので、「こっちが死ぬ前に相手をぶっ倒す」という考え方もできるのではないでしょうか?

パー券売りつけてくるドラゴンです。(フレーバーテキストより)

冗談はさておき、レベル0にしてHP6!限定条件ではありますが、破格の防御カードと言えるでしょう。

テストプレイでは、「横のドラゴンがデカいから放っておいて、真ん中を突破しようとしたら……フェアリー・ドラゴンが異常に固くて強かった」という意見がありました。【TD】【OD】もドラゴンデッキでは有効な能力で、今後ドラゴンをテーマにしたデッキでは常連になると思われます。

もともとドラゴンデッキでは、「出てくるユニットの多くが主力アタッカーを張れるユニット」なので、防御にユニットを置くのがもったいなく感じられたものです。
しかしコイツは最初から防御専門。迷いなく守備ゾーンに置くことが出来ます。

また今回、「ワルプ・ドラゴン」と合わせてレベル0のドラゴンが増えたことで、すべての色を使って「ドラゴン」だけでデッキを組む「ヴァンキッシャー」や「センチュリオン」のドラゴンデッキが組みやすくなったことは、ぜひ覚えておきたいトピックです!

(イラスト作家名は「佐久間さのすけ」様となります。製品版では修正されます。申し訳ございません。)

プロモーションカードとして配布されているカードですが、先行配布なので、第5弾でもちゃんと収録されます。

手札系ドラゴンデッキでは必須とも言える強力なカード。一度使って見るだけで、その便利さを実感しますね。

ポーランド、ヴァヴェル城に実在するブロンズのドラゴン。ドラゴンであると同時にOWLのメンバーです。

【OD】を持っているので、アプレンティス系のデッキにしか入らない……と思いきや、特殊召喚された時にも効果を発動するので、「バタフライ・エフェクト」や【創生召喚】の選択肢になります。つまり、「レベル2の鉑竜王 アルバフォルト」だと考えると、出番がかなり高いユニットと言えるでしょう。

そもそも常に【貫通】を持っているので、単なるATK4の貫通持ち、と考えるだけで優秀です。属性も非常に優秀で、様々なデッキの中堅アタッカーとして選択肢に入る、「玄人好みのカード」になりそうですね。

一応ご説明しておくと、ATK+2する効果は「ターン1」が付いていないので、コイツの攻撃力はDRが続く限り上昇します!DR9払えばATK10に達し、現在のゲートルーラーにおいて倒せないユニットはいなくなります!イカス!

ゲートルーラー第5弾は全国のTCGショップ、及び様々な通販サイトで予約受付中です!
メーカー受注締め切りは10月中旬ですので、お早めにご予約下さい。

また、BOXのパック入り数は4弾の半分程度になっていますので、買い足りない事のないようにお気をつけ下さい!
(従来は1BOXに36パックでしたが、5弾は16パック入りとなっています。)