【遊戯王 最新情報】まいログ:遊戯王,TCGやトレンド情報まとめ

遊戯王TCGと、「遊戯王 最新情報」(速報,フラゲ,リーク)の最新情報を扱う遊戯王ブログ&ゲームやトレンドを追うTCG歴22年の個人ブログ初の大型キャラサイトです

【遊戯王 ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース 3箱デッキ】改造,評価内容| 回し方,相性の良いカードも紹介&考察!

2021年6月24日発売の【ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキレシピ,改造,評価内容| 回し方,相性の良いカードも紹介&考察!

【オーバーレイ・ユニバース】の3箱デッキや改造に重要なカード。デッキレシピに加えて回し方や相性の良いカードなどを紹介・まとめていきます。

【ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース 3箱デッキ】改造,評価内容| 回し方,相性の良いカードも紹介&考察!

【ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース 3箱デッキ】改造,評価内容| 回し方,相性の良いカードも紹介&考察!

 「オーバーレイ・ユニバース」は、2021年6月26日(土)に発売される、人気テーマ「オーバーレイ」をコンセプトに作成され、強化されたストラクチャーデッキです。今回はそんな【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】の3箱デッキについて考察紹介し、改造した際に欲しいカードなどをまとめました。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain遊戯王環境考察記事です。20年間TCGに触れたユーザーが紹介する今回の環境デッキカテゴリーはホープを含めて登場したナンバーズデッキです!

 デッキ オーバーレイ・ユニバース
アーキタイプ ビートダウン
特徴1

闇・光属性

特徴2

ストラクチャーテーマ化 
特徴3 安くて強い・3箱シリーズ 

 

 

「ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース」とは

www.youtube.com

【オーバーレイ・ユニバース】はストラクチャーデッキでホープやガガガなどをメインとした構築の上で登場した「構築済みデッキ」です。

「今回の【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】はかなり注目されてるぞ!ってことで今回は【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】に関しての話をしていこうかなと思います。

今作のストラクチャーデッキは「シャークとかカイトのギャラクシーなどナンバーズを全体に詰め込んだデッキ」になっていて、ヌメロン・ヌメロニアスに遂になってのゼアルをふんだんに詰め込んだデッキになっています。

☆ヌメロンに関してはこちら。

www.tcg-bloglife.com

f:id:hukusyunyu:20200302025117p:plain

(。・ω・。)今回はホープ・ドラグナーを起点にしたコンセプトデッキが特徴なんだけど、ナンバーズを出すという所に終着しているのが特徴ね。

ヌメロン自身も出せるけど、今作はホープを作りたい人にとってはアリだと思うし、ゼアルウェポンも含めて「構築を色々と変えれる」のも大きな要素になっているわよ」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「そうなんですよね。収録カード的に見ればガガガを主体にした遊馬デッキなんですよ。ただコンセプトでゼアルウェポンを採用するかどうかなど「色々と遊びやすい」のが特徴になってる訳ですね(´・ω・`)

www.tcg-bloglife.com

f:id:hukusyunyu:20200302030134p:plain

「(๑╹◡╹)現状で踏まえて考えると『ホープ関連のカードを採用する』事が【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】での3箱デッキになりますけど、それ以外の構築も狙う事が出来るのがポイントですわね」

「ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース」3箱デッキ+αレシピ

【ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキレシピの内容です。

「ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース」3箱デッキレシピ

「ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース」3箱デッキレシピ

f:id:hukusyunyu:20180321021345p:plain「公式で出てた!みたいな内容のデッキレシピですが実際はホープドラグナー+タイタニックを添えた妨害布陣を作るのが特徴のデッキです。相手ターンにエクシーズ召喚が出来るコンセプトをそのままにゼアルウェポンでの展開を狙うのが特徴になっています(´・ω・`)

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「ZWデッキはなんといっても今作の強化で「安定した」回し方が出来るようになったのがポイント。ZS-武装賢者(ゼアル・サーバス アームズ・セージ)などレベル4エクシーズなどがしやすくなっているので基本はホープが出せるコンセプトに加えて盤面を作る様な流れが必要です。

環境トップのような動きというよりかはアニメに近い動きと言ったほうが正しいかもしれません。攻守上昇は勿論、誘発のような無効化が出来る動きもあるので「ZW-獣王獅子武装」のような感じのアドバンテージを稼いでいくのが特徴となりました。

全てのゼアルウェポンを採用するのは不可能で実際は数枚のZWを添えて、その上でレベル4モンスターで補強する感じ。

 

遊戯王/ウルトラレア/コスモ・ブレイザーCBLZ-JP047[UR]:ZW-獣王獅子武装

それこそ復帰勢の人からすると懐かしい動きが主軸になっており、ZWは昔のものを装備する事で戦闘耐性や破壊耐性を付与したまま展開して攻める事が出来るので初心者におすすめかも?(´・ω・`)上記のデッキではとりあえずZWを前提としていますが難しい場合はガガガ+シスターでのお手軽ランク4⇒ホープダブル⇒サポートでのドラグナー+タイタニックという布陣を立てる方が安定性もありそう。

www.tcg-bloglife.com

【ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキ評価

【ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキ概要・評価

評価 ★★★★★
作成コストの目安 1~2万『相場は普通』
扱いやすさ ★★★★☆

 

f:id:hukusyunyu:20180321021209p:plain「【ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース】の3箱デッキでは非常に有用な再録カードも多いです。

今作では増殖するGの採用が前提としても色々と構築が悩みどころですが、基本はガガガやゼアルウェポンなどを採用した構築が前提になるかと思います。

回し方としてはとりあえず《No.99 希望皇ホープドラグナー》を出してエクシーズ召喚扱いでエクシーズモンスターを展開しまくるだけ。

実際にはプレイングとかあれど「ランク4からホープダブル」でそのままドラグナーみたいな流れですね(´・ω・`)そう考えると物凄い楽なデッキに見えるのは内緒。
ランク12/光属性/戦士族/攻3000/守3000
レベル12モンスター×3体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

  • (1):自分・相手ターンに、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。「No.1」~「No.100」のいずれかの「No.」モンスター1体をX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。この効果を発動するターン、自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できず、このカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。
  • (2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。その相手モンスターの攻撃力を0にする。

《No.99 希望皇ホープドラグナー》:ナンバーズをエクシーズ召喚扱いで展開できる切り札カード!

《No.99 希望皇ホープドラグナー》:ナンバーズをエクシーズ召喚扱いで展開できる切り札カード!

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「↑←↑ってここでは毎回紹介しますが、ホープデッキのような運用方法も含めて考えると実は結構この【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】自体のコンセプトはアリなのかもしれません。

ただ、問題は圧倒的にナンバーズの収録が少ない事。特に「No.97 龍影神ドラッグラビオン」などを含めると異様なレベルで足りないです。えげつないほど量がないのでこれを買いそろえるので大変でした(´・ω・`)

購入はこちら!★遊戯王/コレクターズレア/コレクターズパック2019-革命の決闘者編-CP19-JP033[コレクターズレア]:No.97 龍影神ドラッグラビオン

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「まぁコンセプトとか考えると収録カードで大体は揃うんだけどね…」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain

【オーバーレイ・ユニバース 3箱】ストラクチャーデッキオーバーレイ・ユニバース3箱デッキの回し方・動かし方展開など

【オーバーレイ・ユニバース 3箱】ストラクチャーデッキオーバーレイ・ユニバース3箱デッキの回し方・動かし方展開など

基本的な動きは下記により紹介しておりますので参考にどうぞ。

 

ドラグニティ・ドライブ3箱「【オーバーレイ・ユニバース】デッキの大きな特徴を活かし3箱で組もうとすると

【オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキ回し方その1《No.99 希望皇ホープドラグナー》を盤面に出してエクシーズラッシュ!

《No.99 希望皇ホープドラグナー》 エクシーズ・効果モンスター
ランク12/光属性/戦士族/攻3000/守3000
レベル12モンスター×3体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

  • (1):自分・相手ターンに、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。「No.1」~「No.100」のいずれかの「No.」モンスター1体をX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。この効果を発動するターン、自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できず、このカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。
  • (2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。その相手モンスターの攻撃力を0にする。

《No.99 希望皇ホープドラグナー》:ナンバーズをエクシーズ召喚扱いで展開できる切り札カード!

《No.99 希望皇ホープドラグナー》:ナンバーズをエクシーズ召喚扱いで展開できる切り札カード!

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「↑←↑でお馴染みのドラグナーさん。

【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】3箱デッキでは必須の切り札カードです。相手ターンにナンバーズのモンスターをエクシーズ召喚の扱いで特殊召喚できる効果と攻撃力を0にするリンクリボー的な効果を持っています。

ナンバーズ関連を特殊召喚する効果は《No.78ナンバーズ・アーカイブ》などで補完されていますが、これを自分の出したいカードで出せるという風にシフトしているって感じですね。

効果もエクシーズモンスターの効果が主体になっているので「ナンバーズを使う」という【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】のコンセプトとして合致してる感じがしました。

遊戯王/ノーマルレア/コレクターズパック-閃光の決闘者編-CPF1-JP026[NR]:No.78ナンバーズ・アーカイブ

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「まず正規召喚はほぼ無理だから違うカードをなどが重要になりそうね。色々と方法はあるけど《No.39 希望皇ホープ・ダブル》や《HRUM-ユートピア・フォース》などで特殊召喚する事が前提になるわ。

手札コストも含めて考えるとドラグナーを出す事が優位になるかも考える必要性があるわよ(。・ω・。)

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「現状をザっと振り返って見ても分かる様に任意でナンバーズを出せる強みをどう考えるかって所に終着しそうですね。

【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】の回し方としてはエクシーズ召喚した《No.39 希望皇ホープ》から《CNo.39 希望皇ホープレイ》《SNo.39 希望皇ホープONE》⇒《HRUM-ユートピア・フォース》を使う事が一番早い手段になるのかと思います。

他にも相手ターンにフリーチェーンで出せるようなコンセプトなので「妨害布陣」というよりかはエクストラデッキの意外性で勝負するというのも手。

エクシーズ素材が補充できない状況でも、相手フィールドに複数の攻撃表示モンスターが存在するならば《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》を出すことで6000のダメージを与えられる。

このモンスターを《No.39 希望皇ホープ・ダブル》で出しているのならば合計9000ダメージとなり、1ターンキルが成立する。

と非常に綺麗に倒しきることが可能になっていて、構築的にも非常に似通っているのですがこれもかなり優秀。

とりあえず先行制圧では《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》を展開する事で盤面を整えて、ホープドラグナーを残すのが前提になりそうですね」

【オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキ《ゼアル・フィールド》:チェーン不可+素材を増やせるフィールド魔法!

《ゼアル・フィールド》 フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

  • (1):自分フィールドのXモンスターを対象とする、自分のカードの効果の発動に対して、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
  • (2):自分フィールドにXモンスターが特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。自分のEXデッキ・墓地からXモンスター1体を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
  • (3):自分ドローフェイズのドロー前に発動できる。デッキから「シャイニング・ドロー」1枚を選んでデッキの一番上に置く。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「テキストが多いですが、シャイニングドローをトップに置ける効果とエクシーズモンスターが効果でチェーンされない&特殊召喚時にエクシーズモンスターをexデッキから追加するよって効果を持っています。

ドローフェイズのデッキトップ効果は置いておいてエクシーズ素材を増やすというポイントが優秀で、ドラグナーの効果発揮のための素材を増やしてくれる感じになってくれるサポートカードでした。因みにチェーン不可なので『上記のタイタニックの妨害』に更にチェーンを打てないという強みもあるので、妨害系カードに対して刺さるカードとも言えます。

特にこのカードが《No.86 H-C ロンゴミアント》等のエクシーズ素材数を増やすとかを考えると今後悪用されそうな気もするんですよね・・・」

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「解決するカード先が大分固定化されているのも大きな面ね。このカードを使用する時は出来る限り【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】の構築で必須になるわ」

【オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキ《運命の契約》:皇の鍵カウンターでホープを特殊召喚して素材に!

《運命の契約》 永続罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される度に、
このカードに皇の鍵カウンターを1つ置く(最大1つまで)。
(2):相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚した場合、
このカードの皇の鍵カウンターを1つ取り除いて発動できる。
手札・デッキ及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「運命の扉」1枚を墓地へ送り、EXデッキから光属性の「ホープ」Xモンスター1体をX召喚扱いとして特殊召喚し、
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

《運命の契約》:皇の鍵カウンターでホープを特殊召喚して素材に!

《運命の契約》:皇の鍵カウンターでホープを特殊召喚して素材に!

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「運命の契約の効果はカウンターを取り除く事で運命の扉を墓地へ送ってホープモンスターをエクシーズ召喚として特殊召喚する効果を持っています。

【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】デッキの一番怖い所は「本来動きたいカードを採用したいけど他のカードも入れないとダメ」という事。このカードもホープを出せる有効札になるんですが、このせいで採用を見送りたいって感じになるわけで(´・ω・`)

遊戯王/ノーマル/ネクスト・チャレンジャーズNECH-JP086[N]:運命の扉

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「皇の鍵カウンターを乗せるのが戦闘をこなす事になるので、永続罠との相性が悪い感じになってしまいマスの。他にもつり天井や激流葬などの罠などを活かすデメリットが強い感じですわね。

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「問題は永続罠の遅さがある事ですね。カジュアルな採用であればアリかなという印象でした。

【オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキ《ナンバーズ・プロテクト》:魔法罠を無効にして破壊!

《ナンバーズ・プロテクト》 カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「No.」Xモンスターが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドの「No.」Xモンスターが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「待望のナンバーズモンスターデッキの有用魔法罠カードですね魔法罠の対策含めて「墓地からセットして再利用させる」ような動きも出来たりするのがポイント。魔法罠を実質2回も止めれるお得性能なのですが「ナンバーズモンスター」がいる事前提なので、壊獣などのリリース系カードには注意が必要でしょう。

恐らく、ナンバーズに関しては先行制圧で《No.99 希望皇ホープドラグナー》や《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》などを駆使する事で魔法罠を実質止めれる回数が増える事を活かした戦術なのかと思います。

 

遊戯王/ノーマル/SPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY EDITION Vol.519SP-JP506[N]:No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「タイタニック・ギャラクシーなどの専用カードを前提として採用していけば今回のデッキ構築も大分楽になる感じね。

今回だと複数採用をするとしても墓地からセットする事を加味して1・2枚入れる事で魔法罠を妨害出来るのは強いかも。ライトニングストームとかを防げると考えればホープなどで入れてても邪魔にならないじゃないの?(。・ω・。)」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「何が優秀って「No.」Xモンスターが存在しってことで【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】以外で考えても意外と採用可能な面が強いのが売りですね。最終的に魔法罠だけの出張まであり得るレベルで、このカードがある事でホープダブルなどの中盤でのトドメ打点をそのまま通せたりする可能性も増えました。

また、モンスター効果でないすり抜けも狙えるので、コントロール奪取+アーゼウスのようなメタで魔法罠を防げるという考え方が出来るようになるのは嬉しい所。罠型系のデッキではメタが完全に刺さるかはアレですが十分に強い制圧カード化と思います。

【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】では増殖するG含めて「妨害布陣の1枚」として採用したいですね。 

【オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキ《ZS-希望賢者》:ZWモンスターを特殊召喚&破壊耐性も!

《ZS-希望賢者》 エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2000/守2500
レベル4モンスター×2
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
デッキから「ZW」モンスターまたは「ZS」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できず、「No.」モンスターでしか攻撃できない。
(2):「ZS-希望賢者」を除く自分フィールドの元々の属性が光属性の「ホープ」Xモンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにフィールド・墓地のこのカードを除外できる。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「エクシーズモンスターのゼアルウェポンに近いカードですが、(1)のZS・ZW1体のリクルート効果で展開する事で簡単に《ZW-玄武絶対聖盾》《ZW-天馬双翼剣》などを展開できるのですが、ホープを他に出さないといけない点がデメリット。

ランク5を狙う為に簡易融合などを使ったりしてランク4+ランク5を立てるという動きも出来ますが、理想は希望皇ホープも同時に出せることかなと思います。

また墓地にいる場合、ホープの破壊を肩代わりできるので、《ゼアル・フィールド》の効果でエクシーズ素材にする方が効率的」

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「使い方が豪快である事が前提なのと、このカードを採用するとZWを採用する事が前提になるからゼアルウェポンデッキ風になるのよね。

ガガガなどを採用したタイプで考えるのなら「フィールド魔法から素材にしてしまう」方を選ぶ方がいいのかも?」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「問題は【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】で考えた場合収録カードで他のゼアルウェポンなどが収録補完されているのかどうかという部分ですの。ゼアル・サーバスのサーチZSの場合はゼアルウェポンデッキの方向性になるので別途購入しないといけなくなる可能性はありますわね。

【オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキ《HRUM-ユートピア・フォース》:ホープを重ねて出せる専用ランクアップマジック!

《HRUM-ユートピア・フォース》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのランク9以下の「希望皇ホープ」Xモンスター1体を対象として発動できる。ランク10以上の「ホープ」Xモンスター1体を、
対象の自分のXモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、ランク10以上の「ホープ」Xモンスターの効果でXモンスターが特殊召喚された場合、その特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain「ホープデッキでは

  1. 《No.93 希望皇ホープ・カイザー》
  2. 《No.99 希望皇ホープドラグナー》
  3. 《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》
  4. No.XX インフィニティ・ダークホープ

にエクシーズ召喚が可能になる魔法カード。ロマン砲に加えて展開も容易になっている事も大きく、ドラグーンやカイザーなど「他に色々と出せる」のが強み。

墓地にあれば素材になるし有用ではあるものの「」

遊戯王/ウルトラレア/プレミアムパック201919PP-JP014[UR]:No.XX インフィニティ・ダークホープ

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「まさかの《No.XX インフィニティ・ダークホープ》などのカードまで出せてしまうカードね。今回の【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】での構想ではドラグナーを出すためのカードって感じになってるわ。

ホープダブルからの展開以外からも出せるようになるってのが前提になってるから、今回の場合だと、《No.99 希望皇ホープドラグナー》をエクストラデッキから効果が使える状態で出せるカードになってるわよ」

【オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキの再録カードたち

【オーバーレイ・ユニバース】のパーツでは主にホープデッキの再録カードも豊富に入ってるので困る事は無さそうです。

《希望皇オノマトピア》 

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1500/守1500
このカード名はルール上「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」カードとしても扱う。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札から「希望皇オノマトピア」以外の以下のモンスターをそれぞれ1体まで守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
●「ズババ」モンスター
●「ガガガ」モンスター
●「ゴゴゴ」モンスター
●「ドドド」モンスター

《ズババナイト》

《ズババナイト/Zubaba Knight》 効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1600/守 900
(1):このカードが表側守備表示のモンスターを攻撃するダメージステップ開始時に発動する。そのモンスターを破壊する。

《ガガガマジシャン》

《ガガガマジシャン/Gagaga Magician》 効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1000
このカードはS素材にできない。
(1):「ガガガマジシャン」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):1ターンに1度、1~8までの任意のレベルを宣言して発動できる。
このカードのレベルはターン終了時まで宣言したレベルになる。

 

《ガガガガール》

《ガガガガール/Gagaga Girl》 効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1000/守 800
(1):自分フィールドの「ガガガマジシャン」1体を対象として発動できる。
このカードのレベルはそのモンスターと同じになる。
(2):このカードを含む「ガガガ」モンスターのみを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した時、相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力を0にする。

《ガガガクラーク》

《ガガガクラーク/Gagaga Clerk》 効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 400/守 800
(1):自分フィールドに「ガガガクラーク」以外の「ガガガ」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

 

《ガガガシスター》

《ガガガシスター/Gagaga Sister》 効果モンスター
星2/闇属性/魔法使い族/攻 200/守 800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「ガガガ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカード以外の自分フィールドの「ガガガ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードは、ターン終了時までその2体のレベルを合計したレベルになる。

 

《ゴゴゴゴーレム》

《ゴゴゴゴーレム/Gogogo Golem》 効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1800/守1500
(1):守備表示のこのカードは、1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

 

《ズバババンチョー-GC》

《ズバババンチョー-GC/Zubababancho Gagagacoat》 効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在し、
自分フィールドに「ズバババンチョー-GC」以外の、
「ズババ」モンスターまたは「ガガガ」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):自分の墓地の、「ゴゴゴ」モンスターまたは「ドドド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

《ドドドドワーフ-GG》

《ドドドドワーフ-GG/Dodododwarf Gogogoglove》 効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻 0/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札から「ズババ」モンスターまたは「ガガガ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、
自分フィールドに「ドドドドワーフ-GG」以外の、
「ゴゴゴ」モンスターまたは「ドドド」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

《ZW-雷神猛虎剣》

効果モンスター
星5/光属性/獣族/攻1200/守2000
(1):「ZW-雷神猛虎剣」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのカードを攻撃力1200アップの装備カード扱いとしてその自分の「希望皇ホープ」モンスターに装備する。
(3):このカードが装備されている場合、
自分フィールドの「ZW」カードは相手の効果では破壊されない。
(4):装備モンスターが効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

《ZW-風神雲龍剣》

効果モンスター
星5/風属性/ドラゴン族/攻1300/守1800
(1):「ZW-風神雲龍剣」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのカードを攻撃力1300アップの装備カード扱いとしてその自分の「希望皇ホープ」モンスターに装備する。
(3):このカードが装備されている場合、
相手は装備モンスターを効果の対象にできない。
(4):装備モンスターが戦闘で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

《ZW-阿修羅副腕》

効果モンスター
星4/炎属性/天使族/攻1000/守1000
(1):「ZW-阿修羅副腕」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのカードを攻撃力1000アップの装備カード扱いとしてその自分の「希望皇ホープ」モンスターに装備する。
(3):このカードが装備されている場合、
装備モンスターは相手フィールドの全てのモンスターに1回ずつ攻撃できる。

《スカル・マイスター》

《スカル・マイスター/Skull Meister》 効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 400
(1):相手の墓地で魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にする。

《カゲトカゲ》

《カゲトカゲ/Kagetokage》 特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/爬虫類族/攻1100/守1500
このカードは通常召喚できず、このカードの効果で特殊召喚できる。
このカードはS素材にできない。
(1):自分がレベル4モンスターの召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

《増殖するG》

《増殖するG》効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

《ゼアル・フィールド》

《ゼアル・フィールド》 フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのXモンスターを対象とする、自分のカードの効果の発動に対して、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):自分フィールドにXモンスターが特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。自分のEXデッキ・墓地からXモンスター1体を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
(3):自分ドローフェイズのドロー前に発動できる。デッキから「シャイニング・ドロー」1枚を選んでデッキの一番上に置く。

《シャイニング・ドロー》

《シャイニング・ドロー/Shining Draw》 通常魔法
(1):自分ドローフェイズに通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、
そのターンのメインフェイズ1に、自分フィールドの「希望皇ホープ」Xモンスター1体を対象として、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキ・EXデッキからカード名が異なる「ZW」モンスターを任意の数だけ選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
●対象の自分のモンスターとカード名が異なる「希望皇ホープ」Xモンスター1体を、
そのモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

《エクシーズ・オーバーディレイ》

《エクシーズ・オーバーディレイ/Xyz Encore》 速攻魔法
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):相手フィールドのX素材を持ったXモンスター1体を対象として発動できる。
対象のモンスターのX素材を全て取り除き、対象のモンスターを持ち主のエクストラデッキに戻す。その後、取り除いたX素材の中にモンスターカードがあった場合、そのモンスターを墓地から可能な限り相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは1つ下がる。

《オノマト連携》

《オノマト連携/Onomatopaira》 通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚墓地へ送って発動できる。デッキから以下のモンスターの内1体ずつ、合計2体までを手札に加える。
●「ズババ」モンスター
●「ガガガ」モンスター
●「ゴゴゴ」モンスター
●「ドドド」モンスター

《オノマト選択》

《オノマト選択/Onomatopickup》 永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「オノマト選択」以外の「オノマト」カード1枚を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドの「ズババ」、「ガガガ」、「ゴゴゴ」、「ドドド」モンスターの内、いずれか1体を対象として発動できる。自分フィールドの全てのモンスターのレベルはターン終了時まで対象のモンスターと同じレベルになる。

《ガガガ学園の緊急連絡網》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はX召喚以外の特殊召喚ができない。
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に発動できる。デッキから「ガガガ」モンスター1体を特殊召喚する。

《ダブル・アップ・チャンス》

《ダブル・アップ・チャンス/Double or Nothing!》 速攻魔法
(1):モンスターの攻撃が無効になった時、そのモンスター1体を対象として発動できる。このバトルフェイズ中、そのモンスターはもう1度だけ攻撃できる。
この効果でそのモンスターが攻撃するダメージステップの間、そのモンスターの攻撃力は倍になる

《希望の記憶》

《希望の記憶/Memories of Hope》 通常魔法(準制限カード)
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「No.」Xモンスターの種類の数だけ、自分はデッキからドローする。

《死者蘇生》

通常魔法(制限カード)
(1):自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

《増援》

《増援/Reinforcement of the Army》 通常魔法(制限カード)
(1):デッキからレベル4以下の戦士族モンスター1体を手札に加える。

《月の書》

《月の書/Book of Moon》 速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。

《運命の契約》

《運命の契約》永続罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される度に、このカードに皇の鍵カウンターを1つ置く(最大1つまで)。
(2):相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚した場合、このカードの皇の鍵カウンターを1つ取り除いて発動できる。手札・デッキ及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「運命の扉」1枚を墓地へ送り、EXデッキから光属性の「ホープ」Xモンスター1体をX召喚扱いとして特殊召喚し、このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

 

《ナンバーズ・プロテクト》

《ナンバーズ・プロテクト》 カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「No.」Xモンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドの「No.」Xモンスターが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

《運命の扉》

《運命の扉/The Door of Destiny》 永続罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時にこのカードを発動できる。
その攻撃を無効にする。その後、このカードは効果モンスター(悪魔族・光・星1・攻/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する。このカードは罠カードとしても扱う。
(2):このカードの効果でこのカードが特殊召喚されている場合、自分スタンバイフェイズに自分の墓地の「希望皇ホープ」モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。(同名カードは1枚まで)。除外した数×500ポイントダメージを相手に与え、このカードの攻撃力はそのダメージの数値分アップする。

《マスター・ピース》

《マスター・ピース/Halfway to Forever》 通常罠
(1):自分の墓地のモンスター2体を対象として発動できる。そのモンスター2体を効果を無効にして特殊召喚し、その2体のみを素材として光属性の「ホープ」Xモンスター1体をX召喚する。

《かっとビング・チャレンジ》

《かっとビング・チャレンジ/Hi-Five the Sky》 通常罠
(1):自分バトルフェイズに、このターン攻撃を行ったXモンスター1体を対象として発動できる。このバトルフェイズ中そのモンスターはもう1度だけ攻撃できる。
この効果でそのモンスターが攻撃する場合、ダメージステップ終了時まで相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》

 《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》エクシーズ・効果モンスター
ランク10/光属性/ドラゴン族/攻4000/守2000
レベル10モンスター×3
このカードは手札の「RUM」魔法カード1枚を捨て、
自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):1ターンに1度、自分の墓地の「No.」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードを対象とするモンスターの効果が発動した時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 《No.32 海咬龍シャーク・ドレイク》

 《No.32 海咬龍シャーク・ドレイク》エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻2800/守2100
レベル4モンスター×3
(1):1ターンに1度、このカードの攻撃で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
そのモンスターを相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は1000ダウンする。
この効果で特殊召喚した場合、このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

 

 《No.62 銀河眼の光子竜皇》

 《No.62 銀河眼の光子竜皇》エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻4000/守3000
レベル8モンスター×2
(1):このカードが戦闘を行うダメージ計算時に1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、フィールドのXモンスターのランクの合計×200アップする。
(2):「銀河眼の光子竜」をX素材として持っていないこのカードが相手に与える戦闘ダメージは半分になる。
(3):「銀河眼の光子竜」をX素材として持っているこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。発動後2回目の自分スタンバイフェイズにこのカードの攻撃力を倍にして特殊召喚する。

 《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》

《エクシーズ・チェンジ・タクティクス/Xyz Change Tactics》 永続魔法
(1):「エクシーズ・チェンジ・タクティクス」は
自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドに「希望皇ホープ」モンスターがX召喚された時、
500LPを払って発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 《グローリアス・ナンバーズ》

《グローリアス・ナンバーズ/Glorious Numbers》 通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分の墓地の「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。
手札1枚をそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

 

 

 

【オーバーレイ・ユニバース】改造,採用したいカード

 【オーバーレイ・ユニバース】改造,採用したいカード《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》

《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
レベル8モンスター×2
(1):1ターンに1度、魔法カードの効果がフィールドで発動した時に発動できる。
その効果を無効にし、フィールドのそのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):相手の攻撃宣言時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
攻撃対象をこのカードに移し替えてダメージ計算を行う。
(3):自分フィールドの他のXモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は、破壊されたそのモンスター1体の元々の攻撃力分アップする。

遊戯王/ノーマル/SPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY EDITION Vol.519SP-JP506[N]:No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー

(´・ω・`)「ホープドラグナーから展開できるカードの1枚として注目されている《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》。相場も少しずつ上がっているようです。先行制圧ではどうしても重要なカードなので欲しい人はお早めに! 

 【オーバーレイ・ユニバース】改造,採用したいカード《CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア》

《CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア》エクシーズ・効果モンスター

ランク10/光属性/機械族/攻3600/守3200 レベル10モンスター×3

  • (1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカードのX素材の数×300ダメージを相手に与える。
  • (2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
  • (3):このカードが「No.9 天蓋星ダイソン・スフィア」をX素材としている場合、以下の効果を得る。

1ターンに1度、このカードのX素材を任意の数だけ取り除いて発動できる。
取り除いた数×800ダメージを相手に与える。

遊戯王/N/プレミアムパック16PP16-JP013[N]:CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「自力でエクシーズ素材を補充できるカードの1枚。ダイソンがエクシーズ素材無しに呼び出せることから注目されてるのがポイントですね。

ダイソン系列も打点が高いしやれることは多い。更にメリットが豊富ってのも良いですね。ただダイソン・スフィアの下に素材を置くのが難しいのでフィールド魔法などのケアが必須っぽそうです。ある意味ロマン砲として考えるといいかも?」

 【オーバーレイ・ユニバース】改造,採用したいカード《No.41 泥睡魔獣バグースカ》

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「ホープドラグナーを展開する際に守備表示で出せばそのターンの相手の動きを封じられる有用カードね。エクシーズ素材を補充する必要はあるが、エンドフェイズまでいれれば問題ないカードだからシナジーがしっかりあるカードだと思うわ。

特にランク4を出す【ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-】の構築ではランク4が出しやすいのが追い風になってるわね(。・ω・。)」

 【オーバーレイ・ユニバース】改造,採用したいカード《No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon》

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「エンドフェイズ時に出す事で相手フィールドを一掃するコンボで使えるカードですの。アニメ的に1期のラスボスというのもありますけどエクシーズ素材をどう増やすかが今後の課題ですわよ(๑╹◡╹)

「オーバーレイ・ユニバース」3箱まとめ

【オーバーレイ・ユニバース】3箱デッキでは主にホープ+

実際の所、サイバーダークやサイバーの新規カード情報等が判明して大きく盛り上がった点再録の豪華さが売りになったパックでもあります。

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「【ストラクチャーデッキ オーバーレイ・ユニバース】では「3箱デッキの改造や内容も含め表と裏で両方組みやすいシステムになっている」もので組みやすくパーツ取りも楽という良さが売りになりましたね。

3箱デッキではサイバーダークを作る事が前提となりそうなのですが泡影とライストだけでも買っておいて損なし。今回のストラクもシングルも有用って感じが良いですね。