【遊戯王最新情報,TCGトレンドまとめ】まいログ|遊戯王ブログ

「遊戯王」の最新情報(速報,フラゲ,リーク)や遊戯王OCG等の最新情報を追う遊戯王ブログ。デュエマやバトスピ,TCG歴20年の管理人が、まとめ,環境や独占情報やリーク・フラゲ最新情報を発信しているキャラサイトです!

 【サンアバロンデッキ】聖天樹デッキのカード効果,デッキレシピ|回し方,相性の良いカードを紹介&考察!

超買取アップ

2020年12月発売の遊戯王パック「セレクション10」より登場した【サンアバロン(聖天樹)】デッキのカード効果・優勝デッキレシピ・回し方・相性の良いカードなどをまとめていきます。 「サンアバロンデッキ」「サンヴァインデッキ」は「セレクション10」で登場する植物族・リンクモンスター主体のビートダウンデッキです。

サンアバロンデッキ,サンヴァインデッキ

サンアバロンデッキ

ここでは「【サンアバロンデッキ】のカード効果、デッキレシピを紹介し、サンアバロンデッキの回し方や展開・必須カードなどを紹介してます。これからデッキを作りたい、また相性の良いカードが欲しいけど分からないという人のための参考になれば幸いです(´・ω・`

 デッキ サンアバロンデッキ
アーキタイプ リンクモンスターデッキ
特徴1

植物族

特徴2

コントロール奪取
特徴3 通常モンスター活用

 

 

 「サンアバロン」デッキとは

 「サンアバロン」デッキとは

 「サンアバロン」デッキとは

【サンアバロン】デッキとは植物族を主体にした汎用性が高いデッキテーマです。属性やテーマ的に植物族を駆使して相手のモンスターを奪えたりすることも出来ます。

 f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plainという訳で新規デッキカテゴリーのサンアバロンデッキの紹介です。「サンアバロン」は植物族から登場したデッキが登場しており、リンクモンスターの【聖天樹】からリンクモンスターのサンヴァインを展開し、打点で倒すというものです。

【サンアバロンデッキ】《聖天樹の大母神》

【サンアバロンデッキ】《聖天樹の大母神》

 《聖天樹の大母神》
リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/植物族/攻 0
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
リンクモンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「サンアバロン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードは相手の効果では破壊されず、攻撃対象にされない
(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる)。
(3):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のリンクモンスター1体をリリースして発動できる。
そのリンクマーカーの数まで、相手フィールドのカードを選んで破壊する。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「【サンアバロン】デッキはこのカードを展開するのは良いんですけど・・・正直言えばこのカード効果で直接攻撃をそのまま通してしまう事になってしまうのでサンアバロンを出しつつexデッキからサンヴァインを出してバランスを取っていくのが大事になります。

サンヴァインの方では共通効果で

植物族の通常モンスター1体

(1):自分フィールドの「サンアバロン」リンクモンスターが効果でフィールドから離れた場合に発動する。このカードを破壊する。

という問題があるものの、打点要因のスラッシャーをメインに使う事で【サンアバロン】デッキを回せるようになります。展開を《聖天樹》に任せておいて、攻撃をサンヴァインで行うと最初に知っていればそこまで回すのは難しくないテーマでした。

「サンアバロンデッキ」聖天樹デッキ評価

サンアバロンと「聖天樹デッキ」サンヴァインデッキ評価はこちら。

評価 ★★★★☆
作成コストの目安 1~2万『相場は普通』
扱いやすさ ★★★☆☆

【サンアバロン】デッキは、植物族の縛りがあるものの、デッキ構築としては非常に組みやすく通常モンスターサポートなどの恩恵を得やすいテーマでした。

www.youtube.com

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「【サンアバロン】デッキでは、現状通常モンスターの地霊を最初に展開したい所で、このカードを素材にしないと動かないテーマになっていますの。効果ダメージとかを組み合わせる動きも大事ではありますけど無理に入れるとデッキ事故の原因となってしまいますわよ(๑╹◡╹)

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「【サンアバロン】デッキの自由度も植物族で縛られるけど、六花デッキやなどの植物デッキのコンセプトと合わせやすい特徴もあるからその点は良かったわね。

後は通常サポートとかをどう組み込むかって話に終始するから、「六花聖ストレナエ」とかのランク4をパラレル・エクシードで出してしまう形にしたりとかも良いのもね。状況に応じて盤面を切り替えれるのが大事なりそうよ。

【サンアバロン】デッキではまず地霊からの『コンビネーション』でリンクモンスターを展開していくけど、他に植物族モンスターを展開すればリンク3や4のサンアバロンに一気に近づけるからそれを狙う事になるわ。リンクマーカーが増えれば、サンヴァイン・スラッシャーの打点が上がるから「打点上昇」を狙うために両方のカードを育てていく必要があるわね(。・ω・。)

遊戯王/シークレットレア/ライズ・オブ・ザ・デュエリストROTD-JP046[シク]:六花聖ストレナエ

f:id:hukusyunyu:20201127075429p:plain「幸いな事にサンアバロンの共通効果で自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合にその数値分だけ自分のLPを回復し、EXデッキから「サンヴァイン」モンスター1体を特殊召喚する効果があるので自分がダメージを受けるカードをそのまま活用可能なのがポイントです。

このお陰で【ワンチャン!?】などのダメージを受けるカードがアドバンテージになるのが幸いしておりレベル1の手札誘発を手札に加えつつサンヴァインをエンドフェイズに出したりと器用に立ち回りやすくなってるのは見逃せません。

逆に破壊輪とか採用しても良いのですが、サンアバロンデッキは「永続魔法・永続罠が結構重要」なのでデッキコンセプト的にも採用枠は慎重に選びたい所でもあります。

【ワン・フォー・ワン】

 

 

www.tcg-bloglife.com

【サンアバロンデッキ】大会優勝デッキレシピ

「サンアバロンデッキの大会優勝デッキ欄です。大会で優勝した際にはここで紹介していきますまた最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。優勝デッキへ飛べる検索を付けておきましたのでぜひご利用ください。

 【サンアバロンデッキ】聖天樹デッキが優勝!カード効果,デッキレシピ|回し方,相性の良いカードを紹介&考察!

 【サンアバロンデッキ】聖天樹デッキが優勝!カード効果,デッキレシピ|回し方,相性の良いカードを紹介&考察!

【聖天樹デッキ】サンアバロン 回し方・動かし方展開など

【聖天樹デッキ】回し方その1:《聖種の地霊》などでリンク1から展開!

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「サンアバロンデッキの難しさは色々とありますが、サンアバロンデッキの回し方としてリンク1からリンク4までの【聖天樹】を活用しつつサンヴァイン(聖蔓)を展開していくのが基本になります。

サンアバロン自体は「攻撃力が0」なので他のカードの依存度。更にEXデッキの依存度が異常に高く、特殊召喚も多様する事になりますがレベル1・通常モンスターサポートの恩恵を得れる初動故に『意外と動きやすい』のがテーマになっています。

サンアバロンデッキの回し方は?

レスキューラビットなどの通常モンスター、リンク1が来ればパラレルエクシードとサポートカードを採用する枠が物凄いあるので、デッキ構築もそこまで困る事はありません。誘発枠も入れる枠はあり、ワンチャンで最悪「エフェクト・ヴェーラー」を採用していれば手札がサンシードとかでいっぱいにならず手札誘発を先行で握る事も出来ます

  • 【サンアバロンデッキ】《聖種の地霊》:サンアバロンの起点となるカード!
  • 【サンアバロンデッキ】《聖蔓の乙女》:テーマ内で完結した対策性能!
  • 【サンアバロンデッキ】《聖種の影芽》:通常モンスターがいれば展開できるメインカード!
  • 【サンアバロンデッキ】《聖種の天双芽》;墓地から展開できる優秀さが売り

その為にはまず上記のサンシードのカードを展開する必要があり、更に《聖種の地霊》を絶対に展開してリンク1につなげないといけません。

《聖天樹の幼精》はリンク素材に地霊を素材にした方が良いのでこれをまず前提にサンバロン等を展開していきましょう。

www.youtube.com

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「難しいように見えるけど地霊をまずは召喚して置く事で出来るルートが多いから地霊からの展開ルートのみ知っていればある程度アドリブが効くようになるわ

《聖種の地霊》の召喚ルート

  1. 《聖種の地霊》を召喚
  2. 《聖種の地霊》から《聖天樹の幼精》をリンク召喚。
  3. 効果で《聖蔓の社》をサーチして墓地から《聖種の地霊》を特殊召喚
  4. 《聖天樹の精霊》とかリンクモンスターを特殊召喚

という流れが最低限は出来る感じね。

この時に《聖種の地霊》以外に《聖種の影芽》があると…

  1. 《聖種の地霊》を召喚
  2. 場に《聖種の地霊》がいるので《聖種の影芽》を特殊召喚
  3. 《聖天樹の幼精》を特殊召喚して聖蔓の社をサーチ

までのルートが作れるから、その際に墓地から《聖種の地霊》を吊り上げる事で攻撃力2400打点を作る事までが1セットになるわよ。

 

 

【サンアバロンデッキ】《聖天樹の幼精》:リンク召喚時に「サンヴァイン」魔法罠をサーチ
【サンアバロンデッキ】《聖天樹の精霊》:戦闘効果ダメージに対してサンヴァインを展開できる数が倍!
【サンアバロンデッキ】《聖天樹の大精霊》《聖天樹の大母神》:サンアバロンで目指したい大型リンク!
【サンアバロンデッキ】《聖蔓の剣士》:リンク4と合わせて4000打点をたたき出す!
【サンアバロンデッキ】《聖蔓の社》:手札コストがいるけど死者蘇生効果持ちの永続魔法!

 

 

 

 

【サンアバロンデッキ】《聖種の地霊》:サンアバロンの起点となるカード!

【サンアバロンデッキ】《聖種の地霊》:サンアバロンの起点となるカード!

《聖種の地霊》
通常モンスター
星1/地属性/植物族/攻 0/守 600
千年に1度、聖天樹から獲れる種は、千年の時を経てその土地の守護精霊になると言われている。

サンアバロンデッキ解説「《聖種の地霊》はサンアバロンデッキで非常に重要な通常モンスター。というかこのカードがないと動かないって感じの仕様になっていて、
このカードから他のサンアバロン等を展開するというのが主軸になっています。植物族を展開できる植物族は多く。ローンファイアブロッサムやワンチャンなどで簡単に持ってこれるのが特徴でしょうか。

初動としてはこれに加えて蘇生カードを使いリンク1⇒2⇒3とリンクモンスターを繋げていくのが「サンアバロンデッキ」の特徴です。もちろん、通常モンスターサポートを活用できるので扱いに関しては結構楽な部類になりますよ。

特にサンアバロンデッキでは《聖天樹の幼精》の特殊召喚のトリガーとなっている分、最初に召喚する事が前提となっており、最終的には他のサンシードを展開するための種となってもらわないと困ります。マジで困るカードです。

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「状況に応じてだけど、サンアバロンの蘇生カードがあるからローンファイアブロッサムからリンク2のサンアバロンまではそのまま通して展開が出来るのが大きいわね。他には《イービル・ソーン》とアロマージ・ジャスミンからリンク4につなげられる動きの最初の段階でもやっぱり大事になるわ。

《レスキューラビット》と適当な手札1枚から任意の植物族をリクルート可能。

  • 《レスキューラビット》の効果で《聖種の地霊》2体をリクルート。
  • 《聖種の地霊》1体でエクストラモンスターゾーンに《聖天樹の幼精》をリンク召喚し《聖蔓の社》をサーチ。
  • 適当な手札1枚をコストに《聖蔓の社》を発動し《聖種の地霊》を蘇生。
  • 《聖天樹の幼精》と《聖種の地霊》で《アロマセラフィ-ジャスミン》をリンク召喚し、もう1体の《聖種の地霊》をコストで展開

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「サンアバロンデッキ」というか通常モンスターを最初に出す事を前提とした動きは星杯含めて久しぶりな感じはしますね。

デッキ構築ではやはり通常モンスターや低レベルモンスターを展開するかにかかっているデッキでもあるので中々扱いが難しいように見えます。デッキ構築でもサンアバロンに限った話ではないですが、サーチや蘇生効果など便利さもあるサンアバロンが結構大事ですね。

 

【サンアバロンデッキ】《聖蔓の乙女》:テーマ内で完結した対策性能!

《聖蔓の乙女》
効果モンスター
星1/地属性/植物族/攻 0/守 0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚された自分フィールドの植物族モンスターを対象とする
魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、その効果を無効にする。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの「サンアバロン」魔法・罠カード及び「サンヴァイン」魔法・罠カードは相手の効果の対象にならない。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「サンアバロン」デッキの構築でテーマ内完結している面白いカードです。相手のメタ・妨害カードに対して手札から特殊召喚して『効果無効にする』という強味を持っているカードですね。

効果はEXデッキから特殊召喚された植物族のみを対象に出来るので最初の通常モンスターなどの起点を止められると詰みにはなりますが、十分に活躍する性能かと思います。特にこのカードは植物族を対象にしているのでジャスミンとか六花などのメタカードとしても採用出来る可能性が高く非常に重宝しそうかなと感じました。

その代わり『受動的』でありサイドや2戦目以降ではこれを持っている事を前提として戦う事になるので対策されやすいかもしれません。それでも結構凶悪な性能なのは間違いなさそうです

【サンアバロンデッキ】《聖種の影芽》:通常モンスターがいれば展開できるメインカード!

《聖種の影芽》
効果モンスター
星1/地属性/植物族/攻 0/守 400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに植物族の通常モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、リンク状態でリンク2以下の自分の、
「サンアバロン」モンスターまたは「サンヴァイン」モンスター1体を対象として発動できる。
その同名モンスター1体を効果を無効にしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain《聖種の影芽》は通常モンスターがいれば展開できるメインカード!サンアバロンデッキでよくある通常モンスターからの展開ルートで自身から特殊召喚が可能なカードになってる感じなのね。墓地から除外する事でリンク2以下の自分のサンアバロン系列の展開ル―トに組み込むことになるわ。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「サンアバロン系列で見るとリンク状態のサンアバロン含め最初の《聖種の地霊》から《ワンチャン!?》へ繋いでいく形で持つ他にも《聖種の地霊》以外にもエンジェル・トランぺッターとかのレベル4通常モンスターがいれば良かったり幅が広くなっていました。デッキ構築も非常に行いやすいのが売りですね。

ただサポートカードとかをフルで採用すると通常モンスターの採用が結構シビアな感じなので数枚採用で終わらせておくのが無難でしょう。逆にこのカードがあるから「通常モンスターが事故札になる」ような問題を解決してくれていると考えるとおいしいかもしれません(´・ω・`)

【サンアバロンデッキ】《聖種の天双芽》;墓地から展開できる優秀さが売り

《聖種の天双芽》
効果モンスター
星2/地属性/植物族/攻 0/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「サンアバロン」リンクモンスターが存在し、
このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル4以下の植物族の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードと自分フィールドのリンクモンスター1体を除外して発動できる。自分の墓地に同名の植物族リンクモンスターが2体以上存在する場合、その内の1体を選んで特殊召喚する。

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「サンアバロンの中で墓地レベル4以下のバニラを吊り上げるカードね。召喚に成功する事が出来れば墓地から吊り上げるカードになっているから、予想GUYとかで『召喚権を使用しなかった場合』に更に展開を重ね掛け出来るカードになっているわ。

特殊召喚するレベル帯として結構バランスは悪いけど、サンアバロンデッキとして見れば展開用のカードだから採用しておきたいってのがあるのよね・・・

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「墓地で除外する効果もリンクモンスターの蘇生として有用なので欲しいですね。今の段階だと他のリンクモンスターは六花とかアロマージとかに絞られますが、エンジェルトランぺッターでグランブルとか色々と違う動きが出来るカードとして知っておくといいかもしれません。

【サンアバロンデッキ】《聖天樹の幼精》:リンク召喚時に「サンヴァイン」魔法罠をサーチ

《聖天樹の幼精》
リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/植物族/攻 0
【リンクマーカー:下】
レベル4以下の植物族モンスター1体
(1):このカードが「聖種の地霊」を素材としてEXモンスターゾーンにリンク召喚された場合に発動できる。デッキから「サンヴァイン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードは攻撃対象にされない
(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる)。
(3):1ターンに1度、自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
その数値分だけ自分のLPを回復し、EXデッキから「サンヴァイン」モンスター1体を特殊召喚する。

f:id:hukusyunyu:20180321021345p:plain「サンアバロンのリンクモンスターの共通効果として魔法罠カードのサーチが出来るカードです。地霊を最終的にリンク素材にする事が前提となっているのがこの部分で、最終的に地霊をリンク素材にしていないと『ドンドンアド差が付いてしまう』欠点を生んでしまいます。

その為に初動ではどうしてもワンフォーワンなり予想GUYなりで無理やりでも地霊を引いてきて『リンク1⇒2・3へ繋げる』必要性が生まれるという訳です。

【サンアバロンデッキ】《聖天樹の精霊》:戦闘効果ダメージに対してサンヴァインを展開できる数が倍!

《聖天樹の精霊》
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/植物族/攻 0
【リンクマーカー:左下/右下】
「サンアバロン」リンクモンスターを含む植物族モンスター2体
(1):このカードは攻撃対象にされない
(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる)。
(2):自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
その数値分だけ自分のLPを回復し、EXデッキから「サンヴァイン」モンスター1体を特殊召喚する。この効果は1ターンに2度まで使用できる。

f:id:hukusyunyu:20171112232917p:plain「恐らくサンアバロンやサンヴァインデッキとして運用する場合に目指したいのがここね。サンアバロンデッキで『サンヴァイン』のアタッカーとかを出す要因として持ってこれる数が倍になっているわ。

実際に使用するタイミングは限られているけど出来ればリンク2・3まで持っていきたい所ね。

  • 《聖天樹の幼精》の効果で《聖蔓の社》をサーチ。
  • 《聖種の地霊》を蘇生する

事でリンク2まで繋げる事が可能になってるわよ。

 

【サンアバロンデッキ】《聖天樹の大精霊》《聖天樹の大母神》:サンアバロンで目指したい大型リンク!

《聖天樹の大精霊》
リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/植物族/攻 0
【リンクマーカー:左下/下/右下】
植物族モンスター2体以上
(1):このカードは攻撃対象にされない
(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる)。
(2):1ターンに3度まで、自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
その数値分だけ自分のLPを回復し、EXデッキから「サンヴァイン」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、このリンク先のモンスターが攻撃対象になった時に発動できる。
攻撃を無効にし、その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。

【サンアバロンデッキ】《聖天樹の大母神》

【サンアバロンデッキ】《聖天樹の大母神》

 《聖天樹の大母神》
リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/植物族/攻 0
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
リンクモンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「サンアバロン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードは相手の効果では破壊されず、攻撃対象にされない
(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる)。
(3):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のリンクモンスター1体をリリースして発動できる。
そのリンクマーカーの数まで、相手フィールドのカードを選んで破壊する。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「サンアバロンデッキの特徴はリンクモンスターを成長させることですが、リンク3まで来るとリンク先の攻撃を無効化させたり、リリースして相手のカードを破壊する効果までがセットで付いているのでこれを最終的に目指して展開する事になります。

サンアバロン自体の効果ダメージで展開できる効果はリンク3まで。

サンアバロンなどダメージをトリガーとした回復及び特殊召喚効果を持たないのでリンク4まで一直線に展開すればいいという訳ではない所がかなり難しい所。なのでサンアバロンデッキではこのカードが出てきた際には『優勢時かつ攻めれるタイミングである』事を意識したいです。特にリンク4ではサンヴァインリンクモンスターを展開できる上で《聖天樹の大母神》の効果を活用する形になります。

【サンアバロンデッキ】《聖蔓の剣士》:リンク4と合わせて4000打点をたたき出す!

《聖蔓の剣士》
リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/植物族/攻 800
【リンクマーカー:下】
植物族の通常モンスター1体
(1):自分フィールドの「サンアバロン」リンクモンスターが効果でフィールドから離れた場合に発動する。
このカードを破壊する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドの「サンアバロン」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力は、そのリンクマーカーの数×800アップする。
(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
そのモンスターをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに効果を無効にして特殊召喚する。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「《聖蔓の剣士》のコンセプトはリンクモンスターを前提とした展開をモチーフにしたものであってサンアバロンのリンクマーカーの数×800アップする事が出来るカードになっています。

リンク4で4000打点、リンク3でも十分に高い打点になるカードで、戦闘破壊すればリンク先に効果無効で特殊召喚が可能な性能になっていて、サンアバロンの重要なアタッカー役として担ってくれます。

注目点は「リンクモンスターも奪えるし、奪う事でリンク4の《聖天樹の大母神》での除去コスト」として使用できる事。リンクモンスターを奪う事が前提となっているのでミラーであれば完璧なのですが、クヌルギアスや、汎用リンク4を奪えればコッチのものです。ただ、問題なのはこの攻撃力を上昇させるのが当分後という事。

最悪でもサンアバロンでリンク3まで持っていくのが前提になっているので、初動では他のカードで守っていく流れまで行けると嬉しい所ですね。

もし、サンアバロンで攻撃するタイミングが無い場合は、《聖蔓の守護者》や《聖蔓の癒し手》で相手ターンを凌ぐことも意識したい所。

《聖蔓の守護者》
リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/植物族/攻 600
【リンクマーカー:上】
植物族の通常モンスター1体
(1):自分フィールドの「サンアバロン」リンクモンスターが効果でフィールドから離れた場合に発動する。
このカードを破壊する。
(2):「サンアバロン」リンクモンスターとリンク状態になっているこのカードが
相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは半分になる。
(3):このカードが戦闘で破壊された時に発動できる。
そのダメージステップ終了後にバトルフェイズを終了する。


《聖蔓の癒し手》
リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/植物族/攻 600
【リンクマーカー:上】
植物族の通常モンスター1体
(1):自分フィールドの「サンアバロン」リンクモンスターが効果でフィールドから離れた場合に発動する。
このカードを破壊する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの「サンアバロン」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
自分はそのリンクマーカーの数×300LPを回復する。
(3):自分の植物族リンクモンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
自分は600LP回復する。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain幸いな事にサンアバロンでは『植物族の展開するカード』を多数採用が出来る分上手くいけばサンヴァインで後攻から一気に攻め込めることも可能。

サンアバロンでは、召喚権を使わないカードを多数手札にある場合は、リンク1から出来る《パラレルエクシード》なども重要で、とにかくワンフォーワンとかワンチャンからドンドン出すカードを使っていくと回しやすいです。

遊戯王ETCO-JP001[N]:パラレルエクシード

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「後はワンチャンでダメージを受けるからその際のケアカードとして選ぶとかもアリかなと思うわ。デメリットをある意味+に出来るのはサンアバロンデッキの特徴の1つかもね(。・ω・。)」

【サンアバロンデッキ】《聖蔓の社》:手札コストがいるけど死者蘇生効果持ちの永続魔法!

《聖蔓の社》
永続魔法
自分フィールドに「サンアバロン」リンクモンスターが存在する場合、
手札を1枚墓地へ送ってこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分は植物族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、発動できる。
自分の墓地からレベル4以下の植物族の通常モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):相手エンドフェイズに、魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、
自分の墓地の永続罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「サンアバロン」のリンクモンスターがいる場合手札コストを使用して発動。墓地からレベル4以下の植物族を特殊召喚する効果を持っています。

実質手札を1枚墓地へ送ってるので実質永続魔法の死者蘇生であり、サンアバロンでさっき紹介した召喚するタイミングが難しい《聖種の天双芽サンシード・ツイン》とかを墓地へ送っておいたり、《聖天樹の精霊》などを展開する事が可能にしているカードですね。

手札コストの際のチェーンサイクロンが辛いカードですが、永続で守り続けるとアドバンテージを稼いでくれるカードになってくれます。植物族の通常モンスターのみ展開が可能で地霊からその後どうするのかを考えつつ次のターンの《聖天樹の幼精》を出す余裕が出来たりするので出来る限り保持しておきたい所。とりあえずリンク2+サンヴァインまでは先行で立てておきたい最低ラインになりそうです」

 

《聖天樹の開花》
永続罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分フィールドにリンク4以上の植物族リンクモンスターが存在する場合、
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。
(2):自分の植物族リンクモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、そのリンク先のモンスターの攻撃力の合計分アップする。

 「サンアバロン」デッキと相性のいいカードを紹介!

サンアバロンデッキと相性がいいテーマやカードは主に「植物族」と「通常モンスター」サポートが主流であり、各種展開サポートも採用したい所です。

 「サンアバロン」デッキと相性良いカード:《ローンファイア・ブロッサム》

採用からは若干ハズレ気味になりますが、イービルソーンとかも採用できるので今後のサンパーツ次第では化けそうかなと。

 「サンアバロン」デッキと相性良いカード:《ワンチャン!?》

《ワンチャン!?/Where Arf Thou?》
通常魔法
(1):自分フィールドにレベル1モンスターが存在する場合に発動できる。デッキからレベル1モンスター1体を手札に加える。発動後、このターン中に自分がこの効果で手札に加えたモンスターまたはその同名カードの召喚に成功しなかった場合、エンドフェイズに自分は2000ダメージを受ける。

(´・ω・`)「ワンチャンは地霊のサーチまでは行かないものの、デッキ構築においてレベル1のカードや手札誘発のサーチ。更にダメージを受ける効果をそのままリンクモンスターを展開できる他、《エフェクト・ヴェーラー》のサーチへ繋ぎ1妨害を決める動きも出来るので他のデッキよりも安定性が増しているカードの1枚となりました。

 「サンアバロン」デッキと相性良いカード:《ワン・フォー・ワン》

《ワン・フォー・ワン/One for One》 
通常魔法(制限カード)
(1):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。

(´・ω・`)手札のモンスターを墓地へ送る事で蘇生をしやすくする上に「通常モンスター」が使えるようになるカード。地霊の展開手段となるのでレスキューラビットと共に採用したい所です。

 「サンアバロン」デッキと相性良いカード:《レスキューラビット》

(´・ω・`)サンアバロンデッキにおいて『通常モンスターサポート』で採用したいカードその1.予想guyと共に採用する事で地霊の特殊召喚を連続で行っていきます。リンク2⇒3へ繋げやすくなる動きもあるのですが、エンジェル・トランぺッターも採用すると地霊の手札事故等を防ぎやすかったり、中盤以降の手札で腐る事がなくなるのでおすすめです。

www.tcg-bloglife.com

 「サンアバロン」デッキと相性良いカード:《パラレルエクシード》

遊戯王ETCO-JP001[N]:パラレルエクシード

遊戯王/シークレットレア/ライズ・オブ・ザ・デュエリストROTD-JP046[シク]:六花聖ストレナエ 

《聖蔓の社》などの植物族を制限されるので相性は最初はよくないものの、サンアバロン等からそのままストレナエにつなげたり出来る1枚です。レベル4×2は他にレスキューラビットからエンジェル・トランぺッターを展開できるのも強みになるので『実質使いやすいカードの1枚』として注目されるかも。

準構築ではそこまで優先度は高くありませんが、展開する事を視野に入れる場合は採用を一度は検討したい所です。

 

【サンアバロン】まとめ:【サンアバロンデッキ】聖天樹デッキはまだまだ研究しがいのあるテーマです。

「サンアバロン(聖天樹)」とサンアバロンデッキの特徴としては植物族をメインとした構築を主体にしたもので非常に構築がしやすいコンセプトのままに楽しめるデッキが数多くあると実感しました。

サンアバロンデッキの構築は主に『リンクモンスターの兼ね合いが重要な』デッキでしたが、通常モンスターのサポ―トが多いので初動も安定しているのが特徴です。最悪エンジェル・トランぺッターのみ展開してランク4を展開したりしても良いという器用さもあるのですが・・・最悪な課題として「exデッキに依存していて更にEXデッキを圧迫している」のが結構多かったりしました。

デッキ構築ではメインデッキに六花などの植物族などを採用する所から始まって、EXデッキの採用枠の難しさを痛感する事になります。

遊戯王カードを簡単に売る方法を解説【PR・実践記事】

 

「遊戯王カードや最新パックを多く買ってしまって、最新カードを売るたいと思ったらと最近どこでも見かける通販サイトの買取サイト紹介の裏側を紹介です。

!特別招待コード:招待コード「362690」で買取金額5%アップです。

⬇︎気になる方はこちら⬇︎

なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。

まいログでは基本通販サイト等と掛け合ってのPR記事を紹介していますので、正直なメリットやデメリットなどを確認しやすいですよ(´・ω・`)現在はトレトクさんとカーナベルさんの2店舗を調査済みです(店舗等掲載募集も行っております。公式まいログツイッターにてご連絡ください)

 

大量のコモンカードなどを売るときなどオススメですよ(´・ω・`また初動相場での20thシークレットレアなどはかなり高額取引されるカードなのでお早目に!

※トレトクさんの買取はこちらから!無料査定で楽々(´・ω・`)ノ

※「カーナベル」の買取の流れを紹介・利点などを解説!【PR記事です】

>>【カーナベル 買取 評判】カーナベルの買取と方法・利点まとめ!まい。の友人のカードを色々と売った結果は?【PR】 - 遊戯王環境@まいログTCG最新情報室

f:id:hukusyunyu:20201111195308p:plain