【遊戯王OCG最新情報,TCGトレンドまとめ】まいログ|遊戯王ブログ

「遊戯王」の最新情報(速報,フラゲ,リーク)や遊戯王OCG等の最新情報を追う遊戯王ブログ。デュエマやバトスピ,TCG歴20年の管理人が、まとめ,環境や独占情報やリーク・フラゲ最新情報を発信しているキャラサイトです!

【キリフダッシュ デッキ】モモダチキリフダッシュデッキのデッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察|キリフダッシュデッキ

【キリフダッシュデッキ】と《モモダチキリフダッシュ》 デッキに関して最近勢力を伸ばしてるデュエルマスターズのキリフダッシュ・モモダチキリフダッシュの環境デッキ&解説。モモダチデッキの回し方や主要カード、必須コンボ等を紹介

【キリフダッシュ デッキ】モモダチキリフダッシュデッキのデッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察|キリフダッシュデッキ

【キリフダッシュ デッキ】モモダチキリフダッシュデッキのデッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察|キリフダッシュデッキ

【キリフダッシュデッキ】とは

【キリフダッシュデッキ】とは

【キリフダッシュデッキ】とは

ギャラクシールドデッキはギャラクシーGOと併せて、通常より軽めのコストでカードを使いつつ妨害・アドを取るデッキ。1ターンのタイムラグがあり、かつ1ターンが経過するまでシールドゾーンから離さないようにする必要がある分コントロールするタイミングが大事です。

キリフダッシュデッキは主に2・3コストのクリーチャーを展開していってメタを張り攻撃した後にモモキングを出す「ビートダウンデッキ」です。

f:id:hukusyunyu:20200302025831p:plain

「キリフダッシュデッキでジョーカーズ覚醒!?

という事で今回はキリフダッシュデッキのご紹介。

キリフダッシュの特徴を活かした構築は発表当時から注目されていましたが、その早さ安定性も含めてやっぱり環境に入る可能性も秘めているカードとなりました。

モモキングの強みはやっぱりキリフダッシュを含めた6打点を打ち込める点。

 

特にキリフダッシュデッキの構築において「赤緑という速攻に近い色」と「ジョーカーズなどの展開シナジーがある」事。更に注目されていた「GRメタクリーチャーの投入が出来る」面で注目されることになります。 

 

 

特にキリフダッシュ関連のカードは『赤緑に採用したい』カードが多く、構築も結構既存のテーマカードを採用しままの構築が主流。

現状では、タイクタイソンズなどのマナ加速を行う+序盤での殴るクリーチャーを増やすでモモキングへ繋いで6打点を作っていくという黄金の流れはやっぱり強い。

 

特に打点形成に関しては「バルチュリス」の追撃を筆頭にどうキリフダッシュを起動させるかがカギになります。

ジョジョジョジョーカーズのサーチを筆頭にタイク・タイソンズのマナ加速とジョーカーズの既存の動きに加えて最速で動くという展開を作れること。更にジョーカーズに早出しメタを採用しまくれるメリットが現環境に刺さる事が予想され、TCG大会の増加と共に注目されるでしょう。

 

 

注目ポイントは「キリフダッシュ」自体が革命チェンジに近い動きを行える事に加えて「6マナを残しつつ盤面にクリーチャーを出しているかどうか」よね。

キリフダッシュは「クリーチャーを出してるのが前提」だから、除去されてれば辛かったりするけど、《ドンドド・ドラ息子》などでマナ軽減して動くムーブを目指すのが特徴になってるわよ。

ドンドド・ドラ息子 SR 火文明[ジョーカーズ] (4)
クリーチャー:ジョーカーズ 2000
自分の手札にある火のジョーカーズ・クリーチャーすべてに「J・O・E 2」を与える。(「J・O・E 2」を持つクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、それを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く。)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中からジョーカーズを1枚、自分の手札に加えてもよい。その後、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

デュエルマスターズ/SR/火/[DMEX-08]謎のブラックボックスパック84/???[SR]:ドンドド・ドラ息子

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain「実際に回してみると強力なデッキなのに代わりは無いんですけどね・・・様々な構築を目指していくと「キリフダッシュ」に対応するためにはマナを開けておく必要がありますので「メタクリーチャーを残す=勝利」という動きを理想にしつつ動くのが特徴的になってきています。

このキリフダッシュメタがどう作られるかで「メメントモリによる妨害」など相手に必ず攻撃・展開される1手を残してしまうのが最大の欠点。クリーチャーが1枚でもいれば初動からの展開で一気に盤面を潰せる他にシールドトリガーも防げることが出来ますが、相手にシールドトリガーで防がれてからカウンターをされてしまうと防御面が薄い場合そのまま倒されてしまうというデメリットがあるので注意しましょう。

 

対面の動くでどうしてもプチョヘンザとかのタップインシステムや攻撃封じには弱いですが、速攻GRでは結構強力。メタ封じをしつつ動けるシステムごとを採用しておきたいですね。

【キリフダッシュデッキ】大会優勝・上位入賞デッキレシピ

【キリフダッシュ】デッキの優勝デッキレシピを紹介しています。大会デッキレシピや公式CS等のデッキに関してはizazin様より掲載許可を頂いています。

また、ツイッターにて優勝デッキレシピはこちらより検索が行えます。規約に基づいて掲載させていただいています。

 

【キリフダッシュデッキ】「キリフダッシュ」デッキの回し方。動かし方・展開など

キリフダッシュデッキの効果は主に盤面を作る上でマナ加速や攻撃できるクリーチャーを残すのがポイント。軽減コストを含めて、早急に出せるかを考えたいですね。

「キリフダッシュデッキの主な特徴は『2・3マナで軽量メタクリーチャーを出す』のがポイントね。ヤッタレマンとかの軽量クリーチャーもそうだし盤面をどう作っていくかを考えていきたいのよ(。・ω・。)」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「現状速攻環境もそうですが軽量クリーチャーを採用する上で相手の妨害が出来るかどうかは視野に入れたいですね。

特にキリフダッシュは、アタックする事が前提なので毎ターンの除去をされないような構築を目指したい所。クリーチャーを残すという面ではジョラゴンジョーカーズなどと一緒ではあるので、マナ色をコントロールしつつ最速で動けるようにしたい所です。

《タイク・タイソンズ》
タイク・タイソンズ UC 自然文明[ジョーカーズ] (2)
クリーチャー:ジョーカーズ 1000
Jチェンジ4(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

「キリフダッシュ」デッキにおいて重要なタイク・タイソンズは早出しにおいてかなり重要なカードね。現状ジョーカーズチェンジをどう活用するかだけど、この時にマナ加速をしつつ動けるかがカギね。

マナ加速が出来れば実質キリフダッシュに近づくからドンドンと軽量クリーチャーを展開していきたいわね」

f:id:hukusyunyu:20170614095029p:plain

「タイク・タイソンズからマナ加速へ繋ぐと実質マナ加速が早いので除去がされても実質アドしかないってのが大きいんですよね。

ジョーカーズの動きは結構マナ加速が出来るクリーチャーか妨害が出来るリツイーギョを採用するかの2択を作るのがポイントで、2・3マナで動けるようにして作っておきたい所です(´・ω・`)

【キリフダッシュ デッキ】回し方その1リツイーギョやウサブレラで『序盤展開』を封じる!

ジョーカーズデッキにおいて『ボーボボ・ボーボ坊』などジョーカーズ4などを多めに採用する事で「マナ加速をしつつ大型やキリフダッシュデッキのコンセプトへ繋げる」事が出来ます。キリフダッシュは主にマナを残す必要があるものの、3ターン目にはキリフダッシュをする事でアドを稼ぐのでマナを使ってクリーチャーを出すかどうかを選択していきますのでジョーカーズ・チェンジ4が重要になるわけですね。

 

この時点で採用カードは2マナ帯でヤッタレマンとか含めて15枚程度は採用する事になるので『大分構築が固まっている』のがポイントになりそうですね。

デュエルマスターズ/C/自然/[DMSD-08] 超GRスタートデッキ ジョーのガチャメカ・ワンダフォー19/20 [C] : ボーボボ・ボーボ坊

《ボーボボ・ボーボ坊》
ボーボボ・ボーボ坊 C 自然文明[ジョーカーズ] (2)
クリーチャー:ジョーカーズ 3000
Jチェンジ4(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい)

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「こうやって見ると無色カードの採用がかなり悩みどころになるのよね・・・洗脳センノーとかを採用して動くのを主体として4マナ付近のカードを出すようにしたいわ。後軽減コストも重要だけどモモキングを出すための赤も採用しておくのもキチンと考えておきたいわよ」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain

因みに赤緑でジョーカーズを採用しない場合の優勝デッキではスターターデッキをそのまま改造している構築も主流だったりします。

 

ブレイズクローからシールドを破壊していって、バルチュリスでシールドが全部破壊された後にトドメという形もある様子。バルチュリス含め速攻風味に構築しきってしまうのもありですね。その場合ブレイズクローを含め、モモダチ関連カードを採用しまくって『速攻』をメインにしてもアリでしょう。最近では轟轟轟や赤白バイクなども注目されているのでこういった構築もアリだとは思います。

また、モモダチパワーと言った「1マナでの6000除去」が強力でウェイボールなどの対策であったりウサブレラなどのGRメタにも対応しているのも見逃せません。オニカマスはしょうがないとしても、ある程度の対策は初動で取れるので「1・2マナ付近で除去すべき相手かどうかを見極めたい所」です。

特にモモダチパワーは重要な「火文明かつ単色」なのでドンドドドラ息子含めて採用カードの補充を行っていきましょう。

【キリフダッシュ デッキ】回し方その2クリーチャーを中心にベアシガラなどのキリフダッシュを発動させろ!!

キリフダッシュの特徴を活かすためには攻撃できるクリーチャーを残しつつ6マナを貯めないといけません。除去には弱いものの、マナ加速や軽減を活かして召喚していけるかも考えたいですね。

「キリフダッシュデッキ」の中盤は主に4・5コストでキリフダッシュのコストを賄ったまま戦うデッキになります。もちろんボルバルエクスのようなカードでアドを回収するのも手ではあるんですが、ジョーカーズで戦う場合はベアシガラのようなクリーチャーで中継しつつ戦うような感じで攻めていくことになります。

熊四駆 ベアシガラ SR 自然文明 (7)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 8000
<キリフダッシュ>[自然(4)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[自然(4)]支払って召喚してもよい)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。その後、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

f:id:hukusyunyu:20171112233045p:plain「現状中継クリーチャーとして優秀なのはベアシガラ。キリフダッシュが4なので上記のようなマナ加速カードと組み合わせて動く事になるわ。

このカードの存在だけでも4⇒6とかにつなげられるから便利ではあるのよね」

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plainそうですね。

因みにキリフダッシュの特性上フェアリーライフで2⇒4と動いた場合はブレイズクローなど先にクリーチャーを出しておくことが前提になる点は注意しましょう。

初動で動くとなると2ターン目でリツイーギョ #桜 #満開やU・S・A・BRELLAなどを召喚しておいて4ターン目にクリーチャーが殴れる状態にしておきつつマナ加速を狙いましょう。

デュエルマスターズ/SR/自然/[DMSD-14]キングマスタースタートデッキ ジョーのキリフダッシュ3/15[SR]:熊四駆 ベアシガラ

どうしてもこのキリフダッシュの特性上2・3ターン目で除去されてしまうと脆いので対面相手は見極めたいですがマナ加速を行っているので実は結構素出しも頑張れば出来る構築にする事も出来ます。

 

アイアン・マンハッタンを採用するパターンではマナ加速をしつつベアシガラで回収して次のターンに構えやすくもなっています。簡単な動きも多いので初心者にもおすすめですね。

特にレアリティが高いものは初版限定で当たりやすいのもあって「相場が安価」なのは事実。その代わり、イラストとフレームが繋がる5枚セットのシークレットパックイラストがかなり注目されそうです。

キングマスターカードとは別に入っている可能性もあり、今後の相場が注目されます。 

他に採用したいカードたち。 

《バングリッドX7》
バングリッドX7 SR 自然文明[ジョーカーズ] (4)
クリーチャー:ジョーカーズ 4000
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置く。
自分のターン中、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから召喚してもよい。
バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計6枚以上あれば、このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

U・S・A・BRELLA UC 火文明 (3)
クリーチャー:ビートジョッキー/チームボンバー 4000
相手のコスト4以下のクリーチャーが、手札以外のどこからでもバトルゾーンに出る時、相手はかわりにそのクリーチャーを墓地に置く。
コスト4以下の呪文の効果によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

リツイーギョ #桜 #満開 UC 自然文明 (2)
クリーチャー:トリックス/チームウェイブ 3000+
相手のクリーチャーがバトルゾーンに出る時、そのターン、相手が自身の他のクリーチャーを2体以上バトルゾーンに出していれば、相手はかわりにそれをマナゾーンに置く。
相手のターン中、このクリーチャーのパワーを+4000する。

熊四駆 ベアシガラ SR 自然文明 (7)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 8000
<キリフダッシュ>[自然(4)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[自然(4)]支払って召喚してもよい)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。その後、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

【キリフダッシュデッキ】まとめ

キリフダッシュデッキは初動でのメタクリーチャーが刺さったりクリーチャーを毎ターン除去されなければ十分に強いテーマとも言えます。

 

相手にする場合は6マナ溜まるのは明確に分かる上に中途半端にシールドを破壊してしまうとそのままシールド効果からクリーチャーが出てきてそのままキリフダッシュを許しかねません。攻撃封じを含めどう対応するかがカギにはなりますが、ジョラゴンやバーンメアの採用に出張として入るなど汎用性は高い様子でした。

ウサブレラなどのメタクリーチャーの除去がしづらいのでマナを貯める動きが強い緑の採用は大きく、ジョーカーズチェンジで安定したマナ加速も出来ます。54

【ナウオアネバー デッキ レシピ】優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察|ナウ・オア・ネバーサイクル,ナウ・オア・ネバーループ - 【遊戯王 最新情報】まいログ|TCG最新トレンド,フラゲ,速報ブログ

TCG 十王篇拡張パック第1弾 切札x鬼札 キングウォーズ!!!
 

【20%OFF】駿河屋⇒トレカ(デュエルマスターズ)【BOX】デュエル・マスターズTCG 十王篇拡張パック第1弾 切札x鬼札 キングウォーズ!!! [DMRP-13]

 
 
キングマスタースタートデッキ ジョーのキリフダッシュ
 

【20%OFF】駿河屋⇒ トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG キングマスタースタートデッキ ジョーのキリフダッシュ

 

TCG キングマスタースタートデッキ 鬼札の鬼タイム [DMSD-15]
 

 【20%OFF】駿河屋⇒トレカ(デュエルマスターズ)デュエル・マスターズTCG キングマスタースタートデッキ 鬼札の鬼タイム [DMSD-15]

f:id:hukusyunyu:20201111195308p:plain