まいログ ~遊戯王デッキ集&TCG考察室@まい~

遊戯王デッキや遊戯王の安くて強いデッキ。そしておすすめデッキを紹介するぐだぐだな考察ブログです。他にカードに関係ないけど気になった話をのんびり書いています。他のサイトとはちょっと違う世界観をあなたに。ぶらりネットの姉妹サイトです。気になるときは「TCG考察」と検索!

 

【遊戯王 ルール】「新マスタールール」&「リンク召喚」の公式裁定まとめました!

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】⇒【SPIRAL】/ ⇒【ヴェンデッド】⇒【 F.A.】

新マスタールール

 

今回3月24日に発売される「公式パーフェクトブック」により、「リンク召喚」及び「エクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)」等のルールが公式で決定しました。

 

ここでは公式のパーフェクトブックにより判明した新マスタールールに関しての裁定等をまとめています。

 

 

 

 新マスタールール メインモンスターゾーンに呼び出す場合。

  1. ● リンクマーカーを用意してエクストラデッキから特殊召喚。
  2. ● リンクモンスターをフィールドに出しておけばリンクマーカーの先のメインモンスターゾーンにもエクストラデッキのモンスターを出せるようになる。
  3. ● 相手フィールドにも影響する。上向きのリンクマーカーを持ったモンスターがいる場合では相手はそのリンクマーカー先にモンスターを出すことが出来る。
  4. ● この事から後述するエクストラリンク等のメタに繋がるが、現状エクストラリンクまでの展開が無いため非常に難しい裁定となった。

 

新マスタールール リンクモンスターのルール裁定まとめ

  1. ● リンクモンスターを守備表示でフィールドに出すことは出来ない。
  2. ● 正規の手順でリンク召喚したリンクモンスターが墓地に送られた。また、除外された後墓地や除外から特殊召喚された場合はメインモンスターゾーンに出す。その際特殊召喚されたモンスターはメインモンスターゾーンの開いている任意の場所におく事が出来る。
  3. ● 空きが無い場合はフィールドにはいかず墓地に送られる。

 

新マスタールール リンク素材についての裁定についてまとめ

  1. ● リンク召喚のために墓地に送られたモンスターはリンク素材である。
  2. ● リンク素材はフィールドにリンクモンスターを出す前に墓地に送られる。
  3. ●「マクロコスモス」等が適応されており、墓地に送られるモンスターが除外される場合でもリンク召喚することが出来る。その場合素材にしようしたモンスターは墓地に送られずに除外される。
  4. ● フィールドのモンスタートークンをリンク素材にする事も出来る。その場合トークンは墓地に行かずに消滅する。
  5. ● フィールドでモンスター扱いの罠カードをリンク素材とする事も出来る。その場合素材とした罠カードは墓地に送られる。
  6. ● リンク素材はフィールドに特殊召喚されるなどして一度場所が移動した場合リンク素材としては扱わない。
  7. ● リンク素材は素材として使われたリンクモンスターが破壊されるなどして、場所を移動した場合そのモンスターのリンク素材としては扱わない、ただし《亜空間物質転送装置》等の場合は除く。

 

新マスタールール エクストラリンクの活用

相互リンクをつなぎ2つのエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)を使用!

  1. ● 片方のエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)から、もう片方のエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)まで、全てのモンスターが相互リンクで繋がっている状態を「エクストラリンク」と呼ぶ。
  2. ● もう1つのエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)にモンスターが出せるようになった。
  3. ● 相互リンクに関して、エクストラリンクを組まなければ実際は1つしかエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)を使えないが、リンクマーカーを繋げる事で相手のエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)にもモンスターを出すことが出来る。
  4. ● 現状これを1枚で補う方法は無いのでかなり難しいが今後のインフレ次第ではエクストラリンクを行うことは可能に。

    エクストラリンク

  5. ● 2つのエクストラモンスターゾーンに存在するリンクモンスターがメインモンスターゾーンに存在するリンクモンスターを通じて全て相互リンクで繋がっている状態をエクストラリンクと呼ぶ。
  6. ● 自分が一方のエクストラモンスターゾーンを使用しており、エクストラリンクとなる場合にのみ、もう一方のエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)にもリンクモンスターを特殊召喚できる。

「新マスタールール」公式裁定 エクストラデッキからの特殊召喚についてのまとめ。

  1. ● エクストラデッキからモンスターを特殊召喚する場合は、エクストラモンスターゾーンまたはリンクマーカーの開いている自分のメインモンスターゾーンに特殊召喚しなければならない。
  2. ● 相手のリンクモンスターのリンクマーカーが指す、自分のメインモンスターゾーンが開いている場合、自分はそのメインモンスターゾーンにもエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できる。

「新マスタールール」公式裁定 エクストラデッキからの特殊召喚についてのまとめ。

  1. ● エクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)または、リンクマーカー先の自分のメインモンスターゾーンに空きが無い場合でも、エクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)又は、リンクマーカーが指す自分のメインモンスターゾーンのモンスターを素材として、その素材となったモンスターがいたゾーンにエクストラデッキからモンスターを特殊召喚することが出来る。
  2. ● ただし、素材としてリンクモンスターを使用したためにリンクマーカーがメインモンスターゾーンを指していない状態になるなど、エクストラデッキからモンスターを特殊召喚できるゾーンが無くなる場合にはそのモンスターを素材として出せなくなる場合は素材として選ぶ事が出来ない。

 

新マスタールール リンク状態/相互リンク状態についての裁定

リンク状態/相互リンク状態

 

  1. ● リンクマーカー先にモンスターがいる状態。または「1つ以上のリンクマーカーがモンスターに向いている」状態のモンスターをリンク状態と呼ぶ。
  2. ● リンクモンスター2体以上のリンクマーカーがそれぞれお互いに向き合っている状態を「相互リンク」と呼ぶ。
  3. ● 相互リンクもリンク状態の1つである。

 

「新マスタールール」公式裁定まとめ ペンデュラムの魔法罠ゾーンの裁定について。

  1. ● ペンデュラムゾーンに置かれたペンデュラムモンスターは門スタートしては扱わず、魔法カードとして扱い魔法罠ゾーンのカードとして扱う。

新マスタールールによって効果テキストを読み変えるカード。

2017年3月25日適応の新マスタールールによって、効果テキストを読み変えるカードを紹介。

ゾーンやフィールドの指定が「メインモンスターゾーン」となる効果。

● 自分・相手の指定が無くモンスターゾーンを指定する効果やモンスターの位置を入れ替える効果を持つカードの一部はテキストを読みかえて適応する。

地盤沈下の裁定変更

  • 使用していないモンスターカードゾーンを2箇所指定して発動する。⇒使用していないメインモンスターゾーン2箇所を指定して発動する。

ヨコシマウマの裁定変更

  • このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。⇒このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、使用していないメインモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。

《No.57 奮迅竜トレスラグーン》の裁定変更

  • 使用していないモンスターカードゾーンまたは魔法&罠カードゾーンを1ヵ所指定して発動できる。⇒使用していないメインモンスターカードゾーンまたは魔法&罠カードゾーンを1ヵ所指定して発動できる。

《ニードルウォール》の裁定変更 

  • 相手のモンスターカードゾーンを、このカードのコントローラーから見て⇒相手のメインモンスターゾーンに変更。

氷結界に住む麻酔虫の裁定変更

  • このカードが召喚に成功した時、使用していないモンスターカードゾーンを1ヵ所指定して発動する。⇒このカードが召喚に成功した時、使用していないメインモンスターゾーンカードを1ヵ所指定して発動する。

うごめく影の裁定変更

  • 自分フィールド上の裏側守備表示モンスターをシャッフルして、再び裏側守備表示で並べ替える。⇒自分メインモンスターゾーンの裏側守備表示モンスターをシャッフルして、再び裏側守備表示で並べ替える。

さまようミイラの裁定変更

  • この効果を使用した時、自分フィールド上に裏側守備表示で存在する全てのモンスターをシャッフルし、再び裏側守備表示で並べ替える。⇒自分メインモンスターゾーン上に裏側守備表示で存在する全てのモンスターをシャッフルし、再び裏側守備表示で並べ替える。

マジカルシルクハットの裁定変更

  • 自分フィールドのモンスター1体と合わせてシャッフルして裏側守備表示でセットする。⇒自分メインモンスターゾーンのモンスター1体と合わせてシャッフルして裏側守備表示でセットする。

 

リンクモンスターを守備表示にする場合等の裁定。

リンクモンスターに関しての疑問ですが、リンクモンスターには守備表示という概念が存在しないらしく、その点から様々な問題が生まれています。まず、リンクモンスターに月の書や皆既日食の書を打てるのか等の問題ですが、これらは裏側守備表示にすることはできません。

現状では《究極伝導恐獣》等の抑止力になる他に、守備表示にするという裁定を覆されたカード等が存在しました。

例・・・《究極伝導恐獣》《月の書》《皆既日食の書》※1《闇の訪れ》

※1特殊裁定に変更。

 

リンクモンスター及びエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)に登場しているモンスターを【壊獣】及びリリースできるモンスターでリリースする場合。

 

またリンクモンスターやエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)で召喚されたモンスターを対処する場合、壊獣モンスター等でリリースした場合メインモンスターゾーンに移行されます。

 

 

例・・・【壊獣】&《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》など。

この裁定は複数リリースできる《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》等を同じ裁定ですね。一方で壊獣等のリリース先であるメインモンスターゾーンに関して空きが無い場合使えないようです。

 

リンクモンスター等で守備表示を参照するタイプのカードの存在の公式裁定。

リンクモンスターに《地砕き》を発動する場合

 

リンクモンスターだけがメインモンスターゾーン。及びエクストラモンスターゾーン(EXモンスターゾーン)で存在する場合、守備力を参照する《地砕き》は発動できないようです。

一応リンクモンスターでは守備表示が無いという事での裁定のようでした。なるほど。発動できない=空打ちもできないみたいですね。

 

リンクモンスターに《右手に盾を左手に剣を》を発動する場合

 

 

リンクモンスターに《右手に盾を左手に剣を》を発動する場合では攻守等の変更は無いようです。そりゃそうかって話なんですけど、一応覚えておきたいですね。

現状では使い道が無さそうに見えますが、面白い使い道があって、【剛鬼】モンスター+《剛鬼ザ・グレート・オーガ》の前でこれを使うと【剛鬼】モンスターの攻撃力が0になるんですよね(´・ω・`)

 

通常魔法
このカードの発動時にフィールド上に表側表示で存在する
全てのモンスターの元々の攻撃力と元々の守備力を、
エンドフェイズ時まで入れ替える。

 

 

リンクモンスターが魔法&罠ゾーンに置かれた場合

《ソードハンター》《サクリファイス》などで、リンクモンスターを魔法罠ゾーンに置くとどうなるのか。

ちょっと気になりますが、が魔法&罠ゾーンに置かれた場合、リンクマーカーはリンク状態にならないとの事でした。これが出来ればドラグニティとかにも希望があったのになー。残念(´・ω・`)

 

 

 

「新マスタールール」公式裁定まとめ。

今回の公式裁定の詳細はパーフェクトブックに記載されていますが重要な内容とページをまとめました。

 

参考になれば幸いです。詳細はパーフェクトブックを購入して見てください。

それではノシ

遊・戯・王OCG パーフェクトルールブック 2017 (Vジャンプブックス)

遊・戯・王OCG パーフェクトルールブック 2017 (Vジャンプブックス)