まいログ ~遊戯王デッキ集&TCG考察室@まい~

遊戯王デッキや遊戯王の安くて強いデッキ。そしておすすめデッキを紹介するぐだぐだな考察ブログです。他にカードに関係ないけど気になった話をのんびり書いています。他のサイトとはちょっと違う世界観をあなたに。ぶらりネットの姉妹サイトです。気になるときは「TCG考察」と検索!

 

【遊戯王 効果解説】【LL(リリカル・ルスキニア)】デッキの回し方&デッキ構築 まとめ

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】⇒【SPIRAL】/ ⇒【ヴェンデッド】⇒【 F.A.】

【LL(リリカル・ルスキニア)】効果&解説一覧。

f:id:hukusyunyu:20161119021605p:plain

 

 

 

【LL(リリカル・ルスキニア)】デッキの概要と強みについて。

【LL】は鳥獣族のレベル1モンスターで主にエクシーズを中心に直接攻撃や反射ダメージで相手を倒すいわばトリッキーなデッキ!

 

モンスターを除去せずにダメージを与えて、そのまま倒しちゃおうという戦法は本当に面白いですし、レベルが低いので【LL】デッキでは【ローレベル】を主軸として組める事も利点。

 

また、デッキとしては直接攻撃扱の戦法を取れるため、ロックモンスターなどをすり抜けるのも特徴の1つだったりします。

【LL(リリカル・ルスキニア)】で判明しているカード効果一覧&解説

現在判明している【LL】カードは以下の通りです。

  • 《LL-コバルト・スパロー》
  • 《LL-サファイア・スワロー》
  • 《LL-ターコイズ・ワーブラー》
  • 《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》
  • 《LL-リサイト・スターリング》
  • 《LL- インディペンデント・ナイチンゲール》

主にモンスターの展開等を含め簡単に説明するとこんな感じ。

《LL-コバルト・スパロー》

・・・特殊召喚成功時に鳥獣族レベル1モンスターをサーチ。

エクシーズの素材時相手の効果を受けない。

《LL-サファイア・スワロー》

・・・自分フィールドに鳥獣族モンスターが存在する場合にこのカードと鳥獣族レベル1モンスター1体を手札から特殊召喚する。

エクシーズ素材時に墓地の【LL】を素材に出来る。

《LL-ターコイズ・ワーブラー》

・・・フィールドにモンスターがいない時に特殊召喚が出来て、手札からの特殊召喚に成功した場合手札と墓地から【LL】蘇生。

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》

・・・素材分だけ火力を上げて直接攻撃の回数が増える切り札その1
《LL-リサイト・スターリング》

・・・打点アップと戦闘ダメージ共有。そして1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いてデッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。

《LL- インディペンデント・ナイチンゲール》

・・・効果が未確定の可能性が多いので割愛。別途ぶらりネットにて簡易インディペンデントネプチューンの対策を書いています。

 

兎に角展開に主軸をおいているように見えますが、最終的には【LL】の場合墓地のカードも蘇生する手段に長けているので手札が枯渇するということは無いのですが、エクシーズ召喚する際には3体以上並べる必要があるので出来れば速攻で決めていきたい所。

 

 

もし、相手が戦闘破壊とダメージがメインのデッキであれば《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の効果でジワジワと削っていき、勝つことも出来ます。メタカードが無ければ耐性持ちのカードが多いのが強みっぽいですね~。

 

モンスターカードのカード効果について解説。

《LL-コバルト・スパロー》

f:id:hukusyunyu:20161119021605p:plain

効果モンスター

風属性/ レベル1/ 鳥獣族/ 攻0/ 守100
「LL-コバルト・スパロー」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから鳥獣族レベル1モンスター1体を手札に加える。
②:フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このカードは相手の効果の対象にならない。

 

《LL-コバルト・スパロー》は後述する【LL】のサーチカードと合わせて特殊召喚し、鳥獣族モンスターを引っ張ってくるのがお仕事です。また、特殊召喚に関しては、《LL-サファイア・スワロー》の効果を使っても良いですし、他の特殊召喚条件であってもサーチが出来るのがメリット。

 

例えば《金華猫》や《スワローズ・ネスト》等のカード等でも可能ですし、ローレベルデッキに組み込む事でレベル1モンスターデッキでは生命線として活躍してくれます。

 

しかし、終盤で引いた場合がかなり手札事故の原因になってしまい自身の効果で特殊召喚が行えないので実質効果無しのモンスターになってしまうのが欠点。

 

出来れば初手で引くか何かしらの手段で展開したいですし、このカードでサーチするカードが《LL-ターコイズ・ワーブラー》の場合手札からの特殊召喚も出来ないので《LL-サファイア・スワロー》をサーチするのが一番美味しい使いかたかも?

 

《LL-サファイア・スワロー》

f:id:hukusyunyu:20161119040015p:plain

効果モンスター

風属性/ レベル1/ 鳥獣族/ 攻100/ 守0
「LL-サファイア・スワロー」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに鳥獣族モンスターが存在する場合に発動できる。このカードと鳥獣族レベル1モンスター1体を手札から特殊召喚する。
②フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合、自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。

 

手札の鳥獣族と一緒に出てくる展開用モンスターですが、【LL】を対象にしていない事が特徴で、《LL-コバルト・スパロー》と一緒に使ってドンドンと攻めて行ける良カードの1枚です。

特に召喚権を使うことも無いので、実は召喚権を使うデッキとも相性が良くレベル1を手札に持ってこれるデッキとは更にシナジーがあるように見えますね。鳥獣族レベル1モンスターと言えば昨今では有名な《RR-ラスト・ストリクス》&《RR-アルティメット・ファルコン》もシナジーがありますが、《RR-ラスト・ストリクス》の効果と若干かみ合ってないのが難点かな?

また、肝心のX素材にある時の効果なのですが、自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とするという効果を付与出来ます。

序盤で素材を使って消えてしまっても、《LL-コバルト・スパロー》の効果でx召喚に成功した場合素材を増やせるので実質1回攻撃を増やせる《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》は非常に優秀っぽく見えますね・・・なんだかんだで手札に持っておくと便利なのは言うまでもありません。

 

《LL-ターコイズ・ワーブラー》

効果モンスター

風属性/ レベル1/ 鳥獣族/ 攻100/ 守 100
「LL-ターコイズ・ワープラー」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・墓地から「LL」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

《SRベイゴマックス》の効果に近い物を持っていて、手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・墓地から「LL」モンスター1体を選んで特殊召喚する効果を持っています。

 

このカードは初手で使うことも出来るので、そのまま《LL-コバルト・スパロー》を特殊召喚し、効果で《LL-サファイア・スワロー》を持ってきて更に展開するというのが【LL】の基本戦術。

 

もし《LL-サファイア・スワロー》を展開する為の鳥獣族モンスターを持っていなくてもそのまま召喚すれば既にモンスターを3体揃うことになるので何かしら展開出来るようになってます!!

 

エクストラデッキのカード効果について解説。

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》

エクシーズモンスター・効果モンスター

風属性/ランク1/鳥獣族/ 攻0/ 守 0
レベル1モンスター×2体以上
①:このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
②:このカードは直接攻撃でき、X素材を持ったこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズに攻撃できる。
③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。ターン終了時まで、自分フィールドの「LL」モンスターは戦闘・効果では破壊されず、自分が受ける戦闘ダメージは0になる。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》は素材の数だけ打点と攻撃回数が増える【LL】デッキの切り札です。

打点に関しては5体展開するだけで、打点は最大で1000まで上がり、5回攻撃することが出来るのでそこから装備魔法を合わせると大変な火力に。特にモンスター効果に関しても素材にしている【LL】の効果で相手の効果の対象にならない場合もあるのがポイント!!

 

因みに最終的な打点ダメージは以下の通りです。

  • 2体・・・400ダメージ
  • 3体・・・1800ダメージ
  • 4体・・・3200ダメージ
  • 5体・・・5000ダメージ

 

《LL-リサイト・スターリング》


エクシーズ・効果モンスター
ランク1/ 風属性/ 鳥獣族/ 攻0/ 守0
レベル1モンスター×2体以上
①:このカードがX召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×300アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
③:X召喚したこのカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは相手も受ける。

⇒AMAZONで販売価格を見てみる。

エクシーズ召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスターに対象にして攻撃を上げる効果。そしてサーチ効果に加えて戦闘ダメージを相手も受けるという面白い効果を内蔵しています。

 

《LL-リサイト・スターリング》自体はランク1のサーチ効果を持っているので、【LL】デッキの場合《LL-サファイア・スワロー》をサーチ。

 

その後《LL-サファイア・スワロー》を自身の効果で出せることも出来るのでそのままドンドン展開を増やしていけるのは利点ですが、このカードは最悪相手よりもライフが多い場合自爆特攻で勝つ事も出来てしまうのでトドメとして使われる事が多いように思います。

 

 

 

また、打点アップも自分のダメージ調整として使えるのもポイントですが、エクシーズ召喚に成功した場合の効果が多いのでその点は注意ですね。

 

 

魔法・罠カードのカード効果について解説。

(現在判明カードが無いので今後追記します。)

 

【LL(リリカル・ルスキニア)】のデッキ構築について考える。

【LL】デッキの特徴はいわばレベル1のモンスターを投入しており、鳥獣族をメインにして構築する事が求められます。

 

一方で十二獣などの出張パーツを入れても良いのですが、デッキの構築上ではこのカードを入れてしまうと鳥獣族モンスターがいる【ローレベル】での構築や【ドラグニティ】等のレベル1モンスターや鳥獣族を使うデッキにするのが良いでしょう。 

どのデッキ構築にしても相性の良いカードその1《金華猫》

スピリット・効果モンスター
星1/闇属性/獣族/攻 400/守 200
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚・リバースした時、
自分の墓地のレベル1モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
(2):このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

中古遊戯王/レア/デュエリスト エディションVolume 3DE03-JP013 : 金華猫

 

出来れば採用したい?相性の良いカードその2《スワローズ・ネスト》

速攻魔法
(1):自分フィールドの表側表示の鳥獣族モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターと同じレベルの鳥獣族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

中古遊戯王/ノーマル/ブースターSP ウィング・レイダーズSPWR-JP042 [N] : スワローズ・ネスト

 

また、フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは相手の効果の対象にならないという効果を得ます。

【LL】デッキでは自爆特攻で両方にダメージを与える《LL-リサイト・スターリング》等に耐性を与えて確実にダメージを与えるという形でも活躍しそうですね。

 

■ クリボーシリーズ・・・攻撃反応と展開のレベル1モンスター!

《クリボルト》

 効果モンスター
星1/光属性/雷族/攻 300/守 200
自分のメインフェイズ時、エクシーズ素材を持っている
エクシーズモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターのエクシーズ素材を1つ取り除き、
自分のデッキから「クリボルト」1体を特殊召喚する。
このカードはシンクロ素材にできない。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/ノーマル/ORDER OF CHAOSORCS-JP001 [N] : クリボルト

楽天市場でも安価ですね!良かった!

 

素材を取り除くとデッキからクリボルトを更に展開出来るクリボーデッキの要。《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》では無く、《LL-リサイト・スターリング》と合わせて自爆特攻を狙う方法での採用になりそうです。

実質【LL】デッキではそこまで問題は無い様に見えますが、あくまでも展開カードの1枚として見ていても良さそうかな?

特にランク1を複数枚展開する事で、《未来皇ホープ》や《SNo.0 ホープ・ゼアル》等を最終的に出すのが最終的な目標でしょう。

《虹クリボー》

 効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻 100/守 100
「虹クリボー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に、その攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは攻撃できない。
(2):このカードが墓地に存在する場合、相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/ノーマル/ストラクチャーデッキR-真帝王降臨-SR01-JP022 [N] : 虹クリボー

楽天市場でも安価な様子。

 

攻撃宣言時に装備されたり出てくるレベル1のモンスターですが、攻撃を止めるというよりも元々【LL】デッキで致命的な戦闘での除去などを中心とする《十二獣ヴァイパー》等を封じる際に使えるカードと言えるでしょう。

特に攻撃などのカードをそのまま封じれるので案外ソッチの面で使えるのはかなり美味しいかなーと。

 

 《クリボーン》

効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):自分・相手のバトルフェイズ終了時にこのカードを手札から捨て、
このターンに戦闘で破壊され自分の墓地へ送られたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時、墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「クリボー」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/ノーマルパラレル/ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-SDMY-JP005 [Nパラ] : クリボーン

楽天市場でも安いんですが、ある意味ではデッキ構築の際に必須になる融合とかが入っている遊戯のストラクチャーを買うか悩みますね(笑)

 

【ローレベル】軸での優秀なカードの1枚でクリボーを大量に入れた場合ではかなり便利なカードになりますが、【LL】デッキとしての強みを結構失うほどクリボーを大量に投入するのがメインになってくるのでバランスがかなり難しいデッキ構築を求められてしまします。

 

 

《RR-ラスト・ストリクス》&《RR-アルティメット・ファルコン》

レベル1鳥獣族モンスターなのでサーチの際に持ってくることも出来るのですが、最終的な打点要因として採用することも出来るカテゴリー。

特に《RR-ラスト・ストリクス》の効果は【LL】と絶望的に相性は悪いのですが手札一枚で打点を大きく出す場合ではコッチの方が便利かなぁと。

《ミスティック・パイパー》

効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードをリリースして発動する。
自分のデッキからカードを1枚ドローする。
この効果でドローしたカードをお互いに確認し、
レベル1モンスターだった場合、自分はカードをもう1枚ドローする。
「ミスティック・パイパー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/スーパーレア/EXTREME VICTORYEXVC-JP005 [SR] : ミスティック・パイパー

楽天市場ではなんか値段の高騰が始まっている様子?

[rakuten:toretoku:10050929:detail]

 

個人的に絶対必須だと思っている一枚で、ドローしてカードがレベル1だった場合また1ドローするカード。

先にレベル1モンスターを展開する場合は《アンノウン・シンクロン》や《ジェスター・コンフィ》 等が存在しますが、コッチもまた【ローレベル】としての構築をメインとする場合では重要なカードになりました。

 

《ジェスター・コンフィ》

効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードは手札から表側攻撃表示で特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚した場合、次の相手のエンドフェイズ時に
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
そのモンスターと表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。
「ジェスター・コンフィ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/ノーマル/デュエリスト エディションVolume 4DE04-JP003 : ジェスター・コンフィ

楽天市場では平均価格が200円~上がっています!

[rakuten:kamehonpo:10008313:detail]

 

無条件で特殊召喚が出来るカードで【LL】デッキの素材として一躍買ってくれるカードの1枚です。【LL】デッキでは既にカードを展開する場合鳥獣族の方が便利なのですが、入れて損は無いカード。

 

一応闇と風属性ということで《ダーク・シムルグ》も出せてしまえたり、鳥獣族での重要な素材として役立ってくれます。

 

《イービル・ソーン》

中古遊戯王/ノーマル/RAGING BATTLE(RGBT)RGBT-JP009 [N] : イービル・ソーン

効果モンスター
星1/闇属性/植物族/攻 100/守 300
このカードをリリースして発動する。
相手ライフに300ポイントダメージを与え、
自分のデッキから「イービル・ソーン」を
2体まで表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚した「イービル・ソーン」は効果を発動する事ができない。

 

最近良く出てくる植物族ですが、【捕食植物】とあいまって1枚で2枚のカードとなり得るカードです。素材を1枚でも多く欲しい【LL】デッキにとっては朗報な1枚ですが非常に扱いが難しいイメージを持ちます。

 

というのも、デッキからの特殊召喚なので最悪1枚も出せない場合がある為ですね。

 

素直に《ジェスター・コンフィ》等を採用する方が無難なのかもしれませんが、墓地のカードをデッキに戻すカード等を使い回すカードを採用する場合相性は抜群です。1枚で2枚の素材になるので、召喚権を残す【LL】デッキでは回った場合の爆発力は非常に強いと言えるでしょう。

 

《D.D.クロウ》

中古遊戯王/ノーマル/遊戯王ゼアル OCG ゴールドシリーズ2012GS04-JP006 [N] : D.D.クロウ

効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。
相手の墓地のカード1枚を選択し、ゲームから除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

除外する事が出来る墓地メタの1枚で、昨今では違う手札誘発が優先されるものの手札事故として扱えなくするという面ではシナジーが十分あるカードでしょう。

 

 直接攻撃時に安全に場に出せるカード

《バトルフェーダー》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その後バトルフェイズを終了する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールドから離れた場合に除外される。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/ノーマル/ブースターSP トライブ・フォースSPTR-JP049 [N] : バトルフェーダー

 

直接攻撃時に《クリボルト》の様な相手の攻撃を防ぐというよりもバトルフェイズ自体を終了させる強力な効果を持っています。

 

こちらはバトルゾーンに出てきてバトルフェイズを終了させる効果がある分【LL】デッキでの効果を防げるのですが弱点として場に残る点で《LL-ターコイズ・ワーブラー》の効果を妨げる事にもなる点や直接攻撃時なので、こちらのフィールドには【LL】等を展開していない場合に限られるのもデメリットでしょうか?

《ゴーストリック・フロスト》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 800/守 100
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついた
モンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
また、相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
その相手モンスターを裏側守備表示にし、このカードを手札から裏側守備表示で特殊召喚する。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/ノーマル/レガシー・オブ・ザ・ヴァリアントLVAL-JP021 [N] : ゴーストリック・フロスト

楽天市場は在庫がちょっと減ってますね・・・。

[rakuten:fami2tcg:10008075:detail]

 

こちらは直接攻撃時に相手を裏側表示にするというカードで、《十二獣ドランシア》などの破壊系カードをおとなしくさせて安全に次の自分のターンに繋げるのがメインになりそうなカードです。

 

 

■ 魔法・罠カードで相性の良いカード。

《スワローズ・ネスト》

速攻魔法
(1):自分フィールドの表側表示の鳥獣族モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターと同じレベルの鳥獣族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/ノーマル/ブースターSP ウィング・レイダーズSPWR-JP042 [N] : スワローズ・ネスト

 

自分フィールドの表側表示の鳥獣族モンスター1体をリリースしてリリースしたモンスターと同じレベルの鳥獣族モンスター1体をデッキから特殊召喚する効果を持っています。

 

コレにより《LL-コバルト・スパロー》をまたまた特殊召喚してサーチをする事で後続の展開に繋げていけるのが特徴で、デッキのサーチを合わせると更なる展開も行えるようになりました。しかしながら肝心の【LL】の種類が少ないと意味が無かったりするのである意味では今後に期待したいカードですね。

 

・鳥獣族のカードであれば何でも良いので、ドラグニティ-トリブルやラスト・ストリクスなどもそのまま場に出せる分自由度が増すデッキを組む事が出来ます。

《ワンチャン!?》

通常魔法
自分フィールド上にレベル1のモンスターが存在する場合に発動できる。
デッキからレベル1モンスター1体を手札に加える。
このターン、この効果で手札に加えたモンスター
または同名カードの召喚に成功しなかった場合、
エンドフェイズ時に自分は2000ポイントダメージを受ける。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/ノーマル/RETURN OF THE DUELISTREDU-JP062 : ワンチャン!?

[rakuten:toretoku:10063532:detail]

 

今回の【LL】デッキで必須だと思うカードの1枚で《LL-ターコイズ・ワーブラー》の効果は使えないのですが、効果で《LL-サファイア・スワロー》をサーチし、デッキから更に鳥獣族モンスターを加える事が出来るので実質【LL】モンスターを出した後のサーチカードとして扱えます。

 

一方でダメージは痛いのですが【LL】デッキでは召喚権を使わない展開が基本的なので召喚してダメージを受けないという方法も取れるのでかなり便利そうなイメージ。

兎に角【LL】カテゴリーカードを場に出させるのがメインなので採用は十分にアリなんじゃないでしょうか・・・?

 

《ワン・フォー・ワン》

通常魔法(制限カード)
(1):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/ノーマル/ストラクチャーデッキ-青眼龍轟臨-SD25-JP030 : ワン・フォー・ワン

 

同じ理由でサーチ効果ですが、コッチではそのまま《LL-コバルト・スパロー》をデッキから特殊召喚することが出来ます。デッキからサーチした後に【LL】の後続を繋げてる事で一気に盤面を増やすことが出来ます。

 

特殊召喚時に効果を発揮するのが多いというのも特徴なんですけど《LL-サファイア・スワロー》で墓地のカードもそのままX素材として放り込めるのが利点。

 

 

【打点向上系】

ストイック・チャレンジ・・・素材を確保してダイレクトアタックを決める最強のカード!

コレクターズパック ZEXAL編CPZ1-JP045 : ストイック・チャレンジ

 《ストイック・チャレンジ/Stoic Challenge》 
装備魔法
エクシーズ素材を持っているエクシーズモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は自分フィールド上のエクシーズ素材の数×600ポイントアップし、
相手モンスターとの戦闘によって相手ライフに与える戦闘ダメージは倍になる。
また、装備モンスターは効果を発動できない。
このカードは相手のエンドフェイズ時に墓地へ送られる。
このカードがフィールド上から離れた時、装備モンスターを破壊する。
「ストイック・チャレンジ」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

 

自分フィールド上のエクシーズ素材の数×600ポイントアップするという完全に【LL】専用のカードと化しました。《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》の効果で打点を上げると共に、ワンキルする際に非常に役立ちます。

 

※高騰している場合の代替案も考えています。

hukusyunyu.hatenablog.com

このカードを採用できる1つの利点として《アームズホール》のサーチと自身のデメリットである召喚出来なくなる事を特殊召喚の展開で無視できているのが最大の特徴です。

アームズホールの効果は装備魔法サーチなので完全に【LL】と相性が良いのが特徴ですね。

 

アームズ・ホール

中古遊戯王/ノーマルパラレル/アドバンスド・トーナメントパック2014 Vol.4AT08-JP003 [Nパラ] : アームズ・ホール

 通常魔法
このカードを発動するターン、自分は通常召喚できない。
(1):デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んで手札に加える。

 

各種装備魔法をサーチしますが【LL】デッキでは先述した通り手札からの特殊召喚がメインの為デメリットも気にせずに戦えるのがポイントでしょう。

また、妥協案としての《団結の力》等のカードもそのまま採用出来るので、出来れば集めておきたいカードの1枚となりそうです。

 

《ゴッドバードアタック》

 通常罠
(1):自分フィールドの鳥獣族モンスター1体をリリースし、
フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

駿河屋で購入したい人はこちらから!

中古遊戯王/ノーマル/遊戯王ゼアル OCG ゴールドシリーズ2012GS04-JP018 [N] : ゴッドバードアタック

[rakuten:kamehonpo:10001974:detail]

汎用性高い鳥獣族の除去カードです。

昨今では罠カードの存在が忘れがちになっている印象がありますが、鳥獣族では必須級の罠カードと言われる時代がある位優秀なカードなので相手がモンスターを破壊してくる際に除去カードとして活用するのが一番良い使い道かなぁと思いました。

特に環境が伏せ重視になった場合では採用率は上がりそうですが、昨今ではツインツイスターなどの魔法が増えているため難しいかも?

■ エクシーズモンスター

色々調べた結果、ランク1のカード全てが相性良さそうなので紹介する事にしました。

汎用性高いモンスターに関してはぶらりネットの方で解説していますが、今後実験でこちらのブログで詳しく書いていこうと思います。

hukusyunyu.hatenablog.com

 

【LL(リリカル・ルスキニア)】の展開。回しかたと戦術やコンボについて。

【LL】デッキの展開は主に特殊召喚をメインとした戦術で構成されています。

特にモンスター数は多くは無いのですが、《LL-コバルト・スパロー》《LL-サファイア・スワロー》《LL-ターコイズ・ワーブラー》の3枚である程度展開方法は決まっている様子。また、それ以外のカードで召喚権を使い展開するか【SR】等を駆使して特殊召喚するかでデッキの構築が大きく変わってきます。

 

  • 《LL-ターコイズ・ワーブラー》を特殊召喚効果で《LL-コバルト・スパロー》を手札から特殊召喚。
  • 効果で《LL-コバルト・スパロー》と手札の鳥獣族を特殊召喚するだけで4枚の素材と共に《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》エクシーズ召喚!

 

理想的な動きとしては《LL-ターコイズ・ワーブラー》から各種【LL】へ繋げるのが基本的な動きになります。【LL】デッキでは最悪手札コストで墓地に送ったとしても《LL-コバルト・スパロー》の効果で素材に戻せるため相性は良く、《ワン・フォー・ワン》の様に【LL】をとにかく展開する方が勝ち筋に繋がりやすいようです。

 

 

 

 

一方で、序盤では《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》を出して《ストイック・チャレンジ》を使えば素材が4枚でワンキルを狙える計算。

もし素材が少なくても《LL-リサイト・スターリング》でダメージを共有したりする事でジワジワと攻めることも可能。

もし打点が足りないなぁ・・・という場合は【壊獣】を採用する事で安全にダメージを共有しつつバーンダメージで攻める事が出来ます。

 

【LL(リリカル・ルスキニア)】の弱点や対策方法

・大量展開時に除去を打たれる事。

・特殊召喚をさせなくするカード

・モンスターがいる状態で直接攻撃での誘発カードを使わせてしまう。

等にはめっぽう弱そうです。《激流葬》等の全体除去や、直接攻撃がメインなので《波紋のバリア -ウェーブ・フォース-》等の効果を使わせてしまう可能性も。

出来る限り直接攻撃をする場合には伏せの確認をしつつ盤面を作っていくのが無難です。また、切り札である【LL】エクシーズモンスターでも【壊獣】等で対策されてしまうのが難点。出来る限りデッキ構築の際には【LL】でどこまで打点を上げて殴れるかの計算が非常に大事。

 

各種エクシーズでどこまでダメージを相手と共有出来るかを出張パーツと共に考えて行くのが基本的な戦術なので、出来れば対象を取らないバウンスカード等でメタを張ると良いでしょう。

 

 

【LL】が多く含まれるパック。

【マキシマム・クライシス】・・・構築パーツの殆どが収録されています。基礎パーツはこのパックで!

f:id:hukusyunyu:20161121205902p:plain

amazon⇒遊戯王OCG マキシマム・クライシス

駿河屋⇒遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム マキシマム・クライシス

楽天市場⇒遊戯王カードゲームマキシマムクライシス