遊戯王 デッキ集〜おすすめデッキ&TCG考察劇場〜@まい。

遊戯王デッキや遊戯王の安くて強いデッキ。そしておすすめデッキを紹介するぐだぐだな考察ブログです。他にカードに関係ないけど気になった話をのんびり書いています。他のサイトとはちょっと違う世界観をあなたに。ぶらりネットの姉妹サイトです。気になるときは「TCG考察」と検索!

【星杯デッキ 回し方@まい。】【星杯】デッキの回し方・動かし方を徹底解説!手札消費を気にせずにリンク召喚を連続で行うにはどうすれば良いの?【星杯 解説集その4】

【星杯】デッキの回し方

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「2017年4月15日発売「コード・オブ・ザ・デュエリスト」には、リンク召喚を連続で行い盤面を作り上げるシンクロデッキを髣髴とさせるデッキ「星杯」シリーズが登場するぞ!」

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plain「まさかの通常モンスターから繋がって・・・リンク1モンスターからリンク2、3と次々聖杯リンクモンスターが出てくるのが特徴。でも公式が言う『リンクモンスターのリンクマーカーを活用したコンボ』と書いてあるけど下のマーカーが消されているというまさかの悲劇を描いたデッキだ!」

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain『万物の願いをかなえる「聖杯」を奪い合う争いでたどり着く1人にならなければならないのですから・・・。え?話が違うって?という訳で今回は【星杯】の回し方に注目してみました。』

【星杯】デッキの回し方ってどんな感じ?

f:id:hukusyunyu:20170406161204p:plain

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plain「という訳で今回はじっくり【星杯】モンスターについて解説してみようと思います

まず【星杯】デッキの回し方で大切なのは最初は通常モンスターから。そしてそのまま《星杯竜イムドゥーク》に繋げていくのですが・・・そこから大きく効果モンスターを混ぜる事で動きが大きく変わります。」

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plainまずは手札に多くの【星杯】を持っておき、どんどんリンク召喚に繋げて行きましょう!というデッキです。公式でも紹介されていますが、【星杯】デッキに関しては召喚しつつ連続でリンク召喚を行っても《星杯の妖精リース》とかで【星杯】モンスターをサーチしたりする事が出来るので結構便利でした。そんな【星杯】デッキの回し方をじっくり見て行きましょう!」

【星杯】デッキの回し方の基本・・・まずは《星杯竜イムドゥーク》から召喚していこう!!

f:id:hukusyunyu:20170406184214p:plain

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain【星杯】デッキの回し方は主に2つ。

1 《星杯竜イムドゥーク》から《星杯剣士アウラム》等のリンク召喚に繋げる方法。

2 ペンデュラム召喚等で一気に【星杯】を展開していく。

という方法です。

2つ目のペンデュラム召喚等は最初《星杯剣士アウラム》だけが紹介されていたときのメインの回し方でしたが、今回は【星杯】等のカードが一気に増えていったので今回は1の《星杯竜イムドゥーク》に繋げる手段を紹介していこうと思います」

 

 《星杯竜イムドゥーク》

リンク・効果モンスター
風属性/ドラゴン族/攻 800
【LINK-1:上】
トークン以外の通常モンスター1体
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに
「星杯」モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードがこのカードのリンク先の
相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターを破壊する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「まず重要なカードは《星杯竜イムドゥーク》というカード。このカードは【星杯】の中でもリンク1で出せるカードであり、【星杯】デッキではかなり重要なカードになります」

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain

「【星杯】デッキでは主にバニラモンスターを主軸に展開するのがポイント。なので実際は《星杯竜イムドゥーク》を主軸にするというのが初心者向けでなおかつ簡単な入門リンク召喚の基礎となる戦い方になると思っていいんじゃないかなーと思います」

~まい。のワンポイントチェック!~

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「例えば神聖なる球体等でも《星杯竜イムドゥーク》を出すことが出来る他、トークンで無いモンスターでもコンボを組めるのは重要です」

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「後述しますが、この場合、神聖なる球体を1枚先に《リンク・スパイダー》に変更する事で《星杯竜イムドゥーク》を《リンク・スパイダー》の下に配置し、そこから《リンク・スパイダー》の効果で【星杯】バニラモンスターを出せば《星杯剣士アウラム》までのリンク召喚が可能と結構夢があるんですよ!夢が!!(笑)」

 

rakuten:mediaworldkaitoriworld:10162285:detail

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「《星杯竜イムドゥーク》に関してはこちらで考察しています。」

www.tcg-bloglife.com

【星杯】の回し方序盤編。各種サーチカードで【星杯】モンスターを手札に加えていこう!!

【買っておきたいカードたち。】

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain

まず【星杯】デッキで重要なのは手札に【星杯】を増やすか盤面に【星杯】リンクモンスターを増やすこと。なのでまずは【星杯】カードを増やすカードを中心に使っていくのが【星杯】デッキの初動になります。

なんと【星杯】が動く際に《灰流うらら》を打とうと思っても、いろんな所からサーチや墓地肥やしが飛んでくる為かなりキツイ。と言いつつ《星遺物-『星杯』》に打てばいいのは内緒。

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「まずは通常モンスターを出せる魔法カードは多いと言うのが【星杯】の特徴です。」

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain

「《予想GUY》と《緊急テレポート》で【星杯】の《星杯に誘われし者》や《星杯に選ばれし者》を盤面に出せるのでまず召喚権を使わずに【星杯】モンスターを出すことが出来ます」

 

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain

「この点が結構重要で最悪《星杯竜イムドゥーク》が全てエクストラデッキから使い切ったとしても《星杯剣士アウラム》に繋げられますので戦うことが出来ますし、《星杯剣士アウラム》の効果で一気にカードをそろえられるのが特徴ですね。あえて種族をばらばらにする事で、各種サポートを受けられるのは美味しい!」

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「一方で使うカードを決めておかないと大変なのが《レスキューラビット》さん。このカードはデッキから同名カードを出すので苦渋の決断等で出すカードも結構気を配る必要があります。なのでこの場合では、《星杯を戴く巫女》を出すことを前提としておきたいですね」

 

[rakuten:toretoku:10043642:detail]

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
「レスキューラビット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル4以下の同名の通常モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「ちなみに通常モンスターサポートカードが高いなぁと思うひとは恐獣の鼓動を買うというのも手。実は通常モンスターサポートカードが多いので『恐獣』デッキを組んだついでに作れるというのがポイントです」

[rakuten:auc-big-web:10022811:detail]

 

 

効果モンスターを投入した【星杯】の回し方その1 《星杯の守護竜》を投入した場合。

中古遊戯王/ノーマル/コード・オブ・ザ・デュエリストCOTD-JP021 [N] : 星杯の守護竜

ドラゴン族/風/★1/ATK 400/DEF 400
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドのリンク状態のモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

初手に必要なモンスター ・・・ 《星杯の守護竜》&【星杯】モンスター(バニラ)

  1. 【星杯】の通常モンスターを召喚。そのモンスターで《星杯竜イムドゥーク》をリンク召喚。
  2. 《星杯竜イムドゥーク》の効果で《星杯の守護竜》を召喚。
  3. 2体で《星杯剣士アウラム》をリンク召喚。《星杯の守護竜》の墓地効果により墓地の通常【星杯】モンスターを《星杯剣士アウラム》のリンク先に。
  4. 《星杯剣士アウラム》の効果でマーカー先のモンスターをリリースして《星杯竜イムドゥーク》をマーカー先にリンク召喚。
  5. 《星杯剣士アウラム》と《星杯竜イムドゥーク》で《星杯戦士ニンギルス》をリンク召喚。

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「【星杯】デッキの回し方では一番手札消費が少ない方法で、恐らく【星杯】で一番揃いやすい《星杯戦士ニンギルス》の回し方の1つになります

ただし初手にバニラを持っておかないといけない場合を除いて《ワン・フォー・ワン》を持ってこれるのが《星杯の守護竜》なので最悪手札3枚でという部分は変わりません」

 

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain「この場合の注意点は墓地に【星杯】を対象に一度取っているという事。なので《D・Dクロウ》に注意です」

 

効果モンスターを投入した【星杯】の回し方その2 《星杯の妖精リース》を入れた場合の【星杯】の場合。

 

中古遊戯王/レア/コード・オブ・ザ・デュエリストCOTD-JP022 [R] : 星杯の妖精リース

天使族/光/★2/ATK 100/DEF 2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星杯」モンスター1体を手札に加える。②:このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「《星杯の妖精リース》は【星杯】で結構優秀な効果を持っているカードです。一応便利なサーチに加えて手札入れ替えてカードを持ってこれるという点で《星遺物の加護》と合わせての手札補強を行えるのは便利ですね」

初手 【星杯】バニラモンスターと《星杯の妖精リース》

  1.  【星杯】の通常モンスターを召喚。そのモンスターで《星杯竜イムドゥーク》をリンク召喚。

  2. 《星杯竜イムドゥーク》の効果で《星杯の妖精リース》を召喚。
  3. 《星杯の妖精リース》の効果で【星杯】をサーチ。
  4. 2体で《星杯剣士アウラム》をリンク召喚。《星杯竜イムドゥーク》の墓地効果で手札から【星杯】モンスター1体を特殊召喚。
  5. 《星杯剣士アウラム》の効果でマーカー先のモンスターをリリースして《星杯竜イムドゥーク》をマーカー先にリンク召喚。
  6. 《星杯剣士アウラム》と《星杯竜イムドゥーク》で《星杯戦士ニンギルス》をリンク召喚。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「さっきと何も変わっていませんが、こっちは《星杯の妖精リース》で後続を確保できる点で勝っています。最悪【星杯】のバニラが手札に無い場合・・・リースでサーチしてエンドという形も取れるのでまだ対策出来るのが利点かと。もう少し出せるカードが多ければ光神化でも入れておけたんですけどねー。」

 

 

 効果モンスターを投入した【星杯】の回し方その3 《星遺物-『星杯』》を入れた場合の【星杯】の場合。

中古遊戯王/レア/コード・オブ・ザ・デュエリストCOTD-JP023 [R] : 星遺物-『星杯』

星遺物-『星杯』

機械族/闇/★5/ATK 0/DEF 0
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。そのモンスターを墓地へ送る。②:通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。③:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「さて問題のカードがこの《星遺物-『星杯』》。実は《星遺物-『星杯』》があればかなり回し方が面倒くさくなってきます。ついでに制圧布陣までしようとするとこんな感じ。」

 

  1. 【星杯】の通常モンスターを召喚。そのモンスターで《星杯竜イムドゥーク》をリンク召喚。
  2. 《星杯竜イムドゥーク》の効果で《星遺物-『星杯』》を召喚。
  3. 《星杯竜イムドゥーク》の③の効果で手札から【星杯】モンスター(《星杯の妖精リース》の場合5の効果をここで使って《星遺物-『星杯』》を持ってきます。)を召喚。2体で《星杯剣士アウラム》をリンク召喚。
  4. 《星遺物-『星杯』》の効果でデッキから《星遺物-『星杯』》を2枚サーチ。効果で《星杯の妖精リース》と《星杯の守護竜》をフィールドに特殊召喚。
  5. 《星杯の妖精リース》の効果で《星遺物-『星杯』》をサーチ。
  6. 《星遺物-『星杯』》と《星杯の妖精リース》で《星杯神楽イヴ》をリンク召喚。
  7. 《星杯の守護竜》の効果で《星杯剣士アウラム》のマーカー先に《星杯竜イムドゥーク》を特殊召喚。
  8. 《星杯剣士アウラム》と《星杯竜イムドゥーク》で《星杯神楽イヴ》の横に《星杯戦士ニンギルス》をリンク召喚。
  9. 《星杯戦士ニンギルス》の効果の前に《星杯竜イムドゥーク》の効果で手札の《星遺物-『星杯』》を特殊召喚。そしてそのまま《星杯戦士ニンギルス》でドロー。
  10. 《星遺物-『星杯』》に《機械複製術》を発動。デッキからもう一枚《星遺物-『星杯』》を特殊召喚。
  11. 《星杯神楽イヴ》の横に《星遺物-『星杯』》2体で《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》をエクシーズ召喚。ついでに《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》に重ねてリンク召喚。

盤面は《星杯神楽イヴ》《星杯戦士ニンギルス》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》。ついでに《星杯神楽イヴ》の効果で耐性アリ。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「更にここで《緊急テレポート》で最初の【星杯】のバニラを出しておくと更に展開することが出来ます。この点で召喚権が余っているので、更に動かすとなると実は《星杯戦士ニンギルス》の右の枠と上が空いているので更に出すことは可能。」

 

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain「《星杯神楽イヴ》の効果でリンク先のモンスターが効果で破壊される場合の身代わり効果は《星杯戦士ニンギルス》等に取っておきましょう。強いモンスターがでればインフィニティでシャット・アウトです。」

 

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「一応出張枠として《幻煌龍スパイラル》を特殊召喚する場合は9の《星遺物-『星杯』》を出す部分をバニラにして装備魔法を装備したまま攻撃すると出すことが出来ます。打点という部分ではこっちが優秀なので、覚えておくと良いかも・・・?」

 

【星杯】の回し方で感じた事。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain

前回の解説集での回し方は主に【星杯】デッキの通常モンスターだけでしたが、今回は【星杯】の効果モンスターも踏まえての回し方を考えていきました。

 

公式にとあるリストが公開されていたのですが・・・なんか真ん中の下に3枚効果モンスターのカードがありますよね?

これらが実は今回の【星杯】デッキの要になるモンスター達ですが、普通にレアリティの問題を踏まえると結構大変な印象。特に【星杯】のモンスターも6種類出ていることからモンスターの数で困るという事はなさそうです(´・ω・`)

【星杯】デッキの回し方

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain

しかし、元々【星杯】デッキは通常モンスターが存在して《星杯竜イムドゥーク》に繋げて動くデッキ。逆に《星遺物-『星杯』》ばかり手札に来てしまうと事故になってしまうのです。

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「じゃあ逆に《星遺物-『星杯』》無しで動いたらという話ですがそうすると今度は《星杯戦士ニンギルス》を出す部分だけでとまるのが事実。出来れば手札消費等を考えると《星杯竜イムドゥーク》から《星遺物-『星杯』》に繋げるのが一番の理想っぽかったですので悩ましいですね」

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain

しかし、【星杯】デッキでは《星杯竜イムドゥーク》から効果モンスターを展開していく事で【星杯】デッキの弱点だった手札消耗を抑えていくという手段として活用が出来ます。

後は《星杯の妖精リース》を出しても《星杯剣士アウラム》まで繋げる手段や、《ファイアーウォール・ドラゴン》を出すところまでがんばるなどの手段をゴウフウ等で補うというのが今後のポイントでしょう。

 

 

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plain

現状《星杯戦士ニンギルス》までの流れでドローするというのは確定ではあるものの・・・《星遺物-『星杯』》を持っているかどうかで気になった点はありました。 

その1【星杯】の回し方にリンク1から3モンスターでエクストラ枠が結構消耗する。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「まず【星杯】デッキで重要な点は【星杯】のリンクモンスターで連続リンク召喚を行うデッキという事」

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plainうわっ!枠ねぇ!!

と個人的には痛感しました。この点から《星杯竜イムドゥーク》から《星杯剣士アウラム》。そして《星杯戦士ニンギルス》まで繋げてしまうという事が前提となっている為非常にエクストラデッキを圧迫してしまうのです(´・ω・`)」

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain

「一応現状としてはこの段階で9枚。そして《星杯神楽イヴ》とかを入れてしまうと・・・という感じですが、《星杯剣士アウラム》等の入れる枚数を調整する事で5~6枚ほどエクストラデッキに空きが出来るので多少余裕が出来ます」

 

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain

「ですがどっちにしても出張でデッキを混ぜるには不可能な領域。現状では【星杯】デッキの他に出張カードを入れるという発想もありましたが・・・リンクモンスターとしての動きを行う以上そこまで違うカードを出張させなくてもいいかなーという印象でしたね」

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「逆にこれを回して見ると【真竜】のような最初から混合として活躍できるデッキ以外ではあまり動かなかったです。多分通常モンスターというサポートを活かして【幻煌龍】に突っ込んだり・・・するしか無かったかな」

 

その2 《星杯竜イムドゥーク》を止められるとキツイ。

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「そしてもう一つ気になったのが《星杯竜イムドゥーク》で効果無効にされた場合。現状《スキルドレイン》等で《星杯竜イムドゥーク》を止められると・・・バニラだけで動いている場合結構つらいです

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「この点の対処は《星杯戦士ニンギルス》まで繋げるかサイクロン等でなんとかしないと行けないのが分かりました。現状真竜の永続魔法が優秀なので気にしてしまいますが、やっぱり効果無効系は辛いですね」

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「他にも現状気になることはありましたがまず《ファイアーウォール・ドラゴン》までを繋げられることがまず大きい事だと思います。【剛鬼】や【トリックスター】には無い魅力を感じるデッキでした。コード・オブ・ザ・デュエリストを買う際には作って見るのもいいかもしれませんね」

 

【星杯】の購入はこちら!

■ コード・オブ・ザ・デュエリストは4月15日発売です!購入したい&予約はこちらから行えます!

f:id:hukusyunyu:20170411205552p:plain

AMAZONのコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

楽天市場のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

駿河屋のコード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF DUELIST)の詳細はこちら。

【星杯】カテゴリーの記事です。www.tcg-bloglife.com

 

www.tcg-bloglife.com

www.tcg-bloglife.com

【現在編集中!】

www.tcg-bloglife.com