まいログ ~遊戯王デッキ集&TCG考察室@まい~

遊戯王デッキや遊戯王の安くて強いデッキ。そしておすすめデッキを紹介するぐだぐだな考察ブログです。他にカードに関係ないけど気になった話をのんびり書いています。他のサイトとはちょっと違う世界観をあなたに。ぶらりネットの姉妹サイトです。気になるときは「TCG考察」と検索!

 

宝玉獣デッキと相性が良いカードたち。宝玉獣の強化と共に紹介!

【最新カテゴリーの価格を見てみる】

⇒【サブテラー】⇒【SPIRAL】/ ⇒【ヴェンデッド】⇒【 F.A.】

 

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「ここでは宝玉獣に関して相性が良いカードに関しての考察を行なっているまい。の解説コーナーです。宝玉獣デッキは今回様々な強化がされる事によって、レインボードラゴンを採用する構築の上に、採用しなくても強い構築になったんですよね」

(´・ω・`)メモですけど。

 ⇒宝玉獣の優勝デッキから宝玉獣デッキの回し方・動かし方について考える。【メモ】 

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「その中で宝玉獣デッキに関しての相性がいいカードを調べようという魂胆なんですわよね」

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「そゆことです!今回は結構純構築を要求されてしまうので、相性のいいカードは殆どがサポートカードの部類になってしまうんですよね。

EXモンスターゾーンに出すカードも新規のオーバーレインボーが来てしまった。なので、それ以外の手段を考えるしかないという訳で」

 

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「しかし、本当に今回で宝玉獣のデッキコンセプトが変わってしまったのは否めないですわね。元々宝玉獣って純構築では便利なカードが多いですし、回し方も含めて色々と見ていきたいですの」

宝玉獣デッキと相性がいいカードのポイントは?

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「宝玉獣デッキで重要なポイントをまとめておきましたの」

・宝玉獣は永続魔法になる⇒永続魔法の枚数で効果を発揮できるカードとは相性が良い。

・宝玉獣デッキを戦闘破壊で破壊しないといけない状況にすること。

・各種サーチカードや、特殊召喚を制限しつつ確実にキーカードをブラフ状態でセット出来る事

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「どうも!大体そんな感じがしますね。

今回の宝玉獣では《陣》によって、戦闘破壊される事によるコンボが非常に強力になっています。つまり宝玉獣デッキと相性が良いカードとして、出来るかぎりそのカードを引くか、引かずに頼らないかをまず考えないといけません

 

⇒純構築とレインボー軸の宝玉獣のお話。

 

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plain「前者は非常に楽しいのですが、宝玉獣の種類が非常に多く出張すらも困難。後者は逆にそのままでも戦えますが、結構構築難易度が高かったり。故にキーカードをサーチしないといけないですし、ブラフを意識しての構築を目指さないとピンポイントで除去されてしまい、勝てないというわけですね。

セットは常に2枚は置いておいて・・・って感じにならないと辛いと言いますか」

セットカードが分かっていると、魔法罠を除去するカードにそのまま除去され、宝玉獣が戦闘破壊されるだけという悲惨な状況になる為ですね。戦闘除去しなければ良いと分かってしまえば問題ないわけです」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「更に、それらを戦闘破壊させないといけないので、妨害カードも駆使しつつ攻撃表示で攻撃する&してもらう体勢を作っていけるカードが良いかもしれないわけですよ。ベストとしては、戦闘破壊しないと間に合わない位の展開とか出来たら良い感じのカードとか探してみたいですね」

 

宝玉獣を強化するポイント その1 純構築編。

 

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「さて、そもそも純構築ってなんじゃい!っていう人に対してですが、宝玉獣デッキって今回の新規で『レインボーを2枚以上入れる』という事が可能になったんですよ。つまり「究極宝玉陣」をメインで運用するかしないかって話になります。

純構築では陣で動くことがメインでは無いので、採用枠を少し弄れるというのがメリット。逆に新規のオーバーレインボーを使用出来ないのが弱点!」

 《究極宝玉陣》 
通常罠
(1):自分の「宝玉獣」モンスターが戦闘で破壊された時に、
手札・デッキ及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「宝玉獣」カード7種類を1枚ずつ墓地へ送って発動できる。
「究極宝玉神」融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
(2):表側表示の「究極宝玉神」モンスターが相手の効果で自分フィールドから離れた場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地の「宝玉獣」モンスターを任意の数だけ選び、
永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

 

《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4000/守 0
「宝玉獣」モンスター×7
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドのレベル10の「究極宝玉神」モンスター1体をリリースした場合に
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):1ターンに1度、自分の墓地から「宝玉獣」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの攻撃力分アップする。
(2):融合召喚したこのカードをリリースして発動できる。
フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「勿論、事故率という面ではこっちのほうが少ないですの。しかし、セットエンドの可能性が多い宝玉獣では、陣を使用するデッキのほうが『逆転できる可能性』があるっていうのがポイントですわね」

f:id:hukusyunyu:20170309225012p:plain「相性の良いカードも他のカテゴリーよりも分かりやすく少ないというのも魅力的ですわね。なんせカテゴリー内でデッキを組めるので、イラストとしても効果としても統一されているのが大きな特徴ですの

 

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plain「もし純構築でのデッキ構築を知りたいのであれば、この情報をどうぞ!メモですけど」

www.tcg-bloglife.com

 

 

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plain「後述しますが、純構築での宝玉獣では、安定してカードをサーチして展開する事が重要になります。一応ワンキルのループ系が横行している状況において、出来る限り手札誘発も持っておきたい所。

しかし、問題はそこではなく『エクシーズを狙う戦術』もまた大事なのが純構築での面白い点です。新規での《アンダークロックテイカー》を採用し、ビートダウンを行なうという戦い方もありましたねー」

 

 

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「優勝デッキから色々と見て分かる通り『サファイアとルビー以外は弱い』という点があるんですが、展開とサーチカードがあるってのは強いはずなんですよ。

ただし、陣を使うには宝玉獣の何を引いても事故になる。

手札から宝玉獣を出すというのもアド損の塊ですし、採用しない場合でも優勝の報告はあったりするので、純粋な構築でも便利なカードは幾つか採用し、出来る限り差別化しておきたい所でしょうか」

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「・・・・まぁ、レインボードラゴンも純構築では入るので1枚はいれておくと幸せになりますの」

 

 

宝玉獣と相性が良いカード その1 強欲で謙虚な壺

《強欲で謙虚な壺/Pot of Duality》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、その中から1枚を選んで手札に加え、その後残りのカードをデッキに戻す。

 

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plain「まずは安定したサーチドローカード《強欲で謙虚な壺》。どこまで純構築で装っても、事故る可能性は非常に多いのが現状。出来る限り初手では展開がしにくい時もあるので、宝玉陣をセットしつつ召喚して耐えてしまう時が多いなぁと思ったら入れておくと良いかもしれませんね」

 

f:id:hukusyunyu:20170309225012p:plain「新規カードも増えましたし、純構築ではレインボードラゴンを出さない選択肢もありますの。そんなときには積極的に採用して、キーカードを手中に加えれますわね。ポイントとして初手で展開しない宝玉獣メタビートデッキでは、採用する可能性は十分にありますの」

f:id:hukusyunyu:20170309035449p:plain「まぁ、サーチするカードは分かってしまいますが、宝玉獣は殆ど必須ですから、何引いても使えるんですよね。

その代わりルビーの展開が出来ないので注意ですよ。

 

Σ(´・ω・`)にゃぁぁぁぁん

 

初手でどんな盤面であっても宝玉獣を召喚した状態で、魔法・罠をセットしてエンドという状況にしてしまいやすいので注意。

ゴーケンだと、逆に除外して成立しない感じになりますし・・・」

 

 

 

宝玉獣と相性が良いカード その2 チキンレース

《チキンレース/Chicken Game》 

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。
(2):お互いのプレイヤーは1ターンに1度、
自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●デッキから1枚ドローする。
●このカードを破壊する。
●相手は1000LP回復する。

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plain「二枚目は有名なチキンレースですね。ライフポイントが少ない場合、戦闘ダメージを受けない効果を持っていたりします。

環境デッキに対して《盆回し》を採用する場合での採用や、戦闘破壊する時にダメージを受けなかったりとかいうコンボも可能だったり。出来る限り戦闘除去をサポートするというよりも、ドローして・・・っていう感じの使い道のほうが多いのでしょうか

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「一応採用から外れる事は多いですの。《虹の古代都市-レインボー・ルイン》があるので、その間の時間稼ぎには助かりそうですけど」

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「まぁ、あまり採用枠としては不足する感じもしますからね。出来る限り採用枠を固定して使いたかったもののなんか余ってしまったって時に私も入れようかなと思ってます。ただし、新規で色々と来すぎてますからね・・・」

 

 

 

宝玉獣と相性が良いカード その3 成金ゴブリン

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「一応チキンレースよりもいいかなぁと思ったのが成金ゴブリンです。このカードは相手が回復しちゃいますが、キーカードをサーチ出来る確立を一気に上げてくれます。ただし、レインボー軸にしてしまうと4000打点を二回攻撃で沈まなくなる。という事で純構築でのおすすめカードとして選ぶ事にしました」

f:id:hukusyunyu:20170309225012p:plain「純構築というのもヘンですが、事故率は一気に減りますものね」

 

 

 

 

宝玉獣と相性が良いカード その4 激流葬

通常罠
(1):モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動できる。
フィールドのモンスターを全て破壊する。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「破壊されると永続魔法となりアドを取れる・・・つまり、宝玉デッキとは元々相性がいいのがこの《激流葬》です。初手ペガサス召喚エンドという場合や、『効果で破壊される』という状況において使っていきましょう。

環境次第では非常にささるカードでもありますので、全体除去で相手のモンスターを除去したい場合は採用を。しかし、レインボードラゴンを採用する場合は結構使いづらいですね。《究極宝玉陣》の採用デッキの場合ではちょっと難しいかな?」

 

f:id:hukusyunyu:20170309225011p:plain「勿論今回の強化はレインボーに頼らなくてもいいので、実は相性がよかったりしますの。激流葬に加えてブラックホールなんかも採用したいですわね」

 

 

 

宝玉獣を強化するポイント その2 レインボードラゴンデッキ編。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「さて、もう一つの宝玉獣デッキとしての組方は、《究極宝玉陣》を活かすのかが勝負の鍵となるデッキです。セットしてエンドでも逆転の可能性があり、戦闘破壊をトリガーにフィールドを一掃する効果はまさに圧巻と言っても良いでしょう」

f:id:hukusyunyu:20170309225012p:plain「今までのデッキではなかった爽快さが良いですわね」

 

 ドラゴン・目覚めの旋律

《ドラゴン・目覚めの旋律/The Melody of Awakening Dragon》 
通常魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
攻撃力3000以上で守備力2500以下のドラゴン族モンスターを
2体までデッキから手札に加える。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain「レインボー軸であれば欲しい一枚。それが《ドラゴン・目覚めの旋律》です。一気に《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》を手札に加える事が出来る他、《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》もサーチ出来るというのが売り。多分ダークは使わないけど」

 

 

宝玉獣を強化するポイント その3 出張デッキ構築編。

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain「現在探し中です。何か良いカードとかありますかね!?」

 

f:id:hukusyunyu:20170225141744p:plain「そして更新中であります!」