遊戯王デッキ集&TCG考察室@まい

遊戯王デッキや遊戯王の安くて強いデッキ。そしておすすめデッキを紹介するぐだぐだな考察ブログです。他にカードに関係ないけど気になった話をのんびり書いています。他のサイトとはちょっと違う世界観をあなたに。ぶらりネットの姉妹サイトです。気になるときは「TCG考察」と検索!

現在編集中です。  

《リンク・スパイダー》効果・考察!リンク1モンスターとしての価値は。

《リンク・スパイダー》

《リンク・スパイダー》

リンクモンスター

地属性/ サイバース族/ ATK 1000 LINK-1 下

通常モンスター1体

①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下の通常モンスター1体をこのカードのリンク先に特殊召喚する。

収録パック スターターデッキ2017(ST17) 

《リンク・スパイダー》「みんな通常モンスターを素で出すしかなくて困った事は無いかい?そんなときの・・・へーい!リンスパ!

リンク・スパイダー

リンクスパイダーは、メインフェイズに通常モンスターを出す事が出来る優秀なモンスター!

こいつの何が良いって通常モンスターデッキで通常モンスターを素で出し手しまうという最大の問題点を防げる事です。ただそんなデッキって意外と無いんですよね。実際スターターデッキ2017(ST17) 御用達のカードという《ビットロン》では伏せておいた方が良いんじゃないの?というのは語愛嬌。

 

この時に私はとある事に気づきました。

 ■ 《リンク・スパイダー》から《デコード・トーカー》に繋げ!直列リンク召喚(L召喚)!!

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain

実はこの《リンク・スパイダー》って何が優秀かというと、通常モンスターを効果モンスターに変更出来る点。

特に通常モンスターを効果モンスターに変えれるというのは結構便利で《デコード・トーカー》のカードの変わりになったり、《電影の騎士 ガイアセイバー》等に引き続き繋げる事でマーカー先に左右エクストラデッキからモンスターを出せるなどのコンボがあります(´・ω・`)

 

《電影の騎士ガイアセイバー》 

リンクモンスター
地属性/機械族/攻2600
【LINK-3:左/右/下】
モンスター2体以上

スターターデッキ2017(ST17) で回す場合はどんな感じで回せるの?

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain

「今回の通常モンスターを更に出してリンク召喚の素材として活用出来るという利点がある事を忘れてはいけません。

それに合わせてカードを色々と見ていくと、実はモンスターを展開してという感じに仕上がっているのが一番の利点というかそこを狙う事がスターターデッキの意図なのでしょう。

 

特に動画説明の時には結構分かりやすいですからね。

 

《リンク・スパイダー》をそのままリンク召喚(L召喚)の素材にして・・・とかそのまま残ったカードと合わせてリンク召喚(L召喚)するときにはこのカードは結構優秀な説明役なのかもしれない。

 

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain

勿論《ドラコネット》から《ビットロン》に繋げるのが一番なのですが、元々リンク召喚(L召喚)に関して行う場合では《ビットロン》を《リンク・スパイダー》に変更して《デコード・トーカー》を出すというのが基本っぽいです。

f:id:hukusyunyu:20170225143406p:plain

・・・はい。それだけです。

実は《リンク・スパイダー》の効果はそれくらいしかあまり使い道はありません。元々相手のターンに動けるカードでは無いですし、 元々スターターデッキ2017(ST17) で採用して動けるのは多分《デコード・トーカー》専用なんだろうなぁという印象でした。

■ 普通のデッキで採用した場合は。

f:id:hukusyunyu:20170225141313p:plain

実は通常モンスターだけを採用しているデッキではかなり使い勝手が多いのでかなり扱いやすいカードになっています。

 

《リンク・スパイダー》を出せるカードの中には《レスキュー・ラビット》等が該当しますが、このカードと合わせると簡単に展開が出来ます。また《創造の代行者 ヴィーナス》から《神聖なる球体》をそのままサイバース族のモンスターに大変身。

 

一応ルール的には不明ですが《創造の代行者 ヴィーナス》で球体を3体出して2枚を《リンク・スパイダー》に。

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain

その後《創造の代行者 ヴィーナス》と二枚の《リンク・スパイダー》を《デコード・トーカー》の素材にすれば一応そのまま残った通常モンスター1枚を《リンク・スパイダー》に変更するか先に《BF朧影のゴウフウ》を先に出しておくと、《デコード・トーカー》プラス後ろにレベル7シンクロとか置く事が出来ますね。

遊戯王カード 【 創造の代行者 ヴィーナス 】 SD20-JP006-N 《ロスト・サンクチュアリ》

遊戯王カード 【 創造の代行者 ヴィーナス 】 SD20-JP006-N 《ロスト・サンクチュアリ》

 

 

 

■ まだまだ可能性はあるけど、《ハニーボット》意外の繋げる手段が欲しいなぁと思う一枚。

f:id:hukusyunyu:20170309035938p:plain

元々リンク召喚の繋ぎとして《ハニーボット》に繋げるのが一番なのですが、実際はサイバース族の可能性と通常モンスターをリンクモンスターに変える為の手段のどっちも期待されているという中々に多忙なモンスターです。

 

一方で《ハニーボット》のリンク召喚(L召喚)条件が結構厳しいというのもあって今回は《ハニーボット》を紹介しませんでしたが、《ドラコネット》からの《ビットロン》で両方出せるという点は注目したいですね。

 

 ただ、ルールがまだ安定していないのが最大の問題点に加えてリンクマーカーが↓しか無いのでかなり展開に問題があるというのが最大の欠点になっています。

このせいで、リンスパを連続で出せない他にリンクマーカーがある時に通常モンスターを更に展開してその枠にリンクモンスターを配置出来るかが、焦点となりそうです。

f:id:hukusyunyu:20170225140309p:plain

そんな感じのスターターデッキ2017(ST17) に関しての考察はまとめて書いていこうと思いました。

実際やる事は結構多いですからね・・・。

スターターデッキ2017(ST17) 

《デコード・トーカー》

「それでは、またのご訪問をお待ちしています!」

 今回の関連商品♪

スターターデッキ2017(ST17) の詳細はこちら

スターターデッキ2017

amazonでスターターデッキ2017を検索してみる。

駿河屋でスターターデッキ2017を検索してみる。

楽天市場でスターターデッキ2017を検索してみる。

スターターデッキ2017(ST17) の収録カードはこんな感じになっています。

www.tcg-bloglife.com